音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Pagesの1979年のアルバム『Future Street』。
Pages / Future Street (1979年)
Pagesは、Richard PageとSteve Georgeの2人を中心とするグループ。メンバーは5人で、1978年のデビュー・アルバム『ファースト・ペイジス』では、Peter Leinheiser(g), Jerry Manfredi(b), Russ Battelene(ds)が残りのメンバーであった。この『Future Street』は2作目で、ギタリストがCharles "Icarus" Johnsonに、ドラマーがGeorge Lawrenceに代わっている。

彼らの作る音楽は、ポップ、ソウル、ジャズ、フュージョンといった多様な要素を緻密に織り込んで、じっくり熟成したような味わいのハイ・センスなロック・ミュージック。演奏はテクニカルで洗練されており、Richard PageとSteve Georgeの透明感のある美しいハーモニーも魅力。

本作の収録曲は、共作も含めて全て彼らのオリジナル。このうち、爽やかなロック・ナンバーの「I Do Believe In You」がシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの84位をマークした。この曲は、Americaの80年のアルバム『』でカヴァーされている。

「Who's Right, Who's Wrong」はKenny LogginsとRichard Pageの共作。Kenny Logginsも79年のアルバム『』でこの曲をカヴァーし、そこではMichael JacksonとRichard Pageがバック・ヴォーカルを担当している。

「The Sailor's Song」はPagesらしい知的でメロウな味わいの曲。途中から次第に複雑な構成を見せていき、間奏のCharles "Icarus" Johnsonのギター・ソロもかなりの速弾きだ。「Chemistry」ではさらに高度なアンサンブルになり、ほとんどジャズ・ロック。

大半の曲でRichard Pageがリード・ヴォーカルになっているが、「Two People」ではSteve Gerogeが担当。声が似ているので、クレジットを見ないと分からない。二人はヴォーカル・ユニットとしても活躍していて、様々なアーティストの曲で、息の合った美しいバック・ヴォーカルを聴くことができる。

Pagesには作詞を専門に担当するJohn Langという隠れメンバーがいて、曲作りを支えている。JohnはRichard Pageのいとこ。Pagesの解散後、RichardとSteveは新たにMr.Misterを結成し、85年に「Broken Wings」と「Kyrie」という2曲の全米No.1ヒットを生むが、その作詞もJohn Langが担当している。

●収録曲
1. I Do Believe In You - 4:02
2. The Sailor's Song - 4:20
3. Take My Heart Away - 3:46
4. Future Street - 4:10
5. Who's Right, Who's Wrong - 4:19
6. Chemistry - 5:16
7. Two People - 4:25
8. Keep On - Movin' 4:02


◆プロデュース: Bobby Colomby(per)

◆参加ミュージシャン: Richard Page(vo, k, sy), Steve George(k, sy, vo), Charles "Icarus" Johnson(g), Jerry Manfredi(b), George Lawrence(ds), John Lang(lyrics)
with Kenny Loggins(vo), Joey Trujillo(g), Jai Winding(k), Michael Brecker(sax), Chuck Findley/Jerry Hey/Larry Williams(horns), Don Alias(per), Russell Battelene(ds), etc


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/04/20 19:06 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(2)
Brooklyn Dreamsの1979年のアルバム『Sleepless Nights / ヘヴン・ノウズ』。
Brooklyn Dreams / Sleepless Nights (1979年)
Brooklyn Dreamsは、ニューヨーク州ブルックリンで幼なじみだったJoe Esposito, Eddie Hockenson, Bruce Sudanoの3人によるヴォーカル・グループ。1977年にデビューし、リード・ヴォーカルのJoeがDonna Summerとデュエットした「Heaven Knows」の大ヒット(78年, 米4位)により知られるようになった。

彼らは80年までに4枚のアルバムを発表しており、この『Sleepless Nights』は、「Heaven Knows」を含むセカンド・アルバム。この曲はDonna Summer, Giorgio Moroder等による作品で、シングル・ヒットしたバージョンは "Donna Summer with Brooklyn Dreams" 名義になっており、Summerがリードして、Joeがデュエット・パートナーを担当した。一方、本作収録のバージョンは "Brooklyn Dreams with Donna Summer" 名義で、Joeがリードし、Summerがカウンターになっている。

彼らは曲作りも自前でこなし、本作の収録曲も「Heaven Knows」以外は自作。「That's Not The Way That Your Mama Taught You To Be」や「Street Man」、「Coming Up The Hard Way」はディスコ映えしそうな華やかな楽曲で、このうち「Street Man」は、David Cassidy主演のTV映画『Police Story - A Chance to Live』で使われている。

一方、「Make It Last」やタイトル曲の「Sleepless Nights」、「Touching In The Dark」はメロウでソウルフルなナンバーで、彼らの一番の魅力はこうした柔らかいナンバーでの香り立つようなメロウネスにある。しっとりしたバラードの「Fashion For Me」や「Long Distance」も素敵。「Make It Last」と「Long Ditance」のジェントルなギターを弾いているのは、Lee Ritenourだ。

グループの解散後、Joe Espositoはセッション・シンガーとして活躍し、83年の映画『』では甘美なバラードの「Lady, Lady, Lady」を歌っている。Bruce Sudanoは80年にDonna Summerと結婚。二人の娘を授かり、Summerが他界する2012年まで結婚生活を送った。

●収録曲
1. Make It Last - 3:22
2. That's Not The Way That Your Mama Taught You To Be - 4:57
3. Medley: Sleepless Nights / Send Me A Dream - 5:43
4. Fashion For Me - 3:02
5. First Love - 3:26
6. Street Man - 5:28
7. Touching In The Dark - 4:40
8. Long Distance - 3:09
9. Coming Up The Hard Way - 5:22
10. Heaven Knows - 3:38


◆プロデュース: Bob Esty(ar, k)

◆参加ミュージシャン: Joe Esposito(vo, ag), Eddie Swanson Hockenson(vo, per), Bruce Sudano(vo, ag)
with Donna Summer(vo), Jay Graydon/Lee Ritenour/Thom Rotella(g), Jai Winding(k), Chuck Rainey/David Hungate/Scott Edwards(b), Ed Greene/Mike Baird(ds), Victor Feldman(per), Jerry Hey(tp), etc


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/02/12 17:12 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(0)
Steve Gibbの1979年のアルバム『Let My Song / モノクローム』。
Steve Gibb / Let My Song (1981年)
Steve Gibbはカントリー・ポップ界のシンガー・ソングライター。この『Let My Song』は唯一のアルバムで、日本では、田中康夫氏の小説『』に、3曲目の「Tell Me That You Love Me」が取り上げられたことで知られている。

収録曲は全てSteveのオリジナルで、そのうちの4曲(2, 3, 6, 9)はプロデューサーのBuzz Casonとの共作。Buzzと共作した曲にはビートの効いているものもあるが、それ以外は、ピアノを弾きながらしっとりと歌うタイプの詩情豊かなバラードになっている。

1曲目の「She Believes In Me」は、Barry Manilowが歌ったらとっても似合いそうな優しいバラード。実際は、カントリーの大御所、Kenny Rogersの78年のアルバム『』で取り上げられ、そのシングルは翌年にBillboard Hot 100チャートの5位となるヒットを記録した。

この曲のほかにも、Steveのバラードは多くのシンガーに歌われている。日本でSteveが知られるきっかけになった「Tell Me That You Love Me」については、盲目の女性カントリー・シンガーのTerri Gibbsが81年のアルバム『』でカヴァー。

5曲目の「If I Ever Had To Say Goodbye To You」については、女性ポップ・シンガーのHelen Reddyがアルバム『』(78年)で歌ったほか、イギリスの俳優のDennis Watermanも、アルバム『Waterman』(77年)で歌っている。

7曲目の「Look What You've Done」は、女性カントリー・シンガーのDonna Fargoのアルバム『』(80年)や、Paul Ankaのアルバム『Both Sides Of Love』(81年)で取り上げられた。

どのバラードも、メロディが優しくて温かい。Steveはけっして歌の達者なミュージシャンではないが、その丁寧で誠実な歌い方はとても好感をもてる。モノクロのジャケットに写る真っ白なピアノのように、無添加・無着色な感じの(?)バラードを賞味できる。

●収録曲
1. She Believes In Me - 3:58
2. What Could You Know (About Love) - 3:44
3. Tell Me That You Love Me - 3:23
4. Whiskey Dreams & Nursery Rhymes - 3:29
5. If I Ever Had To Say Goodbye To You - 2:58
6. Don't Blame It On Love - 3:43
7. Look What You've Done - 3:23
8. Just An Ordinary Man - 3:35
9. Rock Me Off - 3:55
10. Me & You - 3:59


◆プロデュース: Buzz Cason(k, bv)

◆参加ミュージシャン: Steve Gibb(vo, k), Steve Gibson/Jon Goin(g), Randy Goodrum/Mike Lawler/Bobby Ogdin(k), Jack Williams/Joe Osborne(b), Jerry Carrigan(ds), etc


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2018/12/18 15:31 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(0)
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1978年) - TOTO / TOTO (宇宙の騎士) 2019/07/22
AOR名盤(1980年) - Boz Scaggs / Middle Man 2019/07/16
AOR名盤(1982年) - Dwayne Ford / Needless Freaking 2019/07/13
AOR名盤(1978年) - Melissa Manchester / Don't Cry Out Loud 2019/07/09
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2019/07/06
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ