音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

TOTOの1986年のアルバム『Fahrenheit』。
TOTO / Fahrenheit (1986年)
TOTOはロサンゼルスで活躍していた一流のセッション・ミュージシャンたちが作ったロック・バンド。1977年に結成した彼らはデビュー作の『宇宙の騎士』(78年)からヒットを飛ばし、4作目の『聖なる剣』(82年)では6部門のグラミー賞を受賞するまでに人気と実力を伸ばしている。この『Fahrenheit』は6作目で、現リード・ヴォーカルのJoseph Williamsが初めて参加したアルバム。Josephは映画音楽の作曲家であるJohn Williamsの息子で、TOTOの主要メンバーとは地元の仲間どうしだった。

TOTOの初代リード・ヴォーカルのBobby Kimballは『聖なる剣』の後にバンドを離れ、5作目の『』(85年)では、元TrillionのFergie Frederiksenがリード・ヴォーカルを担当している。その結果、高音でメタリックなFergieの声を生かしたロック色の強い作品になったが、Fergieは1枚でバンドを脱退。Joseph Williamsをリード・ヴォーカルに迎えた本作は、再び『聖なる剣』のAOR路線に回帰している。

Josephのヴォーカルは、湿度を感じさせない爽快な声質。また、歌い回しがとても柔軟なので、ロック、バラード、R&B、レゲエと多彩に変化するTOTOの楽曲を、起伏のある演奏に合わせて器用に歌いきっている。曲作りにおいても、1曲目の「Till The End」を始め、収録曲の半分(1, 2, 4, 6, 8)を手がけた。

「Without Your Love」と「I'll Be Over You」の2曲では、Lukatherがリード・ヴォーカルを担当している。メロディの綺麗なバラードの「I'll Be Over You」は、Billboard Hot 100チャートの11位になるヒットを記録。この曲は、LukatherとRandy Goodrumの共作で、Michael McDonaldの柔らかいバック・ヴォーカルも印象的。R&Bタイプの「Without Your Love」は、ACチャートの7位を記録した。

ラストのジャズ・ナンバー「Don't Stop Me Now」はLukatherとPaichの共作。クールなトランペットはMiles Davisで、TOTOのアルバムにジャズ界の大物が参加したことで話題になった。

他にも、David Sanborn(sax)やTom Scott/Larry Williams(horns), Don Henley/Michael McDonald(bv)など、多彩なゲスト・ミュージシャンを迎えて制作しており、TOTOのアルバムとしては珍しい。前任のリード・ヴォーカルだったFergie Frederiksenも、「Could This Be Love」にバック・ヴォーカルで参加している。

●収録曲
1. Till the End - 5:17
2. We Can Make It Tonight - 4:16
3. Without Your Love - 4:33
4. Can't Stand It Any Longer - 4:40
5. I'll Be Over You - 3:50
6. Fahrenheit - 4:39
7. Somewhere Tonight - 3:46
8. Could This Be Love - 5:14
9. Lea - 4:29
10. Don't Stop Me Now - 3:05


◆プロデュース: TOTO

◆参加ミュージシャン: Joseph Williams(vo), Steve Lukather(g, vo), David Paich(k, bv), Steve Porcaro(sy), Mike Porcaro(b), Jeff Porcaro(ds, per)
with David Sanborn(sax), Michael McDonald/Fergie Frederiksen/Don Henley(bv), Miles Davis(tp), Lenny Castro/Steve Jordan/Jim Keltner/Joe Porcaro(per), Jerry Hey/Tom Scott/Larry Williams(horns), etc

▶こちらもお薦め

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/05/27 17:08 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(2)
Boy Meets Girlの1988年のアルバム『Reel Life』。
Boy Meets Girl / Reel Life (1988年)
Boy Meets Girlは1982年に結成されたアメリカのポップ・デュオ。女性ヴォーカルのShannon Rubicamと、キーボード兼ヴォーカルのGeorge Merrillによる男女のデュオだ。二人はソングライターとしても活動しており、Whitney Houstonの全米No.1ヒット曲「How Will I Know / 恋は手さぐり」(85年)と「I Wanna Dance with Somebody / すてきなSomebody」(87年)は二人の代表作。

この『Reel Life』はBoy Meets Girlのセカンド・アルバム。全曲が彼らのオリジナルで、ポップで爽やかなメロディが満載。80年代らしい打ち込み系のサウンドをナチュラルで上品に仕上げている。

曲によってリード・ヴォーカルを変えていて、Shannonが4曲(1, 3, 5, 8)、Georgeも4曲(2, 4, 6, 9)を担当。2曲(7, 10)ではデュエットに近い形で交互に歌っている。

このアルバムからは綺羅星のように爽やかな「Waiting For A Star To Fall」がBillboard Hot 100チャートの5位となるヒットを記録した。Whitney Houstonのコンサートに行った際にShannonが実際に見た流れ星から曲想を得たというロマンティックな曲だ。

二人は当初、Whitney Houstonの次のアルバムにこの曲が収録されることを望んだようだが、叶わなかった。次に、Belinda Carlisleが87年のアルバム『』用にレコーディングしているが、お蔵入りに。そのアウトテイクは、こちらで聴くことができる。

二人は80年代の中ごろに結婚しており、娘のHilaryは「Waiting For A Star To Fall」のミュージック・ビデオにも出演している。2000年に入ってから離婚してしまうが、仕事は一緒に続け、2003年には4作目の『The Wonderground』をリリースしている。

●収録曲
1. Bring Down The Moon - 5:00
2. Waiting For A Star To Fall - 4:34
3. Stormy Love - 4:34
4. Is Anybody Out There In Love - 4:54
5. Stay Forever - 4:07
6. If You Run - 4:31
7. One Sweet Dream - 5:45
8. No Apologies - 4:21
9. Restless Dreamer - 4:53
10. Someone's Got To Send Out Love - 1:56


◆プロデュース: Arif Mardin, George Merrill(vo, ds prog, b, k)

◆参加ミュージシャン: Shannon Rubicam(vo), Denny Fongheiser/Michael Jochum(ds), Leon Gaer/Kerry Hatch/Kevin McCormick(b), John Goux/John Morton(g), Richard Gibbs/Joe Mardin/Michael Jochum(k), Thomas Hart(prog), Andy Snitzer/Larry Williams(sax), Susan Boyd/Joe Turano(bv) , etc


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/04/30 16:08 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
Lou Rawlsの1986年のアルバム『Love All Your Blues Away』。
Lou Rawls / Love All Your Blues Away
Lou Rawlsは60年代から活躍するアメリカのベテラン・シンガー。1962年のデビューから2006年に他界するまでに60枚近くものアルバムを発表しており、その内容は、ゴスペル、R&B、ソウル、ジャズ、ブルースなど様々。グラミー賞の "Best Male R&B Vocal Performance" を3度も受賞する実力派で、ハリと艶と貫録のある中低音のヴォーカルが魅力。ちなみに、Sam Cookとは高校時代の同級生だとか。

この『Love All Your Blues Away』は、Lou Rawlsが53歳になる年のアルバム。Jay Graydonがプロデュースを担当し、前半のポップ・サイドと後半のスタンダード・サイドという2部構成になっている。ポップ・サイドでは時流のAORナンバーを5曲歌い、スタンダード・サイドではジャズ・スタンダードを4曲歌っている。

ポップ・サイドの作者は、Jay Graydon(1-3, 5), Glen Ballard(1), Robbie Nevil(2, 3), David Foster(4, 5), Tom Keane(4), Richard Page(5)等、AOR好きには垂涎の顔ぶれ。特に、「Stop Me From Starting This Feeling」と「Learn To Love Again」の2曲が聴きどころ。

Tom Keane, David Foster等の作となる「Stop Me From Starting This Feeling」はキリリとした印象のナンバーで、Pagesの爽快なハーモニーとLou Rawlsの伸びやかな歌声が気持ちいい。Graydon, Foster, Richard Page作の「Learn To Love Again」は、Tata Vegaとの甘美なデュエットを収録したロマンティックなバラード。煌びやかなアレンジはFosterならでは。

オーケストラの演奏でジャズ・スタンダードを気持ちよさそうに歌う後半は、豪華なディナー・ショーを聴いているような心地。Ann Ronell作の「Willow Weep For Me」(32年)、Carl Fischer, Frankie Laine作の「We'll Be Together Again」(45年)、Dorothy Fields, Jerome Kern作の「The Way You Look Tonight」(36年)、Richard Rodgers, Lorenz Hart作の「It Never Entered My Mind」(40年)と、いずれも古い歌だが、Lou Rawlsの歌の魅力をたっぷり味わえる。

ポップ・サイドの残りの3曲は、80年代らしいダンサブルな曲。また、本作からのシングルは「Learn To Love Again」と「Stop Me From Starting This Feeling」の2曲で、バラードの「Learn To …」は米R&Bチャートの71位、爽やかな「Stop Me …」はUKチャートで80位になっている。

●収録曲
1. Change Your Mind - 4:41
2. Are You With Me - 4:11
3. Love All Your Blues Away - 4:04
4. Stop Me From Starting This Feeling - 4:38
5. Learn To Love Again - 4:16
6. Willow Weep For Me - 4:09
7. We'll Be Together Again - 4:21
8. The Way You Look Tonight / 今宵の君は - 2:24
9. It Never Entered My Mind - 3:33


◆プロデュース: Jay Graydon(g, sy, ds)

◆参加ミュージシャン: Tata Vega(vo), John Mandel(ar), Jeremy Lubbock(ar, k), Chuck Domanico(b), John Kean/Mike Baird/John Guerin(ds), David Foster/Victor Feldman(k), Glen Ballard/Cliff Mangus/Michael Omartian/Steve George(sy), Alfie Silas/Bill Champlin/Richard Page(bv), etc


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/04/03 12:16 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Steve Hiett / Down On The Road By The Beach (渚にて…) 2019/08/18
AOR名盤(1979年) - Christopher Cross / Christopher Cross (南から来た男) 2019/08/11
AOR名盤(1982年) - Larry Lee / Marooned (ロンリー・フリーウェイ) 2019/08/07
AOR名盤(1977年) - Terence Boylan / Terence Boylan 2019/08/01
AOR名盤(1983年) - Finis Henderson / Finis (真夏の蜃気楼) 2019/07/28
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ