音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Terence Boylanの1977年のアルバム『Terence Boylan』。
Terence Boylan / Terence Boylan (1977年)
Terence BoylanはNY生まれのシンガー・ソングライター。大学時代のクラス・メイトには、後にSteely Danを結成するDonald FagenとWalter Beckerがいて、Boylanのファースト・アルバム『』(69年)にも参加している。アルバムの内容はBob Dylan風のフォーク・ロックだが、FagenとBeckerの二人にとって最初の録音となった作品らしい。

その後、BoylanはLAに移って音楽活動を続け、Asylum Recordsとの契約を獲得する。そして発表されたのが、8年ぶりとなるセカンド・アルバムの『Terence Boylan』だ。前作に続くセルフ・プロデュースのアルバムで、全曲をBoylanが書いている。

本作は、爽やかなウェスト・コースト・サウンドに包まれた美しいアルバム。1曲目の「Don't Hang Up Those Dancing Shoes」の大らかなメロディと瑞々しいサウンドを聴くと、心が洗われる思いがする。

この曲のミュージシャンのクレジットが眩しい。ドラムスはDerek & The DominoesのJim Gordon。ベースはChuck Rainey。ピアノはDonald Fagen。ギターはDean ParksとBoylan。ローズ・ピアノとパーカッションはVictor Feldman。ヴォーカル・ハーモニーはTimothy B. Schmit。何とも素敵な顔ぶれ。

続く「Shake It」も、風が穏やかにそよぐような気持ちのいい曲。オルガンを弾いているのはAl Kooperだ。この曲は、Ian Matthewsの78年のアルバム『』でカバーされ、シングル・チャートの13位を記録するヒットになっている。そのアルバムでは、1曲目の「Don't Hang Up Those Dancing Shoes」もカバーされた。

ファースト・アルバムに続いてDonald Fagenが参加し、2曲(1, 5)でピアノを弾いている。確かに「Shame」のサウンドや鍵盤の音色にはSteely Dan風のクールな味わいがある。ちなみに、TOTOのSteve Lukatherも2曲(4, 6)でギターを弾いているが、これがLukatherの初レコーディングだとか。

8曲目の「Rain King」は柔らかく降る雨のような滋養と癒しのある曲。ローズ・ピアノ(Feldman)の優しい音色とテナー・サックス(John Klemmer)の凛々しい響きが織りなすサウンドは詩的でロマンティック。このアルバムの邦題は『リリシズム』だが、その意味するところの "叙情詩的な趣や味わい" にぴったりな曲だ。

Terence Boylanが翌78年にプロデュースしたDane Donohueのアルバム『Dane Donohue』も、本作の雰囲気とよく似ており、おすすめ。Donohueの歌声まで、Boylanに似ている。

兄のJohn Boylanはレコード・プロデューサーとして活躍した。前の年には、Bostonの傑作アルバム『』(76年)をTom Scholzと一緒にプロデュースし、大成功を収めている。

●収録曲
1. Don't Hang Up Those Dancing Shoes - 3:30
2. Shake It - 3:48
3. Sundown Of Fools - 2:43
4. The War Was Over - 4:21
5. Shame - 4:40
6. Hey Papa - 4:00
7. Where Are You Hiding - 4:09
8. Rain King - 3:38
9. Trains - 5:20


◆プロデュース: Terence Boylan(vo, g, ds)

◆参加ミュージシャン: Steve Lukather/Dean Parks(g), Donald Fagen/Al Kooper/David Paich/Jai Winding(k), Victor Feldman(k, per), Chuck Rainey/Wilton Felder/Bob Glaub/Lee Sklar(b), Jim Gordon/Jeff Porcaro/Russ Kunkel(ds), John Klemmer(sax), Don Henley/Timothy B.Schmit/Tom Kelly(bv), etc


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/08/01 11:54 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(2)
James Taylorの1977年のアルバム『JT』。
James Taylor / JT
James Taylorはアメリカを代表するシンガー・ソングライターの一人。1968年のデビューから現在に至るまで、"マイ・ペース" という感じで良質なアルバムを作り続けている。この『JT』は、自分のイニシャルをタイトルにした通算8作目となるスタジオ・アルバム。

James Taylorはこの年の1月に、奥様のCarly Simonとの間に第二子のBen Taylorを授かった。また、レコード会社をWarner Bros.からColumbiaに移籍し、心機一転のスタートを切ったところ。プロデューサーに関しては、デビュー後の4作品を手がけたPeter Asherを久しぶりに起用している。

収録された12曲は、Danny Kortchmar作の「Honey Don't Leave L.A.」とOtis Blackwell/Jimmy Jones作の「Handy Man」を除いて、James Taylorの作品。このうち、「Terra Nova」は奥様のCarly Simonとの共作である。

1曲目の「Your Smiling Face / きみの笑顔」は、この時のJames Taylorの気持ちを表したような爽やかで明るいナンバー。この曲の「きみ」は、生まれたばかりのBenではなく、3歳になる娘のSallyだと言われている。バック・ミュージシャンのDanny Kortchmar(g), Leland Sklar(b), Russ Kunkel(ds)は、インスト・ロック・バンドのThe Sectionsとしても活動し、James Taylorとは長いつき合い。演奏の息がぴたりと合っている。

「Honey Don't Leave L.A.」は、Danny KortchmarがDavid Foster等と組んだ伝説のグループ、Attitudesの76年のアルバム『Attitudes』からのカヴァー。明るくてノリのいいロック・ナンバーで、David Sanbornのサックスも加わって、みんなが楽しそう。

穏やかにリラックスした「Handy Man」では、Jimmy Jonesの59年のヒット曲(米2位)をカヴァー。"Comma, comma comma ..." のフレーズを優しくハモる女性は奥様ではなく、Leah Kunkel。ちなみに、カントリー調の「Bartender's Blues」ではLinda Ronstadtがハーモニーの相手。美しい奥様がいるのに、いかんなぁ…と思うけど、奥様のCarly Simonとも「Terra Nova」を仲睦まじく歌っている。

このアルバムからは「Handy Man」「Your Smiling Face」「Honey Don't Leave L.A.」がシングル・カットされ、「Handy Man」がBillboard Hot 100チャートの4位となるヒットを記録。翌年のグラミー賞では "Best Male Pop Vocal Performance" を受賞した。「Your Smiling Face」は20位をマークし、「Honey Don't Leave L.A.」も61位に到達。アルバムは "Album of the Year" にノミネートされたが、Fleetwood Macの名盤『Rumours / 噂』が受賞している。

●収録曲
1. Your Smiling Face / きみの笑顔 - 2:55
2. There We Are - 2:58
3. Honey Don't Leave L.A. - 3:03
4. Another Grey Morning / 悲しい朝 - 2:44
5. Bartender's Blues - 4:10
6. Secret O' Life / 人生の秘密 - 3:32
7. Handy Man - 3:15
8. I Was Only Telling A Lie / 嘘をついただけ - 3:24
9. Looking For Love On Broadway / 愛をさがしてブロードウェイ - 2:20
10. Terra Nova - 4:08
11. Traffic Jam - 1:56
12. If I Keep My Heart Out Of Sight / ハートを隠せば - 2:56


◆プロデュース: Peter Asher

◆参加ミュージシャン: Danny Kortchmar(g), Clarence McDonald(k), Lee Sklar(b), Russ Kunkel(ds, per), Dan Dugmore(steel g), Linda Ronstadt/Carly Simon/Leah Kunkel(bv), David Sanborn/Red Callender(horn), David Campbell(string ar)


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/04/22 11:42 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(0)
Paul Davisの1977年のアルバム『Singer of Songs: Teller of Tales / アイ・ゴー・クレイジー』。
Paul Davis / Singer of Songs: Teller of Tales (アイ・ゴー・クレイジー) (1977年)
Paul Davisは、70年代から80年代にかけてアメリカのカントリーやポップ・シーンで活躍したシンガー・ソングライター。1970年にアルバム・デビューし、81年までの約10年間に7枚のアルバムを発表。80年代後半には音楽活動から遠ざかり、2008年に60歳の若さでこの世を去った。

この『Singer of Songs: Teller of Tales』はPaul Davisの5作目で、ここから「I Go Crazy」という名バラードが生まれている。アメリカではBillboard Hot 100チャートの7位となる大ヒットを記録し、日本でも81年の映画『なんとなく、クリスタル』(原作:田中康夫)の主題歌に採用されて広く知られるようになっている。

この曲の甘く切ない旋律やキーボードの美しいリフレインには、一度聴いたら記憶の深いところに残るような良さがある。ちなみに、Styxの79年の大ヒット曲「Babe」(米1位)にも、この曲と同じリフレインを聴くことができる。

収録曲は、The Beach Boysのアルバム『』(67年)からのカヴァー曲「Darlin'」と、Jerry WienerとPaul Shafferの書いた「Never Want To Lose Your Love」を除いて、Paul Davisの自作。「Darlin'」では女性シンガーのSusan Collinsとデュエットし、米チャートの51位をマーク。Susanとはメロウな「Sweet Life」も共作し、こちらはチャートの17位を記録している。

アルバムの後半にはカントリー・ポップ調の曲もちらほら。「Hallelujah Thank You Jesus」と「Editorial」の2曲は、76年の前作『』からの再録だ。

Paul Davisはもう1曲、「I Go Crazy」に並ぶ名バラードを残した。それは、81年のラスト・アルバム『Cool Night』のタイトル曲。ロマンティックなムード満点の曲で、こちらもチャートの11位になるヒットを記録している。

●収録曲
1. I Go Crazy - 3:52
2. I Never Heard The Song At All - 2:39
3. Darlin' - 3:00
4. Sweet Life - 3:28
5. Never Want To Lose Your Love - 2:24
6. Hallelujah Thank You Jesus - 2:52
7. I Don't Want To Be Just Another Love / もうひとつの愛 - 3:13
8. You're Not Just A Rose - 2:37
9. Bad Dream - 3:07
10. Editorial - 2:56


◆プロデュース: Paul Davis, Phil Benton

◆参加ミュージシャン: Barry Beckett/Al Feingold(k), Don Barrett/Ed King/Ed Seay(b), Jimmy Johnson/Kenny Mims(g), Nigel Olsson(ds, vo), Roger Hawkins/James Stroud/Roy Yeager(ds), etc


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/04/08 17:19 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(0)
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Steve Hiett / Down On The Road By The Beach (渚にて…) 2019/08/18
AOR名盤(1979年) - Christopher Cross / Christopher Cross (南から来た男) 2019/08/11
AOR名盤(1982年) - Larry Lee / Marooned (ロンリー・フリーウェイ) 2019/08/07
AOR名盤(1977年) - Terence Boylan / Terence Boylan 2019/08/01
AOR名盤(1983年) - Finis Henderson / Finis (真夏の蜃気楼) 2019/07/28
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ