音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Steve Hiettの1983年のアルバム『Down On The Road By The Beach / 渚にて…』。
Steve Hiett / Down On The Road By The Beach (渚にて) (1983年)
Steve Hiettは1940年生まれの英国の写真家。アート・スクールを卒業後、サイケ/ポップ・バンドのメンバーだった時期もあるようだが、68年にファッション・フォトグラファーのキャリアをスタート。72年にはパリに活動の拠点を移し、Marie Claire, Vogue, Elleなどの一流誌のフォトグラファーとして活躍する。

Steve Hiettはギターを弾くことができ、唯一のギター・ソロ・アルバムを残している。それがこの『Down On The Road By The Beach / 渚にて…』。日本のみで発売された異色のアルバムだ。

"This is a Guitar Album" とバック・カヴァーに記されているとおり、全編にわたってSteve Hiettがギターを弾いている。そのふわふわした気だるい音色はかなり独特で、炎天下のビーチで撮影したと思われるフロント・カヴァーとの相乗効果もあって、夏の午後のうだるような暑さや、遠くの方に立ち上る蜃気楼を思わせる。

1曲目の「Blue Beach」からラストの「Standing There」まで、どの曲をとってもそんな感じ。環境音楽のようでもあるが、素っ気なさはない。エコーの効いた楽器の音がどこか遠くの世界から素敵に響いてくる。

本作のプロデュースを担当したのは立川直樹氏。レコーディングには、Steely Danのアルバムなどでギターを弾いているElliott Randallの他、ムーンライダーズの岡田徹(k), 武川雅寛(violin), 白井良明(g), 鈴木博文(g)が参加した。また、加藤和彦もエンディング曲「Standing There」を提供し、この曲ではギターを弾いている。

オリジナル曲は9曲で、内訳はS.Hiettが共作を含めて6曲(1, 3, 5, 6, 9, 11)、E.Randallが1曲(7)、岡田徹が1曲(8)、加藤和彦が1曲(13)を提供。カヴァー曲は4曲(2, 4, 10, 12)で、Eddie Floyd, Booker T.Jones等の書いた「Never Find A Girl」(68年)、Chuck Berryの「Roll Over, Beethoven」(56年)、Cliff Richardの「The Next Time」(62年)、Santo & Johnny Farinaの「Sleep Walk」(59年)をセレクトしている。

このアルバムは、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから2017年8月に世界初CD化された。CDの解説を立川直樹氏が担当し、「本当に時代は恐ろしいほど変わってしまったが、この『渚にて』の持つ "気持ちのいい軽み" のようなものを忘れないで、僕は生きていたいと思う。」と寄せている。

フロント・カヴァーの美しい風景はHiettの撮影したもので、当時は『渚にて…』というタイトルの写真集も同時に発売された。2015年に出版されたHiettの写真集『』にも同じフォトが収められている。

●収録曲
1. Blue Beach - Welcome To Your Beach - 4:19
2. Never Find A Girl (To Love Me Like You Do) - 2:51
3. By The Pool - 2:39
4. Roll Over, Beethoven - 2:24
5. In The Shade - 3:27
6. Looking Across The Street - 5:03
7. Long Distance Look - 2:24
8. Hot Afternoon - 2:47
9. Crying In The Sun - 3:04
10. The Next Time - 2:35
11. Miss B. B. Walks Away - 3:48
12. Sleep Walk - 2:16
13. Standing There - 3:53


◆プロデュース: 立川 直樹

◆参加ミュージシャン: Steve Hiett(vo, g, b, ds), Elliott Randall(g, ds), 岡田 徹(k), 白井 良明(g), 鈴木 博文(g), 武川 雅寛(violin), 加藤 和彦(g), etc


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/08/18 12:08 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(2)
Finis Hendersonの1983年のアルバム『Finis / 真夏の蜃気楼』。
Finis Henderson / Finis (真夏の蜃気楼) (1983年)
Finis Hendersonはアメリカのショー・ビジネス界を中心に活動するステージ・シンガー~エンターテイナー。父親がSammy Davis Jr.のもとでシンガーやダンサーとして働いていた縁で、自分もSammy Davis Jr.に憧れてこの世界に入ったらしい。その後、Stevie Wonderのバック・アップを得てモータウン・レコードと契約を結び、1枚だけ残した傑作ソロ・アルバムがこの『Finis / 真夏の蜃気楼』だ。

元EW&FのギタリストのAl McKayがプロデュースを担当し、曲作りにおいても4曲(2, 4, 7, 10)を手がけている。NiteflyteのSandy Torano(5)やStevie Wonder(8)なども楽曲を提供し、参加ミュージシャンにはTOTOのメンバーやPagesを始めとする当時の実力派が勢ぞろいしている。

日本盤には "真夏の蜃気楼" という素敵なタイトルがつき、人影のないビーチの向こうにエメラルド・グリーンの海が広がる美しい差し込みジャケットが使われた。曲名には「真夏」「海」「地平線」「夜」「恋」というフレーズがちりばめられ、夏のAOR/ブラック・コンテンポラリーの定盤になっている。

1曲目の「Skip To My Lou / サマー・スキップ」は、ビターなメロディを爽やかなビートに乗せた素敵なダンス・チューン。ファルセットを巧みに織り交ぜるFinisの歌声もしなやかでセクシー。とてもキャッチ-な曲なのに、アメリカではR&Bチャートの48位どまりということが意外。

アメリカでは「Lovers」もシングル・カットされている。シャッフルするビート(Jeff Porcaroかな?)が心地よく、愁いのある美しいメロディと日本盤のジャケットの相性もバッチリで、リピートで聴きたくなる。

Blame It On The Night / 夜を彩る地平線」は、Sandy Toranoらしいエレガントなダンス・チューン。サンバのリズムを思わせるパーカッションのイントロに続く「Call Me / 海を翔ける恋」もクールなダンス・ナンバーで、こちらはFinisとBill Wolferの共作。原曲は、Bill Wolferの82年のアルバム『Wolf / デジタルの夜』に収録されており、そこでもFinisが歌っている。

バラードの「Crush on You」はStevie Wonderの提供曲で、Stevieらしいふくよかなメロディが魅力。「I'd Rather Be Gone / 色褪せた想い」は、Playerの82年のアルバム『Spies Of Life』の収録曲のカバー。「Baby Come Back」の作者でもあるJ.C. Crowley等の作で、ミディアム・テンポのAORナンバーになっている。

83年といえば、前年末に発売されたMichael Jacksonの『』が売れまくった年。そのフロント・カヴァーのMichaelのポーズからヒントを得たのか、オリジナルのジャケットでは、Finis Hendersonも横たわってポーズをとっている。
Finis Henderson / Finis (真夏の蜃気楼) (オリジナル・ジャケット)

●収録曲
1. Skip to My Lou / サマー・スキップ - 5:01
2. Making Love - 3:46
3. Lovers - 4:46
4. You Owe It All to Love / 真夏のイマージュ - 3:29
5. Blame It on the Night / 夜を彩る地平線 - 3:41
6a. Percussion Intro - 1:40
6b. Call Me / 海を翔ける恋 - 4:44
7. Viña del Mar / 海辺の葡萄園 - 0:48
8. Crush on You - 4:03
9. I'd Rather Be Gone / 色褪せた想い - 3:40
10. School Girl - 5:20


◆プロデュース: Al McKay(g, ar)

◆参加ミュージシャン: Steve Lukather/Michael Landau/Paul Jackson Jr.(g), Erich Bulling(k, ar), Randy Kerber/Tom Keane/Michael Boddicker(k), Abraham Laboriel/Neil Stubenhaus/Nathan East(b), Jeff Porcaro/Carlos Vega/John Robinson(ds), Philip Bailey/Ralph Johnson/Paulinho Da Costa(per), Jerry Hey(tp), Bill Champlin/Richard Page/Steve George/Garry Glenn(bv), etc


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/07/28 17:53 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(2)
Robben Fordの1983年のアルバム『Love's A Heartache / ホイールズ・オブ・ラブ』。
Robben Ford / Love's A Heartache (ホイールズ・オブ・ラブ) (1983年)
Robben Fordはブルース、ロック、ジャズ/フュージョンと、ジャンルを跨いで活躍するアメリカのギタリスト。売れっ子のセッション・ギタリストとして、Miles Davis, Joni Mitchell, George Harrison, KISSを始めとする様々なアーティストのアルバム制作やツアーを支えたり、フュージョン・グループのTom Scott and the L.A. ExpressやYellowjacketsのメンバーとして、またRobben Ford & The Blue Lineのリーダーとして活躍するなど、幅広く精力的に活動している。

ソロ・アルバムの制作枚数も多く、この『Love's A Heartache / ホイールズ・オブ・ラブ』は2作目。80年代に入ってRobben Fordが最初に制作したアルバムだ。

プロデュースを担当したのは、米国で活動していた尺八奏者のKazu Matsui (松居 和。奥様はジャズ・ピアニストの松居 慶子)。日本盤とUS盤ではタイトルや名義が異なり、ここで紹介するのは日本盤。US盤では、名義が "The Kazu Matsui Project Feat. Robben Ford"、タイトルが『Standing On The Outside』になっている。

ギタリストのアルバムにしては珍しく、バック・コーラスのみの「Sunset Memory」とギター・インストの「Sun Lake」を除く全曲がヴォーカル曲になっている。リード・ヴォーカルは曲によって変わり、Robben Fordが2曲(2, 9)、Phillip Ingramが3曲(1, 4, 6)、Haward Smith, Robert Jason, Claudiaが1曲ずつ(3, 5, 7)を担当した。

哀愁を湛えた美しいヴォーカル曲が多いので、「Sun Lake」の滑らかなギターの演奏を聴くまでは、ギタリストのアルバムであることを忘れてしまう。ギタリストによるヴォーカル・アルバムという点は、Erik Taggをヴォーカルに起用してヒットしたLee Litenourの81年のアルバム『RIT』の流れを汲んでいる。

1曲目の「Standing On The Outside」は哀愁としっとりした湿度のあるメロディが印象的なバラード・ナンバーで、Robben Fordが作曲を担当している。Robben Fordが曲作りを手がけたのは、この曲とラストの「Sun Lake」のみ。

続く「Time Flies」も、たそがれた雰囲気のあるバラード曲。アメリカのフュージョン・グループ、Hiroshimaのリーダーを務めるDan Kuramotoの作で、Robben Fordがリード・ヴォーカルを担当。繊細な印象の歌声だが、曲の雰囲気に合っている。

アルバムの邦題になった「Wheels Of Love」では、林 哲司氏が作曲を担当。この曲は日本ではブリジストンのCMソングになり、シングル・カットもされた。他には、「Me On The One Side」をGlen Ballard等が、Kazu MatsuiとHiroshimaのギタリストのPeter Hataが「Sunset Memory」を共作するなど、収録曲の作者はさまざまだ。

タイトル曲の「Love's A Heartache」は、Ned Dohenyの書いたビターな名品。Leslie Smithが82年のアルバム『Heartache』で歌ったほか、Ned Doheny自身も88年のアルバム『Life After Romance』でセルフ・カヴァーしている。

この曲のリード・ヴォーカルもRobben Fordだが、伸びのあるハイ・トーンで爽やかに歌っており、なかなかいい雰囲気。Ned Dohenyのセルフ・カヴァーとも歌声が似ているように思う。

当時のRobben Fordは仏教を勉強していたらしい。フロント・カヴァーの輪廻転生を思わせるデザインは、その影響かも知れない。ちなみに、同じ年に松任谷 由実が発表したアルバム『』のタイトルの意味も、輪廻転生。私の好きなアルバムです。

●収録曲
1. Standing On The Outside - 4:55
2. Time Flies - 4:17
3. Save Your Time For Me - 3:35
4. Me On The One Side - 2:43
5. Wheels Of Love - 4:23
6. Tell That Girl - 3:26
7. Illusions - 3:13
8. Sunset Memory - 4:33
9. Love's A Heartache - 4:58
10. Sun Lake - 4:55


◆プロデュース: Kazu Matsui

◆参加ミュージシャン: Robben Ford(g, vo), Phillip Ingram/Howard Smith/Robert Jason/Claudia(vo), Carlos Rios(g), Russell Ferrante/Randy Waldman(k), Derek Nakamoto/Bill Meyers(sy), Abraham Laboriel/Nathan East/Neil Stubenhaus/Freddie Washington Jr.(b), Vinnie Colaiuta(ds), David Boruff(sax), Michael Fisher(per), Maxi Anderson(bv), etc


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/06/25 17:20 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(0)
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Steve Hiett / Down On The Road By The Beach (渚にて…) 2019/08/18
AOR名盤(1979年) - Christopher Cross / Christopher Cross (南から来た男) 2019/08/11
AOR名盤(1982年) - Larry Lee / Marooned (ロンリー・フリーウェイ) 2019/08/07
AOR名盤(1977年) - Terence Boylan / Terence Boylan 2019/08/01
AOR名盤(1983年) - Finis Henderson / Finis (真夏の蜃気楼) 2019/07/28
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ