音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

KOINONIAの1989年のアルバム『KOINONIA』。
KOINONIA / KOINONIA
KOINONIAはベーシストのAbraham Laborielを中心に1980年に結成され、91年まで活動したフュージョン・グループ。結成時のメンバーはAbraham Laboriel(b), Alex Acuña/Bill Maxwell(ds, per), Harlan Rogers(k), Dean Parks/Hadley Hockensmith(g), John Phillips(sax)の7人。実力のあるプレイヤーの集まりで、グループ解散後もそれぞれがセッション・ミュージシャンとして活躍している。

KOINONIAには3枚のスタジオ・アルバム(82年, 86年, 89年)と1枚のライヴ・アルバム(84年)があり、本作『KOINONIA』はラスト・アルバム。SeawindのJerry Heyによるプロデュースという珍しいアルバムで、88年にヴォーカル&キーボード担当のLou Pardiniが加入したことで、収録曲の半分(1, 2, 4, 6, 9)がヴォーカル曲になっている。

KOINONIAは曲の複雑さや高度な演奏技量をアピールするグループではなく、Stuff路線というか、心地よいメロディとリラックスした演奏を聴かせるグループ。本作もそうした曲が多く、Lou Pardiniのマイルドで伸びやかな歌声との相性もいい。ソウル・フィーリング溢れる「Talk About It」、都会的でクールな「We Know The Way By Heart」、哀愁味あるバラードの「Is It Too Late」など、魅力的なヴォーカル曲が揃っている。

Lou PardiniはBill Champlinの後任として2009年にChicagoのメンバーとなり、現在も活動中。Chicagoのアルバムでは、2011年の『』と2014年の最新作『』で、その歌声を聴くことができる。

●収録曲
1. Talk About It - 4:50
2. We Know The Way By Heart - 3:54
3. Alegria - 4:01
4. Is It Too Late - 5:01
5. Mistral - 4:56
6. We're All In This Together - 4:17
7. Come Share My World - 4:29
8. You Are My Love - 4:24
9. Straight To Paradise - 3:51
10. Lyn - 2:52


◆プロデュース: Jerry Hey

◆参加ミュージシャン: Lou Pardini(vo, k), Harlan Rogers(k), Abraham Laboriel(b, ag), Bill Maxwell(ds), Justo Almario(sax)
with Michael Landau/Dean Parks(g), Michael Fisher(per), Jeff Pescetto/Alfie Silas(bv)

KOINONIAのアルバムのほとんどは、CDの入手が難しい。2010年12月には、全アルバムと2つのライヴ映像(83年, 84年)を収めた4CD & 2DVDのBOXセット『All The Best』がリリースされたが、これも残念ながら高値になっている。

●BOXセットの内容
<CD>
1.『More than a Feelin'』(82年)
2.『Celebration (Live)』(84年)
3.『Frontline』(86年)
4.『Koinonia』(89年)

<DVD>
1. スウェーデンでのライヴ映像 (1983/3/19, 58分)
2. スイスMontreuxでのライヴ映像 (1984/7/21, 82分)



最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/03/24 17:07 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
Glenn Freyの1988年のアルバム『Soul Searchin'』。
Glenn Frey / Soul Searchin' (1988年)
Glenn FreyはEaglesの創設メンバーの一人。1971年にDon Henley等と4人でグループを立ち上げ、Freyはリード・シンガーとギタリスト、ソングライターを担当する中核として活躍した。Eaglesは80年に解散して94年に再結成するが、Freyはその間に4枚のソロ・アルバムをリリースしており、本作『Soul Searchin'』は3作目にあたる。

Glenn Freyはモータウン・サウンド発祥の地であるデトロイトの生まれであり、ソウル・ミュージックやR&Bの影響を身近に受けている。「New Kid in Town」や「Heartache Tonight」などのEaglesの曲に感じられる温もりやソウル・フィーリングはFreyの持ち味だ。

本作もGlenn Freyのソウルフルな魅力に溢れたアルバム。「Two Hearts」を除く全曲がFreyのオリジナルであり、そのうちの8曲(1~8)はEaglesからの曲作りのパートナーであるJack Tempchinとの共作。クールでモダンな「Two Hearts」については、James Newton-Howard等の作だ。Steely Danのエンジニアとして知られるElliot Scheinerがプロデュースを、Nick DeCaroがアレンジを担当し、サウンドはとても洗練されている。

「Some Kind of Blue」「True Love」「I Did It for Your Love」「Soul Searchin'」「It's Your Life」は、ソウルフルでスローなナンバー。優しいメロディと穏やかな曲調が心地よく、Freyの歌声にも包容力がある。「True Love」はシングル・カットされて、Billboard Hot 100チャートの13位を記録。アルバムはBillboard 200チャートの36位をマークした。

「True Love」の力強いサックスはChris Mostertによる名演。ラストの美しいナンバー「It's Your Life」の泣かせるサックスもChris Mostertだ。なお、Glenn Freyはベース、ギター、ドラムス、キーボード、パーカッションなど多彩な楽器を操っており、それもまた素晴らしい。

このアルバムのアップロード動画を探したが手ごろなのがないので、82年のファースト・ソロ・アルバム『』の曲「That Girl」をシェア。この曲も穏やかで優しい曲。『No Fun Aloud』にはもう1曲、「The One You Love / 恋人」という素晴らしいバラードがあるので、そちらも是非聴いて欲しい。

●収録曲
1. Livin' Right - 5:07
2. Some Kind of Blue - 4:40
3. True Love - 4:40
4. Can't Put Out This Fire - 5:04
5. I Did It for Your Love - 4:00
6. Let's Pretend We're Still in Love - 4:51
7. Working Man - 3:25
8. Soul Searchin' - 5:38
9. Two Hearts - 4:01
10. It's Your Life - 4:58


◆プロデュース: Elliot Scheiner, Glenn Frey(vo, g, k, b, ds, per, ar), David "Hawk" Wolinski(ar, k), James Newton Howard

◆参加ミュージシャン: Nick DeCaro(ar), Michael Landau/Bruce Gaitsch/Paul Jackson Jr.(g), Robbie Buchanan/Barry Beckett(k), Chris Mostert(sax), Russ Kunkel/John Robinson(ds), Ralph MacDonald/Steve Forman(per), Timothy B. Schmit/Max Carl(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/03/22 18:20 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
Jack Wagnerの1984年のアルバム『All I Need』。
Jack Wagner / All I Need (1984年)
Jack Wagnerはアメリカの人気TVドラマ『General Hospital』のFrisco Jones役で知られるようになった俳優。シンガーとしても6枚のアルバムをこれまでにリリースしており、本作はデビュー・アルバム。人気俳優だけに、ブルー系の綺麗なジャケットに写る横顔のポーズも慣れた感じ。

このアルバムのプロデュースを担当したのは、Quincy Jones配下のソングライターであるGlen BallardとClif Magness。二人は共作を含めて10曲中の6曲を書いており、Magnessはギターとバック・ヴォーカルも担当した。共作者は、Tom Keane(1)、David Pack(5)、David Foster/Jay Graydon(10)等が務めている。

Jack Wagnerは歌がうまく、PVではギターを手にしながら歌っている。Wagnerの魅力を引き出すべく、「Fighting The Nights」のような軽快なロック・チューンから「All I Need」のようなロマンティックなバラードまでバランス良く選曲されており、どの曲もフレッシュ。80年代の洋楽に特有のキラキラしたサウンドも懐かしい。

甘いバラードの「All I Need」はファースト・シングルとなり、Billboard Hot 100チャートの2位となる大ヒットを記録した。AmbrosiaのDavid Packが曲作りに加わっており、爽やかな甘さのあるメロディは優れたバラード・メイカーのDavid Packならでは。キャッチーなサビは一度聴いたら忘れない。

「Whenever Hearts Collide」「After The Fact」「Lady Of My Heart」などのスロー~ミディアム系では、ビター&スウィートの按配がとてもいい。ロマンティックな「Lady Of My Heart」はFoster/Graydon/Ballardの共作で、ドラマの中ではFrisco Jonesとその相手役であるFelicia Cummingsの愛のテーマとして使われた。

ドラマではFriscoとFeliciaは結婚に至るが、演じた二人(Jack WagnerとKristina Malandro)も93年に本当に結婚し、2006年まで結婚生活を送っている。80年代って何だかいいな、と思えるスウィートなアルバムだ。

●収録曲
1. Premonition
2. What You Don't Know
3. Whenever Hearts Collide
4. Fighting The Nights
5. All I Need
6. Make Me Believe It
7. Sneak Attack
8. After The Fact
9. Tell Him (That You Won't Go)
10. Lady Of My Heart


◆プロデュース: Glen Ballard(ar), Clif Magnes(g, bv, ar)

◆参加ミュージシャン: Michael Thompson(g), Tom Keane/John Van Tongeren/Bill Elliott(k), Dave Faragher(b), Pat Mastelotto(ds), Jerry Peterson(sax), Siedah Garrett/Edie Lehman/Rosemary Butler/Debbie Pearl(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/03/06 11:49 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Rock名盤(1977年) - Libby Titus / Libby Titus 2018/05/16
AOR名盤(1980年) - Fred Knoblock / Why Not Me 2018/05/14
AOR名盤(1977年) - Randy Edelman / If Love Is Real 2018/05/09
AOR名盤(1980年) - Frank Weber / Frank Weber (ニューヨークのストレンジャー) 2018/05/07
Jazz/Fusion名盤(1978年) - Tom Scott / Intimate Strangers 2018/05/02
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp