洋楽中心生活

Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Dave Raynorの1980年のアルバム『Rain Or Shine』の紹介です。Dave Raynor(レイナー)はギタリストやソングライターとしてアメリカで活動するミュージシャン。自分のアルバム制作はこの『Rain Or Shine』のみだが、ソングライターとしてDeniece Williamsに曲を提供したり、ギタリストとしてBill Medley(The Righteous Brothers)やAndy Williamsを...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Michael And Stormie Omartianの1980年のアルバム『The Builder』の紹介です。Michael Omartianはアメリカを代表する音楽プロデューサーの一人。Christopher CrossやPeter Cetera, Michael Bolton, Whitney Houstonなどのアルバムをプロデュースして数々のヒットを飛ばしたほか、1985年にはQuincy Jonesと共同で「We Are The World」をプロデュ...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Robert Johnの1980年のアルバム『Back On The Street』の紹介です。Robert JohnはNY生まれのシンガー・ソングライター。このブログで紹介したDavid Lasleyと同じく、ファルセット主体で歌うシンガーだ。幼少期からシンガーとして活躍しており、12歳の時には「White Bucks and Saddle Shoes」で早くも全米79位にチャート・インしている。声変わり...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Googie And Tom Coppola(コッポラ)の1980年のアルバム『Shine The Light Of Love』の紹介です。Googie And Tom Coppolaは、男性キーボード奏者のTom Coppolaと、女性シンガーのGoogie Coppolaによる夫婦のデュオ。この『Shine The Light Of Love』は、彼らの唯一のアルバムである。夫婦のデュオというと、SeawindのBob WilsonとPauline Wilson夫...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Heatの1980年のアルバム『Heat』の紹介です。Heatは1979年にLAで結成されたブラック・コンテンポラリー・グループ。サックス奏者のTom Savianoが、Joe Pizzulo、Jean Marie Arnoldという男女二人のシンガーと共に結成した3人組である。彼らは80年と81年にアルバムを1枚ずつ残しており、この『Heat』はファースト・アルバム。Tom SavianoはGino C...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Tony Sciutoの1980年のアルバム『Island Nights』の紹介です。Tony Sciutoはアメリカ東海岸出身のシンガー・ソングライター。1965年に音楽活動をスタートし、70年代にはL.A.に移って、作詞家のSammy Egorinとソングライター・チームを組んで活動を続けた。Bay City RollersやMarcus Josephなどが彼らの曲を歌っている。この『Island Nights』はT...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Peter Allenの1980年のアルバム『Bi-Coastal』の紹介です。Peter Allenはオーストラリア生まれのシンガー・ソングライター。Olivia Newton-Johnの1974年のグラミー受賞曲「I Honestly Love You / 愛の告白」や、Melissa Manchesterの78年のヒット曲「あなたしか見えない」、Christopher Crossが歌った81年の映画『Author』の主題歌「ニューヨー...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Leah Kunkelの1980年のアルバム『I Run With Trouble』の紹介です。Leah Kunkelはアメリカの女性シンガー・ソングライター。彼女の姉は「夢のカリフォルニア」のヒットで知られるThe Mamas & The PapasのCass Elliot。夫は売れっ子セッション・ドラマーのRuss Kunkelである。彼女には2枚のソロ・アルバムがあり、本作『I Run With Trouble』...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Fred Knoblockの1980年のアルバム『Why Not Me』の紹介です。Fred Knoblockはアメリカの主にカントリー・シーンで活躍するシンガー・ソングライター。デビューは1980年で、そのデビュー曲「Why Not Me」はBillboard Hot 100チャートの18位、AC(Adult Contemporary)チャートの1位になるヒットを記録している。翌年には、Susan Antonとデュエット...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Frank Weberの1980年のアルバム『Frank Weber / ニューヨークのストレンジャー』の紹介です。Frank Weberはアメリカのシンガー・ソングライター。ピアノを弾きながら自作の曲を歌うスタイルなので、タイプとしては、Billy JoelやElton John、Todd Rundgrenに近い。このアルバムはFrank Weberの2作目で、タイトルに自分の名前を付けた自信作。日...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Chris Montanの1980年のアルバム『Any Minute Now / トワイライト・アワーズ』の紹介です。Chris Montanはアメリカのシンガー・ソングライター。1980年にアルバム・デビューしているが、シンガー・ソングライターとしての活動期間はとても短く、90年代以降は米ウォルト・ディズニーの数々のアニメーション映画の音楽プロデューサーとして活躍し...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Average White Bandの1980年のアルバム『Shine』の紹介です。Average White Bandは1972年にスコットランドで結成された6人組のファンク/R&Bグループ。名前のとおり白人中心のグループだが、黒人顔負けのファンキー&ソウルフルな曲と演奏で人気がある。74年にはロサンゼルスに活動の場を移してセカンド・アルバムの『』をリリース。このアル...