音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Kelly Willardの1981年のアルバム『Willing Heart』。
Kelly Willard / Willing Heart (1981年)
Kelly WillardはContemporary Christian Music (CCM)シーンで活躍する女性シンガー。清楚でナチュラルな声の持ち主で、Paul ClarkやBruce Hibbard、Roby DukeなどのCCMのアーティストのアルバムにバック・ヴォーカルで参加することが多い。また、シンガー・ソングライターとしてソロ・アルバムも制作しており、これまでに10作ほどがある。この『Willing Heart』は、彼女が25歳になる年に発表されたセカンド・アルバム。

プロデュースは夫のDan Willardとの共同で、収録曲は共作も含めて全て彼女のオリジナル。ギタリストのHadley Hockensmithと3曲(3, 4, 6)、Pita Delamaterと1曲(5)、Bruce Hibbardと1曲(8)を共作している。Hadleyは前の年に結成されたフュージョン・グループのKoinoniaのメンバーで、本作でもギターを弾いている。Koinoniaからは他にも、Harlan Rogers(k), Abraham Laboriel(b), John Phillips(sax)が参加した。

Hadleyと共作した「Comfortable With You」は甘くセンチメンタルな余韻を残すナンバー。Kelly Willardの歌声が美しく切なげで、柔らかいストリングスとJohn Phillipsのムードのあるサックスも絶品。「Hold On」も同じ路線の甘く爽やかなナンバーで、両曲ともBruce Hibbardがバック・ヴォーカルで参加している。

そのBruce Hibbardと共作した「Only You」も美しい。メロディ・ラインが綺麗でしっとりとしており、Kelly Willardの澄み切った歌声に合っている。1つ前の「Jesus」というストレートなCCMソングにも降参。直球すぎるCCMソングはあまり好んで聴かないのだが、この曲のサビの美しいメロディと天使のような歌声に聴き入ってしまう。この曲では、Bruce Hibbardがサブ・ヴォーカルになっている。

"甘美で切ないメロディを天使のような美声の女性シンガーが歌う" アルバムといえば、英国ロック・バンドのAll About Eveの『』(88年)や『』(89年)もおすすめ。ヴォーカルのJulianne Reganの歌声はKelly Willardにそっくりです。

●収録曲
1. Willing Heart - 3:36
2. To Obey Him - 3:34
2. Comfortable With You - 4:59
4. Faithful Love - 3:22
5. A Million Ways - 3:36
6. Hold On - 3:37
7. Jesus - 3:25
8. Only You - 4:10
9. Yesterday's Gone - 3:20
10. The Narrow Way - 3:22


◆プロデュース: Dan Willard, Kelly Willard(vo, k)

◆参加ミュージシャン: Hadley Hockensmith(g), Al Perkins(steel-g), Harlan Rogers(k), Abraham Laboriel/Darrell Cook(b), Keith Edwards(ds), Alex MacDougall(per), John Phillips(sax), Bruce Hibbard/Steve Archer/Michele Pillar/Bob Bennett(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

▶スポンサーリンク



2019/02/16 12:18 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
The Latinosの1981年のアルバム『It Must Be Love』。
The Latinos / It Must Be Love (1981年)
The Latinosは60年代から活動するCCMのヴォーカル・グループ。デビュー時はThe Four Latinosと名乗っており、4人のメンバーのうちの3人をDavid, Mike, EddieのVelasquez(ヴェラスケス)兄弟が占めていた。彼らは1964年と66年にアルバムを出した後に、グループ名をThe Latinosに変えている。

この『It Must Be Love』は、The Latinosになってからの6作目。メンバーが最大で8名まで増えた時期もあったようだが、本作では5人になっている。Velasquezファミリーからは、結成時の3人に代わって、Harold, Ronnieの2人が参加していて、ずいぶんと大所帯の一家であることが分かる。

メンバーのうちBrian Lucasは黒人で、Brian, Harold, Ronnieの3人がリード・ヴォーカルを担当。曲作りに関しては、Brianが半分の5曲(1, 2, 6, 8, 10)を書き、VelasquezファミリーのEliとTommyが1曲ずつ(4, 5)を、グループ名義で1曲(9)を書いている。残り2曲(3, 7)は外部のライターの作のようだ。

爽やかでメロウなアルバム・タイトル曲「It Must Be Love」やポップで軽快な「Born Again」、良からぬ曲名とは裏腹にのどかな南国の香りがする「Brian's Dead」など、Brianの作る曲のメロディはどれも気持ちいい。

「How Long」のリズムやベース・ラインは、Steely Danの「I Got The News」に何だかそっくりで印象に残る。また、ラテン・ナンバーの「Santo (Holy)」は、Stevie Wonderの『』に収録の「Another Star」に似ている。このあたりはご愛嬌かな。

Tommyの書いた「The Best Is Yet To Come」もリラックスするナンバー。包容力のあるゆったりとしたコーラスを聴いていると、心がほぐれてくる感じがする。

これ以降のアルバム制作はないようだが、グループとしての活動は今も続いている。彼らのFacebookを見ると、今のメンバーは6人で、本作のBrian, Harold, Ronnie, Richardの4人も健在。みな気持ちのいい笑顔なのが、「いいね!」

●収録曲
1. It Must Be Love - 4:35
2. Born Again - 4:32
3. The Party's Over - 5:06
4. I'm Blessed (Bendecido Soy) - 4:01
5. The Best Is Yet To Come - 6:55
6. Brian's Dead - 4:35
7. Champions In The End - 4:33
8. How Long - 5:04
9. Santo (Holy) - 4:01
10. Bombs - 4:55


◆プロデュース: Gary Whitlock, The Latinos(ar)

◆参加ミュージシャン: Brian Lucas(vo, k, b, per), Harold Velasquez(vo, b), Ronnie Velasquez(vo, per), Phillip Wright(k), Richard Avalos(ds, per)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

▶スポンサーリンク



2019/01/14 09:34 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
Danny Deardorffの1981年のアルバム『Chameleon』。
Danny Deardorff / Chameleon (1981年)
Danny Deardorffは、車いすのシンガー・ソングライター。幼少期にポリオを患ったことで車いすの生活となるも、そのハンディを乗り越えてプロのミュージシャンになった。

23歳になる1975年には早くもアルバム・デビュー。奥様のJoyceとの "Danny & Joyce" 名義のアルバム『Ma La Lady』が、Dannyのデビュー作になる。さらに翌76年には、シンガー・ソングライターのMarcus Josephと "Deardorff And Joseph" を組んで、アルバム『』を発表する。だが、Deardorff And Josephは長続きせず、1枚でユニットを解散してしまう。

『Chameleon』は、その5年後にリリースされたDannyのソロ・アルバム。口髭を生やしたやんちゃそうな微笑みを見ると、ブラック・コンテンポラリー系のディープな音を想像するが、聴こえてくる声は意外にも少年のようにピュアな美声。サウンドも、Air Supplyのように爽やかで甘い。

収録曲は、ミュージカル『オズの魔法使い』の劇中歌である「虹の彼方に」を除いてDannyのオリジナル。このうち、Dennis Yadonと2曲(1, 3)、David Batteauと1曲(2)を共作している。

David Batteauと共作した「Teach Me To Dance」は、そよ風のように爽やかなメロウ・チューン。「I Want To Give You My Dreams」や「Songs From The Planet Earth / The Spaceman Song」のメロディの美しさにも感動する。ドリーミーな「虹の彼方に」が、違和感なくアルバムの1曲になっている感じ。

バック・ミュージシャンは、Gregg Mathieson/Bill Cuomo(k)やCarlos Vega(ds)など、LAの実力派。また、前2作でプロデュースを手がけたLouis Sheltonがギタリストとして全面参加したほか、Dannyを見い出したSeals & Croftsの名前もある。

本作は2012年にヴィヴィド・サウンドから世界初CD化された。そのボーナス・トラックには、クリスマスのコンピレーション・アルバム『』(85年)と『』(87年)から、Dannyの歌った曲が1曲ずつ収録されており、クリスマス(もう過ぎたけど・・・)らしい天使の歌声を聴くことができる。

●収録曲
1. Do You Want To Win - 4:00
2. Teach Me To Dance - 3:34
3. I Want To Give You My Dreams - 2:56
4. Get Me On The Radio - 3:20
5. Songs From The Planet Earth / The Spaceman Song - 5:10
6. Chameleon - 2:52
7. Gypsy Wind - 4:27
8. Somewhere Over The Rainbow - 3:27
9. Don't Bring Me Down (With Your Steel Guitar) - 3:14
10. The Songbird's Promise - 5:15
11. Christmas Town (Bonus Track) - 3:56
12. The Peace Child (Bonus Track) - 4:45


◆プロデュース: Joe Bogan, Danny Deardorff(vo, harmonica, mandolin)

◆参加ミュージシャン: David Campbell/Greg Mathieson/Bill Cuomo(ar, k), Louis Shelton(ar, g), John Hobbs(k), Dennis Belfield/Les Hurdie(b), Carlos Vega(ds), Paulinho Da Costa(per), Seals & Crofts/Penny Nicholas(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

▶スポンサーリンク



2019/01/08 10:58 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


最新記事一覧
AOR名盤(1981年) - Kelly Willard / Willing Heart 2019/02/16
AOR名盤(1980年) - James Felix / White As Snow 2019/02/14
AOR名盤(1979年) - Brooklyn Dreams / Sleepless Nights 2019/02/12
AOR名盤(1978年) - Jorge Santana / Jorge Santana 2019/02/08
AOR名盤(1977年) - Gary Ogan / Gary Ogan 2019/02/06
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ