音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

TOTOの1978年のアルバム『TOTO / 宇宙の騎士』。
TOTO / TOTO (宇宙の騎士) (1978年)
TOTOはロサンゼルスを中心に活動していたセッション・プレイヤーたちが作ったロック・バンド。1977年に結成した時のメンバーは、David Paich(k), Jeff Porcaro(ds), David Hungate(b), Steve Lukather(g), Steve Porcaro(k), Bobby Kimball(vo)の6人で、HungateとKimballを除く4人は少年の頃からの友達だった。

彼らがバンドを組んだのは、Boz Scaggsの76年の傑作アルバム『Silk Degrees』のレコーディングにPaich, Jeff, Hungateの3人が集まったことがきっかけとされている。そこに、Lukather, Steve, Kimballが加わる形でTOTOがスタートした。

この『TOTO / 宇宙の騎士』は、デビュー・アルバム。「デビュー作にはアーティストの全てが表れる」と言われるが、このアルバムにはTOTOの魅力が凝縮されている。その意味において彼らの代表作だし、AORを代表するアルバムの1枚。ジャケットにデザインされている「剣」は彼らのモチーフで、以降のアルバムのほとんどにデザインされている。

収録曲は全て彼らのオリジナル。曲作りの中心はPaichで、10曲のうち8曲(1-4, 6, 8-10)をPaichが書いている。残り2曲については、KimballとSteveが1曲ずつ(5, 7)を担当した。リード・ヴォーカルは曲によって変わり、メイン・ヴォーカルのKimballが4曲(2, 5, 6, 9)、Paichが2曲(4, 8)、Lukatherが2曲(3, 10)、Steveが1曲(7)を担当している。

Child's Anthem」はメロディアスなロック・インスト曲。デビュー・アルバムの1曲目にインスト曲を使うところは、演奏に自信のある証しだ。続く「I'll Supply the Love」でも、ヴォーカル・パートが終わると曲調が一変し、一体感のある演奏でドラマティックに曲を盛り上げる。こうした起伏のある曲構成は、彼らの演奏力の賜物。「Takin' It Back」の終盤や「Angela」の中盤でも、同じような曲調の変化を楽しめる。

「Georgy Porgy」はエレガントなR&Bスタイルの曲。パンチの効いた女性コーラスは、同じ年にひと足早くデビューしたCheryl Lynnで、そのデビュー作『』のプロデュースをDavid Paichが手がけている。この「Georgy Porgy」には多くのカヴァー・バージョンが存在し、Charmeの『Let It In』(79年)や、Dwight Druickの『Tanger』(80年)、Side Effectの『』(80年)、Eric Benétの『』(99年)などのアルバムで聴くことができる。

演奏面では、豊かな表情を見せるJeffのドラムスや、ワイルド&エレガントなLukatherのギターなど、個の卓越した技量に魅せられる。それだけでなく、彼らの場合は抜群の一体感を見せるアンサンブルの良さも味わうことができて、二度美味しい。「Girl Goodbye」では、6分を超える長い曲を最後まで息をのむように聴き入ってしまう。

このアルバムは全米チャートの9位を記録し、デビュー作にしてトップ10入りを果たした。シングルでは、1stシングルの「Hold the Line」が全米チャートの5位にランク入り。この曲のギター・ソロは、Lukatherのベスト・プレイの1つだと思う。なお、2ndシングルの「I'll Supply the Love」は45位、3rdシングルの「Georgy Porgy」は48位をマークしている。

翌年のグラミー賞ではTOTOが "Best New Artist" にノミネートされるも、受賞は逃した。ちなみに、The Cars, Elvis Costello, Chris Reaもノミネート。受賞したのはA Taste of Honeyで、デビュー・シングルの「Boogie Oogie Oogie」が全米1位の大ヒットを記録したことが受賞に結びついている。

●収録曲
1. Child's Anthem / 子供の凱歌 - 2:46
2. I'll Supply the Love / 愛する君に - 3:46
3. Georgy Porgy - 4:09
4. Manuela Run - 3:54
5. You Are the Flower - 4:11
6. Girl Goodbye - 6:13
7. Takin' It Back / ふりだしの恋 - 3:47
8. Rockmaker - 3:19
9. Hold the Line - 3:56
10. Angela - 4:45


◆プロデュース: TOTO

◆参加ミュージシャン: Bobby Kimball(vo), Steve Lukather(g, vo), David Paich/Steve Porcaro(k, vo), David Hungate(b), Jeff Porcaro(ds)
with Cheryl Lynn(bv), Joe Porcaro/Lenny Castro(per), Marty Paich(strings), etc


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/07/22 19:43 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
Melissa Manchesterの1978年のアルバム『Don't Cry Out Loud / あなたしか見えない』。
Melissa Manchester / Don't Cry Out Loud (あなたしか見えない) (1978年)
Melissa Manchesterは、女優としても活動するニューヨーク生まれのシンガー・ソングライター。彼女の歌声には、元気をなくしている人に前を向かせるような力がある。この『Don't Cry Out Loud』は7作目。プロデュースをLeon Wareが担当したことで、ブラック・コンテンポラリー・テイストの美味しいサウンドに仕上がっている。

収録曲は、Melissa Manchesterの作/共作が8曲、残り2曲(3, 5)が他作という構成。他作のうち「Don't Cry Out Loud / あなたしか見えない」はPeter AllenとCarole Bayer Sagerの共作。「Bad Weather / 恋は雨模様」はThe Supremesの73年の曲のカヴァーで、Stevie Wonder等が書いている。

本作の発売当時、タイトル曲の「Don't Cry Out Loud」には、曲の内容に相応しい「哀しみは心に秘めて」という邦題が付いていた。この名曲は76年に書かれており、作者の一人であるPeter Allenも77年のライヴ・アルバム『』(日本未発売)と79年のスタジオ・アルバム『』でこの曲を歌い、シングル・リリースもしている。このPeter Allenのバージョンに「あなたしか見えない」という邦題が付され、それ以降、本作の邦題も「あなたしか見えない」に変わったという経緯のようだ。

切ないが凛としたメロディが印象的なこの曲は、Billboard Hot 100チャートの10位となるヒットを記録。Melissaのヴォーカルが素晴らしく、泣いている女性を "Fly high and proud (自信をもって飛び立つのよ)" と励ますの歌声の強さに感動がこみ上げて、いつも涙腺が緩んでしまう。Peter AllenやRita Coolidgeのバージョンも良いけれど、Melissaの歌声が一番。

他にも、颯爽とした曲調の「Shine Like You Should / かがやくあなた」や、Leon Wareと共作したメロウ・ソウルの「Almost Everything」、心地よい高揚感のある「Bad Weather」、Carole Bayer Sagerと共作した優しいメロディの「To Make You Smile Again / 微笑をもう一度」など、素敵なトラックが多い。

David T. Walker(g), Richard Tee(k), Chuck Rainey(b), James Gadson(ds)等、ジャズ/フュージョン・シーンで活躍する一流の黒人ミュージシャンによる濃厚でしなやかな演奏も素晴らしい。

Melissaが颯爽と歩くバック・カヴァーをデザインしたのはJohn Kosh。The Beatlesの『Abbey Road』やEaglesの『Hotel California』なども手がけたデザイナーです。
Melissa Manchester / Don't Cry Out Loud (あなたしか見えない) (バック・カヴァー)

●収録曲
1. Shine Like You Should / かがやくあなた - 3:13
2. Caravan - 3:42
3. Don't Cry Out Loud / あなたしか見えない - 3:50
4. Almost Everything - 2:44
5. Bad Weather / 恋は雨模様 - 3:20
6. Through The Eyes Of Grace / グレースのつぶやき - 4:01
7. To Make You Smile Again / 微笑をもう一度 - 4:51
8. Such A Morning - 2:51
9. Knowin' My Love's Alive / 愛をみつめて - 4:00
10. Singin' From My Soul - 3:29


◆プロデュース: Leon Ware(ar, bv), Harry Maslin

参加ミュージシャン: Melissa Manchester(vo, k), David T. Walker/Lee Ritenour/Jay Graydon(g), Richard Tee/Greg Phillinganes/Bill Payne(k), Chuck Rainey/David Hungate(b), James Gadson/Jim Keltner/Ed Greene(ds), Lenny Castro(per), Tom Saviano/Gene Page/Barry Fasman(ar), etc


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/07/09 18:36 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
Stephen Bishopの1978年のアルバム『Bish / 水色の手帖』。
Stephen Bishop / Bish (水色の手紙) (1978年)
Stephen Bishopは知的でロマンティックなラヴ・ソングを作ることで人気のあるシンガー・ソングライター。映画音楽も手がけていて、1985年の映画『White Nights』では、Stephenの書いた挿入曲「Separate Lives」をPhil CollinsとMarilyn Martinが歌って全米1位になっている。また、82年の映画『トッツィー』では、主題歌の「It Might Be You」を自ら歌って25位をマーク。ハンサムな顔立ちなので、俳優としても70年代、80年代の映画に何本か出演している。

デビュー・アルバムは76年の『Careless』で、ここから「On and On」(米11位)、「雨の日の恋」(米22位)の2曲がヒットした。この『Bish』は2作目で、自分の愛称がタイトルになっている。

1曲目の「If I Only Had A Brain」は、ミュージカル『オズの魔法使い』の挿入歌。この曲と5曲目の「Guitar Interlude」、8曲目前半の「Prelude」がインスト曲になっており、映画のサウンドトラックみたいな構成をしている。フロント・カヴァーも映画のパンフレットみたいなデザインだ。

アップ・テンポな曲は「Everybody Needs Love」, 「Vagabond from Heaven」, 「I've Never Known a Nite Like This」の3曲くらいで、ほとんどが詩情豊かなしっとりした曲。静かな恋愛映画を観ているような雰囲気になる、ロマンティックなアルバムだ。

甘酸っぱいメロディの「Everybody Needs Love」はシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの32位をマーク。この曲のイントロのギターを聴くと、東京ラブストーリーの主題歌「ラブ・ストーリーは突然に」を思い出してしまう。ギターを弾いているのは、Michael SembelloとRay Parker Jr.。

しっとりとした「Looking for the Right One」は、Art Garfunkelの75年のアルバム『愛への旅立ち』に提供した曲のセルフ・カヴァー。同じ路線の「A Fool at Heart」は、Leah Kunkelの79年のデビュー作『リア』で歌われている。曲の後半の元気な女性ヴォーカルは、Chaka KhanとNatalie Coleだ。

シングルにはなっていないが、このアルバムのベスト・トラックは「Losing Myself in You」。前作で大ヒットした「On And On」のような繊細なメロディに、David Fosterの優しいエレピの音やGreg Phillinganesの幻想的なシンセ、そしてMichael McDonaldの柔らかいバック・ヴォーカルが重なり合い、何ともいえない美しい世界を演出している。

ジャケットの美しい女性は "Sara" という名前のモデルで、Stephenが40人のモデルの中から選んだらしい。Fleetwood Macの79年のアルバム『』に収録されたヒット曲「Sara」(米7位)は、この女性のことを歌ったものだとか。そんな素敵な話が、長門 芳郎氏のCD解説に書かれていた。

●収録曲
1. If I Only Had a Brain / 私は脳味噌が欲しい - 1:40
2. Losing Myself in You - 3:58
3. Looking for the Right One - 3:50
4. Everybody Needs Love - 3:42
5. Guitar Interlude / 間奏曲 - 0:27
6. A Fool at Heart - 5:34
7. What Love Can Do - 2:53
8. Prelude~Vagabond from Heaven / 天からのならず者 - 4:24
9. Bish's Hideaway - 3:57
10. Only the Heart Within You - 4:11
11. Recognized - 0:53
12. I've Never Known a Nite Like This - 4:24
13. When I Was in Love - 4:32


◆プロデュース: Stephen Bishop(vo, g, tb), Dee Robb

◆参加ミュージシャン: Michael Sembello/Steve Cropper/Ray Parker Jr.(g), David Foster/Greg Phillinganes/Steve Porcaro(k), David Hungate/Nathan Watts/Abraham Laboriel(b), Rick Shlosser(ds), Michael McDonald/Chaka Khan/Natalie Cole/Art Garfunkel/Leah Kunkel(bv), Marty Paich(strings ar), etc


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/06/12 19:45 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(4)
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Steve Hiett / Down On The Road By The Beach (渚にて…) 2019/08/18
AOR名盤(1979年) - Christopher Cross / Christopher Cross (南から来た男) 2019/08/11
AOR名盤(1982年) - Larry Lee / Marooned (ロンリー・フリーウェイ) 2019/08/07
AOR名盤(1977年) - Terence Boylan / Terence Boylan 2019/08/01
AOR名盤(1983年) - Finis Henderson / Finis (真夏の蜃気楼) 2019/07/28
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ