音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Peter Cupplesの1984年のアルバム『Half The Effort Twice The Effect』。
Peter Cupples / Half The Effort Twice The Effect (1984年)
Peter Cupplesは、オーストラリアのブルー・アイド・ソウル・グループであるStylus(スタイラス)のリード・ヴォーカリスト。曲作りやアルバムのプロデュースも手がける中心メンバーである。

Stylusは70年代後半に4枚のアルバムを発表した後に一度解散し、2001年に再結成している。グループの解散中にPeterはソロ・アルバムを制作しており、この『Half The Effort Twice The Effect』(半分の努力で成果は2倍!)は2作目。80年代らしいメロディアスなポップ・ロック中心のアルバムで、曲の詳細なクレジットは分からないが、多くはPeterの作だと思う。

他作の曲もなかなか渋い。「Let Me Crawl」はWilson Brothersの提供曲で、哀愁味のあるメロディとキャッチ-なサビがWilson兄弟らしい感じ。「Never Mind」は、Maxusのアルバム『Maxus / デビュー !!』(81年)に収録された「Nobody's Business」のアレンジ。また,ポップな「Do You Still Remember Me」は、Leslie Smithのアルバム『Heartache』(82年)にBrock Walshが提供した曲だ。

AORテイストの渋いナンバーの「Love Of Another World」やブルージーな味わいの「In The Pitts」、ドリーミーなバラード曲の「Sitting Here」もいい。Stylusのアルバムでもそうだが、Peterはかなり "歌える" シンガーで、どんなタイプの曲でも器用に歌いこなす。

Boz Scaggsの『Silk Degrees』に参加したギタリストのLouie Sheltonがプロデュースを担当していて、ギターの音が割と目立つサウンドになっているのも特徴。

Peter Cupplesのファースト・アルバム『』は2005年に、本作は2006年にCD化された。2012年には2CDのコンピレーション『』も発売されていたが、気付いたときには入手困難になっており、残念…。

●収録曲
1. Don't You Leave Me Now - 4:15
2. Let Me Crawl - 3:06
3. Love Of Another World - 2:58
4. Just Can't Live - 3:31
5. Never Mind - 3:32
6. Party Lights - 3:38
7. In The Pitts - 3:36
8. Sitting Here - 3:52
9. Do You Still Remember Me - 3:58
10. On The Run - 4:13


◆プロデュース: Louie Shelton(g)

◆参加ミュージシャン: Ross Inglis(g, bv), David Hirschfelder(k), Brian Hamilton(b), Virgil Donati(ds, per)
with Mike Fisher(per), Jerry Hey(tp, horn ar), Chuck Findley(tp), Larry Williams/Dan Higgins(sax), Bill Reichenbach(tb), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

▶スポンサーリンク



2019/02/02 11:00 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
Brett Raymondの1986年のアルバム『Only Love』。
Brett Raymond / Only Love (1986年)
Brett Raymondは、アメリカのシンガー・ソングライター。1982年にSouvenirというグループのメンバーとして音楽活動をスタートするも、2枚のシングルを出してグループは解散し、その後は日本に活動の拠点を移して、テレビCMの作曲などを手がけていた。この『Only Love』は、日本のSixty Recordsと契約して制作したデビュー・アルバム。日本やアジア地域限定でリリースされている。

日本主導の制作だが、Maxusの中心人物のJay GruskaがBrettと共同でプロデュースを担当しており、バック・ミュージシャンも、Steve Lukather/Michael Landau(g), Randy Waldman(k), Michael Porcaro(b), Michael Fisher(per), Joseph Williams(bv)など、LAの実力派が参加している。

曲作りでは、Brettがすべての作曲を手がけ、作詞に関してはRon Broughと分担した。ミディアム・スローのナンバーを中心に、メロティの良さをじっくり聴かせるタイプの曲が多い。

Brettは28歳だが、どこか枯れたオーラがあって、ロマンティック。少しハスキーで陰のある歌声も、憂いのある曲調に合っている。「Only Love」や「Send It To Me」、「Some Change Around Here」などの甘いバラードも魅力で、Bobby Caldwellのアルバム『Heart Of Mine』(89年)みたいな素敵な雰囲気を纏っている。

Steve Lukatherが2曲(1, 7)、Michael Landauが2曲(3, 8)でギター・ソロを分け合っているが、曲の雰囲気に合わせて、演奏はいつもより控えめかも。

2012年にヴィヴィッド・サウンドからCDがリイシューされた際には、Brettの歌声をフィーチャしたお洒落な2曲がボーナス・トラックとして追加された。Brett Raymondのサイト を見ると、本作以降も7枚ほどのアルバムを制作しているようだ。

●収録曲
1. Walk Into Love - 4:34
2. What About You (And Me) - 4:06
3. Only Love - 4:27
4. It's Not Like The Movies - 4:23
5. Send It To Me - 3:20
6. When You Say You Love Me - 4:47
7. Please Don't Look At Me That Way - 4:08
8. We Just Can't - 4:53
9. Some Chances Around Here - 5:23
10. Oh, What Do You Do In The Summertime? (Bonus Track)
11. In The Leafty Treetops (Bonus Track)


◆プロデュース: Jay Gruska(k, program, bv), Brett Raymond(vo, k)

◆参加ミュージシャン: Steve Lukather/Michael Landau(g), Randy Waldman(k), Michael Porcaro(b), John Keane(cymbals), Michael Fisher(per), Steve Tavaglione(sax), Joseph Williams/James House(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

▶スポンサーリンク



2019/01/10 16:36 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
Bryan Duncanの1990年のアルバム『Anonymous Confessions Of A Lunatic Friend』。
Bryan Duncan / Anonymous Confessions Of A Lunatic Friend (1990年)
Bryan DuncanはSweet Comfort Bandの中心メンバー。Sweet Comfort BandはCCMシーンを代表するロック・バンドの一つで、1974年に4人組で結成し、84年に解散するまでの間に6枚のアルバムを発表している。Bryan Duncanはそこでキーボードとリード・ヴォーカルを担当し、曲もほとんどを書いている。

Bryanは、Bill ChamplinやGino Vannelliなどと肩を並べる卓越した歌唱力の持ち主。ソウルフルでパンチのある声を駆使して、センチメンタルなバラードも、ビートの効いた曲も、自在に歌う。Sweet Comfort Bandの解散後はコンスタントにソロ・アルバムを制作し、この『Anonymous Confessions Of A Lunatic Friend』は5作目。作者の詳細なクレジットが分からないが、たぶん全曲をBryanが書いている。

Bryanの歌唱力は、Sweet Comfort Bandの頃よりひと回りレベル・アップしたようだ。貫禄もついて、聴きごたえたっぷり。タイトル曲の「Lunatic Friend」では、Pink FloydのRoger Watersのようにルナティックに笑い、ファンキーな「Puttin' In The Good Word」のイントロではJames Brownのようにシャウト。「Mr. Bailey's Daughter」ではラッパー顔負けのキレのある "しゃべり" を披露している。

バラード系の歌唱も素晴らしい。ミディアム・スローの「Leave Your Light On」では哀愁をしっとり漂わせ、ラストの「I Love You With My Life」では甘くロマンティックに歌う。この曲は、Sweet Comfort Bandの78年のアルバム『Breakin' The Ice』の収録曲のリメイクで、Bryanお気に入りの一曲。当時よりもリラックスした感じで、歌っているBryanも気持ちよさそう。

TOTOのJeff Porcaroが全曲でドラムスを担当しているところもポイント。Jeffの抜群のグルーヴ感覚と、Bryanの快活な歌い回しの相性はバッチリ。92年の次作『』も、Bryanの歌をたっぷり味わえるハイ・クオリティなアルバムで、おすすめです。

●収録曲
1. Sunday Go To Meetin' - 4:23
2. Ain't No Stoppin' Now - 4:05
3. Leave Your Light On (Hopeless Moon) - 4:28
4. We All Need - 3:27
5. Lunatic Friend - 4:24
6. All Is Forgiven - 4:21
7. Puttin' In The Good Word - 4:23
8. Walkin' - 4:12
9. Mr. Bailey's Daughter - 4:03
10. Blessed Are The Tears - 4:30
11. I Love You With My Life - 4:40


◆プロデュース: Dan Postuma(per)

◆参加ミュージシャン: Tim Pierce/Michael Hodges/Dan Lee(g), Michael Omartian/Alan Pasqua/Peter Wolf/John Van Tongeren/Randy Kerber/Jerry Peters(k), Nathan East/John Pierce(b), Jeff Porcaro(ds, per), Dave Boruff/Larry Williams(sax), Jerry Hey(tp), Chuck Barth(prog), Bob Carlisle/Alphie Silas(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

▶スポンサーリンク



2018/12/25 19:02 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


最新記事一覧
AOR名盤(1981年) - Kelly Willard / Willing Heart 2019/02/16
AOR名盤(1980年) - James Felix / White As Snow 2019/02/14
AOR名盤(1979年) - Brooklyn Dreams / Sleepless Nights 2019/02/12
AOR名盤(1978年) - Jorge Santana / Jorge Santana 2019/02/08
AOR名盤(1977年) - Gary Ogan / Gary Ogan 2019/02/06
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ