音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

David Batteauの1976年のアルバム『Happy In Hollywood』。
David Batteau / Happy In Hollywood (1976年)
David Batteau(バトー)はニューヨーク生まれのソングライター。ヒット・メイカーというよりは、Valerie Carterの歌った「Wild Child」(78年)のような印象深い曲を作るライターで、Danny Deardorffの「Teach Me To Dance」(81年)、Sérgio Mendesの「Rainbow's End」(83年)、Michael Sembelloの「Automatic Man」(83年)、などもBatteauの作。この『Happy In Hollywood』は、David Batteauの唯一のアルバム。

プロデュースを手がけたKen Scottは、The BeatlesのアルバムのエンジニアやDavid Bowieのアルバムのプロデュースなどを手がけた大物。収録曲は全てBatteuのオリジナルで、「Walk In Love」のみ、サックス奏者のJohn Klemmerとの共作になっている。

タイトル曲の「Happy In Hollywood」はゆったりとしたリラックス・ナンバー。サンバ調の「Festival Of Fools」やレゲエ調の「Oh, My Little Darling」などもあって、前半は異国情緒のある内容。「Happy In Hollywood」は、Curt Boettcher(カート・ベッチャー)のグループ「Carifornia」も76年に取り上げている。

アルバム後半の「Walk In Love」や「Dancing On Atoms」も穏やかな曲調で、時間がゆったりと流れる。メロウな「Walk In Love」は、The Manhattan Transferのアルバム『』(78年)や、共作者のJohn Klemmerのアルバム『』(78年)でカヴァーされた。

一流のセッション・プレイヤーが参加した演奏は、派手さはないけれど堅実。Jeff Porcaroが全曲でドラムスを演奏しており、「Spaceship Earth」ではファンキーで引き締まったリズムを演出。バック・ヴォーカルにはWatersの女性陣やDeniece Williamsが参加して、David Batteuの素朴な歌声を支えている。ラストの「The Gates In Your Heart / 心の扉」の雄大なスケール感は、Jeffのドラムスの技とたおやかな女性ヴォーカルに支えられている感じがする。

長門 芳郎氏のCD解説によると、David Batteuの父はハーバード大の教授を務めた多才な人で、イルカとのコミュニケーション研究の先駆者でもあったとのこと。73年の映画『』は、その父をモデルにしたものらしい。

●収録曲
1. Happy In Hollywood - 4:22
2. Festival Of Fools - 4:25
3. Oh, My Little Darling - 2:43
4. My Morning Glory - 5:20
5. Orphee (Or-Fäy) - 5:08
6. Walk In Love - 3:35
7. Spaceship Earth - 5:05
8. Dancing On Atoms - 4:09
9. You Need Love - 3:42
10. The Gates In Your Heart / 心の扉 - 4:32


◆プロデュース: Ken Scott

◆参加ミュージシャン: David Batteau(vo, ag), Richard Hewson(ar), David Paich(ar, k), David Spinozza/Robert Ahwai(g), Roy Davis(k), Willie Weeks/Kenny Altman(b), Jeff Porcaro(ds), Milt Holland(per), Deniece Williams/Julia Tillman Waters/Maxine Willard Waters(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

▶スポンサーリンク



2019/02/05 11:19 AOR名盤(1974~1976年) TB(0) CM(0)
Hirth Martinezの1975年のアルバム『Hirth From Earth』。
Hirth Martinez / Hirth From Earth (1975年)
Hirth Martinez(ハース・マルティネス)はシンガー・ソングライターやセッション・ギタリスト、また詩人としても活動するロサンゼルス生まれのミュージシャン。The BandのRobbie Robertsonに才能を見出され、この『Hirth From Earth』でアルバム・デビューをしている。Robbie Robertsonは本作のプロデュースとアレンジを担当し、さらにリード・ギターも弾いている。

アルバム・カヴァーのモノクロ写真は、Norman Seeffの撮影したもの。コートに帽子とサングラスというシックな装いのHirthが、ステッキを片手に、アルバム・タイトルの "地球からやってきたハース" よろしく海から現れる。ちょっと不気味だけど、ユーモラス。小倉エージ氏のCD解説によると、Hirth Martinezは足が悪いらしく、それがステッキを手にしている理由らしい。

音の方も飄々としている。ゆったりとしたボサノヴァ感覚の「Altogether Alone」やフォーキーな「Winter Again」、ソウル・ジャズ風のファンキーな「Djinji」や「That's The Way It's Gotta Go」、優しいラヴ・ソングの「Be Everything」、サンバ風の「I Don't Know Why The Hell」など、バラエティに富んでいる。

Hirthのヴォーカルがまた独特。バラード系でソフトに優しく歌ったかと思えば、別の曲ではよれたダミ声で歌ったりと、自由にやっている。

「Comin Round The Moon」では、Robbie Robertsonの味のあるギターを聴くことができる。The BandからはGarth Hudson(k)も参加しており、The Band風ロック・ナンバーの「Pity On The Fool」もかっこいい。

このアルバムは、金澤寿和氏の著書『AOR Light Mellow』でも "謎の名盤" として紹介された。「Altogether Alone」は確かにAOR感覚だが、歌の中身は、UFOに遭遇した男が "一人でも充実した人生が送れるさ" と、宇宙人から励まされる奇妙なストーリー。アルバムのインナーには、UFOとの遭遇を描いたおかしなイラストが使われており、これは娘が描いたものだとか。謎めいた迷盤です。
Hirth Martinez / Hirth From Earth (インナー・デザイン)

●収録曲
1. Altogether Alone - 3:55
2. Winter Again - 3:58
3. Djinji - 2:47
4. Be Everything - 2:31
5. Comin Round The Moon - 3:30
6. It - 3:52
7. That's The Way It's Gotta Go - 3:33
8. Silent Movies - 3:00
9. Pity On The Fool - 3:36
10. I Don't Know Why The Hell - 2:37
11. Saturday Night - 3:08
12. Cold Dark Mornin - 3:40
13. You Are A Star - 3:45


◆プロデュース: Robbie Robertson(ar, g)

◆参加ミュージシャン: Hirth Martinez(vo, g), Garth Hudson(k), Chuck Rainey/Bob Boucher(b), Russ Kunkel/Spider Webb Rice(ds), Ben Keith(pedal steel), Robert Margouleff/Malcolm Cecil(sy), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

▶スポンサーリンク



2019/01/21 11:59 AOR名盤(1974~1976年) TB(0) CM(0)
Erik Taggの1975年のアルバム『Smilin' Memories』。
Erik Tagg / Smilin' Memories
Erik Taggは、AORやフリー・ソウル・シーンで高い人気を集めるミュージシャン。アメリカ生まれだが、20歳の時にオランダに渡ってBeehive(ビーハイヴ)というバンドのメンバーになり、音楽活動をスタートした。

この『Smilin' Memories』は、Erik Taggの最初のソロ・アルバム。Erikのソロ・アルバムは4枚あって、最初の2作品はオランダでリリースされている。セカンド・アルバムの『Rendez-Vous』も本作同様、AORの名盤と呼ぶにふさわしい内容。

Erik Taggの魅力は、フレッシュな楽曲と歌声にある。このアルバムの最初の2曲、「Tell-Tale Eyes」と「Love To Love You」も、穏やかに晴れた日のドライブのように気持ちのいいナンバー。軽やかなグルーヴに乗って明るいメロディが颯爽と流れ出すと、心のモヤモヤが消えていく。

Erikの歌声は独特のテンダー・ヴォイス。ナチュラルな温もりと湿度があって、どこか蒼くてナイーヴ。歌唱力で惹きつけるというよりは、声そのものに唯一無二のフレッシュな魅力がある。

本作は参加ミュージシャンにも恵まれた。LAで録音されており、全曲のドラムスをJeff Porcaroが担当したほか、Jeffの弟のMike Porcaroがベースを担当。また、後に親交を深めるLee Ritenourがギタリストとして参加し、David Fosterも3曲(1, 10, 11)で鍵盤を弾いている。みな若く、歳の順に並べると、Mike(20), Jeff(21), Erik(22), Lee(23), David(26)となっている。

「In December's Cold」という知られざる名クリスマス・ソングが収録されているのも、このアルバムの魅力。初めて聴いたとき、その清らかで美しいメロディに感動した。

バック・カヴァーいっぱいに広がるErikの笑顔を見ると、幸せな気分になる。気の合う仲間と音楽を創る爽やかな歓びにあふれた名作です。
Erik Tagg / Smilin' Memories (バック・カヴァー)

●収録曲
1. Tell-Tale Eyes - 2:56
2. Love To Love You - 3:02
3. Castle Of Loneliness - 4:28
4. Steamboat - 4:08
5. Sandman (Bring Me A Dream) - 4:12
6. The Only Thing You Said - 4:09
7. A Fantasy - 2:28
8. After All - 4:34
9. In December's Cold - 3:33
10. Never Had The Feelin' - 3:25
11. Hang On - 3:22


◆プロデュース: John D'Andrea(flute, bv)

◆参加ミュージシャン: Erik Tagg(vo, k, sy, b, flute), Michael Porcaro(b), Jeff Porcaro(ds), Lee Ritenour(g), David Foster(k), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

▶スポンサーリンク



2019/01/19 17:52 AOR名盤(1974~1976年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


最新記事一覧
AOR名盤(1981年) - Kelly Willard / Willing Heart 2019/02/16
AOR名盤(1980年) - James Felix / White As Snow 2019/02/14
AOR名盤(1979年) - Brooklyn Dreams / Sleepless Nights 2019/02/12
AOR名盤(1978年) - Jorge Santana / Jorge Santana 2019/02/08
AOR名盤(1977年) - Gary Ogan / Gary Ogan 2019/02/06
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ