音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Larry Leeの1982年のアルバム『Marooned / ロンリー・フリーウェイ』。
Larry Lee / Marooned (ロンリー・フリーウェイ) (1982年)
Larry Leeは米カントリー・ロック・バンドのThe Ozark Mountain Daredevils (O.M.D.) の元メンバー。1972年のバンド結成からドラマーやソングライターとして活躍し、82年にバンドを辞めている。O.M.D.の最大のヒットになった「Jackie Blue」(75年, 米3位)はLarryの手がけた曲だ。

この『Marooned』はLarry Leeの唯一のソロ・アルバム。ジャケットのカラフルで爽やかなイラストは鈴木 英人氏によるデザインで、日本盤向けに制作されたもの。同じ年に発売された山下達郎の名作『』のイラストとよく似ていて、夏、若者、ドライヴといったイメージにぴったり。オリジナルのジャケットはLarry本人を写したシックなデザインで、秋の気配を感じさせる。
Larry Lee / Marooned (オリジナル・フロント・カヴァー)
アルバムの内容はポップで爽やかなAORで、日本盤のジャケットに合っている。Larryは6曲(3, 5, 6, 8-10)を書いており、このうちの2曲(9, 10)はO.M.D.時代のヒット曲「Jackie Blue」を一緒に書いたSteve Cashとの共作だ。

1曲目の「Waiting To Let Go」は、キリリとしたピアノのイントロから爽やかなロック・ナンバーへと変わる。甘酸っぱさのあるLarryのヴォーカルや、伸び伸びと弾くJon Goinのギターの音が気持ちいい。Jon GoinはWilson Brothersの『Another Night』(79年)のタイトル曲でも、印象に残るギター・ソロを弾いている。

ポップで明るい「Don't Talk / ロンリー・フリーウェイ」はアルバムの邦題になり、91年の邦画『波の数だけ抱きしめて』にも使われた。全米チャートでは81位どまりだったが、The Shadowsのリード・ギタリストのHank Marvinが同年のアルバム『』でこの曲を歌い、UKチャートの49位になっている。

落ち着いたバラードの「The Best Is Yet To Come」は、英国人ソングライターのClifford T. Wardの作。女優のPatty Weaverが同年のアルバム『』で歌うなど、多くのアーティストにカバーされた名曲だ。Clifford T. Wardのセルフ・バージョンは83年のアルバム『』で聴くことができる。

「Only Seventeen」や「Just Another Girlfriend」のようなカジュアルでポップな曲を聴くと、80年代という感じがする。「Only Seventeen」も英国人ソングライターのAlan Tarneyの作。この人は、A-haの84年の大ヒット曲「Take On Me」のプロデューサーでもある。

ラストの「Hang On」はビターな味わいのメランコリックなナンバー。エレピの優しい音とギターの乾いたカッティングの音が気持ちよく、クール・ダウンにちょうどいい。

本作以降は再びフォーク/カントリー・シーンへと戻ったようで、2000年以降は元O.M.D.のRandle ChowningとBeyond Reachというユニットを組み、2005年, 2011年, 2014年にアルバムを発表している。

●収録曲
1. Waiting To Let Go - 4:24
2. Don't Talk / ロンリー・フリーウェイ - 3:19
3. Marooned / ひとりぼっちのアフタヌーン - 5:01
4. The Best Is Yet To Come / 乾いた季節 - 3:05
5. Number One Girl / 君はナンバー・ワン - 3:34
6. Satisfaction Guaranteed (I Could Give You Love) / サティスファクション - 3:19
7. Only Seventeen - 4:04
8. Hollywood / 哀しみハリウッド - 4:58
9. Just Another Girlfriend / アナザー・ガールフレンド - 3:14
10. Hang On - 3:49


◆プロデュース: John Ryan

◆参加ミュージシャン: Jon Goin(g), Nicky Hopkins(k), Gabriel Katona(sy), David Hungate(b), Mike Baird(ds), Lenny Castro(per), David Sanborn(sax), Bill Champlin/Tom Kelly/Richard Page/Rick Danko/Rosemary Butler(bv), etc


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/08/07 16:39 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(3)
Dwayne Fordの1982年のアルバム『Needless Freaking / ストレンジャー・イン・パラダイス』。
Dwayne Ford / Needless Freaking (ストレンジャー・イン・パラダイス) (1982年)
Dwayne Fordはカナダ出身のシンガー・ソングライター。カナダのBearfootというロック・バンドで70年代の前半を活動し、バンドの解散後はセッション・ワークや映画音楽の作曲などを手がけていた。同じカナダ出身のDavid Fosterと親交があり、FosterがプロデュースしたThe Keane Brothersのデビュー作『』(77年)からは、Dwayne Fordの書いた「Sherry」が全米チャートの84位を記録している。

この『Needless Freaking』はソロ・デビュー作。David Fosterが全面的にプロデュースに関わり、8曲中の6曲(1-5, 8)がFoster & Fordのプロデュースになっている。これらの曲では、TOTOのJeff Porcaro(ds), Steve Lukather(g), Mike Porcaro(b)が演奏面をリードし、エネルギッシュでダイナミックな演奏を堪能できる。

Porcaro兄弟とLukatherのアンサンブルを聴けるのは4曲(1, 3-5)で、特に1曲目の「Lovin' And Losin' You」におけるJeff Porcaroのシャープなドラム捌きと、Lukatherのハードでエッジの効いたギターがとてもかっこいい。爽やかな美声のバック・ヴォーカルは、カナダのポップ・シンガーのPatricia Gallant。Dwayne Fordの奥様だ。

愁いのあるメロディが魅力の「Am I Ever Gonna Find Your Love」では、LukatherのほかにギタリストのDavid Bendethも加わって、ドラマティックな盛り上がりをみせる。David Bendethには、Lenny WhiteやBilly Cobham、Marcus Miller等と共演したフュージョン・インスト・アルバムの『』(79年)があるほか、The Bendeth Bandとしても81年に2枚のアルバムを残している。

全曲がDwayne Fordのオリジナルで、作詩に関してはDerek Kendrick(カナダのドラマー)と、奥様のPatriciaが協力。邦題になった「Stranger In Paradise」はPatriciaと共作した爽やかなナンバーで、奥様の清涼感のある歌声(ABBAに似ている?)も存分にフィーチャされている。

「There's A Life In Me」は、Dwayne Ford & Bearfoot名義で75年に発表されたアルバム『』の1曲目に収録されていたナンバーのリメイク。オリジナルよりも格段に洗練しており、Fosterプロデュースのナンバーと違和感なく共存している。

綺麗な青を基調とする幻想的なカヴァー・アートは、日本盤のもの。オリジナルはほっこりするデザイン(下の画像)で、日本盤のほうが本作の爽快なサウンドに合っている。デザインを担当したKeiji Uyeda氏は、Chinaの同年のアルバム『夜明けのダンサー』の日本盤のカヴァー・アートも手がけた。
Dwayne Ford / Needless Freaking オリジナル・カヴァー・アート
Dwayne Fordのセカンド・アルバム『Another Way To Fly』は、15年後の96年のリリース。その後も、2007年にサード・アルバムの『』を、2009年には4作目の『』を発表している。

●収録曲
1. Lovin' And Losin' You / 追憶のパラダイス - 3:27
2. Am I Ever Gonna Find Your Love / ファインド・ユア・ラヴ - 3:36
3. Stranger In Paradise - 3:32
4. Hurricane - 3:50
5. Midnight Ride - 4:16
6. There's A Life In Me / ライフ・イン・ミー - 4:38
7. American Blues - 5:28
8. The Best Will Survive - 4:03


◆プロデュース: Dwayne Ford(vo, k, ar), David Foster(k, ar), Ken Friesen

◆参加ミュージシャン: Steve Lukather/Jay Graydon/David Bendeth(g), Neil Stubenhaus/Mike Porcaro(b), Mike Baird/Jeff Porcaro(ds), Earl Seymour(sax), Patricia Gallant(bv), etc


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/07/13 11:41 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(0)
Chinaの1982年のアルバム『China / 夜明けのダンサー』。
China / China (夜明けのダンサー) (1982年)
Chinaはカナダで結成された3人組のグループ。メンバーのChris Kearney(vo), Danny McBride(vo, g), Bill King(vo, k)は新人ではなく、それぞれにリーダー作をもつベテラン・ミュージシャンだ。

この『China / 夜明けのダンサー』はChinaの唯一のアルバム。チャートを賑わしたヒット曲はないけれど、曲の良さ、ハーモニーの美しさ、バック・ミュージシャンの充実、そして "Creative Arranging Consultant" としてJay Graydonが参加していることなどから、AOR好きには人気のあるアルバム。

全曲が彼らのオリジナルで、品の良い、充実した曲が揃っている。また、AOR好きの心をくすぐる魅力が随所にある。

例えば、「Runnin' Around」や「There Was A Time」などで聴こえるふくよかなヴォーカル・ハーモニーはMichael McDonaldのスタイル。最初に聴いたときは、Michael McDonaldがバック・ヴォーカルに参加していると思ったほど。

ひねりのある曲調の「Shootout In The Parking Lot / 駐車場の銃声」にはSteely Danの影響が感じられる。Steely Danに在籍したJeff Baxterが本作に参加しているからかも知れない。実際には、Jeff Baxterは大らかなロック・ナンバーの「Come And Take My Love」のみに参加してギターを弾いている。

また、軽やかで洗練された「Roll Me Over」には、同郷のMarc Jordanの名作『Blue Desert』の雰囲気がある。ぶっきらぼうな感じの歌い方はMarc Jordanのようだし、Danny McBrideによる華やかなギター・ソロはJay Graydon風だ。

曲の良さでは、1曲目の「You Can't Treat Love That Way」が格別。美しく叙情的なメロディと爽やかなハーモニーを聴くと、心が洗われる。この曲は、Sneakerの前年のヒット曲「想い出のスニーカー」と同じ香りがするので、この爽やかさはSneakerをプロデュースしたJeff Baxterの持ち味なのかも知れない。

ちなみに、日本盤ではフロント・カヴァーが差し替えられており、トップの画像がそれ。オリジナルのフロント・カヴァーは下の画像。ジャケット差し替えのベスト・プラクティスに挙げてもいいくらい、日本盤のセンスがいい。
China / China (夜明けのダンサー) (オリジナル・フロント・カヴァー)

●収録曲
1. You Can't Treat Love That Way - 3:11
2. Runnin' Around - 4:14
3. Fast Livin' / 過ぎゆく日々 - 4:04
4. There Was A Time - 3:37
5. Shootout In The Parking Lot / 駐車場の銃声 - 4:32
6. Never Gonna Let You Go - 3:25
7. Roll Me Over - 3:49
8. Little Dancer / 夜明けのダンサー - 3:07
9. Come And Take My Love - 4:12
10. Days And Nights - 3:14


◆プロデュース: Bob Johnston

◆参加ミュージシャン: Chris Kearney(vo), Danny McBride(vo, g), Bill King(vo, k)
with Lee Ritenour/Albert Lee/Jeff Baxter(g), Abraham Laboriel(b), Andy Newmark/Mike Baird(ds), Paulinho Da Costa(per), Michael Boddicker(sy), Jay Graydon(ar consultant), etc


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/07/04 12:26 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(0)
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Steve Hiett / Down On The Road By The Beach (渚にて…) 2019/08/18
AOR名盤(1979年) - Christopher Cross / Christopher Cross (南から来た男) 2019/08/11
AOR名盤(1982年) - Larry Lee / Marooned (ロンリー・フリーウェイ) 2019/08/07
AOR名盤(1977年) - Terence Boylan / Terence Boylan 2019/08/01
AOR名盤(1983年) - Finis Henderson / Finis (真夏の蜃気楼) 2019/07/28
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ