音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Alan Sorrentiの1979年のアルバム『L.A.&N.Y.』。
Alan Sorrenti / L.A&N.Y. (1979年)
Alan Sorrentiはイタリアのベテラン・シンガー。デビュー後の3枚のアルバムはプログレ路線だったようだが、この『L.A.&N.Y.』では、タイトルどおりの洗練されたシティ・ポップスを聴くことができる。Sorrentiがポップス路線に転向したのは、サンフランシスコ録音の4作目『Sienteme, it's time to land』から。続く『Figli delle Stelle』ではLA録音を行い、David FosterとJay Graydonを招いてAORのアルバムを制作している。

本作はLA録音の第二弾となる6作目。L.A.サイドの4曲とN.Y.サイドの3曲に分かれており、L.A.サイドはJay Graydonによるプロデュースで、前作のAOR路線を踏襲。一方のN.Y.サイドはLance Quinn&Brad Bakerのプロデュースで、Chicのようなディスコ調のナンバーを収録している。

L.A.サイドの曲は全てAlan Sorrentiのオリジナルで、歌詞はイタリア語。Jay Graydonが2曲(2, 4)、Steve Kipnerが2曲(3, 4)を共作し、LAのスタジオ・ミュージシャンが演奏している。N.Y.サイドの曲は全て他作で、歌詞は英語。Will Lee(b)やHiram Bullock(g)、Paul Griffin(k)、Ronnie Cuber(sax)など、演奏にはNYのジャズ・プレイヤーが参加した。

2曲目の「Per Sempre Tu」は爽快なナンバーだ。イントロからJay Graydonのギターが華やかに鳴り響き、エンディングでは自由奔放でアイデア豊富なソロが繰り出される。この見事なソロは、Graydonの3大ギター・ソロの1つとされている。なお、2年後には、曲のヴォーカルだけを英語に差し替えたバージョンが「Beside You」というタイトルで再リリースされた。

Jay Graydonのギターが華やかといえば、次の「Dancing In My Heart」もそう。「Per Sempre Tu」のような流麗なソロはないが、Graydonのギターの音がとても印象に残る。

N.Y.サイドでは、スタイリッシュな「Take A Chance」が素晴らしい。しなやかでメロウなグルーヴが心地よく、まるでChicの曲を聴いているみたい。

本作からは、1曲目の「Tu Sei L'unica Donna Per Me」がイタリアで大ヒットし、12週連続でチャートの1位に輝いた。アルバムも4ヵ月にわたって1位の座を守っている。

79年はJay Graydonのプロデュース活動の元年。本作のほか、Steve Kipnerの『Knock The Walls Down』やMarc Jordanの『Blue Desert』、Manhattan Transferの『Extensions』などのプロデュース作はどれも名作だ。3大ギター・ソロの残り2つは、このうちのSteve KipnerとMarc Jordanのアルバムで聴くことができる。

●収録曲
1. Tu Sei L'unica Donna Per Me - 3:48
2. Per Sempre Tu - 4:38
3. Dancing In My Heart - 3:01
4. Provaci - 3:17
5. Look Out - 4:55
6. Take A Chance - 5:57
7. Love Fever - 7:02


◆プロデュース: Jay Graydon(g), Lance Quinn, Brad Baker

◆参加ミュージシャン: Alan Sorrenti(vo), Hiram Bullock(g), Jai Winding/Michael Omartian/Paul Griffin(k), Mike Porcaro/Will Lee(b), Ed Greene(ds), Victor Feldman(per), Ronnie Cuber(sax), Jerry Hey(tp), Bill Champlin/Bobby Kimball/Steve Kipner(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/04/23 17:10 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(0)
Rupert Holmesの1979年のアルバム『Partners In Crime』。
Rupert Holmes / Partners In Crime (1979年)
Rupert Holmesはイングランド生まれ、ニューヨーク育ちのシンガー・ソングライター。ストーリー仕立てのドラマティックな作詞に定評があり、Barbra Streisandにその才能を乞われ、Barbraの75年のアルバム『』のプロデュース、作詞・作曲、アレンジを任されたことで知られるようになった。そのアルバムには、Rupert Holmesのデビュー作『』(74年)からタイトル曲と「Letters That Cross in the Mail」がカヴァーされている。

『Partners In Crime』は5枚目のソロ・アルバムで、Rupert Holmesのキャリア最大のヒット作。本作からは「Escape」がBillboard Hot 100チャートの1位を獲得したほか、「Him」が6位、「Answering Machine」が32位を記録。アルバムはBillboard 200チャートの33位をマークした。

"The Piña Colada Song" という副題のついた「Escape」の歌詞は、映画のようなストーリー。

妻との生活に飽きていた男がある日、新聞の投稿を見つける。"もしあなたがピナ・コラーダが好きで、雨に濡れても平気で、ヨガに夢中じゃなくて、そんなにおバカさんでもなくて、真夜中の砂丘でメイク・ラヴしたいと思っている、そんな人なら、私こそあなたの恋人候補、お手紙下さい、一緒にエスケイプしましょう" というもの。男は手紙を書き、期待に胸を膨らませてその女性と会ってみたら、なんと自分の妻だった。

男は言う。"知らなかったよ、君がピナ・コラーダや、雨に濡れるのが好きだったなんて、海での気分や、シャンペンの味が好きだったなんて、真夜中の砂丘でメイク・ラヴしたいだなんて、君こそ僕の捜し求めていた女さ、おいで、一緒にエスケイプしよう" と。

Rupert Holmesの作る歌詞はどれもこんな感じにユーモアがあり、ロマンティック。「Him」は、彼女の家で自分の吸わない銘柄のタバコの箱を見つけた男のざわつく胸中を歌った苦い歌。「Answering Machine」は、結婚への思いを留守電で伝え合う男女の歌。彼女の留守電に残そうとしたプロポーズの言葉が肝心なところで切れてしまい、それを聞いた彼女からの返事も肝心なところで切れていて、もどかしい。

歌詞を読んで楽しめるだけでなく、メロディもポップで親しみやすいし、アレンジも洒落ている。濃厚なロマンティシズムの香る前作『Pursuit of Happiness / 浪漫』(78年)もおすすめだ。

ところで、Billboard Hot 100チャートにおける70年代最後のNo.1ソングは「Escape」らしい。この曲は、80年の1月にもチャートの1位に返り咲いたので、めでたく70年代と80年代をまたぐNo.1ソングになったそうだ。

●収録曲
1. Escape (The Piña Colada Song) - 4:34
2. Partners in Crime - 5:14
3. Nearsighted - 2:49
4. Lunch Hour - 4:38
5. Drop It - 4:10
6. Him - 4:04
7. Answering Machine - 3:33
8. The People That You Never Get to Love - 3:46
9. Get Outta Yourself - 4:43
10. In You I Trust - 4:49


◆プロデュース: Rupert Holmes(vo, k, sy, sax), Jim Boyer

◆参加ミュージシャン: Dean Bailin(g), Frank Gravis(b), Leo Adamian/Steve Jordan(ds), Peter Gordon(horn), Wayne Andre/David Taylor(tb), Victoria(per), Bob Gurland(voiced trumpet), Chrissy Faith(bv), Gene Orloff Section(strings ar)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/03/26 15:23 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(0)
Imperialsの1979年のアルバム『One More Song For You』。
Imperials / One More Song For You (1979年)
ImperialsはアメリカのCCM(Contemporary Christian Music)シーンの男性コーラス・グループ。1964年の結成以来、メンバーを交代しながら息の長い活動をしているCCM界の大御所グループだ。

本作はMichael Omartianプロデュースの1979年作。Michael OmartianがChristopher Crossのデビュー・アルバムを大成功させる前の年にあたり、本作もポップでメロウなAOR路線になっている。メンバーはArmond Morales(bass), Jim Murray(tenor), David Will(baritone), Russ Taff(lead)の4人で、グループ結成時のメンバーはArmond Moralesのみ。Jim Murrayは66年、David WillとRuss Taffは76年の加入である。

収録された9曲のうち、5曲(1, 3, 6, 7, 9)はOmartian夫妻の共作。残りの曲については、「I'm Forgiven」がBruce Hibbard, Hadley Hockensmith, M.Omartianの共作、「Living Without Your Love」がTom Hembry作、「Eagle Song」がTaff夫妻の作、「Higher Power」がDenny Correll作となっている。「I'm Forgiven」については、作者のBruce Hibbardも80年のアルバム『Never Turnin' Back』でセルフ・カヴァーした。

本作の注目ナンバーは「Living Without Your Love」。メロディやグルーヴ感がTOTOの「Georgy Porgy」を思わせるメロウな曲で、ファルセットのヴォーカル(Jim Murrayかな?)も美しい。

もう1曲、「Closer Than Ever」も洗練されたメロウ・チューン。こちらはRuss Taffの硬派でソウルフルなヴォーカルがいい感じ。サポート・ミュージシャンの安定感抜群の演奏も心地よい。

本作のCDは入手困難になっているが、amazonのデジタルミュージック・ストアからMP3形式で入手(ダウンロード)可能。CCMのアルバムには、そうした方法でデジタルコンテンツを入手できるものが割と多いので、要チェックだ。

●収録曲
1. What I Can Do For You - 2:59
2. I'm Forgiven - 3:54
3. All My Life - 3:24
4. Living Without Your Love - 3:27
5. Eagle Song - 3:14
6. Closer Than Ever - 4:23
7. One More Song For You - 4:38
8. Higher Power - 4:20
9. More Like You - 3:30


◆プロデュース: Michael Omartian(k, per, ar)

◆参加ミュージシャン: Armond Morales(vo), Jim Murray(vo), David Will(vo), Russ Taff(vo)
with Marty Walsh(g), Abraham Laboriel(b), Paul Leim(ds), Victor Feldman(per), Kim Hutchcroft(sax), Stormie Omartian/Marty McCall(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/03/20 15:54 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Rock名盤(1977年) - Libby Titus / Libby Titus 2018/05/16
AOR名盤(1980年) - Fred Knoblock / Why Not Me 2018/05/14
AOR名盤(1977年) - Randy Edelman / If Love Is Real 2018/05/09
AOR名盤(1980年) - Frank Weber / Frank Weber (ニューヨークのストレンジャー) 2018/05/07
Jazz/Fusion名盤(1978年) - Tom Scott / Intimate Strangers 2018/05/02
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp