音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Kelly Willardの1981年のアルバム『Willing Heart』。
Kelly Willard / Willing Heart (1981年)
Kelly WillardはContemporary Christian Music (CCM)シーンで活躍する女性シンガー。清楚でナチュラルな声の持ち主で、Paul ClarkやBruce Hibbard、Roby DukeなどのCCMのアーティストのアルバムにバック・ヴォーカルで参加することが多い。また、シンガー・ソングライターとしてソロ・アルバムも制作しており、これまでに10作ほどがある。この『Willing Heart』は、彼女が25歳になる年に発表されたセカンド・アルバム。

プロデュースは夫のDan Willardとの共同で、収録曲は共作も含めて全て彼女のオリジナル。ギタリストのHadley Hockensmithと3曲(3, 4, 6)、Pita Delamaterと1曲(5)、Bruce Hibbardと1曲(8)を共作している。Hadleyは前の年に結成されたフュージョン・グループのKoinoniaのメンバーで、本作でもギターを弾いている。Koinoniaからは他にも、Harlan Rogers(k), Abraham Laboriel(b), John Phillips(sax)が参加した。

Hadleyと共作した「Comfortable With You」は甘くセンチメンタルな余韻を残すナンバー。Kelly Willardの歌声が美しく切なげで、柔らかいストリングスとJohn Phillipsのムードのあるサックスも絶品。「Hold On」も同じ路線の甘く爽やかなナンバーで、両曲ともBruce Hibbardがバック・ヴォーカルで参加している。

そのBruce Hibbardと共作した「Only You」も美しい。メロディ・ラインが綺麗でしっとりとしており、Kelly Willardの澄み切った歌声に合っている。1つ前の「Jesus」というストレートなCCMソングにも降参。直球すぎるCCMソングはあまり好んで聴かないのだが、この曲のサビの美しいメロディと天使のような歌声に聴き入ってしまう。この曲では、Bruce Hibbardがサブ・ヴォーカルになっている。

"甘美で切ないメロディを天使のような美声の女性シンガーが歌う" アルバムといえば、英国ロック・バンドのAll About Eveの『』(88年)や『』(89年)もおすすめ。ヴォーカルのJulianne Reganの歌声はKelly Willardにそっくりです。

●収録曲
1. Willing Heart - 3:36
2. To Obey Him - 3:34
2. Comfortable With You - 4:59
4. Faithful Love - 3:22
5. A Million Ways - 3:36
6. Hold On - 3:37
7. Jesus - 3:25
8. Only You - 4:10
9. Yesterday's Gone - 3:20
10. The Narrow Way - 3:22


◆プロデュース: Dan Willard, Kelly Willard(vo, k)

◆参加ミュージシャン: Hadley Hockensmith(g), Al Perkins(steel-g), Harlan Rogers(k), Abraham Laboriel/Darrell Cook(b), Keith Edwards(ds), Alex MacDougall(per), John Phillips(sax), Bruce Hibbard/Steve Archer/Michele Pillar/Bob Bennett(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

▶スポンサーリンク



2019/02/16 12:18 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
James Felixの1980年のアルバム『White As Snow』。
James Felix / White As Snow (1980年)
James FelixはCCMシーンで活動するミュージシャン。70年代後半にゴスペル界の大御所のAndraé Crouch(アンドレ・クラウチ)のグループ「The Disciples」(ディサイプルズ)でベースとヴォーカルを担当したり、80年代以降はKarizmaやBrian Duncanのアルバムに曲を提供するなどの活動を地道に行っている。この『White As Snow』は、James Felixの唯一のソロ・アルバム。

このアルバムはマイルドで洗練されたブルー・アイド・ソウルを満喫できるアルバム。収録曲のうち7曲はJamesの自作で、残り3曲(4, 9, 10)をLouis Pardini(ルー・パーディーニ)等が提供しており、楽曲のクオリティがとても高い。James Felixはシンガーとしての力量も相当なレベルで、ソウル・フィーリングのある伸びやかな歌声を聴いていると、心地よく癒される。

「That's What It Takes」と「The Light Of His Love」の2曲は、典型的な "Michael McDonaldスタイル" のナンバーで、Jamesの声色や歌い方もMichaelを意識しているかのようにソウルフル。「The Light Of His Love」のファルセット・スタイルのバック・コーラスなどは、Michael McDonaldが本当に歌っているのでは? と思えるほど美しい。

タイトル曲の「White As Snow」は、ゆったりとした情感豊かなバラード。Jamesが "Come to me" というフレーズを熱っぽく歌うところがロマンティックで、Bobby Caldwellを思い出してしまう。「He Is Coming Back Again」もムードのあるスローな曲で、この2曲はJamesの思い入れも強いらしい。

バック・ミュージシャンのBill Maxwell(ds), Hadley Hockensmith(g, b), Alex Acuna(per)は、この年に結成されたフュージョン・グループのKoinoniaのメンバー。Louis Pardini(k)も、88年にKoinoniaに加入する。彼らの演奏は堅実で、安定感抜群。CCM特有のリリジャスな表現は控えめなので、上質な楽曲と演奏を純粋に楽しむことができる。

●収録曲
1. I Really Love You - 4:06
2. That's What It Takes - 3:43
3. White As Snow - 5:10
4. Open Up - 4:23
5. He Is Coming Back Again - 4:18
6. The Light Of His Love - 5:10
7. I Don't Want Much - 4:45
8. I've Been Runnin' Too Long - 4:08
9. He's All That - 3:54
10. Let's Reach Out - 3:54


◆プロデュース: Bill Maxwell(ar, ds)

◆参加ミュージシャン: James Felix(vo, g, b, ar), Hadley Hockensmith(g, b), Louis Pardini(ar, k), Larry Williams(k), Alex Acuna(per), Steve Tavaglione(sax), Fletch Wiley(tp), Howard McCrary/Linda McCrary/Charity McCrary/Kristle Murden(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

▶スポンサーリンク



2019/02/14 12:30 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
Brooklyn Dreamsの1979年のアルバム『Sleepless Nights / ヘヴン・ノウズ』。
Brooklyn Dreams / Sleepless Nights (1979年)
Brooklyn Dreamsは、ニューヨーク州ブルックリンで幼なじみだったJoe Esposito, Eddie Hockenson, Bruce Sudanoの3人によるヴォーカル・グループ。1977年にデビューし、リード・ヴォーカルのJoeがDonna Summerとデュエットした「Heaven Knows」の大ヒット(78年, 米4位)により知られるようになった。

彼らは80年までに4枚のアルバムを発表しており、この『Sleepless Nights』は、「Heaven Knows」を含むセカンド・アルバム。この曲はDonna Summer, Giorgio Moroder等による作品で、シングル・ヒットしたバージョンは "Donna Summer with Brooklyn Dreams" 名義になっており、Summerがリードして、Joeがデュエット・パートナーを担当した。一方、本作収録のバージョンは "Brooklyn Dreams with Donna Summer" 名義で、Joeがリードし、Summerがカウンターになっている。

彼らは曲作りも自前でこなし、本作の収録曲も「Heaven Knows」以外は自作。「That's Not The Way That Your Mama Taught You To Be」や「Street Man」、「Coming Up The Hard Way」はディスコ映えしそうな華やかな楽曲で、このうち「Street Man」は、David Cassidy主演のTV映画『Police Story - A Chance to Live』で使われている。

一方、「Make It Last」やタイトル曲の「Sleepless Nights」、「Touching In The Dark」はメロウでソウルフルなナンバーで、彼らの一番の魅力はこうした柔らかいナンバーでの香り立つようなメロウネスにある。しっとりしたバラードの「Fashion For Me」や「Long Distance」も素敵。「Make It Last」と「Long Ditance」のジェントルなギターを弾いているのは、Lee Ritenourだ。

グループの解散後、Joe Espositoはセッション・シンガーとして活躍し、83年の映画『』では甘美なバラードの「Lady, Lady, Lady」を歌っている。Bruce Sudanoは80年にDonna Summerと結婚。二人の娘を授かり、Summerが他界する2012年まで結婚生活を送った。

●収録曲
1. Make It Last - 3:22
2. That's Not The Way That Your Mama Taught You To Be - 4:57
3. Medley: Sleepless Nights / Send Me A Dream - 5:43
4. Fashion For Me - 3:02
5. First Love - 3:26
6. Street Man - 5:28
7. Touching In The Dark - 4:40
8. Long Distance - 3:09
9. Coming Up The Hard Way - 5:22
10. Heaven Knows - 3:38


◆プロデュース: Bob Esty(ar, k)

◆参加ミュージシャン: Joe Esposito(vo, ag), Eddie Swanson Hockenson(vo, per), Bruce Sudano(vo, ag)
with Donna Summer(vo), Jay Graydon/Lee Ritenour/Thom Rotella(g), Jai Winding(k), Chuck Rainey/David Hungate/Scott Edwards(b), Ed Greene/Mike Baird(ds), Victor Feldman(per), Jerry Hey(tp), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

▶スポンサーリンク



2019/02/12 17:12 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


最新記事一覧
AOR名盤(1981年) - Kelly Willard / Willing Heart 2019/02/16
AOR名盤(1980年) - James Felix / White As Snow 2019/02/14
AOR名盤(1979年) - Brooklyn Dreams / Sleepless Nights 2019/02/12
AOR名盤(1978年) - Jorge Santana / Jorge Santana 2019/02/08
AOR名盤(1977年) - Gary Ogan / Gary Ogan 2019/02/06
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ