音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Niteflyteの1979年のアルバム『Niteflyte I』。
Niteflyte / Niteflyte I (1979年)
Niteflyteは、Sandy Torano(g)とHoward Johnson(vo)の二人が結成したマイアミのソウル・ユニット。彼らは2枚のアルバムを残しており、この『Niteflyte I』はデビュー作。セカンド・アルバムは81年の『Niteflyte II』で、どちらもフリー・ソウルやAORの人気盤になっている。

9曲の収録曲のうち、二人のオリジナルは5曲(1, 2, 5, 7, 9)で、残り4曲(3, 4, 6, 8)は、Sandy Toranoの古くからの音楽パートナーであるLarry Alexanderの作。ダンス、ファンク、メロウ、レゲエと、多彩な表情のナンバーがバランス良く収録されている。

ミディアム・スローの3曲(2, 4, 8)では、Howard Johnsonのソウルフルなヴォーカルをフィーチャ。特に、爽やかな風が吹くような「If You Want It」の心地よさは格別で、このアルバム一押しの曲。この曲はシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの37位をマークし、Niteflyte唯一のTop 40ヒットになっている。

「All About Love」や「I Wonder」はNiteflyteらしい素敵なダンス・チューン。熱気がむんむん伝わるようなダンス・ナンバーではなく、メロディや演奏が垢抜けていて上品。爽やかで涼やかな風が吹く感じが、とてもNiteflyteらしい。演奏面の洗練は、David SanbornやMichael Brecker(sax)、Average White BandのHamish Stuart(g)やSteve Ferrone(ds)など、腕達者なプレイヤーの参加によるところも大きそうだ。

他には、ファンキーな「Sunshine」や「Get On The Fun」、レゲエ調の「No Two Alike」、Sandy Toranoが激しくギターを弾く「Tryin' To Find」など多彩。ちなみに、Sandy ToranoはNiteflyte結成前はセッション・ギタリストとしてスタジオ・ワークを数多くこなしており、ギターの腕前は相当なものがある。

81年のセカンド・アルバム『Niteflyte II』は、本作をより一層洗練させたアルバム。SMAPのヒット曲「がんばりましょう」(94年)の元ネタとなった名曲「You Are」が収録されている。

●収録曲
1. All About Love - 4:43
2. If You Want It - 4:31
3. Sunshine - 5:55
4. Make It Right - 5:17
5. Get On The Fun - 4:24
6. Tryin' To Find - 5:22
7. I Wonder - 3:23
8. Easy Come - 6:10
9. No Two Alike - 4:11


◆プロデュース: Sandy Torano, Barry Mraz

◆参加ミュージシャン: Sandy Torano(vo, g, ar), Howard Johnson(vo)
with Hamish Stuart(g, bv), Jack Waldman(k), Lamont Johnson(b), Steve Ferrone/Joe Galdo(ds), David Sanborn/Michael Brecker(sax), Phylis Hyman(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/07/26 10:22 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(2)
Wilson Brothersの1979年のアルバム『Another Night』。
Wilson Brothers / Another Night (1979年)
Wilson Brothersは、Steve Wilson(兄)とKelly Wilson(弟)のWilson兄弟によるユニット。この『Another Night』は、Wilson Brothersの唯一のアルバムであり、日本ではAORの定盤として根強い人気がある。

収録された10曲は、Wilson兄弟のオリジナルが7曲、カヴァーが2曲(2, 7)、他作が1曲(4)という構成。カヴァー曲のうち、「Another Night」は、The Holliesの75年のアルバム『』のタイトル曲で、「Can We Still Be Friends」は、Todd Rundgrenの78年のアルバム『』の収録曲だ。特に「Can We Still Be Friends」は、Toddの優しさ溢れるメロディが光る名曲。

このアルバムはまた、Steve Lukatherのギター・ソロが素晴らしいことでも知られる。Lukatherは、タイトル曲以外の全曲でソロを弾いているが、特に「Feeling Like We're Strangers Again」「Just Like A Lover Knows」「Lost And Long Way From Home」の3曲での入魂のソロには、なにか特別なエモーションを感じる。また、「Shadows」におけるクールな早弾きも相当にセクシー。

一方、タイトル曲の「Another Night」ではJon Goinというギタリストがソロを弾いているが、これがまた、Lukatherに勝るとも劣らぬ迫真のフレーズを放つ見事なソロ。こうした聴きどころが多く散りばめられていることが、このアルバムの人気の秘密だと思う。

アルバムの中で最も華やかな曲は、「Take Me To Your Heaven」。Stevie Woodsが81年のアルバム『Take Me To Your Heaven / スティール・ザ・ナイト』でこの曲をカヴァーし、アルバムのタイトルにしている。Wilson兄弟の曲作りのセンスの良さが表れている。

兄のSteveが既に他界しているので、本当にこれが唯一のアルバムになってしまった。日本では何度もCDが再発されており、この夏には、ワーナーの「新・名盤探検隊 紙ジャケ編」から再発される。再発の知らせがあると思い出したように聴くが、最初に聴いたときは地味な印象だったのに、聴くたびに良さが分かってくる。

●収録曲
1. Feeling Like We're Strangers Again / 愛にひとりぼっち - 4:00
2. Another Night - 3:56
3. Thanking Heaven / 愛をありがとう - 3:54
4. Shadows - 4:25
5. Just Like A Lover Knows / 恋人たちの予感 - 4:11
6. Lost And Long Way From Home / 終わりなき旅路 - 4:30
7. Can We Still Be Friends / 友達でいさせて - 4:01
8. Ticket To My Heart - 3:05
9. Take Me To Your Heaven / 君のすべてを今夜 - 3:38
10. Like Yesterday - 4:22


◆プロデュース: Kyle Lehning

◆参加ミュージシャン: Steve Wilson(vo, g), Kelly Wilson(vo, g, k)
with Steve Lukather/Jon Goin/Steve Gibson(g), Shane Keister(k), Jack Williams/Bob Wray(b), Kenneth Buttrey(ds), Ernie Watts(sax), Denny Henson(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/07/24 12:15 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(4)
Roger Voudourisの1979年のアルバム『Radio Dream』。
Roger Voudouris / Radio Dream (1979年)
Roger Voudourisはカリフォルニア生まれのシンガー・ソングライター。70年代中盤にVoudouris & Kahneというユニットでアルバムを2枚残したのちにソロ活動をスタートし、1978年から81年にかけて、年に1枚ずつのペースで4枚のソロ・アルバムを発表している。この『Radio Dream』はセカンド・アルバム。

最初の2枚のアルバムをプロデュースしたのはMichael Omartian。曲作りにも深く関わっており、本作では9曲のうちの7曲(1-4, 5-7, 9)をVoudourisと共作している。また、プレイヤーとしても、キーボード、パーカッション、バック・ヴォーカルを担当した。

本作はどこかノスタルジックな香りのする、甘く爽やかなアルバム。また、Jay Graydon(g)やBrecker兄弟(tp, sax)などのゲスト・プレイヤーはいるものの、R.Voudouris(vo, g), Leland Sklar(b), David Kemper(ds, per), M.Omartian(k, per, bv)の4人によるバンドの音になっているのもいい。何よりも、「Radio Dream」というタイトルが素敵。

このアルバムからは、爽やかなポップ・チューンの「Get Used to It / 僕の想い入れ」がシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの21位をマークし、Voudourisのキャリア一番のヒットになった。Voudourisの歌声には野性味とソウル・フィーリングがあり、表情も豊か。この曲では、力いっぱいに歌う感じがとてもフレッシュだ。

タイトル曲の「Radio Dream」は、ミディアム・テンポの最高にメロウなナンバー。夢見心地の穏やかなメロディと、Michael Breckerの浮遊感のあるソプラノ・サックスが素晴らしく、Voudourisの歌声には程よい温もりがあって、やけに優しい。

Jay Graydonは「Just What It Takes」のリズム・ギターと、「Does Our Love」「Anything from Anyone」のアコースティック・ギターを弾いているが、裏方に徹していて、クレジットを見ないと気付かない。Voudourisのギターの腕前もなかなかのもので、「The Next Time Around」ではアコギを爪弾きながらしっとりと歌っている。Voudourisのソウルフルな声は、ポップで軽快な曲よりも、こうしたバラードの方が似合うかも。

81年の4作目『On the Heels of Love / もうひとつのラヴ・ソング』は、本作を更にスタイリッシュにした感じ。全曲でJeff Porcaroのドラムスを聴くことができるところもポイントが高く、おすすめ。

●収録曲
1. Get Used to It / 僕の想い入れ - 3:00
2. Just What It Takes - 3:26
3. Does Our Love (Depend on the Night) / 忘れじの夜 - 3:11
4. We Can't Stay Like This Forever / 想い出のアルバム - 3:11
5. Radio Dream - 3:37
6. Anything from Anyone / あなただけを - 3:45
7. We Only Dance 'Cause We Have To / ダンスしようよ - 4:02
8. The Next Time Around - 3:18
9. Reprise - 2:25


◆プロデュース: Michael Omartian(k, per, bv)

◆参加ミュージシャン: Roger Voudouris(vo, g), Leland Sklar(b), David Kemper(ds, per)
with Jay Graydon(g), Randy Brecker(tp), Michael Brecker(sax), Stormie Omartian/Myrna Matthews/Marti McCall(bv)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/06/28 10:45 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Tony Sciuto / Island Nights 2018/08/19
AOR名盤(1981年) - Rickie Lee Jones / Pirates 2018/08/14
AOR名盤(1980年) - Peter Allen / Bi-Coastal 2018/08/12
AOR名盤(1978年) - Carole Bayer Sager / ... Too 2018/08/09
AOR名盤(1981年) - Roger Voudouris / On The Heels Of Love 2018/08/05
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ