音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Bruce Hibbardの1980年のアルバム『Never Turnin' Back』。
Bruce Hibbard / Never Turnin' Back (1980年)
Bruce HibbardはアメリカのCCM(Christian Contemporary Music)シーンで活動したシンガー・ソングライター。ファースト・アルバムは1977年に出されており、本作はセカンド・アルバム。CCMのアルバムにはAORテイストのものが多く、このアルバムもAORきっての名盤として紹介されることの多い人気盤である。

この年にフュージョン・グループのKOINONIAを結成するHadley Hockensmith(g), Bill Maxwell(ds), Harlan Rogers(k), Dean Charts(g)が参加しており、安定感のある粋な演奏に気分も上がる。ちなみにDean Chartsは、Dean Parksの別名。

プロデュースを担当したHadley Hockensmithは、曲に関しても10曲中の8曲をBruce Hibbardと共作。リラックスした爽やかなメロディの曲ばかりで、暗い曲がない。オープンカーを走らせながら笑顔を交わすセピアのジャケットのように、のどかで幸せな音景が次から次へと広がる極上のサウンドだ。

Bruce Hibbardの歌声には陽だまりの暖かさと安らぎがある。清潔で伸びやかな女性バック・ヴォーカルはKelly Willardで、Bruce Hibbardの声との相性はばっちり。軽快な「You Are So Good To Me」を聴くと心がはずむし、ジャケットの影響もあって、ドライヴの際には重宝した。

「Forgiven」はImperialsの前年のアルバム『One More Song For You』で歌われており、そちらはホーンを取り入れたややファンキーな仕上がり。「All Of Me」ではSweet Comfort BandからBryan DuncanとRandy Thomasが参加して、sweetでcomfortなコーラスを添えている。

2000年には20年ぶりのサード・アルバム『』をリリース。その後も、『』(2008年)、『』(2013年)と、アルバムを出している。最近の活動については、Bruce Hibbardのサイト(brucehibbard.com)やブログ(hibbyblog.blogspot.jp)をどうぞ。

●収録曲
1. Never Turnin' Back - 3:12
2. Calling - 4:19
3. You'll Never Let Me Go - 4:14
4. It's a Shame - 3:16
5. You're So Good to Me - 4:30
6. Forgiven - 3:02
7. Straight and Narrow - 3:13
8. All Of Me - 3:46
9. Love Will Always Make A Way - 4:12
10. We Are All His Children - 4:36


◆プロデュース: Hadley Hockensmith(g, b, bv)

◆参加ミュージシャン: Bruce Hibbard(vo, k), Dean Charts(g), Harlan Rogers(k), Bill Maxwell(ds), Keith Edwards(ds, per), Kelly Willard/Bryan Duncan/Randy Thomas(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/02/01 18:16 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(2)
Gary Bensonの1980年のアルバム『Moonlight Walking』。
Gary Benson / Moonlight Walking (1980年)
Gary Bensonは英国のシンガー・ソングライター。60年代中頃からソングライターとして活動し、代表的な曲にはOlivia Newton-Johnの76年のアルバム『』に収録された「Don't Throw It All Away」や、John Travoltaの同年のアルバム『』からのヒット曲「Let Her In」(米10位)などがある。有名なところでは、Maxi Priestの90年のアルバム『』からシングル・カットされ、全米1位を獲得した「Close To You」もGary Bensonの作。

ソロ・アルバムは70年から出しており、本作は通算で5枚目となるスタジオ・アルバム。全曲をGary Bensonが書いており、"英国のJimmy Webb" と呼ばれることがあるらしく、ソフトで瑞々しいメロディの曲が揃っている。繊細で優しい歌声に物足りなさを感じるかも知れないが、曲の良さがそれを補っている。

アップ・テンポな曲は「I Think This Could Be It」ぐらいで、それ以外はスロー~ミディアム・テンポの穏やかなナンバー。多くの曲はロンドンでレコーディングされているが、2曲(1, 4)はLAでのレコーディングだ。「Dying To Live With You」の澄み切ったバック・ヴォーカルはLeah Kunkelで、ギターはSteve Lukatherだろう。

「Sanctuary」の終わりに流れるギター・ソロが素晴らしいが、これはRay Russellだろうか。空に舞い上るようなスケール感があり、爽やかな後味。

ジャケットはロンドンの夜の住宅街のよう。街灯の明かりの下で煙草に火を点ける紳士。このムードあるジャケットからは「Close To You」のようなロマンティックなサウンドを想像するが、どの曲も朝のように清々しい。爽やかなアルバムだ。

●収録曲
1. Dying To Live With You
2. Counting The Days Away
3. What's Gonna Happen To Us
4. What I Was Trying To Say
5. Moonlight Walking
6. It's A Love Thing
7. You Don't Know What That Does To Me
8. I Think This Could Be It
9. You're The One
10. Sanctuary


◆プロデュース: Gary Benson(vo), Fred Mollin & Matthew McCauley

◆参加ミュージシャン: Ray Russell/Steve Lukather(g), Kevin Peek(ag), Rob Young(k, ar), Bobby Ogden(k), Dave Olney/Lee Sklar(b), Russ Kunkel/Les Binks(ds), Frank Ricotti(per), Leah Kunkel(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/01/30 18:04 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
Dick St. Nicklausの1980年のアルバム『Sweet And Dandy』。
Dick St. Nicklaus / Sweet And Dandy (1980年)
Dick St. Nicklausは、60年代に「Louie Louie」や「Money」などのヒットを飛ばしたガレージ・ロック・バンドのThe Kingsmenのドラマー。現在もDick Petersonの名前でKingsmenのドラマーをしているが、70年代にはソングライターの仕事もしていた。ソロ・アルバムは2枚あり、本作がセカンド・アルバムである。

79年のファースト・アルバム『』は本国アメリカよりも日本で売れた。大阪の輸入盤専門店から口コミで人気が広まり、関西地区限定発売から全国発売へと展開したそうで、シングルの「Magic」は当時のオリコン・チャートに長期間ランク・インしたらしい。その人気を受けて、日本限定で発売されたセカンド・アルバムが本作である。

全曲がDick St. Nicklausの作/共作で、キャッチーなメロディの曲ばかりを揃えている。キーボードで軽快にリズムを刻むMichael McDonald風の「Bye Bye Baby」や、Steve Lukatherがエネルギッシュにギターを弾くTOTO風の「You're Living A Lie」などの流行を捉えたナンバーもよいが、素朴なバラードや哀愁漂うミディアム系に人柄のよさが表れている。

心地よい郷愁のある「Can't Say Love」や優しいバラードの「Love Love Love」、大阪への恩返しのような「Osaka Moon」、情感一杯に歌う「Stuck In The Mud Again」あたりが素晴らしく、暖かい歌声と飾らない真っすぐな歌いっぷりも素敵。

「Love Love Love」は、"Don't give up on love" と歌うなかなかの名曲。Bill Medley(The Righteous Brothers)が81年のアルバム『Sweet Thunder』でカヴァーしたほか、Kenny Rogersも83年のアルバム『』で歌っている。

ファースト・アルバム『』のCDは、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから2016年8月に再発されたが、このセカンド・アルバムの方は2001年に日本で世界初CD化されて以来、CDの再発がないのが残念。じっくり待ちましょう。

●収録曲
1. Bye Bye Baby - 4:03
2. Can't Say Love - 4:10
3. Love Love Love - 3:35
4. Lies - 2:58
5. You Better Run - 2:52
6. Osaka Moon - 3:57
7. You're Living A Lie - 3:37
8. Stuck In The Mud Again - 5:35
9. I'm Tired - 4:05


◆プロデュース: Dick St. Nicklaus(vo, k, ds), Velton Ray Bunch

◆参加ミュージシャン: Steve Lukather(g), Ian Underwood(sy), Neil Stubenhaus(b), Steve Schaeffer(ds), Jim Horn(sax), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/01/28 19:02 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - America / View From The Ground 2018/02/19
AOR名盤(1981年) - Marty Balin / Balin (恋人たち) 2018/02/17
AOR名盤(1981年) - Van Stephenson / China Girl (瞳の奥に…) 2018/02/15
AOR名盤(1981年) - Carole Bayer Sager / Sometimes Late At Night 2018/02/13
AOR名盤(1981年) - Randy Crawford / Secret Combination 2018/02/11
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp