音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Kenny Rankinの1970年のアルバム『Family』。
Kenny Rankin / Family (1970年)
Kenny RankinはNY出身のシンガー・ソングライター。60年代の終わりからアルバムを制作しており、2009年に他界するまでに15作ほどを残した。このアルバムは2作目で、Kenny Rankinが30歳になった年に発売されている。

『Family』というタイトルのとおり、家族をテーマとしたアルバムで、フロント・カヴァーでは娘2人を抱き、バック・カヴァーでは妻のYvonne(イヴォンヌ)と子供3人に囲まれている。
Kenny Rankin / Family (バック・カヴァー)
収録曲に関しては、家族を題材にした曲は「Family Theme」という短いプロローグぐらいで、Yvonne夫人と共作した「Soft Guitar」という曲はあるものの、残りは全てカヴァー曲。Carol KingやThe Beatles、Buffalo Springfield、Otis Redding、Donovanなどの曲をカヴァーしており、フォークやポップ、ジャズ、ボサノヴァなどの要素を織り交ぜた巧みなアレンジにより、オリジナルとは雰囲気の異なる洒脱な曲に仕上げている。

カヴァー曲の原曲の収録アルバムとアーティスト、発売年は次のとおり。
「Up On The Roof」:The Driftersの62年のヒット曲(米5位, Carole KingとGerry Goffinの作)
「Mountains & Marian」:『』(Gordon Lightfoot, 68年)
「While My Guitar Gently Weeps」:『』(The Beatles, 68年)
「Four Days Gone」:『』(Buffalo Springfield, 68年)
「House Of Gold」:Hank Williamsの54年の曲
「Dear Prudence」:『』(The Beatles, 68年)
「Needle Of Death」:『Lucky Thirteen』(Bert Jansch, 66年)
「Sittin' On The Dock Of The Bay」:『』(Otis Redding, 68年)
「Skip Along Sam」:『』(Donovan, 67年)

このうち、「While My Guitar Gently Weeps」と「House Of Gold」の2曲は、77年のアルバム『The Kenny Rankin Album』でも再びカヴァーされた、Rankinお気に入りの曲。ビートルズからはもう1曲、「Dear Prudence」もカヴァーされている。

フォーキーにアレンジされたOtis Reddingの「Sittin' On The Dock Of The Bay」も素晴らしい。アコースティック・ギターを爪弾きながらRankinが軽やかにスキャットするあたり、とてもお洒落。ホーンの音も明るく伸びやかで、自由な雰囲気満点の心地よい曲になっている。

奥様と共作した「Soft Guitar」はボサノヴァ風。アコースティック・ギターだけでなく、ピアノもホーンも歌声も、全部がソフトで優しい。続くDonovanの「Skip Along Sam」もソフトにさっぱりと歌い、平和な余韻を残してくれる。

家族愛に満ちたアルバムを残したKenny Rankinだが、のちに新しいパートナーを得ている。88年のアルバム『Hiding In Myself』は、その新しいパートナーと思しきAimeという女性と一緒に制作されており、Aimeに捧げられている。

●収録曲
1. Family Theme - 0:40
2. Up On The Roof - 3:23
3. Mountains & Marian - 3:22
4. While My Guitar Gently Weeps - 3:47
5. Four Days Gone - 3:35
6. House Of Gold - 2:33
7. Dear Prudence - 5:50
8. Needle Of Death - 4:06
9. Sittin' On The Dock Of The Bay - 3:47
10. Soft Guitar - 2:24
11. Skip Along Sam - 1:17


◆プロデュース: Monte Kay, Jack Lewis

◆参加ミュージシャン: 記載なし


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/05/28 11:09 Rock / Pops名盤(70年代) TB(0) CM(0)
Libby Titusの1977年のアルバム『Libby Titus』。
Libby Titus / Libby Titus (1977年)
Libby TitusはNY生まれのミュージシャン。デビュー・アルバムは1968年の『』で、そこでは歌手として、The BeatlesやBee Gees、Joni Mitchellなどの曲をカヴァーしている。その後にオリジナル曲も書くようになり、Eric Kazと共作した「Love Has No Pride」をBonnie RaittやLinda Ronstadtが歌ったことで、ソングライターとして評価されるようになった。

私生活では、19歳のときに小説家のBarry Titus氏と結婚するも、3年で離婚。その直後にThe BandのドラマーだったLevon Helmと恋仲になり、娘のAmyを授かっている。また80年代の終わりには、カレッジ時代の同窓生だったDonald Fagenと出会い、93年に結婚した。

さて、1作目と同じタイトルが付けられた本作は、彼女のセカンド・アルバム。プロデュースを担当したのはPhil Ramoneで、曲によってPaul Simon, Carly Simon, Robbie Robertsonが共同プロデュースをしている。

アルバム前半には他のミュージシャンとの共作曲と、ビートルズも歌ったR&Bスタンダードの「Kansas City」を収録。共作者は、Al Kooper(1)、Carly Simon(3)、Hirth Martinez(4)、Eric Kaz(5)となっている。

後半は、Carly Simonの書き下ろし3曲(7, 9, 10)と、カヴァー2曲(6, 8)という構成。カヴァー曲のうち「Yellow Beach Umbrella」は、Three Dog Nightの76年のアルバム『』の収録曲で、「Miss Otis Regrets」は1930年代の曲(Cole Porter作)である。

1曲目の静かな「Fool That I Am / バカなわたし」を聴くと、その独特の声の魅力に惹き込まれる。まるでKate Bushのような神秘的な声だ。Eric Kazと共作した素朴で穏やかなバラードの「Love Has No Pride」も、Libby Titusが歌うと物憂げなヴェールに包まれる。

Carly Simonの書いた曲が多いが、その中では「Wish I Could」がLibbyの声にとても合っている。甘い郷愁を誘う間奏の口笛もいい。二人は親交があり、Carly Simonの76年のアルバム『』に収録された「Libby」という曲は、Libby Titusのことを歌っている。

Donald Fagenの93年のアルバム『』は、Libbyと結婚した年のアルバム。二人は「Florida Room」という最高に気持ちのいい曲を共作しており、そこには(Levon Helmとの間の)娘のAmyもバック・ヴォーカルで参加している。Donald Fagenはスクール時代、美しいLibbyを遠くから見ているだけだったというから、この時、最高に幸せだったのだろう。

●収録曲
1. Fool That I Am / バカなわたし - 3:48
2. Kansas City - 3:27
3. Can This Be My Love Affair / 情事 - 2:32
4. The Night You Took Me To Barbados In My Dreams / 夢の中のバルバドスの夜 - 2:46
5. Love Has No Pride - 3:53
6. Yellow Beach Umbrella - 4:18
7. Can't Believe You're Mine - 2:23
8. Miss Otis Regrets - 3:45
9. Wish I Could - 3:00
10. Darkness 'Til Dawn - 3:45


◆プロデュース: Phil Ramone(1-3, 5-7, 9), Paul Simon(1, 2), Carly Simon(3, 7, 9, 10), Robbie Robertson(4, 8)

◆参加ミュージシャン: Libby Titus(vo), Hugh McCracken/John Tropea/Joe Beck(g), Don Grolnick/Garth Hudson(k), Tony Levin/Will Lee(b), Ricky Marotta/John Guerin/Christopher Parker(ds), George Young(sax), Paul Simon/Patti Austin/Carly Simon/James Taylor(bv), etc

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/05/16 11:09 Rock / Pops名盤(70年代) TB(0) CM(0)
Paul Simonの1975年のアルバム『Still Crazy After All These Years / 時の流れに』。
Paul Simon / Still Crazy After All These Years (時の流れに) (1975年)
Paul Simonはアメリカを代表するシンガー・ソングライター。Art Garfunkelとフォーク・ロック・デュオのSimon & Garfunkelを組んで60年代後半のヒット・チャートを席巻し、ソロになってからは、ラテン、レゲエ、アフリカンなどの多様な音楽を取り入れたアルバム制作で高い評価を得ている。

『時の流れに』はPaul Simonの4枚目のソロ・アルバム。最初のソロ・アルバムはSimon & Garfunkelの活動中(65年)に制作されているので、S&G解散後のアルバムとしては3作目になる。

本作はPaul Simonの代表作といってよいだろう。アルバムはBillboard 200チャートの1位を獲得し、シングルでは、「恋人と別れる50の方法」がBillboard Hot 100チャートの1位になったほか、「My Little Town」が9位、「哀しみにさようなら」が23位、「時の流れに」が40位をマークした。76年のグラミー賞では "Album of the Year" と "Best Male Pop Vocal Performance" の2冠を受賞している。

タイトル曲は、昔の恋人に再開した心境を "Still Crazy" という素敵なフレーズで表した名曲。Barry Beckettの美しいエレピにリードされて、穏やかなメロディが邦題の "時の流れ" のように淡々と流れていく。控えめな印象の曲だが、とても豊かな余韻を残す。

爽やかな「My Little Town」はArt Garfunkelと久しぶりにデュエットした曲で、ヴォーカルのクレジットは "Simon and Garfunkel" になっている。Art Garfunkelも同じ年のソロ・アルバム『Breakaway / 愛への旅立ち』でこの曲を歌った。

続く「I'd Do It For Your Love / きみの愛のために」は穏やかなバラード。叙情的なメロディとKen Asherの優しいエレピが感動を誘う。

一転して、「50 Ways To Leave Your Lover / 恋人と別れる50の方法」はとてもシリアス。正確でクールなドラムスはSteve Gadd、粋な女性バック・コーラスはPhoebe Snow, Valerie Simpson, Patti Austinだ。

"すいすいと人生をわたっていく者がいる一方で、全くそうでない者もいる" と歌う「Some Folks' Lives Roll Easy / ある人の人生」。メロディは切ないし歌詞も苦いのに、ストリングスと演奏がとても優しくて、泣けてくる。

ラストでは、Paul Simonが「Silent Eyes / もの言わぬ目」をしっとりと歌い、アルバムの幕を閉じる。この曲は、Paulが音楽を担当した75年の映画『Shampoo』で使われた。

深い味わいのある作詞と熟したメロディ。幅広く活動するPaul Simonも、その本質はシンガー・ソングライターだ。淡い色彩の本作には、優れたシンガー・ソングライターとしてのPaul Simonの魅力が溢れている。

●収録曲
1. Still Crazy After All These Years / 時の流れに - 3:26
2. My Little Town - 3:51
3. I'd Do It For Your Love / きみの愛のために - 3:35
4. 50 Ways To Leave Your Lover / 恋人と別れる50の方法 - 3:37
5. Night Game - 2:58
6. Gone At Last / 哀しみにさようなら - 3:40
7. Some Folks' Lives Roll Easy / ある人の人生 - 3:14
8. Have A Good Time / 楽しくやろう - 3:26
9. You're Kind / 優しいあなた - 3:20
10. Silent Eyes / もの言わぬ目 - 4:12


◆プロデュース: Paul Simon(vo, ag, ar)

◆参加ミュージシャン: Phil Ramone/Art Garfunkel(vo), Bob James(k, ar), Joe Beck/Pete Carr/Hugh McCracken/John Tropea(g), Richard Tee/Barry Beckett(k), Tony Levin/Gordon Edwards/David Hood(b), Steve Gadd/Grady Tate/Roger Hawkins(ds), Ralph MacDonald(per), Sivuca(accordion, vo), Michael Brecker/David Sanborn(sax), Toots Thielmans(harmonica), Valerie Simpson/Patti Austin/Phoebe Snow(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/03/14 10:44 Rock / Pops名盤(70年代) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Mac McAnally / Nothin' But The Truth 2018/11/20
AOR名盤(1982年) - Craig Ruhnke / Just Like The Old Times 2018/11/18
AOR名盤(1981年) - Chris Christian / Chris Christian (出逢い) 2018/11/15
AOR名盤(1978年) - Cuba Gooding / The 1st Cuba Gooding Album 2018/11/13
AOR名盤(1976年) - Faragher Brothers / Faragher Brothers 2018/11/11
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ