音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Steve Hiettの1983年のアルバム『Down On The Road By The Beach / 渚にて…』。
Steve Hiett / Down On The Road By The Beach (渚にて) (1983年)
Steve Hiettは1940年生まれの英国の写真家。アート・スクールを卒業後、サイケ/ポップ・バンドのメンバーだった時期もあるようだが、68年にファッション・フォトグラファーのキャリアをスタート。72年にはパリに活動の拠点を移し、Marie Claire, Vogue, Elleなどの一流誌のフォトグラファーとして活躍する。

Steve Hiettはギターを弾くことができ、唯一のギター・ソロ・アルバムを残している。それがこの『Down On The Road By The Beach / 渚にて…』。日本のみで発売された異色のアルバムだ。

"This is a Guitar Album" とバック・カヴァーに記されているとおり、全編にわたってSteve Hiettがギターを弾いている。そのふわふわした気だるい音色はかなり独特で、炎天下のビーチで撮影したと思われるフロント・カヴァーとの相乗効果もあって、夏の午後のうだるような暑さや、遠くの方に立ち上る蜃気楼を思わせる。

1曲目の「Blue Beach」からラストの「Standing There」まで、どの曲をとってもそんな感じ。環境音楽のようでもあるが、素っ気なさはない。エコーの効いた楽器の音がどこか遠くの世界から素敵に響いてくる。

本作のプロデュースを担当したのは立川直樹氏。レコーディングには、Steely Danのアルバムなどでギターを弾いているElliott Randallの他、ムーンライダーズの岡田徹(k), 武川雅寛(violin), 白井良明(g), 鈴木博文(g)が参加した。また、加藤和彦もエンディング曲「Standing There」を提供し、この曲ではギターを弾いている。

オリジナル曲は9曲で、内訳はS.Hiettが共作を含めて6曲(1, 3, 5, 6, 9, 11)、E.Randallが1曲(7)、岡田徹が1曲(8)、加藤和彦が1曲(13)を提供。カヴァー曲は4曲(2, 4, 10, 12)で、Eddie Floyd, Booker T.Jones等の書いた「Never Find A Girl」(68年)、Chuck Berryの「Roll Over, Beethoven」(56年)、Cliff Richardの「The Next Time」(62年)、Santo & Johnny Farinaの「Sleep Walk」(59年)をセレクトしている。

このアルバムは、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから2017年8月に世界初CD化された。CDの解説を立川直樹氏が担当し、「本当に時代は恐ろしいほど変わってしまったが、この『渚にて』の持つ "気持ちのいい軽み" のようなものを忘れないで、僕は生きていたいと思う。」と寄せている。

フロント・カヴァーの美しい風景はHiettの撮影したもので、当時は『渚にて…』というタイトルの写真集も同時に発売された。2015年に出版されたHiettの写真集『』にも同じフォトが収められている。

●収録曲
1. Blue Beach - Welcome To Your Beach - 4:19
2. Never Find A Girl (To Love Me Like You Do) - 2:51
3. By The Pool - 2:39
4. Roll Over, Beethoven - 2:24
5. In The Shade - 3:27
6. Looking Across The Street - 5:03
7. Long Distance Look - 2:24
8. Hot Afternoon - 2:47
9. Crying In The Sun - 3:04
10. The Next Time - 2:35
11. Miss B. B. Walks Away - 3:48
12. Sleep Walk - 2:16
13. Standing There - 3:53


◆プロデュース: 立川 直樹

◆参加ミュージシャン: Steve Hiett(vo, g, b, ds), Elliott Randall(g, ds), 岡田 徹(k), 白井 良明(g), 鈴木 博文(g), 武川 雅寛(violin), 加藤 和彦(g), etc


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/08/18 12:08 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(2)
Christopher Crossの1979年のアルバム『Christopher Cross / 南から来た男』。
Christopher Cross / Christopher Cross (南から来た男)
Christopher Crossはテキサス州生まれのシンガー・ソングライター。70年代初めの頃は、地元のFlashというハード・ロック・バンドでヴォーカルとギターを担当し、Led ZeppelinやDeep Purple, ZZ Topなどの前座をつとめていたらしい。その後、ワーナー・ブラザーズと契約する機会を得て、この『Christopher Cross / 南から来た男』でデビューした。

このアルバムは、最も華々しい成果をあげたAORのアルバムの1つ。全米チャートの1位を獲得した「Sailing」を始め、「Ride Like The Wind」(同2位)、「Never Be The Same」(15位)、「Say You'll be Mine」(20位)の4曲がシングル・ヒットし、アルバムも全米チャートの6位をマーク。80年のグラミー賞では、「Album of the Year」, 「Song of the Year」(Sailing), 「Best New Artist」を含む5部門を受賞している。

プロデュースを担当したのはMichael Omartian。全曲がChristopher Crossの自作のナンバーだ。当時のバンド仲間のRob Meurer(k), Andy Salmon(b), Tommy Taylor(ds)を中心に、Larry Carlton/Jay Graydon(g)、Michael McDonald/Don Henley/J.D. Souther/Valerie Carter/Nicolette Larson(bv)といった人気ミュージシャンを招いて制作されている。

ポップな「Say You'll Be Mine」では、Jay Graydonが陽気でトリッキーなギター・ソロを披露。フレッシュな女性バック・ヴォーカルはNicolette Larsonだ。Jay Graydonは「Never Be The Same / もう二度と」でもソロを弾いており、そちらではGraydonらしく華やかにギターを鳴らしている。

Christopher Crossの澄み切った歌声には格別の清涼感がある。豪華なバック・ヴォーカリストたちとの相性もばっちりで、その中でも、Valerie Carterと親密にデュエットするバラード・ナンバーの「Spinning」がいい。Valerie Carterの愁いのある美声が何ともロマンティックに響く。

"Dedicated to Lowell George" と記された「Ride Like The Wind / 風立ちぬ」は、Little Featの中心メンバーとして活躍し、79年に他界したLowell Georgeに捧げられたロック・ナンバー。穏やかで美しい曲が多いなかで、この曲のシャープでビターな印象は異色。颯爽としたヴォーカル・ハーモニーはChristopher CrossとMichael McDonald。情熱的なギター・ソロもChristopher Cross本人が弾いている。英国ハード・ロック・バンドのSaxonが88年にこの曲をカヴァーし、UKでは52位をマークした。

「Sailing」はAOR史に残る美しい曲。Christopher Crossのヴォーカルの美しさが最も映える曲でもある。アメリカでこのアルバムが発表されたのは79年の12月だが、日本では80年春に「南から来た男」という素敵な邦題で発売された。「Sailing」の清々しいメロディを聴くと、黄金の80年代の幕開けという感じがする。

他にも、Larry Carltonの技ありのギター・ソロやMichael McDonaldの美しいヴォーカルが光る「I Really Don't Know Anymore / 愛はまぼろし」など、印象に残る曲が多い。

私がこのアルバムの全体を初めて聴いたのは、2000年前後のAOR再評価ブームの頃だった。それまでは、ヒット曲の「Sailing」と「風立ちぬ」しか知らなかったが、アルバム全体のクオリティの高さに感動し、もっと早く出会うべきだった…と後悔。AORはアルバムで聴くジャンルなのです。

●収録曲
1. Say You'll Be Mine - 2:53
2. I Really Don't Know Anymore / 愛はまぼろし - 3:49
3. Spinning - 3:59
4. Never Be The Same / もう二度と - 4:40
5. Poor Shirley / 哀れなシャーリー - 4:20
6. Ride Like The Wind / 風立ちぬ - 4:30
7. The Light Is On - 4:07
8. Sailing - 4:14
9. Minstrel Gigolo / ジゴロの芸人 - 6:00


◆プロデュース: Michael Omartian(k, bv)

◆参加ミュージシャン: Christopher Cross(vo, g), Larry Carlton/Jay Graydon/Eric Johnson(g), Rob Meurer(k), Andy Salmon(b), Tommy Taylor(ds), Victor Feldman(per), Jim Horn(sax), Michael McDonald/Don Henley/J.D. Souther/Valerie Carter/Nicolette Larson/Marty McCall(bv), etc


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/08/11 15:38 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(2)
Larry Leeの1982年のアルバム『Marooned / ロンリー・フリーウェイ』。
Larry Lee / Marooned (ロンリー・フリーウェイ) (1982年)
Larry Leeは米カントリー・ロック・バンドのThe Ozark Mountain Daredevils (O.M.D.) の元メンバー。1972年のバンド結成からドラマーやソングライターとして活躍し、82年にバンドを辞めている。O.M.D.の最大のヒットになった「Jackie Blue」(75年, 米3位)はLarryの手がけた曲だ。

この『Marooned』はLarry Leeの唯一のソロ・アルバム。ジャケットのカラフルで爽やかなイラストは鈴木 英人氏によるデザインで、日本盤向けに制作されたもの。同じ年に発売された山下達郎の名作『』のイラストとよく似ていて、夏、若者、ドライヴといったイメージにぴったり。オリジナルのジャケットはLarry本人を写したシックなデザインで、秋の気配を感じさせる。
Larry Lee / Marooned (オリジナル・フロント・カヴァー)
アルバムの内容はポップで爽やかなAORで、日本盤のジャケットに合っている。Larryは6曲(3, 5, 6, 8-10)を書いており、このうちの2曲(9, 10)はO.M.D.時代のヒット曲「Jackie Blue」を一緒に書いたSteve Cashとの共作だ。

1曲目の「Waiting To Let Go」は、キリリとしたピアノのイントロから爽やかなロック・ナンバーへと変わる。甘酸っぱさのあるLarryのヴォーカルや、伸び伸びと弾くJon Goinのギターの音が気持ちいい。Jon GoinはWilson Brothersの『Another Night』(79年)のタイトル曲でも、印象に残るギター・ソロを弾いている。

ポップで明るい「Don't Talk / ロンリー・フリーウェイ」はアルバムの邦題になり、91年の邦画『波の数だけ抱きしめて』にも使われた。全米チャートでは81位どまりだったが、The Shadowsのリード・ギタリストのHank Marvinが同年のアルバム『』でこの曲を歌い、UKチャートの49位になっている。

落ち着いたバラードの「The Best Is Yet To Come」は、英国人ソングライターのClifford T. Wardの作。女優のPatty Weaverが同年のアルバム『』で歌うなど、多くのアーティストにカバーされた名曲だ。Clifford T. Wardのセルフ・バージョンは83年のアルバム『』で聴くことができる。

「Only Seventeen」や「Just Another Girlfriend」のようなカジュアルでポップな曲を聴くと、80年代という感じがする。「Only Seventeen」も英国人ソングライターのAlan Tarneyの作。この人は、A-haの84年の大ヒット曲「Take On Me」のプロデューサーでもある。

ラストの「Hang On」はビターな味わいのメランコリックなナンバー。エレピの優しい音とギターの乾いたカッティングの音が気持ちよく、クール・ダウンにちょうどいい。

本作以降は再びフォーク/カントリー・シーンへと戻ったようで、2000年以降は元O.M.D.のRandle ChowningとBeyond Reachというユニットを組み、2005年, 2011年, 2014年にアルバムを発表している。

●収録曲
1. Waiting To Let Go - 4:24
2. Don't Talk / ロンリー・フリーウェイ - 3:19
3. Marooned / ひとりぼっちのアフタヌーン - 5:01
4. The Best Is Yet To Come / 乾いた季節 - 3:05
5. Number One Girl / 君はナンバー・ワン - 3:34
6. Satisfaction Guaranteed (I Could Give You Love) / サティスファクション - 3:19
7. Only Seventeen - 4:04
8. Hollywood / 哀しみハリウッド - 4:58
9. Just Another Girlfriend / アナザー・ガールフレンド - 3:14
10. Hang On - 3:49


◆プロデュース: John Ryan

◆参加ミュージシャン: Jon Goin(g), Nicky Hopkins(k), Gabriel Katona(sy), David Hungate(b), Mike Baird(ds), Lenny Castro(per), David Sanborn(sax), Bill Champlin/Tom Kelly/Richard Page/Rick Danko/Rosemary Butler(bv), etc


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/08/07 16:39 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(3)
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Steve Hiett / Down On The Road By The Beach (渚にて…) 2019/08/18
AOR名盤(1979年) - Christopher Cross / Christopher Cross (南から来た男) 2019/08/11
AOR名盤(1982年) - Larry Lee / Marooned (ロンリー・フリーウェイ) 2019/08/07
AOR名盤(1977年) - Terence Boylan / Terence Boylan 2019/08/01
AOR名盤(1983年) - Finis Henderson / Finis (真夏の蜃気楼) 2019/07/28
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ