洋楽中心生活

Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

Boz Scaggsの1976年の名盤『Silk Degrees』の発売40周年を記念し、「ソニー AOR誕生40周年記念 AOR CITY 1000」と題したシリーズがソニー・ミュージックから発売中である。発売日は7月27日(第1弾、発売中)と8月17日(第2弾、明日から発売)。税抜き1,000円という嬉しい価格だ。シリーズ監修は金澤寿和氏。共通のアートワークを、大瀧詠一『A LONG VACATION』のイラストで知られる永井博氏が担当している。さて、8月17日発売分につい...

Boz Scaggsの1976年の名盤『Silk Degrees』の発売40周年を記念し、「ソニー AOR誕生40周年記念 AOR CITY 1000」と題したシリーズがソニー・ミュージックから発売された。発売日は7月27日と8月17日。税抜き1,000円という嬉しい価格だ。シリーズ監修は金澤寿和氏。共通のアートワークを、大瀧詠一『A LONG VACATION』のイラストで知られる永井博氏が担当している。7月27日発売分について、以前に予約注文していたCD3枚が本日届いた。...

このブログでは、気の向くままにお薦めのアルバムの感想を綴っている。ジャンル的には今のところAORが多い。私がAORを好んで聴くようになったのは90年代の終わりからだ。きっかけは、金澤寿和氏のディスク・ガイド『』との出会いである。仕事の疲れから、日々聴く音楽に癒しを求めていたし、年齢的なものもあったと思う。そんな時に、この本と出合った。ハード・ロックやプログレ、ジャズ・ロックなど、サウンド的にも内容的にも重...

1991年の邦画『波の数だけ抱きしめて』のサウンド・トラック、『Kiwi FM Original Soundtrack』。中山美穂と織田裕二が主演した映画。8月31日夜にNHK BSで放送しており、見てしまいました。舞台は1982年の夏の湘南。大学生最後の夏に、ミニFM局の設立に奔走する若者を描いた青春映画です。サウンド・トラックの内容は1982年当時に流れていたAOR。アルバムは以前から聴いていましたが、映像を見るのは初めてです。TOTOの『Ⅳ / 聖な...

私がAORというジャンルを好んで聴くようになったのは2000年の少し前からの事。金澤寿和氏の書かれたディスク・ガイドの名著『AOR Light Mellow』を書店で偶然手にし、AORというジャンルを集中して聴いてみようと思い立ったのがきっかけである。ジャンルの定義が難しいため、聴くべきアルバムを選ぶこと自体が難しい作業だったと思うが、初版では250のアーティストの作品を厳選して紹介している。2001年には増補改訂版が出て、さら...

AORのディスク・ガイドの紹介です。このブログでも、AORディスク・ガイドの名著として、金澤寿和氏の『AOR Light Mellow』やその増補改訂版を何度か紹介しました。金澤寿和氏のAORに関する著作としては、以下に紹介する書籍があります。●『AOR・ライトメロウ』(エクシード・プレス, 1999/06)2000年以降のAOR再評価ブームの火付け役を果たしたと言われています。250のアーティストをセレクトし、1アーティストにつき1枚のアルバムを...

金澤寿和氏が選曲監修する「Light Mellow 和モノ」というシリーズがあります。2014年8月に「アーティスト編」というサブ・カテゴリーができ、尾崎亜美、大橋純子、野口五郎の3枚のコンピレーションCDが発売されました。シングル中心のベスト盤とは異なり、Light Mellowならではのシティ・ポップス、AOR、Fusion的な切り口から選曲されており、アーティストの新たな魅力や発見を楽しめるコンピレーションとの事。尾崎亜美のコンピレ...