音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Cuba Goodingの1978年のアルバム『The 1st Cuba Gooding Album』。
Cuba Gooding / The 1st Cuba Gooding Album (1978年)
Cuba GoodingはNY生まれのソウル・シンガー。60年代後半から70年代にかけて活躍したソウル・グループ、The Main Ingredientのリード・シンガーを担当し、ファルセット・スタイルの柔らかい歌声を生かして、「Everybody Plays the Fool」(72年, 米3位)、「Just Don't Want to Be Lonely」(74年, 米10位)のTop 10ヒットを生んでいる。

この『The 1st Cuba Gooding Album』は、タイトルを見ると分かるように、Cuba Goodingのソロとしてのファースト・アルバム。ストレートなソウル・アルバムではなく、都会的な洗練をさり気なく纏ったメロウなポップ・ソウル・アルバムになっている。

都会的な味つけの面で貢献したのがDavid Fosterで、6曲(1-3, 5, 6, 9)のリズム・アレンジを担当。いつもの煌びやかなFosterアレンジではなく、Cuba Goodingの歌声から香るソウル・フィーリングを尊重したマイルドなアレンジだ。

金澤寿和氏のディスク・ガイド『AOR Light Mellow』によると、山下達郎がFM番組で "一番好きなフォスター作品" としてこのアルバムを紹介したとか。確かに、サンデー・ソング・ブックのオンエアリストによると、2曲目の「All I Can Give You Is Love」は過去に4回オン・エアーされているようだ。

プロデュースを担当したのは、Brian PotterとDennis Lambert。二人は、The Righteous Brothers、Glen Campbell、Dusty Springfield、Tavares、Playerなど、ポップ~ブルー・アイド・ソウル系のアーティストのプロデュースや曲作りを数多く手がける名コンビ。このアルバムでは、Patti Austin作の「We're In Love」と、James Whitney & Norman Kurban作の「As Long As There's You」を除くすべてを書いている。

「We're In Love」のオリジナルは、Patti Austinの77年の名作『』の収録曲。また、「Someone To Go Home To」は、Tavaresの74年のアルバム『』からのカヴァーだ。

Cuba Goodingは2017年4月に72歳で永眠。4人の子供がいて、そのうちの一人は映画俳優のCuba Gooding Jr.。96年公開の映画『ザ・エージェント』(原題:Jerry Maguire, 主演:トム・クルーズ)』でアカデミー助演男優賞を受賞している。

●収録曲
1. Mind Pleaser - 4:16
2. All I Can Give You Is Love - 5:51
3. Where Would I Be Without You - 3:54
4. Hold On To What You Got - 4:20
5. Fool Of The Year - 5:02
6. We're In Love - 4:00
7. Ain't Nothin' To It - 3:46
8. Someone To Go Home To - 3:41
9. As Long As There's You - 3:23


◆プロデュース: Dennis Lambert(k, bv, ar), Brian Potter

◆参加ミュージシャン: David Foster(k, ar), Dean Parks(g, ar), Ray Parker Jr./Jay Lewis(g), Joe Sample/Michael Omartian(k), Bill Cuomo(sy), Scott Edwards(b), James Gadson/Ed Greene(ds), Tom Scott(sax), Julia Waters/Maxine Waters(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/11/13 14:48 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
Wondergapの1978年のアルバム『Wondergap』。
Wondergap / Wondergap (1978年)
Wondergapは、シンガー・ソングライターのAndy Goldmarkが、ギタリストのJim Ryan、女性シンガーのHolly Sherwoodと結成したポップ・トリオ。この『Wondergap』は、彼らの残した唯一のアルバム。

Andy Goldmarkには1973年のソロ・アルバム『』があり、シンガー・ソングライターの名作として評価されている。80年代以降はソングライターの活動に専念するので、レコード制作については、ソロ・アルバム1枚とWondergapのこのアルバムしかない。一方、ソングライターとしては、Pointer Sisters、Jermaine Jackson、Jeffrey Osborne、Michael Boltonなどに多くのヒット曲を提供した。自分のレコードを作るよりも、人に曲を書く方がきっと性に合うのだろう。

本作に参加したミュージシャンは、NYを中心に活躍する名手たち。Cornell Dupree(g), Richard Tee(k), Chris Parker(ds)は、Stuffのメンバー。そこに、Anthony Jackson/Will Lee(b), David Sanborn(sax), Leon Pendarvis(k)なども加わった。また、双子のAlessi兄弟のBilly Alessiがキーボードで参加している。

メロディはポップだけど、大人っぽいアルバム。曲が洗練されていて、"玄人の余裕" のようなものを感じる。Jim Ryanの渋く熟したギターの音色と、Holly Sherwoodのパンチのある歌声も魅力。Hollyの歌をフィーチャした「Sing Hi, Sing Lo / 歌え、高らかに」では、気持ちの入った熱い歌声を聴くことができる。

「Elise / 太陽のエリーズ」「Isn't It Crazy (Starting All Over)」では、Andy Goldmarkの書くメロディの優しさと歌声の温かさがじわりとくる。実は、Andyのリード・ヴォーカル曲がほとんど(10曲中の7曲)。特に、「太陽のエリーズ」の歌声は何だか切なくて、素敵です。

"このアルバムは偉大なニューヨークの伝統が戻ってきたことを示している。素晴らしい音楽家たち、強いシンガー、見事な演奏、いい歌…。" プロデューサーのJohn Anthonyの言葉が胸にストンと落ちる名作。

●収録曲
1. Give Me One Last Chance / ワン・ラスト・チャンス - 3:02
2. Elise / 太陽のエリーズ - 3:54
3. You Slicky My Heart / 心やすらかに - 3:22
4. Mambo Lady - 4:29
5. Sing Hi, Sing Lo / 歌え、高らかに - 4:38
6. Too Wise - 4:17
7. Go On And Take A Bow / ゴー・オン - 3:16
8. I've Never Been So Happy / 果てしない日々 - 3:54
9. Isn't It Crazy (Starting All Over) - 4:01
10. Viking - 4:05


◆プロデュース: John Anthony

◆参加ミュージシャン: Andy Goldmark(vo, k), Jim Ryan(g, vo), Holly Sherwood(vo)
with Cornell Dupree(g), Richard Tee/Leon Pendarvis/Billy Alessi(k), Anthony Jackson/Will Lee(b), Chris Parker(ds), David Sanborn(sax), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/10/23 17:18 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
James Vincentの1978年のアルバム『Waiting For The Rain』。
James Vincent / Waiting For The Rain (1978年)
James Vincentは、アメリカのラテン・ロック・グループのAztecaに在籍したギタリスト。といっても、1972年のファースト・アルバム『』に参加した後にグループを離れてソロ活動を始めており、80年までに4枚のアルバムを残している。この『Waiting For The Rain』は、3枚目のアルバム。

Aztecaは大所帯のグループで、ファースト・アルバムにはNeal Schonもギタリストとして参加していた。Neal Schonも1枚のみでAztecaを離れ、直後にJourneyを結成している。

James Vincentの最初の2枚のアルバムは、テクニカルなインストゥルメンタル曲が中心だが、本作はヴォーカル曲が中心。2曲(3, 10)を除いて、James Vincentのソウル・フィーリングのある歌声を聴くことができる。

収録された10曲には、他作の3曲がある。アコースティック・ギターの小品「Etude #20」は、アメリカのジャズ・ギタリスト、Jimmy Wybleの作。また、「Daniel, Daniel」を書いたPatrick Cockettと、タイトル曲「Waiting For The Rain」を書いたCarlos Andradeは共に、ハワイのThe Hula Blues Bandのメンバーだ。

「What Does It Profit A Man?」「How Can I Thank You Enough」「The Seventh Day」は、軽やかなグルーヴに乗せた極上のメロウ・チューン。The Hula Blues Bandのメンバー作の「Daniel, Daniel」「Waiting For The Rain」もメロウだが、そちらは南国のしっとりした湿度を湛えた、ひと味違うメロウ感覚。

一方、「Resistance」や「Babylon Is Fallen」は、70年代前半のスピリチュアルなSantana、あるいはMahavishnu Orchestraあたりを彷彿とさせるジャズ・ロック。

また、Chicagoのようなブラス・ロックの「People Of The World」「Soon Comes The Son」もある。James Vincentは60年代にThe Exceptionsというバンドに在籍しており、そこにはChicago結成前のPeter Ceteraもいた。そうした影響もあるかも。

ジャンルの垣根を越えて音楽性を融合させる、まさに "クロスオーバー" なアルバム。なお、James Vincentは97年にアルバム制作を再開し、ジャズ・ロック寄りのアルバムを自主制作している模様。Apple Musicなどで検索すると、8枚ほどが見つかる。

●収録曲
1. What Does It Profit A Man? - 4:50
2. Resistance - 4:52
3. Etude #20 - 1:16
4. Daniel, Daniel - 3:10
5. People Of The World - 4:39
6. How Can I Thank You Enough - 4:55
7. Soon Comes The Son - 3:48
8. Waiting For The Rain - 3:12
9. The Seventh Day - 6:11
10. Babylon Is Fallen - 3:09


◆プロデュース: James Vincent(vo, g, k)

◆参加ミュージシャン: Ron Stockert(k), Steve Evans(b), Tom Donlinger(ds), Pat Murphy(per), Carla Vincent(per, bv), Seawind Horns


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/10/14 16:15 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Mac McAnally / Nothin' But The Truth 2018/11/20
AOR名盤(1982年) - Craig Ruhnke / Just Like The Old Times 2018/11/18
AOR名盤(1981年) - Chris Christian / Chris Christian (出逢い) 2018/11/15
AOR名盤(1978年) - Cuba Gooding / The 1st Cuba Gooding Album 2018/11/13
AOR名盤(1976年) - Faragher Brothers / Faragher Brothers 2018/11/11
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ