音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

The Frontの1984年のアルバム『The Front』。
The Front / The Front (1984年)
The Frontは、Bob Wilson(ds, k)とTommy Funderburk(vo)の2人が結成したCCM(Contemporary Christian Music)のロック・ユニット。

Tommy Funderburkは強力なハイトーン・ヴォイスを持ち味とするセッション・シンガーで、David FosterとJay Graydonが組んだ名ユニット「Airplay」(80年)のリード・シンガーに抜擢されたことで有名。一方のBob Wilsonは、ハワイのフュージョン・グループであるSeawindのリーダー兼ドラマーで、Seawindの解散後、ロック色を強める方向性に舵を切って作ったユニットがThe Frontだ。

この『The Front』は彼らの唯一のアルバム。二人は敬虔なクリスチャンであり、CCMらしいタイトルの曲が並ぶ。曲作りにおいては、Bob Wilsonが全曲の作曲を担当し、Tommy Funderburkがほとんどの作詞を担当。プロデュースは二人の共同になっている。

Tommy FunderburkのパワフルなヴォーカルをフィーチャしたサウンドはAirplay的だが、Airplayのような華やかさはなく、クールな質感の硬派なロック・アルバムだ。

「It's Hard To Take」や「Holy Light」、ラストの「How Long」はメロディアス・ロック風のハードなナンバーで、Tommy Funderburkのメタリックなシャウトがかっこいい。随所でソリッドなギターを弾いているのはDann Huff。ベースはDennis Belfieldが担当し、SeawindのメンバーだったLarry Williamsがキーボードを弾いている。

他の曲は、リリジャスなムード満点の「All Under Him」、軽快なAORナンバーの「King Of Glory」、シンセドラムの音に80'sらしさを感じる「The Promise」、クール&エモーショナルな「Silent Night」、美メロなバラードの「Tonight」という内容で、バランスがいい。個人的には、「Silent Night」から「Tonight」への流れを気に入っている。

The Frontはこの1作のみで解散するが、3年後の87年には、Bob, Tommy, Larry Williamsの3人で「What If」を結成し、アルバム『What If』を発表する。こちらはギターをMichael Landauが担当しており、The Frontをより一層硬質にしたロック・アルバムになっている。

●収録曲
1. It's Hard To Take - 4:44
2. Holy Light - 4:31
3. All Under Him - 4:23
4. King Of Glory - 4:50
5. The Promise - 4:20
6. Silent Night - 4:44
7. Tonight - 4:27
8. How Long - 4:09


◆プロデュース: Bob Wilson(ds, k), Tommy Funderburk(vo)

◆参加ミュージシャン:Dann Huff(g), Kevin Clark(g, b), Larry Williams(k), Dennis Bellfield(b), Tom Kelly/Tata Vega/Andrae Crouch/Phillis St. James/Linda McCrary/Kristle Edwards(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/08/02 10:31 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(2)
Michael McDonaldの1985年のアルバム『No Lookin' Back』。
Michael McDonald / No Lookin' Back (1985年)
Michael McDonaldは甘いハスキー・ヴォイスとソウルフルな歌い口で人気のあるシンガー・ソングライター。70年代にSteely DanとThe Doobie Brothersという、アメリカの東西海岸のメジャー・グループを渡り歩き、1982年からはソロで活動をしている。

この『No Lookin' Back』は、Michael McDonaldの2枚目のソロ・アルバム。82年のソロ1作目『If That's What It Takes / 思慕(ワン・ウェイ・ハート)』からは3年のブランクがあり、この間にMichael McDonaldはAmy Hollandとの結婚生活をスタートしている(83年)。

本作のプロデュースは、前作も担当したベテラン・プロデューサーのTed TemplemanとMichaelの共同で行われた。ほとんどの曲が共作で、共作者は、Kenny Loggins/Ed Sanford(1)、Chuck Sabatino(3-5), David Pack(4, 6)、奥様のAmy(7)、Grady Walker(8)、Randy Goodrum(9)となっている。

私はMichael McDonaldの作る、ほろ苦いけど爽やかなサビのメロディが好きで、そうした曲を聴くのは幸せ。このアルバムでは、「By Heart」や「Any Foolish Thing」のサビのメロディにMichaelらしさを感じる。ここからメロウで優美なバラードの「Our Love」を経て、奥様との共作「On Your Every Word」へと続く流れはなかなかいい。

The Doobie Brothersの「What A Fool Believes」(MichaelとKenny Logginsの共作)の大ヒットをきっかけに、70年代終わりから80年代初めにかけて、「キーボードで軽快にリズムを刻む、キャッチーで洗練されたスタイル」が流行り、"Michael McDonaldスタイル" などと呼ばれた。このアルバムでも、奥様と共作した「On Your Every Word」にその面影がある。この曲は、奥様の83年のアルバム『』のタイトル曲だ。

演奏面では、TOTOのJeff Porcaroが1曲(6)を除く全曲でドラムを叩いており、重厚感のある手堅い演奏で貢献している。80年代特有の電子的なサウンドも取り入れているが、全体としては生楽器が主体。また、EaglesのJoe Walshが参加しており、「Bad Times」でブルージーな味わいのスライド・ギターを聴かせる。イーグルスとドゥービーズの共演といったところか。

●収録曲
1. No Lookin' Back - 3:55
2. Bad Times - 4:21
3. (I'll Be Your) Angel - 3:57
4. By Heart - 4:35
5. Any Foolish Thing - 4:23
6. Our Love - 4:32
7. (I Hang) On Your Every Word - 3:22
8. Lost In The Parade - 3:48
9. Don't Let Me Down - 4:01


◆プロデュース: Michael McDonald(vo, k, sy), Ted Templeman

◆参加ミュージシャン: Staff Fieldhouse/George Perilli/Jeff Porcaro/"Roger"(ds), Willie Weeks/Nathan East(b), Randy Goodrum/Mike Hanna/Brian Mann(sy), David Pack(g, sy), Robben Ford/Joe Walsh(g), Cornelius Bumpus(sax), Paulinho da Costa(per), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/07/17 16:33 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
KOINONIAの1989年のアルバム『KOINONIA』。
KOINONIA / KOINONIA
KOINONIAはベーシストのAbraham Laborielを中心に1980年に結成され、91年まで活動したフュージョン・グループ。結成時のメンバーはAbraham Laboriel(b), Alex Acuña/Bill Maxwell(ds, per), Harlan Rogers(k), Dean Parks/Hadley Hockensmith(g), John Phillips(sax)の7人。実力のあるプレイヤーの集まりで、グループ解散後もそれぞれがセッション・ミュージシャンとして活躍している。

KOINONIAには3枚のスタジオ・アルバム(82年, 86年, 89年)と1枚のライヴ・アルバム(84年)があり、本作『KOINONIA』はラスト・アルバム。SeawindのJerry Heyによるプロデュースという珍しいアルバムで、88年にヴォーカル&キーボード担当のLou Pardiniが加入したことで、収録曲の半分(1, 2, 4, 6, 9)がヴォーカル曲になっている。

KOINONIAは曲の複雑さや高度な演奏技量をアピールするグループではなく、Stuff路線というか、心地よいメロディとリラックスした演奏を聴かせるグループ。本作もそうした曲が多く、Lou Pardiniのマイルドで伸びやかな歌声との相性もいい。ソウル・フィーリング溢れる「Talk About It」、都会的でクールな「We Know The Way By Heart」、哀愁味あるバラードの「Is It Too Late」など、魅力的なヴォーカル曲が揃っている。

Lou PardiniはBill Champlinの後任として2009年にChicagoのメンバーとなり、現在も活動中。Chicagoのアルバムでは、2011年の『』と2014年の最新作『』で、その歌声を聴くことができる。

●収録曲
1. Talk About It - 4:50
2. We Know The Way By Heart - 3:54
3. Alegria - 4:01
4. Is It Too Late - 5:01
5. Mistral - 4:56
6. We're All In This Together - 4:17
7. Come Share My World - 4:29
8. You Are My Love - 4:24
9. Straight To Paradise - 3:51
10. Lyn - 2:52


◆プロデュース: Jerry Hey

◆参加ミュージシャン: Lou Pardini(vo, k), Harlan Rogers(k), Abraham Laboriel(b, ag), Bill Maxwell(ds), Justo Almario(sax)
with Michael Landau/Dean Parks(g), Michael Fisher(per), Jeff Pescetto/Alfie Silas(bv)

KOINONIAのアルバムのほとんどは、CDの入手が難しい。2010年12月には、全アルバムと2つのライヴ映像(83年, 84年)を収めた4CD & 2DVDのBOXセット『All The Best』がリリースされたが、これも残念ながら高値になっている。

●BOXセットの内容
<CD>
1.『More than a Feelin'』(82年)
2.『Celebration (Live)』(84年)
3.『Frontline』(86年)
4.『Koinonia』(89年)

<DVD>
1. スウェーデンでのライヴ映像 (1983/3/19, 58分)
2. スイスMontreuxでのライヴ映像 (1984/7/21, 82分)



最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/03/24 17:07 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Tony Sciuto / Island Nights 2018/08/19
AOR名盤(1981年) - Rickie Lee Jones / Pirates 2018/08/14
AOR名盤(1980年) - Peter Allen / Bi-Coastal 2018/08/12
AOR名盤(1978年) - Carole Bayer Sager / ... Too 2018/08/09
AOR名盤(1981年) - Roger Voudouris / On The Heels Of Love 2018/08/05
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ