音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Jorge Santanaの1978年のアルバム『Jorge Santana』。
Jorge Santana / Jorge Santana (1978年)
Jorge Santana(ホルヘ・サンタナ)は、ギタリストのCarlos Santanaの実弟。兄のCarlosと同じようにJorgeもギタリストであり、70年代前半には "Malo" というラテン・ロック・グループを率いてサンフランシスコで活動していた。

JorgeはMaloの解散後に2枚のソロ・アルバムを発表しており、艶めかしいジャケットのこのアルバムはソロ・デビュー作。Maloのリード・ヴォーカルを担当したRichard Beanも参加して、1曲を除く全ての曲作りに携わっている。

その1曲とは、高中正義氏の1976年のデビュー・アルバム『』のオープニングを飾る名曲、「Oh! Tengo Suerte」。同じ日本人として嬉しいですね。原曲では高橋幸宏氏が詩をつけているけれど、このカヴァー・バージョンには歌がなく、純粋なギター・インストになっている。

「Oh! Tengo Suerte」に代表されるように、本作は熱いラテン・ロックのアルバムではなく、ラテン・フレイヴァー香るメロウ・グルーヴ満載なアルバム。ポップで爽やかな「Sandy」やディスコ調の「Tonight You're Mine」など、ダンス・フロア映えしそうな曲が多い。Jorgeのギターは兄のようにエモーショナルではなく、軽やかなタッチ。Richard Beanの歌声も軽い!

Jorgeは90年代には、兄のCarlosと仕事をしている。Carlos Santanaの92年のアルバム『』と93年のライヴ・アルバム『』に続けて参加し、94年にはSantana Brothers名義のアルバム『』を発表。"Santana Brothers" とは、Carlos, Jorgeに甥のCarlos Hernandezを加えた3人で、Hernandezも勿論ギタリストです。

●収録曲
1. Sandy - 4:47
2. Tonight You're Mine - 4:57
3. Darling I Love You - 4:23
4. We Were There - 4:01
5. Love You, Love You - 4:22
6. Love The Way - 7:23
7. Oh! Tengo Suerte - 5:32
8. Nobody's Perfect - 4:33


◆プロデュース: Tony Bongiovi, Lance Quinn, Bob Clearmountain

◆参加ミュージシャン: George Santana(g, vo), Richard Bean(lead vo, g), Kincaid Miller(k), Carlos Roberto(b), Jerry Marshall(ds), Yogi Newman(per)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

▶スポンサーリンク



2019/02/08 10:57 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
Brian Elliotの1978年のアルバム『Brian Elliot / 君と一緒に』。
Brian Elliot / Brian Elliot (君と一緒に)
Brian Elliotは、Madonnaの1986年の大ヒット曲「Papa Don't Preach」(全米1位)を書いたソングライター。といっても、売れっ子のヒット・メイカーではなく、この曲以外でクレジットに名前を目にするのは、Pointer Sistersの『』(83年)や、Christina Vierraの『』(88年)、Chris Isaakの『』(93年)など、数えるほどのアルバムしかない。ひっそりした存在なので、"マドンナのヒット曲の作者" であるのが意外に思える。

この『君と一緒に』は、Brian Elliotの唯一のアルバムで、"知る人ぞ知る" という感じのAORの名作。60年代にThe Lovin' Spoonfulを、80年代以降はChris Isaakの一連のアルバムを手がけたErik Jacobsen(ヤコブセン)がプロデュースを担当している。

曲は全てBrianの自作で、ロックン・ロールやR&Bをベースにしたシティ・ポップ、シティ・ソウルになっている。Boz Scaggsの『Silk Degrees』風の高揚感のある「Let's Just Live Together」や、Wilton Felderと思しきファンキーなベース・ラインが印象的な「Summer Nights In Hollywood」、どっしりとした重量感がありながらバネの効いたリズムが心地いい「Queen Of Clowns」など、最初から素敵な曲ばかり。

参加ミュージシャンが豪華で、演奏も素晴らしい。主だったところでは、Larry Carlton/Lee Ritenour/Jay Graydon(g)、David Hungate/Wilton Felder(b)、Jeff Porcaro/Mike Baird/James Gadson(ds)、Valerie Carter/The Waters(bv)、Seawind Hornsなど、錚々たる顔ぶれがサポートしている。

ポップで親しみやすいメロディは、派手さはないけれど、いい味を出している。「Tickets To Rio」の柔らかいストリングスや、「The First Time」の "シャラララ" の甘く懐かしい雰囲気もいい。Brianの歌声は、どこかPaul Simon似。少し心細い印象だけれど、スウィート & ジェントルな曲の雰囲気に合っている。

アルバム・カヴァーの凛々しいモノクロ写真は、写真家でありフォーク・ミュージシャンでもあるHenry Diltzが撮ったもの。DiltzのWebギャラリーにある、大物ロック・ミュージシャンたちの個性強めの写真と比べると、とても普通の人に撮れている。

●収録曲
1. Let's Just Live Together - 3:43
2. Summer Nights In Hollywood - 3:07
3. Queen Of Clowns (One For Lily T.) - 3:55
4. Room To Grow - 3:25
5. Tickets To Rio / リオへの誘い - 2:46
6. The First Time - 2:50
7. Seventeen Goin' On Twenty-One - 2:35
8. Old Nueva Laredo - 3:45
9. Last Vegas Wedding - 3:02
10. One Last Night Together - 3:44


◆プロデュース: Erik Jacobsen, Brian Elliot(vo, k, ar)

◆参加ミュージシャン: Larry Carlton/Lee Ritenour/Jay Graydon/Fred Tackett/Steve Beckmeier(g), David Hungate/Wilton Felder/Bob Gloub(b), Jeff Porcaro/Mike Baird/James Gadson(ds), Victor Feldman(vib), Valerie Carter/The Waters/The Jones Sisters(bv), Seawind Horns, etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

▶スポンサーリンク



2019/01/25 12:51 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
Rupert Holmesの1978年のアルバム『Pursuit Of Happiness / 浪漫』。
Rupert Holmes / Pursuit Of Happiness (1978年)
Rupert Holmesはイギリス生まれ、ニューヨーク育ちのシンガー・ソングライター。ストーリー仕立てのドラマティックな作詞に定評があり、Barbra Streisandからその才能を乞われて、Barbraの75年のアルバム『』のプロデュース、アレンジ、曲作りを任されたことで知られるようになった。

この『Pursuit Of Happiness』は4作目。Rupert Holmesの代表作といえば、全米1位のヒット曲「Escape (The Piña Colada Song)」を収めた79年のアルバム『Partners In Crime』になるだろうが、この『Pursuit Of Happiness』はその布石となる名作。

1曲目の「Less Is More」は、アルバム邦題の『浪漫』にふさわしい色合いの濃厚なバラード。メロディにはしっとりとした憂いがあり、曲全体がロマンティックなムードに包まれている。言葉にできない秘めた想いを静かに歌った3曲目の「Speechless」も、メロディがうっとりするように美しくてロマンティック。

5曲目の「So Beautiful It Hurts」は、メロウなグルーヴ感のある気持ちのいいナンバー。曲の中盤からエンディングにかけてのソロ・パートでは、Michael Breckerのテナー・サックスとRandy Breckerのフリューゲルホルンが交互に流れ、とても贅沢な聴き心地。

ポップでキャッチーなメロディの「Let's Get Crazy Tonight」はシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの72位をマーク。ソロのキャリアにおいて初のチャート・インを果たしている。

最後は再びしっとりしたメロディの「The Old School」で締めくくり。取り壊されることになった母校への想いをセンチメンタルに歌っており、甘酸っぱくて爽やかな余韻を残す。

アルバム・カヴァーは暖炉の火を映したように温かい色合い。このアルバムの生楽器の音も温かい。外が冷え込む日におすすめの、ロマンティックなアルバム。

●収録曲
1. Less Is More - 4:22
2. Show Me Where It Says / 愛はどこに - 2:58
3. Speechless - 4:39
4. Cradle Me - 3:16
5. So Beautiful It Hurts - 5:20
6. Let's Get Crazy Tonight / 今夜はメロウに - 3:26
7. Bedside Companions - 3:22
8. Guitars / ギターに限りない愛を - 4:50
9. The Long Way Home - 2:54
10. Town Square - 3:40
11. The Old School - 3:50


◆プロデュース: Rupert Holmes(vo, k, ar)

◆参加ミュージシャン: Steve Khan/Elliott Randall(g), Will Lee(b), Alan Schwarlzberg(ds), Jimmy Maelen(per), Michael Brecker(sax), Randy Brecker(flugelhorn), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

▶スポンサーリンク



2019/01/23 11:26 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


最新記事一覧
AOR名盤(1981年) - Kelly Willard / Willing Heart 2019/02/16
AOR名盤(1980年) - James Felix / White As Snow 2019/02/14
AOR名盤(1979年) - Brooklyn Dreams / Sleepless Nights 2019/02/12
AOR名盤(1978年) - Jorge Santana / Jorge Santana 2019/02/08
AOR名盤(1977年) - Gary Ogan / Gary Ogan 2019/02/06
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ