音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Mac McAnallyの1983年のアルバム『Nothin' But The Truth / ミニマム・ラヴ』。
Mac McAnally / Nothin' But The Truth (1983年)
Mac McAnallyは、アラバマ州出身のシンガー・ソングライター。同州のマッスルショールズで音楽活動をスタートし、最初の4枚のアルバムをマッスルショールズのWishboneスタジオでレコーディングしている。この『Nothin' But The Truth / ミニマム・ラヴ』は4作目。

プロデュースを担当したのは、それまでの作品と同じくTerry WoodfordとClayton Ivey。サウンドにはたくましさと大らかさがあり、流行りを意識したモダンな味付けもされていて、聴きやすい。

参加ミュージシャンには、Robert ByrneとBrandon Barnesの名前も。この二人もマッスルショールズを拠点に活動しており、Robert Byrneの79年のアルバム『ワン・ナイト・ロマンス』や、Byrne & Barnes名義の81年のアルバム『スウィート・リヴェンジ』は、AOR好きの間で人気を集めている。

Mac McAnallyの歌声はRobert Byrneと似ているが、静かなアコースティックなナンバーではJames Taylorのようでもある。曲は全てオリジナルで、メロディの熟した渋い曲が多い。アルバムの邦題になった「Minimum Love」は、Billboard Hot 100チャートの41位、Adult Contemporaryチャートの7位を記録した。

ラストの「Dark Ages」は磨かれた秀逸なナンバー。穏やかなメロディはとても繊細で、ジャジーな演奏も洗練されている。暗い雲の下で無邪気に遊ぶ子供を描いたジャケットみたいに、少し影のあるメロディが印象的。

Mac McAnallyはカントリー・ミュージック界で今も活動しており、最新アルバムは2015年の『』。2007年には、ナッシュヴィルのソングライターの殿堂 "Nashville Songwriters Hall of Fame" に迎えられている。

●収録曲
1. How Cool - 3:42
2. Middle Man - 3:43
3. On The Line - 4:03
4. Minimum Love - 3:14
5. Lookin' For The Good Life - 3:44
6. Like Your Mother - 3:31
7. The City - 3:17
8. Nothin' But The Truth - 3:44
9. Other People Say - 3:19
10. Dark Ages - 4:11


◆プロデュース: Terry Woodford(bv), Clayton Ivey(k)

◆参加ミュージシャン: Mac McAnally(vo, g, k, ar), Duncan Cameron/Hugh McCracken/Kenny Mims(g), Steve Nathan/Brandon Barnes(sy), David Hungate/David Hood(b), James Stroud/Roger Hawkins(ds), Randall Bramlett(sax), Robert Byrne/Lenny LeBlanc(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/11/20 18:00 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(0)
Craig Ruhnkeの1982年のアルバム『Just Like The Old Times』。
Craig Ruhnke / Just Like The Old Times (1982年)
Craig Ruhnkeはカナダのトロント生まれのシンガー・ソングライター。この『Just Like The Old Times』は、Craig Ruhnkeの通算3作目となるオリジナル・アルバムだ。

76年のセカンド・アルバム『Hot Spell』からは6年が経っており、この間に出されたシングル3曲を含む内容となっている。シングルは、「I Need You To Be There」(79年)、「Heartbreaker」(80年)、「Heartache」(80年)の3曲。

穏やかなメロディとリズムの曲がほとんどで、アレンジもシンプル。温もりのある優しい歌声に心安らぐ。"まるであの頃のよう" というタイトルのように、居心地の良い懐かしさのあるアルバムだけれど、古臭さは感じない。ちなみに、"Just Like The Old Times" という曲はなく、アルバムのコンセプトを表すフレーズだ。

当時の日本盤のジャケットは、鈴木英人氏のイラストを思わせるドリーミーなタッチのアートワークが使われており、アルバムを包むピュアな雰囲気にピッタリ。ちなみに、カナダ・オリジナルのジャケットではCraigが優しくほほ笑んでおり、これはこれで癒されるんだな。
Craig Ruhnke / Just Like The Old Times (オリジナル・フロント・カヴァー)

2011年に韓国・日本共同で初CD化された際には、"90年前後にトロントの自宅スタジオでレコーディングされた" とされる4曲がボーナス・トラックになった。サウンドの質感は新しくなっているけれど、曲の雰囲気は "Just Like The Old Times" ないい感じ。そのCDのパッケージは、オリジナルのジャケットを日本盤LPのアートワークで包む(巻く)という素敵なもので、心づくしのリイシューに頭が下がります。

●収録曲
1. Baby Blue - 3:08
2. Reach Out - 3:06
3. You're All That I Need - 4:01
4. My Heart Belongs To You - 2:32
5. Heartache - 2:27
6. Just Like Falling In Love Again - 3:04
7. Heartbreaker - 3:07
8. I Can't Live Without Your Love - 3:02
9. I Need You To Be There - 3:09
10. You Are My Inspiration - 2:58


◆プロデュース: クレジットなし

◆参加ミュージシャン: Craig Ruhnke(vo, g, k, ar), Dave Tyson(k), Bob Mann(g), Tom Szczesniak(b), Barry Keane(ds), Mate Zembell(per), John Johnson(sax), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/11/18 15:18 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(0)
Chris Christianの1981年のアルバム『Chris Christian / 出逢い』。
Chris Christian / Chris Christian (出逢い) (1981年)
Chris Christianは、Contemporary Christian Music (CCM)界の重鎮的な存在。ソングライターとして多くの曲を書き、B.J.ThomasやAmy Grantを始めとする様々なアーティストのプロデュースにも力を入れ、1981年には「Home Sweet Home」レーベルを立ち上げて自ら経営するなど、幅広く活動している。ちなみに、Chris Christianという名前は本名らしい。

シンガー・ソングライターとしては、70年代から90年代にかけて20枚近くのアルバムを残しており、この『Chris Christian / 出逢い』は6作目。プロデュースを担当したのは、The Four Seasonsを卒業後にプロデューサーとして活躍したBob Gaudioだ。

収録曲は、Ashford & Simpson作の「Ain't Nothing Like The Real Thing / You're All I Need To Get By」を除いて、Chrisのオリジナル。ほとんどは共作で、Kerry Chaterと1曲(3)、PlayerのJ.C. Crowleyと7曲(1, 2, 4, 6-8, 10)を共作している。メロディが豊かでメロウ。爽やかな曲が多い。

「Don't Give Up On Us」ではChristopher Crossが歌ではなくギターで参加したり、「Love's Not One To Forget」では、Tommy Funderburk/Bill Champlin/Tom Kellyという豪華な顔ぶれがPagesのように美しいバック・コーラスを添えるなど、参加ミュージシャンの起用も贅沢。

Chris Christianの歌声はマイルドで清潔感がある。高音になってもそのマイルドさは失われず、詩情豊かなバラードの「The Last Goodbye」ではしっとりと、Amy Hollandとデュエットした「Ain't Nothing Like The Real Thing / You're All I Need To Get By」では爽やかに、ロマンティックに歌う。ちなみに、このデュエット曲は、Marvin Gaye & Tammi Terrellの68年のアルバム『』に収録されている2つのヒット曲(米8位と7位)をつなげたもの。

本作は、中田利樹氏が97年に立ち上げたCool Soundレーベルからの記念すべき第1回発売作品として、98年に世界初CD化された。ボーナス・トラックが5曲(1つはインスト曲)収録されており、これが素晴らしいクオリティ。そのうちの1曲「Deja Vous」(未発表曲)が美しいので、アップします。

●収録曲
1. Don't Give Up On Us - 3:56
2. I Want You, I Need You - 3:40
3. Love's Not One To Forget - 4:00
4. The Last Goodbye - 3:54
5. Ain't Nothing Like The Real Thing / You're All I Need To Get By - 3:30
6. Make It Last - 4:09
7. Houston - 3:40
8. I Don't Believe You - 3:19
9. What Can There Be - 4:57
10. Whatever It Is - 3:10


◆プロデュース: Bob Gaudio(k)

◆参加ミュージシャン: Chris Christian(vo, k), Amy Holland(vo), Greg Mathieson(k, ar), Christopher Cross/Michael Landau/Paul Jackson Jr.(g), David Hungate/Dennis Belfield(b), Nigel Olsson/Carlos Vega(ds), Paulinho Da Costa(per), Tom Scott(sax), Frankie Valli/Tommy Funderburk/Bill Champlin/Cheryl Ladd/Robbie Patton(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/11/15 11:21 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Mac McAnally / Nothin' But The Truth 2018/11/20
AOR名盤(1982年) - Craig Ruhnke / Just Like The Old Times 2018/11/18
AOR名盤(1981年) - Chris Christian / Chris Christian (出逢い) 2018/11/15
AOR名盤(1978年) - Cuba Gooding / The 1st Cuba Gooding Album 2018/11/13
AOR名盤(1976年) - Faragher Brothers / Faragher Brothers 2018/11/11
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ