音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Fred Knoblockの1980年のアルバム『Why Not Me』。
Fred Knoblock / Why Not Me (1980年)
Fred Knoblockはアメリカの主にカントリー・シーンで活躍するシンガー・ソングライター。デビューは1980年で、そのデビュー曲「Why Not Me」はBillboard Hot 100チャートの18位、AC(Adult Contemporary)チャートの1位になるヒットを記録している。翌年には、Susan Antonとデュエットした「Killin' Time」がカントリー・チャートの10位になったほか、「Memphis」も同チャートの10位を記録。その後は目立ったヒット曲はないものの、今も活動を続けている。

このアルバムはFred Knoblockが残した唯一のアルバム。カントリーではなく、ピュアなAORのアルバムで、Bill LaBountyあたりが好きな人のツボを刺激しそうな癒しの曲をたくさん揃えている。

ヒットした「Why Not Me」は、かつての恋人の結婚式に参列した男が "どうして僕じゃないの?" と思う切ない歌。角松敏生にも似たようなシチュエーションの曲があったけれど、Knoblockのほうは素朴で繊細に歌っている。とてもいい曲だ。

「Let Me Love You」は、このアルバムからの2枚目のシングルとなって、カントリー・チャートでは53位を記録。この曲や「Still Feel The Same Way」のメロディは、まるでBill LaBounty。ほろ苦いけれど、親しみをもてる。

「A Bigger Fool」や「It's Over」はソウル・フィーリングのある曲。爽やかでメロウな「A Bigger Fool」は、この頃の流行りなのか、"fool" というフレーズを使用。「It's Over」は、ややファンキーな味つけのシティ・ソウルで、間奏のギターの音が気持ちいい。

バック・ミュージシャンにはYellowjacketsのRussell Ferrante(k)が参加。ドラムスとプロデュースを担当したJames Stroudは前の年にMarilyn Scottの『Dreams Of Tomorrow』をプロデュースしており、そのMarilyn Scottもバック・ヴォーカルで参加している。CD化されていないのが本当に残念なアルバムだ。

●収録曲
1. Why Not Me - 3:43
2. Take A Flight Tonight - 3:41
3. Let Me Love You - 3:05
4. Laugh It Off - 3:16
5. Can't Keep From Crying - 3:33
6. Can I Get Wish / はかない願い - 2:55
7. A Bigger Fool - 3:15
8. Love Isn't Easy - 3:33
9. Still Feel The Same Way - 3:16
10. It's Over - 3:41
11. Father - 3:27


◆プロデュース: James Stroud(ds, per, bv)

◆参加ミュージシャン: Fred Knoblock(vo, g), Larry Byrom/Gerry Pucket(g), Russell Ferrante(k), Steve Hulse(k, string ar), Don Barrett(b, bv), Marilyn Scott/JoAnn Harris(bv)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/05/14 18:58 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
Frank Weberの1980年のアルバム『Frank Weber / ニューヨークのストレンジャー』。
Frank Weber / Frank Weber (ニューヨークのストレンジャー) (1980年)
Frank Weberはアメリカのシンガー・ソングライター。ピアノを弾きながら自作の曲を歌うスタイルなので、タイプとしては、Billy JoelやElton John、Todd Rundgrenに近い。このアルバムはFrank Weberの2作目で、タイトルに自分の名前を付けた自信作。日本サイドとしてはBilly Joelのイメージで売りたかったのか、『ニューヨークのストレンジャー』という "まんまビリー・ジョエル" な邦題が付いている。

1曲目の「Take It To The Limit」はEaglesの曲のカヴァーだが、アップ・テンポで華やかなナンバーに変身させているので、まったくそれと気づかない。曲の最後に原曲のアレンジに戻しているが、そこで初めて「もしやEaglesのカヴァーだったのか?」と気づく。

2曲目以降はオリジナルの曲になっており、素朴で優しくて、温もりのある1作目『... As The Time Flies』と比べると、クールで都会的なナンバーが多い。

シャッフル・ビートを用いた「The Old Man」は、クールなコード進行やジャジーな展開が何だかSteely Danみたいだし、曲の終盤が「Aja」を思わせる「Who Wrote The Answers / 予言者の言葉」や、「ハイチ式離婚」のようなレゲエのリズムを取り入れた「Just Like Everyone Else」にもSteely Danの影響を感じる。

「Between N.Y. And L.A. / ニューヨークとロスアンジェルス」はMarc Jordanが歌いそうな都会的なナンバー。華やかで洒落ており、Frank Weberの少し鼻にかかった声の感じもMarc Jordanにそっくり。スリリングな演奏は、Frank Weberのバンド・メンバー(Weberを含む6人)によるもの。抜群の一体感があって、聴いていて気持ちいい。

「You Can Come Home To Me」「Reflections Of Myself / 自分の映像」「Only For Tonight」の3曲は、1作目にも通じる穏やかなナンバー。特に、「Only For Tonight」の優しいメロディに聴き入ってしまう。この曲のFrank Weberの歌声はBarry Manilowみたいだ。曲の途中の美声のヴォーカル・ソロはDavid Lasley。繊細なギターはDavid Spinozzaである。

Frank Weberは、このアルバムの30年後にサード・アルバム『』を日本でリリースしている。私はまだ聴いたことがないが、1作目、2作目がとても良い内容なので、CDが再発されたら是非聴いてみたい。

●収録曲
1. Take It To The Limit - 4:12
2. The Old Man - 5:06
3. You Can Come Home To Me - 5:13
4. Between N.Y. And L.A. / ニューヨークとロスアンジェルス - 5:21
5. Who Wrote The Answers / 予言者の言葉 - 5:20
6. Reflections Of Myself / 自分の映像 - 4:29
7. Just Like Everyone Else - 5:01
8. Only For Tonight - 3:51
9. Between N.Y. And L.A. (Reprise) - 1:12


◆プロデュース: Ed Newmark

◆参加ミュージシャン: Frank Weber(vo, k), Harvey Auger(b), Ron Tierno(ds), Tim DeHuff(g), Armen Halburian(per), Frank Elmo(sax)
with David Spinozza/John Tropea(g), Tony Levin(b), David Lasley/Arnold McCuller(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/05/07 15:55 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
Chris Montanの1980年のアルバム『Any Minute Now / トワイライト・アワーズ』。
Chris Montan / Any Minute Now (1980年)
Chris Montanはアメリカのシンガー・ソングライター。1980年にアルバム・デビューしているが、シンガー・ソングライターとしての活動期間はとても短く、90年代以降は米ウォルト・ディズニーの数々のアニメーション映画の音楽プロデューサーとして活躍している。

本作『Any Minute Now』は、その唯一のアルバム。全曲がChris Montanのオリジナルだが、「Let's Pick It Up (Where We Left Off)」についてはPiecesのGeoffrey Leibとの共作だ。ほとんどをミディアム~スロー・テンポの優しいナンバーで占めており、聴いた味わいはJames Taylorの最新作『Before This World』にとても似ている。アレンジはシンプルで、サウンドは一音一音を丁寧に磨いたように美しい。

優しいエレピとハーモニカの響きで始まる「Is This The Way Of Love」はLauren Woodとのデュエット曲。柔らかいサンバのリズムはBilly Joelの「素顔のままで」を思わせる。愛らしくロマンティックなナンバーだ。

タイトル曲「Any Minute Now」では、その優しいメロディと演奏に癒される。Chris Montanの穏やかな歌声や歌い方は、まるでJames Taylorのよう。続く「Empty Bed Blues」や「Let's Pick It Up」も、James Taylorが歌っているみたいに聴こえてくる。

「This Could Be The Night」は切ないメロディをコンテンポラリーに仕上げたナンバー。サビでは、Brock WalshやArno Lucas等、バック・コーラス陣の情熱的なリフレインが曲を盛り上げ、何とも切ない。

「All Night With Me」も、素朴で温もりのあるナンバー。Laura Braniganが82年のデビュー・アルバム『』の1曲目でこれをカバーしている。

ラストの「Everyday I'm Gonna Love You More」では、その一途でけなげなタイトルに感動してしまう。この曲のバック・ヴォーカルはKarla BonoffとAndrew Gold。二人は60年代の終わりにBryndleというLAのフォーク・ロック・グループのメンバーだった。

優しすぎて切ないけれど、穏やかな安らぎを得られる素晴らしいアルバム。ちょっとナイーヴな人柄もうかがえる。99年に日本のVivid Soundから初CD化されたが、それっきりなのが残念だ。

●収録曲
1. Is This The Way Of Love - 3:25
2. Any Minute Now - 3:50
3. Empty Bed Blues - 4:14
4. Let's Pick It Up (Where We Left Off) - 3:16
5. This Could Be The Night - 4:38
6. Doesn't Mean Much To Me - 3:33
7. All Night With Me - 3:32
8. Ann - 3:31
9. Intentions - 4:39
10. Everyday I'm Gonna Love You More - 2:33


◆プロデュース: Evan Archerd

◆参加ミュージシャン: Chris Montan(vo, k), Mark Goldenberg/Amos Garrett/Dean Parks/Thom Rottella(g), Geoffrey Leib(g, k), Bill Payne/Bill Elliott(k), Rick Chudacoff/Max Bennett/Brad Palmer(b), Peter Bunetta(ds), Phil Kenzie(sax), Norton Buffalo(harmonica), Lauren Wood(vo), Karla Bonoff/Andrew Gold/Brock Walsh/Harry Stinson/Arno Lucas(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/04/25 11:11 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Rock名盤(1977年) - Libby Titus / Libby Titus 2018/05/16
AOR名盤(1980年) - Fred Knoblock / Why Not Me 2018/05/14
AOR名盤(1977年) - Randy Edelman / If Love Is Real 2018/05/09
AOR名盤(1980年) - Frank Weber / Frank Weber (ニューヨークのストレンジャー) 2018/05/07
Jazz/Fusion名盤(1978年) - Tom Scott / Intimate Strangers 2018/05/02
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp