音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Gary Oganの1977年のアルバム『Gary Ogan』。
Gary Ogan / Gary Ogan (1977年)
Gary Oganは、Leon Russellと交流のあるシンガー・ソングライター。1976年のLeon Russellのアルバム『』ではGary Oganがアシスタント・プロデューサーを担当しており、曲作りと楽器演奏(ドラムスとベース)でも貢献している。この時、Oganはまだ24歳という若さ。

本作は、その翌年に発表されたGary Oganのソロ・デビュー作。Leon Russellの立ち上げたParadise Recordsからのリリースで、Leon Russellがプロデュースに協力したほか、ストリングス・アレンジとパーカッション、鍵盤を担当している。また、Leonの奥様のMaryもバック・ヴォーカルで参加した。

Gary Oganはマルチ・プレイヤーなので、歌うこと以外に、ドラムスを始めとするほとんどの楽器を演奏している。また、優れたメロディ・メイカーでもあり、瑞々しいメロディが魅力。「Nothing's Right When Love's Gone Wrong」「Foolish Love」「Over And Over」あたりのナイーヴで寂しげなメロディには、胸がキュンとしてしまう。苦みのある歌声もチャーミングだ。

AORスタイルの「The Road」や、Marvin Gayeが歌いそうな爽やかな高揚感のある「Everybody Wants Your Love」も素晴らしいナンバー。曲によってはPaul McCartneyやStevie Wonderからの影響も感じられるが、甘すぎるような曲はなく、自然でさり気ないタッチがいい。

Oganが20歳の年にリリースされたGary Ogan & Bill Lamb名義のアルバム『』(72年)も、シンガー・ソングライターの名盤とのこと。また、Gary Oganのサイトを見ると、82年、92年、2000年、2010年にもアルバムを発表していることが分かる。

●収録曲
1. Make Me Sing - 3:59
2. The Road - 3:41
3. Wonderland (Take Me Away) - 3:22
4. Sold On You - 3:37
5. Nothing's Right When Love's Gone Wrong - 3:44
6. Foolish Love - 3:25
7. Over And Over - 2:58
8. Everybody Wants Your Love - 4:05
9. Once More For Me - 5:18
10. The Road Of Saints - 3:56


◆プロデュース: Gary Ogan(vo, g, k, b, ds, per), Leon Russell(k, per), Greg Branson

◆参加ミュージシャン: Doug Fraser(g), John Guerin(ds), Marty Grebb(sax), Plas Johnson(sax, fl), Steve Lowry(flugelhorn), The Gringos(horns), Mary Russell/Dale Krantz(bv)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

▶スポンサーリンク



2019/02/06 11:23 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(0)
Attitudesの1977年のアルバム『Good News』。
Attitudes / Good News (1977年)
Attitudesは、Jim Keltner(ds, per), Paul Stallworth(b, vo), Danny Kortchmar(g, vo), David Foster(k)という4人のセッション・ミュージシャンによるロック・バンド。彼らはGeorge Harrisonの1975年のアルバム『』のレコーディングに参加したことをきっかけに意気投合し、バンドを結成した。

彼らは2枚のアルバムを残しており、この『Good News』は2作目。両アルバムとも、George Harrisonの設立したDark Horse Recordsからリリースされている。ジャケットの左側はバンドのまとめ役のJim Keltnerで、本作のリリース時には35歳。右側は28歳になるDavid Fosterだ。

収録曲は、Brenda Russell夫妻の書いた「Drink My Water」を除いて彼らのオリジナル。Paul Stallworthが4曲(3, 6, 7, 11)を、Danny Kortchmarも4曲(4, 8-10)を書き、残りについてはDavid Fosterが1曲(5)、メンバー全員で1曲(1)となっている。

唯一の黒人メンバーであるPaul Stallworthがソウル・フィーリングたっぷりに歌うファンキーなナンバーが多く、1曲目の「Being Here With You」からファンク・モード全開。ただ、Fosterの書いた「Foster's Frees」だけはインスト曲で、オーケストラを使った映画音楽のような雰囲気は本作の中では異色。

このアルバムにはJay Graydonも参加し、2曲(7, 10)でギターを弾いている。「Change」では華やかに、また「Promise Me The Moon」ではSteely Danの『Peg』のソロように自由な感じで。ただ、「Promise Me ...」のクレジットでは、ソロイストはJay Lewisになっているので、Graydonではないかも知れない。

ラストのタイトル曲「Good News」にはRingo Starrもドラムスで友情出演し、同じくゲスト参加したオルガン奏者のBooker T. Jonesと一緒に、陽気で温かい演奏を繰り広げている。

AttitudesのCDは残念なことに、とてもレアになっている。ファーストとセカンドを1CDにカップリングした輸入盤が2009年頃にあったが、今は入手が難しい。一方、2枚のアルバムから16曲をセレクトした『』というコンピレーションが2018年8月に発売されたようで、デジタル・コンテンツを入手できる。

●収録曲
1. Being Here With You - 3:23
2. Drink My Water - 3:15
3. Sweet Summer Music - 3:45
4. Let's Talk Turkey - 2:55
5. Foster's Frees - 2:10
6. Turning In Space - 3:18
7. Change - 4:10
8. In A Stranger's Arms - 3:58
9. Manual Dexterity - 3:20
10. Promise Me The Moon - 3:37
11. Good News - 3:45


◆プロデュース: Jay Lewis(g), Attitudes

◆参加ミュージシャン: Danny "Kootch" Kortchmar(g, vo), David Foster(k, bv), Paul Stallworth(b, vo), Jim Keltner(ds, per, bv)
with Waddy Wachtel/Jay Graydon(g), Booker T. Jones(k), Ringo Starr(ds), Tower Of Power(horns), Jorge Calderon/Donny Gerrard(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

▶スポンサーリンク



2019/01/05 15:56 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(2)
Watersの1977年のアルバム『Waters』。
Waters / Waters (1977年)
Watersは、男性2人(Luther, Oren)、女性2人(Maxine, Julia)による男女4人の兄弟ヴォーカル・グループ。それぞれが、70年代から数多くのアルバムにバック・コーラスとして参加する売れっ子のセッション・シンガーである。ちなみに、ジャケットの右からLuther, Maxine, Oren, Julia。自分たちのアルバムに関しては4枚を残していて、この『Waters』は2作目になる。

プロデュースを担当したのは、Steve BarriとMichael Omartian。同じ年に、このコンビでAlan O'Dayのアルバム『Appetizers』や、Dionne Warwickのアルバム『』もプロデュースしている。また、当時二人は、Omartianが結成したディスコ・ファンク・バンドのRhythm Heritageでも活動を共にしており、Scott Edwards(b), Ed Greene(ds), Victor Feldman(per), Jay Graydon/Ray Parker Jr.(g)というRhythm Heritageメンバーも本作に参加した。

収録された9曲のうち、Watersのメンバーの作は、共作も含めて5曲。Maxineの「What Am I Doing Wrong」、Orenの「Could It Be The Magic」「We Can Change It」、Julia & Lutherの「Party, Party」、Lutherの「Peace At Last」である。他は、Omartian夫妻の書いた「One Good Reason」や、Jay Graydon等の書いた「If There's A Way」などを収録。

ドラムスにはEd GreeneのほかにTOTOのJeff Porcaroが参加しており、Ed Greeneは2曲(1, 4)のみで、ほとんどをJeffが叩いている。JeffのしなやかなグルーヴとWatersのエレガントなヴォーカルの相性はバッチリで、引き締まったファンク・チューンからメロウなソウル・ナンバーまで、曲の表情に合わせて互いの良さを引き出している感じ。

Watersが参加したアルバムはジャンルを問わないので、クレジットを見て驚くことも。ハード・ロック系のアルバムでは、Guns N' Rosesの『Use Your Illusion II』(91年)に収録の「Knockin' On Heaven's Door」や、David Lee Rothの『Eat 'Em And Smile』(86年)のラスト・ナンバー「That's Life」などにバック・ヴォーカルで参加している。

●収録曲
1. The Other Side Of Midnight - 3:51
2. I Just Wanna Be The One (In Your Life) - 3:50
3. What Am I Doing Wrong - 3:56
4. One Good Reason - 3:44
5. If There's A Way - 4:19
6. Could It Be The Magic - 4:26
7. Party, Party - 4:02
8. We Can Change It - 4:41
9. Peace At Last - 5:20


◆プロデュース: Steve Barri, Michael Omartian(k, ar)

◆参加ミュージシャン: Jay Graydon/Ray Parker Jr.(g), Scott Edwards(b), Jeff Porcaro/Ed Greene(ds), Victor Feldman(per), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

▶スポンサーリンク



2018/12/30 17:15 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


最新記事一覧
AOR名盤(1981年) - Kelly Willard / Willing Heart 2019/02/16
AOR名盤(1980年) - James Felix / White As Snow 2019/02/14
AOR名盤(1979年) - Brooklyn Dreams / Sleepless Nights 2019/02/12
AOR名盤(1978年) - Jorge Santana / Jorge Santana 2019/02/08
AOR名盤(1977年) - Gary Ogan / Gary Ogan 2019/02/06
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ