音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Niteflyteの1981年のアルバム『Niteflyte II』。
Niteflyte / Niteflyte II (1981年)
Niteflyteは、Sandy Torano(g)とHoward Johnson(vo)の二人が結成したマイアミのソウル・ユニット。彼らは2枚のアルバムを残しており、どちらもフリー・ソウルやAORの人気盤になっている。この『Niteflyte II』は彼らのセカンド・アルバム。

収録曲は1曲目の「You Are」を除いて彼らのオリジナルで、Howard Johnsonが1曲(6)、Sandy Toranoが残り全てを書いている(「Anyway You Want」はFrank Corneliusとの共作)。また、Sandy Toranoはファースト・アルバムの『Niteflyte I』に続いて、アルバムのプロデュースを担当した。

「You Are」はMark CraneyとBrad Coleの共作。Mark Craneyは、Gino Vannelliの78年の名作『Brother To Brother』で見事な腕前を披露したドラマーと同じ名前だが、同一人物かどうかは分からない。

この「You Are」は、キャッチーなメロディ、躍動感溢れる演奏、都会的な華やかさの三拍子を揃えた、惚れ惚れするようなナンバー。サビの "Hey Hey Hey You" は、SMAPの94年のヒット曲「がんばりましょう」の元ネタとしても知られている。

続く「You're Breaking My Heart」は美しすぎるバラード。イントロのきらきらした鍵盤の音に続いて流れ出すメロディの、なんと切なく爽やかで、ロマンティックなことか…。

軽やかなレゲエの「Shoot From The Hip」をはさんで、「Anyway You Want」と「Sexy Dancer」ではふたたび切れ味抜群のグルーヴで攻める。シャープなナンバーとうっとりするように美しいバラードがあり、どちらも爽やかに洗練しているところがNiteflyteの魅力。

Sandy Toranoのギターの腕もかなりのもの。「You Are」では情熱的なソロを弾き、「Anyway You Want」のイントロではシャープなカッティングを披露し、インスト曲の「Alicia's Song」ではフュージョン・タッチの哀愁味のあるギターで魅せる。

ラストの甘美なバラード「I Knew It Couldn't Happen」のエンディングでは、ベース、サックス、ヴォーカル・ハーモニーが一体となって、さながら10ccの「I'm Not In Love」のような幻想的で美しい音を奏でており、とても豊かな聴き心地。

アルバムのバック・カヴァーに記されたSandy Toranoのメッセージが泣かせる。

This album is dedicated to the memory of my grandmother, Bonita Lopez
Nov. 4, 1904-Nov. 18, 1980

●収録曲
1. You Are - 3:49
2. You're Breaking My Heart - 4:12
3. Shoot From The Hip - 4:19
4. Anyway You Want - 4:07
5. Sexy Dancer - 4:11
6. On Your Own - 3:54
7. Alicia's Song - 4:18
8. I Knew It Couldn't Happen - 3:51


◆プロデュース: Sandy Torano, Barry Mraz

◆参加ミュージシャン: Sandy Torano(vo, g, ar), Howard Johnson(vo)
with George Bitzer(k), Chocolate Perry/Frank Cornelius(b), Steve Ferrante/Joe Galdo(ds), Joe Lala(per), Jeff Kirk(sax), etc


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/07/06 12:17 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
Byrne And Barnesの1981年のアルバム『An Eye For An Eye / スウィート・リヴェンジ』。
Byrne And Barnes / An Eye For An Eye (スウィート・リヴェンジ) (1981年)
Byrne And Barnesは、マッスル・ショールズを拠点に活動するシンガー・ソングライターのRobert Byrneと、同じマッスル・ショールズで活動するマルチ・プレイヤーのBrandon Barnesによるユニット。この『An Eye For An Eye / スウィート・リヴェンジ』は、彼らの唯一のアルバムである。

Robert Byrneには79年のソロ・デビュー作『Blame It On The Night / ワン・ナイト・ロマンス』があり、それに続くセカンド・アルバム用にBrandon Barnes等と作っていた曲をByrne And Barnes名義で発表したという経緯のようだ。

どちらも見事なクオリティのAOR作品なのに、この『An Eye For An Eye』については本国アメリカでのリリースが見送られ、日本のみで発売されている。2001年の初CD化も、日本のドリームスヴィル・レコードから。

収録曲は、他のライターとの共作も含めて全て二人のオリジナル。初CD化の際にボーナス・トラックが2曲追加され、CDの曲数は13曲になっている。内訳は、Byrne And Barnes作が8曲(1-5, 7, 8, 12)、Robert Byrne作が4曲(9-11, 13)、Brandon Barnes作が1曲(6)になっている。

メロディにしっとりとした憂いのある曲が多く、とてもロマンティックなアルバム。一方で、サウンドはクールでビターな質感。私は2001年の初CD化の際に初めて聴いて、「これは素晴らしいアルバムだ」と感動した。当時のアメリカの音楽チャートで受けそうな曲が少ないのも確かだが。

フロント・カヴァーが印象的で、一度見たら忘れられない。海か空を思わせる鮮やかなブルーの背景と、瞳を閉じる美しい女性の横顔。これだけで良かったハズなのに、瞼の上の奇妙なオブジェは一体何…?

日本では「One More Try For Me」がシングル・カットされ、FMでも結構流れたようだ。この曲を始め、本作の収録曲を歌ったアーティストは多い。主なところ(アーティストと収録アルバム)は次のとおり。
○「One More Try For Me」:『』(Crystal Gayle & Gary Morris, 87年)
○「Love You Out Of Your Mind」:『』(Anne Murray, 84年)
○「Be My Baby」:『Borrowed Time』(Johnny Rivers, 80年)
○「Right Through The Heart」:『You Can Call Me Blue』(Michael Johnson, 80年)。『』(Manfred Mann's Earth Band, 86年)
○「Who's That Look In Your Eye」:『』(Michael Johnson, 84年)。『』(Rick Bowles, 84年)。『』(Engelbert Humperdinck, 83年)。

特に、CDのボーナス・トラックに入っている「Who's That Look In Your Eye」は、上に挙げたシンガー以外にも、Taffy McElroyの『The Heartbreak Kid』(80年)、Dottie Westの『New Horizons』(83年)などに歌われた名曲。

2016年の7月にFavorite Recordingsというフランスのレーベルから輸入盤のCDとLPが再発されており、ボーナス・トラックは未収録だが、おすすめ。今年(2019年)の6月にも再プレスされたようだ。
※ちなみに曲順は、初CD化のもの(以下に示す曲順)とは異なります。

●収録曲
1. An Eye For An Eye - 3:50
2. Standby Lover - 4:07
3. Crack The Whip / 愛の罠 - 3:19
4. Keep On Running - 3:16
5. One More Try For Me / 君がいるかぎり - 3:57
6. Never Gonna Stop Lovin' You - 3:30
7. Love You Out Of Your Mind - 3:14
8. I'll Try A Little Everyday For You - 3:18
9. Making Love For The First Time / 星に誓ったふたり - 2:54
10. Be My Baby - 2:52
11. Right Through The Heart / ハートでお願い - 3:55
12. That's The Way She Goes (Bonus Track) - 4:14
13. Who's That Look In Your Eye (Bonus Track) - 3:32


◆プロデュース: Clayton Ivey(k, vibe), Terry Woodford

◆参加ミュージシャン: Robert Byrne(vo, g), Brandon Barnes(k, b, ds, bv)
with John Willis(g), Randy McCormick(k), Lenny LeBlanc(b), Roger Clark(ds), Jim Horn(sax), Hershey Reeves(bv), etc


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/06/19 15:14 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
Sarah Dashの1981年のアルバム『Close Enough』。
Sarah Dash / Close Enough (1981年)
Sarah Dashはアメリカの女性R&Bシンガー。女性3人のヴォーカル・グループ、Labelleのメンバーとして60年代から70年代を活動し、その後にソロになって4枚のアルバムを残している。この『Close Enough』は3枚目のソロ・アルバム。

それまでのアルバムはダンス・ナンバー中心の内容だが、本作のサウンドはAOR。David Lasley作の「Close Enough」や「Somebody's Angel」、Laura Taylor作の「Paradise」、Marc Jordan作の「City Boy」、Brenda Russell作の「God Bless You」、ポップ・スタンダードの「P.S. I Love You」などを歌っている。

アップ・テンポな4曲(1, 3, 5, 7)とスロウな5曲(2, 4, 6, 8, 9)を交互に歌う構成になっていて、アップ・テンポな曲ではSteve Lukatherが豪快にギターを弾くロック・ナンバーの「Paradise」が抜群にカッコいい。1曲目のポップなR&Bナンバー「Only You Can Fill The Need」でもLukatherが弾いているようだが、ほとんど分からない。

バラード系では、David Lasleyの2曲が素晴らしい。どちらもDionne Warwickが歌っており、タイトル曲の「Close Enough」は87年のアルバム『』に、もう一曲の「Somebody's Angel」は80年のアルバム『』に収録されている。また、Peter Allenも80年の名作『Bi-Coastal』で「Somebody's Angel」を歌った。

ラストの「God Bless You」は、Brenda Russellの79年のデビュー作『』のエンディング曲。Sara Dashの歌声はBrenda Russellとよく似ている。ゴージャスなアマゾネス風のフロント・カヴァーからはホットでディープな歌声を想像するが、爽やかな声で、タフに美しく歌っている。

Sarah Dashは80年代後半からKeith Richardsとコラボしていて、Keithの88年のファースト・ソロ・アルバム『』ではバラード曲の「Make No Mistake」をデュエット。また、その年のライヴ『』では「Time Is On My Side」を熱唱しており、Keithから "この曲のベスト・バージョン" と評価されているようだ。

●収録曲
1. Only You Can Fill The Need - 3:43
2. Close Enough - 4:48
3. Leaving Again - 3:38
4. P.S. I Love You - 3:20
5. Paradise - 4:26
6. Somebody's Angel - 4:11
7. City Boy - 3:35
8. My Friend - 3:39
9. God Bless You - 5:38


◆プロデュース: David Wolfert(g), Charles Koppelman

◆参加ミュージシャン: Sarah Dash(vo), Nathan East(b), Rick Shlosser(ds), Carlos Rios/Steve Lukather(g), Jai Winding(k), Lenny Castro(per), David Sheer/Tom Saviano(sax), Ed Walsh/Michael Boddicker(sy), Lew McCreary(tb), Chuck Findley/Jerry Hey(tp), Gary Coleman(vib), Ullanda McCullough/Yvonne Lewis(bv), etc


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/04/28 19:33 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1989年) - Bobby Caldwell / Heart Of Mine 2019/09/16
AOR名盤(1977年) - Melissa Manchester / Singin'... (雨と唄えば) 2019/09/09
AOR名盤(1980年) - Airplay / Airplay (ロマンティック) 2019/09/03
AOR名盤(1979年) - Jimmy Messina / Oasis 2019/08/24
AOR名盤(1979年) - Deliverance / Tightrope 2019/08/20
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ