音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Andrew Goldの1977年のアルバム『What's Wrong With This Picture? / 自画像』。
Andrew Gold / What's Wrong With This Picture? (自画像) (1977年)
Andrew Goldはカリフォルニア生まれのシンガー・ソングライター。多彩な楽器を使いこなすマルチ・プレイヤーとしてLinda Ronstadtの70年代のヒット・アルバムを始めとする様々なアーティストのレコーディングを支えたほか、80年代に入ると10ccのGraham GouldmanとWaxというユニットを組んでアルバムを出したり、矢沢永吉のアルバムをプロデュースするなど幅広く活動し、2011年に59歳で他界した。

本作はAndrew Goldのセカンド・アルバム。Linda Ronstadtのプロデューサーとして知られるPeter Asherがプロデュースを担当し、ポップで爽やかなウェスト・コースト・サウンドを満喫できる内容になっている。

収録された11曲のうち8曲は自作のナンバーで、その中からキャッチーなメロディの「Lonely Boy」がBillboard Hot 100チャートの7位をマーク。Andrew Gold初(かつ唯一)のTop 10ヒットとなった。この曲のカッコいいギター・ソロはWaddy Wachtel、フレッシュなバック・ヴォーカルはLinda Ronstadtである。

残り3曲は、Manfred Mannの64年のヒット曲「Do Wah Diddy Diddy」、Buddy Holly作のスロー・バラード「Learning the Game」、Maurice Williams作のドゥー・ワップ・ナンバー「Stay」をカヴァー。「Stay」はJackson Browneも同じ年のアルバム『』でカヴァーしている。

ところで、このアルバムのタイトルは「この絵のどこが間違っていますか?」。実はジャケットが間違い探しになっており、割とたくさんの間違いが仕込まれている。オフィシャル・サイトの「Game」メニューでは、実際にこのジャケットの間違い探しを楽しむことができる。

ラストの「One of Them Is Me / このままでいたい」は穏やかで暖かいナンバー。こうした曲での爽やかな癒しはこの人の一番の魅力だ。99年のアルバム『Warm Breezes』のタイトル曲も同じ味わいの爽やかな曲。自分のAuthor Nameはこの曲から取っている。

●収録曲
1. Hope You Feel Good - 4:49
2. Passing Thing / 過ぎゆく日々 - 4:08
3. Do Wah Diddy Diddy - 2:52
4. Learning the Game / 人生はくりかえし - 4:08
5. Angel Woman - 1:38
6. Must Be Crazy - 4:13
7. Lonely Boy - 4:24
8. Firefly - 3:23
9. Stay (Maurice Williams) - 4:45
10. Go Back Home Again / 家へ帰ろう - 3:10
11. One of Them Is Me / このままでいたい - 4:00


◆プロデュース: Peter Asher(per, bv)

◆参加ミュージシャン: Andrew Gold(vo, g, k, b, ds, per), Waddy Wachtel/Danny Kortchmar/Dan Dugmore(g), Brock Walsh(k, bv), Clarence McDonald(k), Lee Sklar(b), Kenny Edwards(b, bv), Russ Kunkel/Michael Botts(ds), Linda Ronstadt(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/12/25 17:04 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(0)
Erik Taggの1977年のアルバム『Rendez-Vous』。
Erik Tagg / Rendez-Vous (1977年)
Erik Taggは、AORやフリー・ソウルにおいて高い人気を集めるミュージシャン。アメリカ生まれだが、20歳の時にオランダに渡って音楽のキャリアをスタートした。ソロ・アルバムは4枚あり、最初の2枚は欧州リリース。本作は、その欧州リリースのセカンド・アルバムである。

Erik Taggが広く知られるようになったのは、ジャズ/フュージョン・ギタリストのLee Litenourが81年のヒット作『RIT』においてErik Taggをリード・シンガー兼ソングライターとして起用してからだ。独特の湿度と温もりのある爽やかな声と、ソウル・フィーリングのある歌唱が注目され、ヒット曲「Is It You?」(全米15位)などのソングライティングのセンスが評価された。

Lee Litenourは、翌82年のアルバム『RIT/2』においてもErik Taggをフィーチャ。Erik Taggの同じ年のサード・アルバム『Dreamwalkin'』ではプロデューサーを担当している。

どうだろう、この爽やかなグリーンのジャケットは。ミントの香りが漂ってくるようだ。そして、横顔の穏やかな佇まい。端正で清潔なサウンドを期待させる。

内容は期待を裏切らない。ソウルフルでグルーヴィなサウンドは、空に舞い上がるように爽やかでメロウ。少し鼻にかかった感じの歌声もスウィートで、万人が聴いて、万人が気持ちよいと感じる音楽だと思う。

75年のファースト・アルバム『Smilin' Memories』には、Jeff Porcaro(ds), Mike Porcaro(b), Lee Ritenour(g), David Foster(k)などの馴染みのプレイヤーが参加しているが、本作のバック・ミュージシャンはErik Taggの地元ダラスの昔からの知り合いとのこと。ベースのLarry Taggは1歳年上の兄で、本作が初レコーディング。Larryは後にロック・バンドのBourgeois Tagg(ブルジョア・タッグ)を結成して活躍した。

本作が98年に日本で世界初CD化された際には未発表の4曲がボーナス・トラックとして収録されている。その4曲も本編と遜色ない出来で素晴らしい。

●収録曲
1. Got To Be Lovin' You
2. Rendez-Vous
3. Lover With Stature
4. Fancy Meeting You
5. Marja's Tune
6. Babies
7. Mutual Feeling
8. Soul Touch
9. Life Goes On
10. Living Off The Love (bonus track)
11. The Love I Gave (bonus track)
12. Who Are You? (bonus track)
13. Will They Be Listening? (bonus track)


◆プロデュース: Hans Vermeulen(g, string ar)

◆参加ミュージシャン: Erik Tagg(vo, k, flute), Adam Palma Jr.(g), Bert Liggon(k, per), Larry Tagg(b), George Lawrence III(ds), Ron Snyder(per), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/11/21 17:03 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(2)
Steely Danの1977年のアルバム『Aja / 彩(エイジャ)』。
Steely Dan / Aja (彩(エイジャ)) (1977年)
Steely Danは、Donald Fagen(vo, k)とWalter Becker(g)の二人を中心とするグループ。1972年の結成当初は6人のメンバーがいたが、次第にグループの輪郭は曖昧になり、二人の周りに優秀なセッション・ミュージシャンを集めて活動するスタイルへと移行していった。76年の前作『Royal Scam / 幻想の摩天楼』からは、バンドというよりはFagenとBeckerのユニットになっている。

本作は彼らの6作目のスタジオ・アルバム。Steely Danを代表するアルバムであるばかりでなく、AC(Adult Contemporary)ミュージックやAOR、もっと広げてロックが到達した神々しい高みのようなアルバムである。

本作は、よく知られているように予算と人(ミュージシャン)を贅沢に投入して制作された。他にもそのようなスタイルで制作されたアルバムはあるが、本作ではそれが徹底されており、「Peg」でJay Graydonのトリッキーなギター・ソロを採用するまでに6人(8人以上という説も)の著名なギタリストにソロを弾かせたといったエピソードが、二人の妥協のなさを物語る。

誰もが彼らのようなやり方を許されるわけはないので、応じたミュージシャンたちが二人の旺盛な熱意と高いプロ意識に対して寛容で、かつ尊重したということだろう。それぞれが最高の環境で存分に腕を振い、「Home At Last」におけるBernard Purdie(ds)のシャッフルなど、語り継がれる名演が生まれた。

このアルバムは78年のグラミー賞において、「Best Engineered Recording (Non Classical) / 最優秀録音賞」を受賞。また2003年にはグラミー賞の殿堂入りを果たした。チャート面では、アルバムはBillboard 200チャートの3位を記録。シングルは、「Peg」がBillboard Hot 100チャートの11位、「Deacon Blues」が19位、「Josie」が26位であった。

ジャケットの女性は日本人モデルの山口小夜子氏で、撮影も日本人カメラマンの藤井秀樹氏である。美を感じさせる『彩』という漢字を "彩(エイジャ)" と表記し、「Aja」の邦題にあてる日本側スタッフのセンスも抜群。

このタイトル曲で聴くことのできる圧巻のドラムスは、Steve Gaddによる名演。ダイナミックかつ繊細なドラムスを、Steve Gaddはワン・テイクで叩いたとのこと。そのような幸運も本作の成功の一因だった。

●収録曲
1. Black Cow - 5:10
2. Aja / 彩(エイジャ) - 7:57
3. Deacon Blues - 7:33
4. Peg - 3:57
5. Home At Last / 安らぎの家 - 5:34
6. I Got The News - 5:06
7. Josie - 4:33


◆プロデュース: Gary Katz

◆参加ミュージシャン: Donald Fagen(vo, k), Walter Becker(g, b)
with Larry Carlton/Lee Rinenour/Jay Graydon/Steve Khan/Dean Parks(g), Joe Sample/Don Grolnick/Michael Omartian(k), Victor Feldman(k, per), Chuck Rainey(b), Steve Gadd/Paul Humphrey/Bernard Purdie/Rick Marotta/Ed Greene/Jim Keltner(ds), Tom Scott/Wayne Shorter(sax), Michael McDonald/Timothy B.Schmit(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/11/19 16:14 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - America / View From The Ground 2018/02/19
AOR名盤(1981年) - Marty Balin / Balin (恋人たち) 2018/02/17
AOR名盤(1981年) - Van Stephenson / China Girl (瞳の奥に…) 2018/02/15
AOR名盤(1981年) - Carole Bayer Sager / Sometimes Late At Night 2018/02/13
AOR名盤(1981年) - Randy Crawford / Secret Combination 2018/02/11
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp