音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Ned Dohenyの1976年のアルバム『Hard Candy』。
Ned Doheny / Hard Candy (1976年)
Ned Dohenyは70年代のウェストコースト音楽シーンで活動したシンガー・ソングライター。Jackson BrowneやJ.D. Southerと同じ時期にアサイラム・レコードからデビューし、1973年に爽やかなファースト・アルバムの『Ned Doheny First』を、76年にAOR屈指の人気作となるこの『Hard Candy』を発表している。

海辺でシャワーのしぶきを浴びるジャケットからは "真夏のぎらつく太陽" のようなサウンドを想像するが、聴こえてくるのは滑らかなソウル・ミュージックと洗練されたシティ・ポップがクロスオーバーした上品な音楽。アコースティックを基調とするサウンドには、「夏の終わり、陽の傾いた海岸で、穏やかな風に吹かれて涼む」といった雰囲気の心地よさがある。

全曲がNed Dohenyの作で、「A Love of Your Own」のみAverage White BandのHamish Stuartとの共作。プロデュースを担当したSteve Cropperは、ソウル・インスト・バンドのBooker T. & the M.G.'sのギタリストで、Otis Reddingの「The Dock of the Bay」の共作者でもある。

渋み切ったナンバーの「Get It Up for Love / 恋は幻」は多くのカヴァーが存在する名曲。David Cassidyの75年のアルバム『』や、Nigel Olssonの『Nigel Olsson』(75年)、The Mobの『The Mob』(75年)、Maxine Nightingaleの『Night Life』(77年)、Táta Vegaの『Try My Love』(78年)などのアルバムで歌われている。

「If You Should Fall / 恋におちたら」は爽やかなシティ・ソウル。The EaglesのDon HenleyとGlenn Freyが参加し、Dohenyと一緒に柔らかいバック・コーラスを添えている。軽やかにキーボードを弾いているのはDavid Foster。Ned Dohenyのギターもいい音を出している。続く「Each Time You Pray / 愛を求めて」も、滑らかなリズムを心地よく刻む極上のシティ・ソウルだ。

「A Love of Your Own」はたそがれた味わいの渋いナンバーで、バック・ヴォーカルには共作者のHamish Stuartが参加した。この曲は、Average White Bandの同じ年のアルバム『』に収録されたほか、Melissa Manchesterの『雨と唄えば』(77年)や、Leslie Smithの『』(92年)などでカヴァーされている。

Ned Dohenyの歌声は甘さと憂いの両方を備えたハイトーン。アルバムのラストを飾る「Valentine」はしっとりとしたジャジーなナンバーで、Dohenyの歌声の魅力をたっぷり堪能できる。David Fosterの美しいピアノとバックの上品な演奏もロマンティックだ。

フロント・カヴァーを撮影したのはMoshe Brakha (モシャ・ブラカ)。Boz Scaggsの『Silk Degrees』の艶っぽいジャケットを撮った写真家だ。バック・カヴァーでは水を豪快に浴びており、2014年に発売されたベスト盤『』のフロント・カヴァーには、こちらが採用されている。
Ned Doheny / Hard Candy (バック・カヴァー)

●収録曲
1. Get It Up for Love / 恋は幻 - 4:45
2. If You Should Fall / 恋におちたら - 3:36
3. Each Time You Pray / 愛を求めて - 3:40
4. When Love Hangs in the Balance / 傷心の恋 - 5:12
5. A Love Of Your Own - 3:46
6. I've Got Your Number - 3:15
7. On The Swingshift - 3:03
8. Sing To Me / 歌っておくれ - 3:37
9. Valentine (I Was Wrong About You) - 5:06


◆プロデュース: Steve Cropper(g)

◆参加ミュージシャン: Ned Doheny(vo, g), David Foster/Craig Dorege(k), Brian Garofalo(b), Gary Mallaber(ds), Tower Of Power(horn), Glenn Frey/Don Henley/J.D. Souther/Linda Ronstadt/Hamish Stuart/Rosemary Butler(bv), etc


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/06/30 11:57 AOR名盤(1974~1976年) TB(0) CM(0)
Art Garfunkelの1975年のアルバム『Breakaway / 愛への旅立ち』。
Art Garfunkel / Breakaway (愛への旅立ち) (1975年)
Art GarfunkelはNY生まれのシンガー・ソングライター。幼なじみのPaul Simonと組んだSimon & Garfunkelの活動が有名だが、70年代以降はソロ活動に専念し、高音の美しいテナー・ヴォイスを生かした良質なアルバムを作っている。

この『Breakaway / 愛への旅立ち』は、Art Garfunkelの2枚目のソロ・アルバム。カヴァー曲や外部のライターの書き下ろしのみで構成されたアルバムで、収録曲のプロフィールは次のとおり。

●カヴァー曲
「1. I Believe」:Stevie Wonder。72年のアルバム『Talking Book』から。
「2. Rag Doll」:Steve Eaton。74年のアルバム『』から。
「4. Disney Girls」:Bruce Johnston。The Beach Boysの71年のアルバム『』から。
「5. Waters of March」:Antônio Carlos Jobim。73年のアルバム『』から。
「7. I Only Have Eyes for You」:Al Dubin, Harry Warren。ジャズ・スタンダード。
「9. 99 Miles From L.A.」:Albert Hammond。75年の同名アルバムから。

●書き下ろし
「3. Break Away」:Gallagher and Lyle。76年のアルバム『』でセルフ・カヴァー。
「6. My Little Town」:Paul Simon。Paulの同年のソロ・アルバム『時の流れに』に収録。
「8. Looking for the Right One」:Stephen Bishop。78年のアルバム『水色の手帖』でセルフ・カヴァー。
「10. The Same Old Tears on a New Background」:同上。76年の作品『Careless』でセルフ・カヴァー。

このうち、「I Only Have Eyes for You」「Break Away」「My Little Town」「I Believe」の4曲がシングル・カットされ、最初の3つはBillboard Hot 100チャートの各々18位、39位、9位をマーク。また、アルバムもBillboard 200チャートの9位に到達している。

本作のハイライトはやはり、Paul Simonと久しぶりにデュエットした「My Little Town」だろう。Simon & Garfunkelの歌声には独特の凛々しさがあって好きなのだが、この爽やかなナンバーにも同じ空気が流れているようで、懐かしい。

また、ロマンティックなバラードの名手として知られるStephen Bishopの書き下ろした2曲も素晴らしい。Stephen Bishopも甘く美しいテナー・ヴォイスの持ち主で、自身のアルバムでもこの2曲をセルフ・カヴァーしている。

Albert Hammond作の幻想的な「99 Miles From L.A.」や、Steve Eaton作のセンチメンタルな「Rag Doll」も魅力的。Art Garfunkelの声は "天使の歌声" と呼ばれるだけあって、穏やかに澄んでいる。

フロント・カヴァーを撮影したのは、写真家のNorman Seeff。クールに煙草を吸う左側の女性は女優のHelena Kallianiotes。Art Garfunkelにしなだれかかる右側の女性は、恋人のLaurie Birdである。Artの次のアルバム『Watermark』(77年)では、Laurieの撮影した海辺の写真がフロント・カヴァーに使われている。

●収録曲
1. I Believe (When I Fall In Love It Will Be Forever) / 永遠の想い - 3:48
2. Rag Doll / 悲しきラグ・ドール - 3:06
3. Break Away / 愛への旅立ち - 3:35
4. Disney Girls - 4:32
5. Waters Of March / 春の予感 - 3:37
6. My Little Town - 3:50
7. I Only Have Eyes For You / 瞳は君ゆえに - 3:39
8. Looking For The Right One / めぐり会い - 3:21
9. 99 Miles From L.A. / L.A.より99マイル - 3:30
10. The Same Old Tears On A New Background / ある愛の終りに… - 3:45


◆プロデュース: Richard Perry, Art Garfunkel(vo)

◆参加ミュージシャン: Stephen Bishop(g, bv), Paul Simon(g, vo), Pete Carr/Andrew Gold(g), Bill Payne/Bruce Johnston/Barry Beckett(k), Jim Keltner/Jim Gordon/Russ Kunkel(ds), Joe Osborn/Max Bennett(b), Joe Clayton(per), Toni Tennille/Graham Nash/David Crosby(bv), etc


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/04/17 16:42 AOR名盤(1974~1976年) TB(0) CM(0)
James Taylorの1974年のアルバム『Walking Man』。
James Taylor / Walking Man (1974年)
James Taylorはアメリカを代表するシンガー・ソングライターの一人。The Beatlesの設立したアップル・レコードからのデビューというのが意外だが、1968年のデビューから現在に至るまで、マイ・ペースな感じで音楽活動を続けている。

繊細な心情を穏やかなメロディと柔らかいアコースティック・サウンドに乗せて歌う曲が多く、その優しい歌声にはロマンティックな響きがある。背が高くて顔立ちもハンサム。同業のCarly Simon(72年~83年)や女優のKathryn Walker(85年~95年)など、私生活では3度の結婚を経験している。

2015年の最新作『Before This World』は、初めて全米チャートの1位を獲得した。グラミー賞の受賞歴があって、ロックの殿堂入りもしているのに、全米チャートの1位になったのはこれが初めてという話も何だか感動的で、いろいろと魅力の多いミュージシャンだ。

この『Walking Man』は、5枚目のアルバム。NYで活動するセッション・ギタリストのDavid Spinozzaがプロデュースを担当し、バック・ミュージシャンにはNYの腕利きが集められている。収録曲は、Spinozza等の書いた「Ain't No Song」とChuck Berryの「The Promised Land」のカヴァーを除いて、James Taylorのオリジナル。「Ain't No Song」にしても、タイトル曲の「Walking Man」にしても、素材は素朴なのに、聴き心地がとても瑞々しい。

「Rock 'N' Roll Is Music Now」と「Let It All Fall Down」の2曲には、目立たないけれど、Paul McCartney夫妻がバック・ヴォーカルで参加した。David SpinozzaはJohnやPaulのソロ・アルバムにも参加しているので、そのつながりだろう。

James TaylorとCarly Simon夫妻が子守唄のように優しく歌う「Daddy's Baby」は、第一子のSallyに捧げた歌。Sally Taylorはこの年の1月に生まれていて、後に両親と同じくシンガー・ソングライターになっている。矢野顕子さんの95年のアルバム『』では、この曲がピアノの弾き語りでカヴァーされた。

"Walking Man" という気取りのないタイトルには、信じてこの道を歩むみたいな清々しさがあるし、落ち着いた楽曲を一つ一つ聴いていくと、とても寛いだ気分になる。シングル・ヒットがないので地味な印象だけれど、滋養豊かなアルバム。

●収録曲
1. Walking Man - 3:30
2. Rock 'N' Roll Is Music Now - 3:25
3. Let It All Fall Down - 3:30
4. Me And My Guitar - 3:30
5. Daddy's Baby - 2:37
6. Ain't No Song - 3:28
7. Hello Old Friend - 2:45
8. Migration - 3:14
9. The Promised Land / 約束の地 - 4:03
10. Fading Away - 3:32


◆プロデュース: David Spinozza(ar, g)

◆参加ミュージシャン: Hugh McCracken(g, harmonica), Kenny Ascher/Don Grolnick/Ralph Schukett(k), Andy Muson(b), Rick Marotta(ds), Ralph MacDonald(per), Carly Simon/Paul & Linda McCartney/Peter Asher(bv), etc


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/03/21 12:39 AOR名盤(1974~1976年) TB(0) CM(0)
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Steve Hiett / Down On The Road By The Beach (渚にて…) 2019/08/18
AOR名盤(1979年) - Christopher Cross / Christopher Cross (南から来た男) 2019/08/11
AOR名盤(1982年) - Larry Lee / Marooned (ロンリー・フリーウェイ) 2019/08/07
AOR名盤(1977年) - Terence Boylan / Terence Boylan 2019/08/01
AOR名盤(1983年) - Finis Henderson / Finis (真夏の蜃気楼) 2019/07/28
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ