音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Americaの1982年のアルバム『View From The Ground / 風のマジック』。
America / View From The Ground (風のマジック) (1982年)
Americaは70年代に「Horse With No Name / 名前のない馬」(72年, 米1位)、「Ventura Highway」(72年, 米8位)、「Sister Golden Hair / 金色の髪の少女」(75年、米1位)などのヒット曲を連発した3人組。グループ名はAmericaでも実はロンドンで結成されており、メンバーのうちDan PeekとGerry Beckleyはアメリカ人だが、Dewey Bunnellはイギリス人。美しいハーモニーと爽やかなアコースティック・サウンドを持ち味とするグループだ。

『風のマジック』は彼らの10作目のスタジオ・アルバム。77年にDan Peekがグループを脱退し、本作のメンバーはジャケットに写るBunnellとBeckleyの二人になっている。Dan Peekの離脱後しばらく低迷していた彼らにとって本作は久しぶりのヒット作。彼らの復活に力を貸したのはプロデューサーに名を連ねるRuss Ballardだ。

Russ Ballardは優れたメロディ・メイカーであり、本作では「You Can Do Magic / 風のマジック」と「Jody」の2曲を提供。「風のマジック」はRuss Ballardらしいキャッチーなナンバーで、Billboard Hot 100チャートの8位をマークし、久々のTop 10ヒットとなった。「Jody」もポップで優しいメロディをもつ気持ちのいいナンバー。

メロディの綺麗なバラードの「Right Before Your Eyes」はIan Thomas作で、Ian Thomas Bandの76年のアルバム『Calabash』からのカヴァー。この曲は本作からのセカンド・シングルとなって、チャートの45位まで上昇した。メロディアスなロック・チューンの「Desperate Love」はLenny LeBlancの81年のアルバム『』からのカヴァーだ。

残り(2-5, 9, 10)はオリジナル曲となっている。「Even the Score」はAmericaらしからぬロック・ナンバーだが、それ以外はアコースティックな響きと美しいハーモニーを生かした曲。「Love on the Vine」あたりの懐かしくて平和でのどかな感じがグッド。

緑の草原が遠くまで広がるジャケットも気持ちいい。草原をそよぐ風が目に見えるようで、「風のマジック」という素敵な邦題はこのジャケットからヒントを得たのだろう。

●収録曲
1. You Can Do Magic / 風のマジック - 3:48
2. Never Be Lonely - 3:45
3. You Girl - 3:32
4. Inspector Mills - 5:10
5. Love on the Vine - 3:02
6. Desperate Love - 3:51
7. Right Before Your Eyes - 3:47
8. Jody - 3:49
9. Sometimes Lovers - 4:27
10. Even the Score - 3:36


◆プロデュース: Russ Ballard(all instruments, bv), Bobby Colomby, Gerry Beckley, Dewey Bunnell

◆参加ミュージシャン: Gerry Beckley(vo, g, k), Dewey Bunnell(vo, g)
with Steve Lukather/Hadley Hockensmith/Dean Parks(g), Jai Winding(k), Mark Isham(sy), Mike Porcaro/Brad Palmer(b), Jeff Porcaro/Alvin Taylor(ds), Christopher Cross/Carl Wilson/Tom Kelly/Timothy B. Schmit(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/02/19 18:11 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(0)
Marty Balinの1981年のアルバム『Balin / 恋人たち』。
Marty Balin / Balin (恋人たち) (1981年)
Marty Balinはサンフランシスコを拠点に活動したロック・バンドであるJefferson Airplane(1965年~)の創設メンバー。リード・ヴォーカルとギターを担当し、バンドが74年にJefferson Starshipに発展してからも在籍した。78年にソロとなり、最初に出したソロ・アルバムが本作『Balin』である。

他作の曲やカヴァー曲を中心に構成されており、Balinの自作は「Lydia! / 愛しのリディア」のみ。ここからファースト・シングルの「Hearts / ハート悲しく」がBillboard Hot 100チャートの8位となるヒットを記録し、セカンド・シングルの「Atlanta Lady」も27位をマークした。アルバムはBillboard 200チャートの35位を記録している。

ヒットした「ハート悲しく」のノスタルジックなメロディは、一度聴いたら忘れられない。エレピのフレーズがサザンオールスターズの「チャコの海岸物語」(82年)のイントロを思わせるが、もちろん「Hearts」の方が先。この素敵なメロディを書いたのはJesse Barishで、セカンド・シングルの「Atlanda Lady」とラストの「Music Is The Light」もBarishが書いた。どちらも「Hearts」に肩を並べるメロウなメロディだ。

ドラマティックな「Elvis And Marilyn」はLeon Russellの78年のアルバム『』の収録曲。ストレートなロック・チューンの「I Do Believe In You / 君だけを信じて」はPagesの79年のアルバム『Future Street』からのカヴァーである。

「You Left Your Mark On Me / 愛の終りに」や「Lydia!」、「Spotlight / スポットライトの中に」などは割りとハードな音を出しており、ロック・バンドのアルバムとしても十分に楽しめるところが本作の魅力。

83年のセカンド・アルバム『Lucky』との2 in 1のCDがイギリスのBGO Recordsから2013年に再発されており、デジタル・リマスタリングもされていてお薦め。なお「Hearts」のPVもあるが、何だか露骨な表現があったりしてあまりお薦めできない。

●『Balin / 恋人たち』収録曲
1. Hearts / ハート悲しく - 4:32
2. You Left Your Mark On Me / 愛の終りに - 4:40
3. Lydia! / 愛しのリディア - 3:36
4. Atlanta Lady (Something About Your Love) / アトランタの少女 - 3:46
5. Spotlight / スポットライトの中に - 3:30
6. I Do Believe In You / 君だけを信じて - 3:23
7. Elvis And Marilyn - 3:05
8. Tell Me More - 3:48
9. Music Is The Light - 4:17


◆プロデュース: John Hug(g)

◆参加ミュージシャン: Marty Balin(vo, ag), Johnny DeCaro(g, bv), John Jarvis/Neil Larsen(k), Mark Cummings(k, bv), Michael Boddicker(sy), Richard Bassil(b, bv), Billy Lee Lewis(ds), Bobbye Hall/Steve Forman(per), Bill Champlin(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/02/17 18:48 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
Van Stephenson(ヴァン・スティーヴンソン)の1981年のアルバム『China Girl / 瞳の奥に…』。
Van Stephenson / China Girl (瞳の奥に…) (1981年)
Van Stephensonはナッシュヴィル育ちのシンガー・ソングライター。70年代の中盤にカントリー系のソングライターとして仕事をスタートし、カントリー・チャートのTop 10に入るヒット曲も書いている。80年代にソロ・アルバムを3枚残しており、この『China Girl』はデビュー・アルバムにあたる。

本作はおおらかでリラックスしたアルバム。ナッシュヴィルのShane Keister(sy)やLarry Paxton(b)、マッスル・ショールズのWayne Perkins(g)やKenny Mims(g)等がサポートし、演奏には心地よい重量感とゆとりがある。なお、Joe English(ds)はPaul McCartney & Wingsに75年から77年まで在籍したニューヨーク出身のドラマーだ。

リラックスしたナンバーの中にあって、「Seeing Is Believing」「China Girl」「New York, Hold Her Tight」などの哀愁味あるバラードが印象に残る。特に、タイトル曲の「China Girl」にはきらきらとした甘酸っぱさがあって、何ともほろ苦い。この曲は、John Cougarも82年の大ヒット・アルバム『』で歌った。

Van Stephensonのハスキーな歌声はDon Henleyにも似ている。Don Henleyをスウィートにした感じ。ジャケットの中国風の似顔絵もキュートだ(谷原章介に似ている?)。爽やかなサウンドとアンマッチだからか、日本盤のジャケットは青空とヨット・ハーバーの風景写真に差し替えられた。
Van Stephenson / China Girl (日本盤フロント・カヴァー)
本作以降、Van Stephensonは84年にセカンド・アルバム『』を、86年にサード・アルバム『』をリリース。いずれもソリッドなメロディアス・ロックのアルバムで人気がある。その後はカントリー・ミュージックに戻り、90年代にはBlackHawkというカントリー・ロック・トリオを結成して活動した。残念ながら2001年に47歳の若さで他界。BlackHawkは今も息の長い活動をしている。

●収録曲
1. You've Got A Good Love Coming - 2:55
2. Looks Like A Loser - 3:20
3. Seeing Is Believing - 3:26
4. China Girl / 瞳の奥に… - 4:18
5. Weekend Warrior - 3:52
6. I Would If I Could - 3:02
7. Tonight The Love's On Me - 3:44
8. Hotter In The Night - 3:28
9. New York, Hold Her Tight - 3:52
10. Lion In The Night - 3:07


◆プロデュース: Bob Montgomery, Jeff Silbar

◆参加ミュージシャン: Wayne Perkins/Kenny Mims(g), Mike Hanna(k), Shane Keister(sy), Larry Paxton(b), Joe English(ds)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/02/15 16:40 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - America / View From The Ground 2018/02/19
AOR名盤(1981年) - Marty Balin / Balin (恋人たち) 2018/02/17
AOR名盤(1981年) - Van Stephenson / China Girl (瞳の奥に…) 2018/02/15
AOR名盤(1981年) - Carole Bayer Sager / Sometimes Late At Night 2018/02/13
AOR名盤(1981年) - Randy Crawford / Secret Combination 2018/02/11
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp