音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

ヴァイオリニストJean-Luc Pontyの5CDのBOXセット『Original Album Series』。
Jean-Luc Ponty / Original Album Series
Jean-Luc Pontyの『Original Album Series』には、2012年に発売されたVol.1があり、70年代後半の5作品、『Upon the Wings of Music』(75年)、『Aurora / 極光』(76年)、『Imaginary Voyage / 桃源への旅立ち』(76年)、『Enigmatic Ocean / 秘なる海』(77年)、『Cosmic Messenger』(78年)を収めています。いずれも、ジャズ・ロックの名盤です。

今回発売されたシリーズはVol.2で、Vol.1に続く5作品、『A Taste for Passion』(79年)、『Live』(79年)、『Civilized Evil』(80年)、『Mystical Adventures』(82年)、『Individual Choice』(83年)を収録しています。2016年1月に発売されました。

この2つのシリーズで、Jean-Luc Pontyのキャリアのピークと言える時期の作品を網羅することができ、嬉しいセレクションです。

『Civilized Evil』からはベースをRandy Jacksonが担当。また、『Individual Choice』では、ギターをAllan Holdsworthが、シンセサイザーとミニ・ムーグをGeorge Dukeが担当しています。このあたり、フュージョンやジャズ・ロック好きの興味をそそります。

特にAllan Holdsworthは、『Enigmatic Ocean / 秘なる海』以来の共演。流れるような早弾きを再び拝聴することができます。

1979年作の『Live』も驚くほど音が良く、ポイントが高い。とても満足感のある、お薦めのBOXセットです。

●収録曲
1.『A Taste for Passion』(79年)
2.『Live』(79年)
3.『Civilized Evil』(80年)
4.『Mystical Adventures』(82年)
5.『Individual Choice』(83年)


▶こちらもお薦め

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2016/04/06 16:55 BOXセット(Jazz Rock) TB(0) CM(0)
Brand XのBOXセット『Nuclear Burn - The Charisma Albums 1976-1980』の紹介です。
Brand X / Nuclear Burn - The Charisma Albums 1976-1980
Brand XはイギリスのJazz Rockバンド。かなりハイ・レベルな演奏をするバンドです。

結成時のメンバーは以下の4名。プログレッシヴ・ロック・バンドGenesisのドラマーであり、ソロ活動でも80年代に多くのヒット曲、ヒット・アルバムを出したPhil Collinsが在籍することで知られています。
・John Goodsall(g)
・Percy Jones(b)
・Robin Lumley(k)
・Phil Collins(ds)

このBOXセットは、彼らの1976年のデビュー作『Unorthodox Behaviour』から80年の『Do They Hurt?』までのスタジオ・アルバム5枚と、77年のライヴ・アルバム『Livestock』の計6作品に加え、76年のBBC Sessionから4曲を収録しています。2014年11月に発売されました。

ちなみに、『Nuclear Burn』という刺激的な名前は、デビュー作『Unorthodox Behaviour』のオープニング曲のタイトルです。

2CD以上の収納用に設計された幅23mmのプラスティック・ケースに4枚のCDを収録しており、詳細な英語解説付きのブックレットが付属します。また、デジタル・リマスタリングされているようです。

Jazz RockのBOXセットは珍しく、しかもBrand Xという通好みのアーティストを取り上げたものとして貴重です。価格も2,500円程度(*)であり、Jazz Rockファン、Fusionファンにお薦めです。(*)執筆時点のamazonでの価格

●BOXセットの内容
1.『Unorthodox Behaviour』(76年)
2.『Livestock』(77年)
3.『Moroccan Roll』(77年)
4.『Masques』(78年)
5.『Product』(79年)
6.『Do They Hurt?』(80年)

+ BBC Session 4曲 (76年)


▶こちらもお薦め

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2015/03/28 16:54 BOXセット(Jazz Rock) TB(0) CM(0)
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Steve Hiett / Down On The Road By The Beach (渚にて…) 2019/08/18
AOR名盤(1979年) - Christopher Cross / Christopher Cross (南から来た男) 2019/08/11
AOR名盤(1982年) - Larry Lee / Marooned (ロンリー・フリーウェイ) 2019/08/07
AOR名盤(1977年) - Terence Boylan / Terence Boylan 2019/08/01
AOR名盤(1983年) - Finis Henderson / Finis (真夏の蜃気楼) 2019/07/28
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ