音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Rickie Lee Jonesの1981年のアルバム『Pirates』。
Rickie Lee Jones / Pirates (1981年)
Rickie Lee Jonesはシカゴ生まれのシンガー・ソングライター。彼女は19歳の頃からロサンゼルスのバーやクラブで歌うようになり、25歳の時にレコード・デビューを果たす。そのデビュー・アルバム『浪漫』(79年)からは「恋するチャック」のヒット(米4位)が生まれ、アルバムもチャートの3位を記録。翌年のグラミー賞では、彼女が「Best New Artist」を受賞した。

本作『Pirates』はセカンド・アルバム。前作に続いて、Russ TitlemanとLenny Waronkerがプロデュースを担当し、前作よりもジャズ色を強めて、全体をクールに仕上げている。参加ミュージシャンの名前にもジャズ/フュージョンの名手が並ぶ。

収録された8曲は全てRickie Lee Jonesのオリジナルだが、このうちの2曲(4, 7)は、各々David Kalish、Sal Bernardiとの共作。Sal Bernardiは、当時の彼女のボーイ・フレンドのようだ。

彼女の歌声は自由奔放。クールでいなせに歌うかと思えば、ナイーヴに、フラジャイルに歌ったり、時おり女っぽい表情を見せたりと、移ろう。彼女の歌声のように、曲のテンポやムードも変わるが、腕達者なバック・ミュージシャンがしっかりサポートしている。

彼女の歌をじっくり聴かせる瑞々しい曲が多い中で、ビートらしいビートがあるのは、「Woody and Dutch on the Slow Train to Peking」とタイトル曲の「Pirates」ぐらい。「Woody and Dutch on the Slow Train to Peking」は、フィンガー・スナップを使ってドゥーワップ調に歌う賑やかな曲。「Pirates」は、シャッフルやクールなホーンがSteely Danみたいに洒落た曲。実際、この曲ではDonald Fagenがシンセを弾いている。

ボーイ・フレンドのSal Bernardiと共作した「Traces of the Western Slopes」は8分の大作。静かながらドラマティックな展開を見せる曲で、歌詞に出てくるE.A. PoeはEdgar Allan Poe(エドガー・アラン・ポー)だろうから、影響を受けたか参考にしたのだろう。

このアルバムはBillboard 200チャートの5位となり、デビュー作に続いてトップ10入りを果たした。フロント・カヴァーには、ハンガリー出身でパリで活躍した写真家Brassaï(ブラッシャイ)の76年の写真が使われている。街角の恋人たちの親密で幸せそうな一瞬を撮ったモノクロ写真。バック・カヴァーでは、Rickie Lee Jonesが可憐にポーズを決めている。
Rickie Lee Jones / Pirates (バック・カヴァー)

●収録曲
1. We Belong Together - 4:59
2. Living It Up - 6:23
3. Skeletons - 3:37
4. Woody and Dutch on the Slow Train to Peking - 5:15
5. Pirates (So Long Lonely Avenue) - 3:50
6. A Lucky Guy - 4:14
7. Traces of the Western Slopes - 8:00
8. The Returns - 2:20


◆プロデュース: Russ Titleman, Lenny Waronker

◆参加ミュージシャン: Donald Fagen/Neil Larsen/Russell Ferrante(k), Buzzy Feiten/Dean Parks/Steve Lukather(g), Chuck Rainey(b), Steve Gad/Art Rodriguez(ds), David Sanborn/Tom Scott(sax), Randy Brecker(tp), Lenny Castro/Victor Feldman(per), Sal Bernardi(vo, harmonica), Leslie Smith/Arno Lucas(bv), Nick DeCaro(string ar), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/08/14 16:12 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
Roger Voudourisの1981年のアルバム『On The Heels Of Love / もうひとつのラヴ・ソング』。
Roger Voudouris / On The Heels Of Love (もうひとつのラヴ・ソング) (1981年)
Roger Voudourisはカリフォルニア生まれのシンガー・ソングライター。70年代中盤にVoudouris & Kahneというユニットでアルバムを2枚発表したのちにソロに転向した。ソロ・アルバムは4枚あり、本作が4作目にあたる。なお、Voudouris & Kahneの相方のDavid Kahneは、Paul McCartneyを始めとする様々なアーティストのプロデューサーとして活動している。

Roger Voudourisの最初の2枚のソロ・アルバムでは、Michael Omartianがプロデュースを担当した。特に、Jay Graydonが参加した2作目の『Radio Dream』(79年)は爽やかなAORで、「Get Used to It / 僕の想い入れ」というヒット曲(米21位)も生まれた。

この『On The Heels Of Love』では、Charles Calelloがプロデュースを担当している。Calelloは、The Four Seasonsを始め、Barbra StreisandやFrank Sinatra等を手がけたアレンジャー/プロデューサーの大御所。流麗なストリングス・アレンジに定評があり、本作でも、ゴージャスなストリングスが要所で使われている。

Roger Voudourisはギターの腕もあるが、本作でギターを弾いたのは「When Two Divide」の1曲のみで、何よりも歌うことに集中している。その歌声はソウルフルでちょっとハスキー。Michael Boltonほど重たくならずに、爽やかで甘い感じを漂わせるところが魅力だ。

収録曲は全て自作の曲で、その半分(1, 3, 5, 8)はCharles Calelloとの共作になっている。クール&モダンな「When Two Divide」や「She's Too Cold」、Pagesのような「Let Her Get Away」など、曲のクオリティは高い。「First Love」「I Can See Him」「Outgrowing Me」のようなバラード曲も、美しいストリングスとRogerの情熱的な歌声とが相まって、とてもロマンティック。

演奏面では、TOTOのJeff Porcaroが全曲のドラムスを担当している。「When Two Divide」や「She's Too Cold」のシャープでセクシーなグルーヴはJeffならではの味わいだ。「She's Too Cold」のホーンの使い方も、Steely Danみたいにクールに決めている。

甘いマスクのRoger Voudourisはさぞやモテたろうと思うが、残念ながら2003年に48歳という若さで他界した。2作目の『Radio Dream』も、その素敵なタイトルどおりの魅力的な内容で、おすすめ。CDは、ワーナーの「AOR BEST SELECTION 1300」から2016年に再発されている。

●収録曲
1. Heels Of Love - 3:59
2. When Two Divide - 4:04
3. She's Too Cold / クールな彼女 - 5:01
4. First Love - 4:09
5. Let Her Get Away - 3:59
6. Another Sad Love Song - 3:18
7. I Can See Him (In Her Eyes) - 3:59
8. Outgrowing Me - 4:17


◆プロデュース: Charles Calello(ar)

◆参加ミュージシャン: Roger Voudouris(vo, g), George Doering(g), Philip Aaberg(k), Neil Stubenhaus(b), Jeff Porcaro(ds), Paulinho Da Costa/Steve Forman(per), Tom Scott(sax), Jerry Hey/Jim Horn(tp), Richard Page/Steven George/Thomas Kelly(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/08/05 16:47 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
John Valentiの1981年のアルバム『I Won't Change / 女はドラマティック』。
John Valenti / I Won't Change (女はドラマティック) (1981年)
John Valentiはシカゴ出身のミュージシャン。60年代の終わりから音楽活動をしており、70年代前半は地元シカゴのPuzzleというバンドに在籍して、リード・シンガーとドラマー、ソングライターを担当していた。PuzzleはChicagoのようなブラス・セクションを擁する6人組で、白人のグループにしては珍しくモータウン・レコードと契約し、2枚のアルバムを73年と74年に残している。

John Valentiはまた、Stevie Wonderの影響を強く受けたミュージシャンとして知られている。特に、ソロになってからの1作目『Anything You Want』(76年)は、都会的なセンスのポップ・ソウル・ナンバーをStevieそっくりの歌唱スタイルで歌う素晴らしいアルバムで、レア・グルーヴ/AORの人気盤になっている。

この『I Won't Change / 女はドラマティック』はソロの2作目。前作よりもAOR色を強めており、ポップで爽やかなAORナンバーの中に、ときおり "Stevieラヴ" な曲が顔を覗かせる内容。曲作りにおいては、共作も含めてJohn Valentiが4曲(3, 5, 7, 9)を、プロデューサー兼ギタリストのMike Piccirilloが残りを担当している。

AOR寄りのナンバーには、Michael McDonaldの「What A Fool Believes」スタイルの「Stephanie」や、Robbie Dupreeが作りそうな胸キュン・メロディの「That's The Way Love Goes」「Runnin' Scared」などがあり、やや時代に合わせた向きも感じるが、どの曲もメロディが瑞々しい。

一方、タイトル曲の「I Won't Change」は "Stevieラヴ" 全開なご機嫌な曲。ファンキーでグルーヴィ。爽やかなメロディに乗せて、John ValentiがStevie Wonderスタイルのソウルフルな歌声をたっぷり披露する。1作目のリヴァイヴァルという感じ。

メロウなバラード「Best For You / ステキなほほえみ」も素晴らしい曲。伸び伸びとしたJohn Valentiの歌声は、本作の中では1番かも知れない。

このアルバムは、本国アメリカでの発売が見送られ、日本のみでリリースされている。ポップな路線よりは、大人びたブルー・アイド・ソウルのアルバムを期待されていたのかも知れない。Stevieスタイルで "I Won't Change" と歌うJohn Valenti本人にとっても、AORへの歩み寄りは本意ではなかったのかも、と思う。

●収録曲
1. Who Will It Be / 女はドラマティック - 4:32
2. Did She Mention Me / うたかたの瞳 - 2:43
3. I'll Take You Back / 君が好き - 4:29
4. That's The Way Love Goes / ブロークン・ドリーム - 3:08
5. Best For You / ステキなほほえみ - 4:06
6. I Won't Change - 3:03
7. Stephanie - 3:57
8. Runnin' Scared / ホットな夜と口紅 - 3:39
9. Make It Up To You / たぶんロンリー - 3:42
10. Fight For Love / 愛はジェラシー - 3:24


◆プロデュース: George Tobin(ar), Mike Piccirillo(ar, g)

◆参加ミュージシャン: Bill Cuomo(k), Scott Edwards/Kenny Burke/Eric Nelson(b), Ed Greene/Vinnie Colaiuta(ds), Joel Peskin/Larry Klimas(sax), Chuck Findley(tp), Edna Wright/Darlene Love(bv)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/07/15 19:33 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(2)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Tony Sciuto / Island Nights 2018/08/19
AOR名盤(1981年) - Rickie Lee Jones / Pirates 2018/08/14
AOR名盤(1980年) - Peter Allen / Bi-Coastal 2018/08/12
AOR名盤(1978年) - Carole Bayer Sager / ... Too 2018/08/09
AOR名盤(1981年) - Roger Voudouris / On The Heels Of Love 2018/08/05
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ