音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Jan Akkermanの1978年のアルバム『Live』。
Jan Akkerman / Live (1978年)
Jan Akkermanは、オランダが誇るプログレッシヴ・ロック・グループであるFocusの創設メンバーでありギタリスト。1969年にFocusを結成し、76年まで在籍しました。Focusに在籍していた頃からソロ・アルバムも出しており、それらはJazz RockやFusionの香りのする内容になっています。

本作『Live』は、1978年7月に行われたスイスの「Montreux Jazz Festival」でのライヴを収録したもの。ワーナー・ミュージック・ジャパンの「Fusion Bestコレクション1000」シリーズの第5弾として、2015年2月に発売(日本初CD化)されました。

収録時間は35分と短いですが、Jan Akkermanの多彩なギターを堪能でき、ギター・インスト・アルバムが好きな方にお薦めです。

本作以前には次のようなソロ・アルバムがあり、ライヴでは『Jan Akkerman / 寛ぎの時』から3曲(2, 3, 4)、Focusの71年のアルバム『』から1曲(5)を選曲しています。
・『』(68年)
・『』(72年)
・『』(73年)
・『』(76年, Kaz Luxとの共作)
・『』(77年)
・『』(79年, Claus Ogermanとの共作)

「Fusion Bestコレクション1000」シリーズでは、2014年11月の第3弾で『Tabernakel / 流浪の神殿』が、12月の第4弾で『Eli』と『Jan Akkerman / 寛ぎの時』が既に発売されています。いずれも24bitデジタル・リマスタリング、解説付きで、1,080円という価格でお薦めです。

●収録曲
1. Transitory
2. Skydancer
3. Pavane
4. Crackers
5. Tommy
6. Azimuth


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2015/03/01 13:24 Jazz Rock TB(0) CM(0)
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Steve Hiett / Down On The Road By The Beach (渚にて…) 2019/08/18
AOR名盤(1979年) - Christopher Cross / Christopher Cross (南から来た男) 2019/08/11
AOR名盤(1982年) - Larry Lee / Marooned (ロンリー・フリーウェイ) 2019/08/07
AOR名盤(1977年) - Terence Boylan / Terence Boylan 2019/08/01
AOR名盤(1983年) - Finis Henderson / Finis (真夏の蜃気楼) 2019/07/28
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ