音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

i-Tenの1983年のアルバム『Taking A Cold Look』。
i-Ten / Taking A Cold Look (1983年)
i-Tenは、ソングライターのTom KellyとBilly Steinbergが結成したユニット。二人はこの1枚のみでユニットを解消しているが、後にソングライター・チームとして活動し、全米No.1ヒットを5曲生み出す大成功を収めている。その5曲とは、Madonnaの「Like A Virgin」(84年)、Cyndi Lauperの「True Colors」(86年)、Whitney Houstonの「So Emotional」(87年)、Heartの「Alone」(87年)、そしてThe Banglesの「Eternal Flame」(89年)。いずれも80年代を代表するエバーグリーンなヒット曲たち。

Tom Kellyは爽快なハイトーン・ヴォイスで歌うセッション・シンガーでもあり、70年代にはDenny Henson等とFools Goldを結成して2枚のアルバムを残している。

この『Taking A Cold Look』はi-Ten唯一のアルバムで、プロデュースをTOTOのギタリストのSteve LukatherがKeith Olsenと共同で担当した。全曲がTom KellyとBilly Steinbergの作で、メロディアスでキャッチーな曲が多い。

タイトル曲の「Taking A Cold Look」は、Mike Bairdの重ためなドラムスとLukatherのエッジの効いたギターをバックに、Tom Kellyがハイトーン・ヴォイスで歌うメロディアス・ロック。カナダのハード・ロック・バンドのHoneymoon Suiteが、88年のアルバム『』でこの曲をカヴァーしている。

3曲目の「Alone」は、Heartがヒットさせた「Alone」の原曲。メロディ運びがHeartの「Alone」とは微妙に違っており、聴き比べると面白い。

Reo Speedwagonは「I Don't Want To Lose You」を88年にカヴァー。その年に発売されたコンピレーション・アルバム『』に収録されている。また、ポップな「The Easy Way Out」は、Juice Newtonの84年のアルバム『』でカヴァーされた。

TomとBillyの書いたヒット曲には、他にもCyndi Lauperの「I Drove All Night」(89年, 米6位)、Divinyls(ディヴァイナルズ)の「I Touch Myself」(90年, 米4位)、The Pretendersの「I'll Stand by You」(94年, 米16位)などがあり、どれも懐かしい。Tom Kellyは90年代の終わりにセミ・リタイアするが、Billy Steinbergはその後もソングライターとして活躍。二人は2011年にソングライターの殿堂入りをしている。

●収録曲
1. Talking A Cold Look
2. Quicksand
3. Alone
4. Workin' For A Lovin
5. Lonely In Each Other's Arms
6. I Don't Want To Lose You
7. Time To Say Goodbye
8. The Easy Way Out
9. I've Been Crying
10. Pressing My Luck


◆プロデュース: Steve Lukather(g, k, sy), Keith Olsen

参加ミュージシャン: Tom Kelly(vo, g, k), Billy Steinberg(vo, g)
with Alan Pasqua/David Paich(k, sy), Mike Baird(ds), Dennis Belfield(b), Steve Porcaro/Peggy Sandvig(sy), Chas Sandford(g), Richard Page(bv), Lenny Castro(per)

▶こちらもお薦め

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/06/02 16:52 Rock / Pops名盤(80年代) TB(0) CM(4)
TOTOの1981年のアルバム『Turn Back』。
TOTO / Turn Back (1981年)
TOTOはセッション・ミュージシャンたちが集まって作ったロック・バンド。1977年の結成時のメンバーは、David Paich(k), Jeff Porcaro(ds), David Hungate(b), Steve Lukather(g, vo), Steve Porcaro(k), Bobby Kimball(vo)の6人で、このうちPaich, Jeff, Lukather, Steveの4人は高校時代のバンド・メンバーだった。

Boz Scaggsの76年のアルバム『Silk Degrees』のレコーディングにPaich, Jeff, Hungateの3人が集まったことをきっかけに自分たちのバンドを作る話が持ち上がり、そこにLukather, Steve, Kimballも加わって、TOTOがスタートしている。

この『Turn Back』はサード・アルバムで、スタジオ・ライヴのような臨場感溢れる演奏を味わえる作品。ロック色が強めで演奏はワイルド。構成美のある楽曲が多かった前作『Hydra』に対して、本作の曲はシンプルでストレート。フロント・カヴァーのラフで力強いデザインが音の特徴をよく表している。

曲作りの中心はPaichで、メンバーとの共作も含めて8曲のうち6曲(1, 2, 4-6, 8)を担当している。残りについては、Lukatherが「Live For Today」を書き、KimballとLukatherでタイトル曲「Turn Back」を共作。リード・ヴォーカルに関しては、Kimballが5曲(1, 2, 4, 5, 7)を、Lukatherが残り(3, 6, 8)を担当した。

演奏面では、へヴィネスとグルーヴの両方を備えたJeff Porcaroのドラムスが素晴らしく、TOTOのアルバムの中でも一番脂がのっている。特に「Goodbye Elenore」での演奏には凄みがあり、その迫力に押されるようにメンバーの演奏にも力が漲っている。TOTOの数ある名演の中でも、最高レベルと思う。

ハードに演奏するロック・ナンバーの中に、「A Million Miles Away」「If It's The Last Night」のようなロマンティックなバラードや、「Turn Back」のようなミステリアスな曲があって、静と動のコントラストも効いている。

Lukatherのさっぱりしたギターのリフで始まる「Gift With A Golden Gun」も素敵。LAの陽射しを感じるような開放感のあるロック・ナンバーだけれど、Kimballの歌が始まると独特の湿り気を帯びてくるところもいい。シングル・ヒットが生まれなかったのでセールス面では振るわなかったが、ロック・バンドとしてのTOTOの魅力を味わうならば、本作が一番だ。

●収録曲
1. Gift With A Golden Gun - 4:00
2. English Eyes - 6:04
3. Live For Today - 4:00
4. A Million Miles Away - 4:33
5. Goodbye Elenore - 4:52
6. I Think I Could Stand You Forever - 5:19
7. Turn Back - 3:56
8. If It's The Last Night - 4:31

(リンクはスタジオ・ライヴの映像)


◆プロデュース: TOTO, Geoff Workman

◆参加ミュージシャン: Bobby Kimball(vo), Steve Lukather(g, vo), David Paich(k, sy, bv), David Hungate(b), Jeff Porcaro(ds, per), Steve Porcaro(k)
with Joe Porcaro(per)


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/05/21 11:08 Rock / Pops名盤(80年代) TB(0) CM(2)
Larry John McNallyの1986年のアルバム『Fade To Black』。
Larry John McNally / Fade To Black (1986年)
Larry John McNallyはニューヨークを拠点に活動するシンガー・ソングライター。R&Bをベースにした渋い曲を書く人で、多くのアーティストが彼の曲を歌っている。1981年のファースト・アルバム『シガレット・アンド・スモーク』からは、8曲の収録曲のうち5曲がDevonsquare(ディヴォンスクエア)、Bruce Willis、Mavis Staples、Average White Band、Chaka Khan等にカヴァーされた。

この『Fade To Black』はセカンド・アルバム。プロデュースを担当したのは、Steely Danのプロデューサーとして知られるGary Katz。レコーディングはLAとNYで行われ、NYのレコーディングでは、Steely Danのアルバムでもお馴染みのElliot Scheinerがエンジニアを担当した。

フェードアウトして真っ暗になるという意味のタイトルについて、CDのライナー・ノーツの寄稿には、"ある意味でロサンジェルスの娯楽産業から顔を背けたことの証" と記されている。LAでの滞在中に感じた疎外感のようなものが反映されているようだ。

収録曲は全て自作で、そのうちの2曲を大物ミュージシャンが歌っている。まずは、10代の頃に愛聴したモータウン・サウンドへのオマージュがロマンティックに込められた「The Motown Song」。Rod Stewartが91年のアルバム『』でこの曲をカヴァーし、全米チャートの10位になるヒットを記録している。

もう1曲は「Long Drag Off A Cigarette」。Joe Cockerが84年のアルバム『』で歌い、Larry John McNallyもアコースティック・ギターで参加した。Larryのオリジナルも渋いけれど、Joe Cockerがしわがれた声で歌うバージョンが素敵すぎる。

小説から影響を受けたという曲があって、「The Beat Generation」はケルアックの『』、「Tar On The Roof」はジム・キャロルの『』、「In My Indiscretion」はレイモンド・カーヴァーに触発されたとのこと。もちろん、「James Dean」はスタインベックの『エデンの東』の影響を受けている。しっとりと弾き語るラストの「Tar On The Roof」が素晴らしい。

●収録曲
1. My Obsession
2. James Dean
3. The Motown Song
4. Switchblade
5. Long Drag Off A Cigarette
6. Chinatown
7. The Beat Generation
8. In My Indiscretion
9. Tar On The Roof


◆プロデュース: Gary Katz, Larry John McNally(g, vo)

◆参加ミュージシャン: Buzzy Feiten/Dann Huff(g), Jimmy Haslip/Reggie McBride(b), André Fischer/Richard Feldman(ds), Richard Kelly(ds, k, sy), Michael Ruff(k, sy), Mitchell Froom(sy), Michael Fisher(per), Jude Johnstone/Leslie Smith(bv), etc

▶こちらもお薦め

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/05/16 11:55 Rock / Pops名盤(80年代) TB(0) CM(0)
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Steve Hiett / Down On The Road By The Beach (渚にて…) 2019/08/18
AOR名盤(1979年) - Christopher Cross / Christopher Cross (南から来た男) 2019/08/11
AOR名盤(1982年) - Larry Lee / Marooned (ロンリー・フリーウェイ) 2019/08/07
AOR名盤(1977年) - Terence Boylan / Terence Boylan 2019/08/01
AOR名盤(1983年) - Finis Henderson / Finis (真夏の蜃気楼) 2019/07/28
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ