音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Tony Sciutoの1980年のアルバム『Island Nights』。
Tony Sciuto / Island Nights (1980年)
Tony Sciutoはアメリカ東海岸出身のシンガー・ソングライター。1965年に音楽活動をスタートし、70年代にはL.A.に移って、作詞家のSammy Egorinとソングライター・チームを組んで活動を続けた。Bay City RollersやMarcus Josephなどが彼らの曲を歌っている。

この『Island Nights』はTony Sciutoのデビュー・アルバム。日本人の琴線に触れるようなメロディを書く人で、このアルバムは本国のアメリカでは売れなかったが、日本ではちょっとしたヒットになったようだ。

本作は、作曲Tony Sciuto、作詞Sammy Egorinの10曲を収録(「Street Dancer」には、Steve Warehimeも参加)。タイトル曲や「You've Got A License」あたりの哀愁漂うメロディには、確かに日本の歌謡曲のような湿度がある。「Island Nights」にはオーケストラによる重厚なプロローグ「Island Nights Theme」もあって、ムード満点だ。

一方、「Hold Back The Night」「Cafe L.A.」「Angel」「Butterfly」などのスロー~ミディアム・テンポの曲は、ライト&メロウの王道という感じ。特に、「Hold Back The Night」は本作一番の爽やかなナンバーで、オーストラリアの歌手Jon Englishによってカヴァーされ、シングル・カットもされた(アルバム『Calm Before the Storm』(80年)に収録)。

風の音で始まるラストの「Butterfly」は、まどろみを誘うように美しいアコースティック・ナンバー。1曲目の重厚なオーケストラとのコントラストを効かせつつ、ロマンティックな余韻を残す。

ポップな「Trapeze」は、Marcus Josephが78年のアルバム『Things I Meant To Say / 伝えたかった言葉』で歌った曲のセルフ・バージョン。Nigel Olssonも80年のアルバム『Changing Tides』でカヴァーしている。

参加ミュージシャンの顔ぶれは、Steve Lukather(g), Bill Cuomo(k), Mike Porcaro(b), Ed Greene(ds), Tom Scott/Jim Horn(sax)と、豪華。私の手元のCDは2000年に初CD化された際の "20th Anniversary Limited Edition" というもので、「Hold Back The Night」と「Cafe L.A.」の日本でのライヴなど、4曲のボーナス・トラックを収録している。

Tony Sciutoは90年代に入ると、Little River Band(90年~97年)、Player(98年~2001年)という名グループのメンバーとして活躍した。いいポジションで仕事をしているな、と思う。

●収録曲
1. Island Nights Theme - 0:38
2. Island Nights - 3:56
3. Hold Back The Night - 4:16
4. You've Got A License (To Drive Me Crazy) - 3:54
5. Cafe L.A. - 4:59
6. Trapeze - 3:31
7. Angel - 4:09
8. Captain Wonderful - 4:37
9. Street Dancer - 4:02
10. Butterfly - 3:18


◆プロデュース: Steve Dorff(k)

◆参加ミュージシャン: Tony Sciuto(vo, g, k), Steve Lukather/Thom Rotella(g), Bill Cuomo(k), Michael Sciuto(b, bv), Mike Porcaro/Scott Edwareds(b), Ed Greene/Ron Tutt(ds), Tom Scott/Jim Horn(sax), Joe Chemay/Curt Betcher(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/08/19 17:56 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
Rickie Lee Jonesの1981年のアルバム『Pirates』。
Rickie Lee Jones / Pirates (1981年)
Rickie Lee Jonesはシカゴ生まれのシンガー・ソングライター。彼女は19歳の頃からロサンゼルスのバーやクラブで歌うようになり、25歳の時にレコード・デビューを果たす。そのデビュー・アルバム『浪漫』(79年)からは「恋するチャック」のヒット(米4位)が生まれ、アルバムもチャートの3位を記録。翌年のグラミー賞では、彼女が「Best New Artist」を受賞した。

本作『Pirates』はセカンド・アルバム。前作に続いて、Russ TitlemanとLenny Waronkerがプロデュースを担当し、前作よりもジャズ色を強めて、全体をクールに仕上げている。参加ミュージシャンの名前にもジャズ/フュージョンの名手が並ぶ。

収録された8曲は全てRickie Lee Jonesのオリジナルだが、このうちの2曲(4, 7)は、各々David Kalish、Sal Bernardiとの共作。Sal Bernardiは、当時の彼女のボーイ・フレンドのようだ。

彼女の歌声は自由奔放。クールでいなせに歌うかと思えば、ナイーヴに、フラジャイルに歌ったり、時おり女っぽい表情を見せたりと、移ろう。彼女の歌声のように、曲のテンポやムードも変わるが、腕達者なバック・ミュージシャンがしっかりサポートしている。

彼女の歌をじっくり聴かせる瑞々しい曲が多い中で、ビートらしいビートがあるのは、「Woody and Dutch on the Slow Train to Peking」とタイトル曲の「Pirates」ぐらい。「Woody and Dutch on the Slow Train to Peking」は、フィンガー・スナップを使ってドゥーワップ調に歌う賑やかな曲。「Pirates」は、シャッフルやクールなホーンがSteely Danみたいに洒落た曲。実際、この曲ではDonald Fagenがシンセを弾いている。

ボーイ・フレンドのSal Bernardiと共作した「Traces of the Western Slopes」は8分の大作。静かながらドラマティックな展開を見せる曲で、歌詞に出てくるE.A. PoeはEdgar Allan Poe(エドガー・アラン・ポー)だろうから、影響を受けたか参考にしたのだろう。

このアルバムはBillboard 200チャートの5位となり、デビュー作に続いてトップ10入りを果たした。フロント・カヴァーには、ハンガリー出身でパリで活躍した写真家Brassaï(ブラッシャイ)の76年の写真が使われている。街角の恋人たちの親密で幸せそうな一瞬を撮ったモノクロ写真。バック・カヴァーでは、Rickie Lee Jonesが可憐にポーズを決めている。
Rickie Lee Jones / Pirates (バック・カヴァー)

●収録曲
1. We Belong Together - 4:59
2. Living It Up - 6:23
3. Skeletons - 3:37
4. Woody and Dutch on the Slow Train to Peking - 5:15
5. Pirates (So Long Lonely Avenue) - 3:50
6. A Lucky Guy - 4:14
7. Traces of the Western Slopes - 8:00
8. The Returns - 2:20


◆プロデュース: Russ Titleman, Lenny Waronker

◆参加ミュージシャン: Donald Fagen/Neil Larsen/Russell Ferrante(k), Buzzy Feiten/Dean Parks/Steve Lukather(g), Chuck Rainey(b), Steve Gad/Art Rodriguez(ds), David Sanborn/Tom Scott(sax), Randy Brecker(tp), Lenny Castro/Victor Feldman(per), Sal Bernardi(vo, harmonica), Leslie Smith/Arno Lucas(bv), Nick DeCaro(string ar), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/08/14 16:12 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
Peter Allenの1980年のアルバム『Bi-Coastal』。
Peter Allen / Bi-Coastal (1980年)
Peter Allenはオーストラリア生まれのシンガー・ソングライター。Olivia Newton-Johnの1974年のグラミー受賞曲「I Honestly Love You / 愛の告白」や、Melissa Manchesterの78年のヒット曲「あなたしか見えない」、Christopher Crossが歌った81年の映画『Author』の主題歌「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」などの共作者としても知られている。

この『Bi-Coastal』は、Peter Allenの6枚目のアルバム。David Fosterがプロデュースを手がけ、Allenの書くロマンティックなメロディを華やかにコーディネートした名作だ。Fosterがプロデュースした当時の作品の中では1番に挙げて良いくらい、曲、演奏、アレンジのクオリティが高い。

全曲がPeter Allenのオリジナルで、「Simon」以外は共作曲。Tom Keane & David Foster(1, 3)、Carole Bayer Sager & D.Foster(2, 9)、David Lasley(4, 7)、D.Foster(5, 10)、Dean Pitchford(6)と、選りすぐりの実力派が共作の相手になっている。

「One Step Over The Borderline」や「Fly Away」、「Pass This Time」は、Fosterのアレンジの手腕が光る都会的でエレガントなナンバー。メロウな「Fly Away」は、竹内まりやの同年のアルバム『』に書き下ろした曲に、Fosterが手を加えたものらしい。

TOTOのJeff Porcaro(ds), Steve Lukather(g), Mike Porcaro(b)が熱く演奏する「Hit In The Heart」のようなロック・チューンもあるが、Allenの作る曲の魅力は、優しさ溢れるバラードで発揮される。本作では、David Lasleyと共作した2曲と「Simon」、ラストの「When This Love Affair Is Over」がバラード曲。

こうした曲は他のシンガーにも好まれ、「I Don't Go Shopping」はPatti Labelleのアルバム『』(80年)で、「Somebody's Angel」はDionne Warwickのアルバム『』(80年)で歌われた。

「Simon」も素晴らしい曲。無二の親友だったサイモンから、今日、電話があった。「初めて愛した女の子と、結婚するために駆け落ちをした」、と。自分にやさしくしてくれたサイモンを思い出し、"Simon, Simon, ..." と、万感胸に迫るように歌う。この曲は68年に書かれ、当時の夫人だったLiza Minnelliがアルバム『Come Saturday Morning』(69年)で歌った。AllenはLiza Minnelliとの結婚生活(67年~74年)の後に、自分がゲイであることをカミングアウトしている。92年、エイズによる合併症のため夭逝。

Peter Allenの作る曲はロマンティックなだけでなく、寄り添うような優しさや人間味があり、心を動かされる。また、歌声もAllenの大きな魅力。本作では特に「I Don't Go Shopping」の歌いっぷりが見事で、Lon Priceによるサックス・ソロの素晴らしさと相まって、爽やかな感動を残す。

●収録曲
1. One Step Over The Borderline - 3:54
2. Fly Away - 4:05
3. Bi-Coastal - 4:22
4. I Don't Go Shopping - 3:33
5. Hit In The Heart - 3:24
6. I Could Really Show You Around - 4:13
7. Somebody's Angel - 4:17
8. Simon - 3:25
9. Pass This Time - 4:00
10. When This Love Affair Is Over - 6:05


◆プロデュース: David Foster(k)

◆参加ミュージシャン: Peter Allen(vo, k), Steve Lukather/Jay Graydon/David Williams/Richie Zito(g), Tom Keane(k), Larry Williams(k, sax), Mike Porcaro(b), Jeff Porcaro/Carlos Vega/Ed Greene/Ralph Humphrey(ds), Paulinho Da Costa(per), Jerry Hey(tp), Richard Page/Steve George(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/08/12 10:19 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Tony Sciuto / Island Nights 2018/08/19
AOR名盤(1981年) - Rickie Lee Jones / Pirates 2018/08/14
AOR名盤(1980年) - Peter Allen / Bi-Coastal 2018/08/12
AOR名盤(1978年) - Carole Bayer Sager / ... Too 2018/08/09
AOR名盤(1981年) - Roger Voudouris / On The Heels Of Love 2018/08/05
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ