音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Chris Christianの1981年のアルバム『Chris Christian / 出逢い』。
Chris Christian / Chris Christian (出逢い) (1981年)
Chris Christianは、Contemporary Christian Music (CCM)界の重鎮的な存在。ソングライターとして多くの曲を書き、B.J.ThomasやAmy Grantを始めとする様々なアーティストのプロデュースにも力を入れ、1981年には「Home Sweet Home」レーベルを立ち上げて自ら経営するなど、幅広く活動している。ちなみに、Chris Christianという名前は本名らしい。

シンガー・ソングライターとしては、70年代から90年代にかけて20枚近くのアルバムを残しており、この『Chris Christian / 出逢い』は6作目。プロデュースを担当したのは、The Four Seasonsを卒業後にプロデューサーとして活躍したBob Gaudioだ。

収録曲は、Ashford & Simpson作の「Ain't Nothing Like The Real Thing / You're All I Need To Get By」を除いて、Chrisのオリジナル。ほとんどは共作で、Kerry Chaterと1曲(3)、PlayerのJ.C. Crowleyと7曲(1, 2, 4, 6-8, 10)を共作している。メロディが豊かでメロウ。爽やかな曲が多い。

「Don't Give Up On Us」ではChristopher Crossが歌ではなくギターで参加したり、「Love's Not One To Forget」では、Tommy Funderburk/Bill Champlin/Tom Kellyという豪華な顔ぶれがPagesのように美しいバック・コーラスを添えるなど、参加ミュージシャンの起用も贅沢。

Chris Christianの歌声はマイルドで清潔感がある。高音になってもそのマイルドさは失われず、詩情豊かなバラードの「The Last Goodbye」ではしっとりと、Amy Hollandとデュエットした「Ain't Nothing Like The Real Thing / You're All I Need To Get By」では爽やかに、ロマンティックに歌う。ちなみに、このデュエット曲は、Marvin Gaye & Tammi Terrellの68年のアルバム『』に収録されている2つのヒット曲(米8位と7位)をつなげたもの。

本作は、中田利樹氏が97年に立ち上げたCool Soundレーベルからの記念すべき第1回発売作品として、98年に世界初CD化された。ボーナス・トラックが5曲(1つはインスト曲)収録されており、これが素晴らしいクオリティ。そのうちの1曲「Deja Vous」(未発表曲)が美しいので、アップします。

●収録曲
1. Don't Give Up On Us - 3:56
2. I Want You, I Need You - 3:40
3. Love's Not One To Forget - 4:00
4. The Last Goodbye - 3:54
5. Ain't Nothing Like The Real Thing / You're All I Need To Get By - 3:30
6. Make It Last - 4:09
7. Houston - 3:40
8. I Don't Believe You - 3:19
9. What Can There Be - 4:57
10. Whatever It Is - 3:10


◆プロデュース: Bob Gaudio(k)

◆参加ミュージシャン: Chris Christian(vo, k), Amy Holland(vo), Greg Mathieson(k, ar), Christopher Cross/Michael Landau/Paul Jackson Jr.(g), David Hungate/Dennis Belfield(b), Nigel Olsson/Carlos Vega(ds), Paulinho Da Costa(per), Tom Scott(sax), Frankie Valli/Tommy Funderburk/Bill Champlin/Cheryl Ladd/Robbie Patton(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/11/15 11:21 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
Bob & Pauline Wilsonの1981年のアルバム『Somebody Loves You』。
Bob & Pauline Wilson / Somebody Loves You (1981年)
Bob & Pauline Wilsonは、BobとPaulineのWilson夫妻によるCCMユニット。二人はハワイを代表するフュージョン・グループ、Seawindのメンバーでもある。BobはSeawindのドラマーを担当しながら、グループのほとんどの曲作りを手がける中心的な存在。奥様のPaulineはSeawindの看板シンガーであり、キュートな美声でエネルギッシュに歌う実力派だ。

『Somebody Loves You』は、このユニットの唯一のアルバム。Seawindの4作目『海鳥』が発売された1980年に録音されており、Jerry Hey(tp)を含むSeawindのメンバー全員が参加。その結果、Seawindのポップ & ファンキーなフュージョン路線を受け継いだ作風になり、"Seawindの5作目" のように聴くことができる。

Seawindとの違いは、割とハードなロック・ナンバーの「You Can't Hide」があること。シャープなカッコいい曲で、Paulineのシャウトが意外にも良く合う。Bobはこの後に、Airplayのリード・シンガーのTommy FunderburkとThe Frontというユニットを組み、メロディアス・ロック路線のアルバム『The Front』を作るが、その布石のような爽快なナンバーだ。

曲のタイトルに "Jesus", "Lord", "Joy"などのCCMらしいフレーズが見られるのも、Seawindのアルバムとの違いかも。

バラード系の2曲、「Joyful Melody」「Lullabye Of Love」ではPaulineが歌で魅せる。キュートな「Joyful Melody」に対して、メロウな「Lullabye Of Love」では囁くように歌っており、魅惑のムードを演出。

青い海とヤシの木をバックに、体を寄せて微笑む二人はラヴラヴな感じだけれど、翌年に離婚してしまう。Seawindも解散するので、"本当の" 5作目は実現しなかったが、そのときに録音されていた素材のうち5曲は、91年に発売されたコンピレーション・アルバム『』に収録されて、日の目を見ている。

●収録曲
1. I'll Keep My Eyes On Jesus - 3:44
2. With Love In Your Eyes - 4:32
3. Joyful Melody - 4:29
4. Vision: Power And Glory - 1:36
5. You Can't Hide - 4:18
6. Somebody Loves You - 4:24
7. Lullabye Of Love - 4:04
8. In The Spirit - 4:18
9. Jesus Is My Lord - 4:12


◆プロデュース: Bob Wilson(ds, k, per, bv)

◆参加ミュージシャン: Pauline Wilson(vo, per), Bud Nuanez(g), Kevin Clark(g, b, bv), Larry Williams(k, sax), Ken Wild(b), Paulinho Da Costa(per), Kim Hutchcroft(sax), Jerry Hey(tp), Edie Lehman/Mark Vieha(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/10/30 17:19 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
David Pomeranzの1981年のアルバム『The Truth Of Us / 涙のくちづけ』。
David Pomeranz / The Truth Of Us (涙のくちづけ) (1981年)
David Pomeranzはニューヨーク生まれのミュージシャン。アーティストへの楽曲提供やソロ・アルバムの制作のほかに、映画やテレビ番組、舞台音楽の作曲を手がけるなど、幅の広い活動をしている。バラードを得意としており、Barry Manilowにもヒット曲を提供している。

この『The Truth Of Us』は、4枚目のソロ・アルバム。収録曲は全てオリジナルで、1曲目の「The Old Songs」とラストの「Cloud Of Music」に関しては、ソングライターのBuddy Kayeとの共作だ。

「The Old Songs」は、ロマンティックな詞を瑞々しいメロディに包んだバラードの名品。もうすぐ現れる彼女とやり直せて、あの頃の歌を二人で聴くことができら…と、昔別れた女性との再開に淡い期待を抱く男の心境を歌っている。Barry Manilowが同じ年のアルバム『』でこの曲を歌い、Billboard Hot 100チャートの15位を記録した。

なお、Barry Manilowの75年のアルバム『』のタイトル曲「Tryin' to Get the Feeling」もDavid Pomeranzの作で、こちらはBillboard Hot 100チャートの10位を記録。オリジナルは、Pomeranzのサード・アルバム『』(75年)に収録されている。

本作のタイトル曲「The Truth Of Us / 涙のくちづけ」も、「The Old Songs」に並ぶ美しいバラード。「The Old Songs」の続きのようなメロディと詩。結局、男の思いは叶わなかったのかも…。ピアノの静かな音色とPomeranzの切々とした歌声を、ストリングスが優しく包む。

ラストの「Cloud Of Music」も、ほとんどピアノだけでしっとりと歌われる。街の喧騒に疲れ果て、愛に飢え乾いたとき、"音楽が雲のように浮かぶ世界" へ行くのだと、音楽の素晴らしさを歌っている。「The Old Songs」や「The Truth Of Us」に対するアンサー・ソングのよう。

「The Old Songs」は、日本のTVドラマ『』(97年, 主演:草彅剛, 瀬戸朝香)の挿入歌にもなった。頬に口づけを受けるアナログ盤のジャケットが、小道具としてほぼ毎回登場したらしい。

●収録曲
1. The Old Songs - 3:57
2. Ask Me To Say "I Do" (And I Will) / 恋のランナー - 4:30
3. This Is What I Dreamed / 夢はそこに - 3:55
4. My Buddy And I - 4:37
5. The Truth Of Us / 涙のくちづけ - 4:30
6. Fat - 5:32
7. Old Home Town - 3:00
8. Hit That Target - 3:25
9. Cloud Of Music - 3:20


◆プロデュース: David Pomeranz(vo, g, k, per), Roy Halee

◆参加ミュージシャン: Lee Ritenour/Tom Seufert/Tim May(g), Gabriel Katona(k), Veyler Hildebrand(b), Carlos Vega(ds), Paulinho Da Costa(per), Dianne Steinberg/Lorna Wright(bv), David Campbell(strings ar), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/09/20 10:51 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Mac McAnally / Nothin' But The Truth 2018/11/20
AOR名盤(1982年) - Craig Ruhnke / Just Like The Old Times 2018/11/18
AOR名盤(1981年) - Chris Christian / Chris Christian (出逢い) 2018/11/15
AOR名盤(1978年) - Cuba Gooding / The 1st Cuba Gooding Album 2018/11/13
AOR名盤(1976年) - Faragher Brothers / Faragher Brothers 2018/11/11
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ