洋楽中心生活

Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Steve Hiettの1983年のアルバム『Down On The Road By The Beach / 渚にて…』の紹介です。Steve Hiettは1940年生まれの英国の写真家。アート・スクールを卒業後、サイケ/ポップ・バンドのメンバーだった時期もあるようだが、68年にファッション・フォトグラファーのキャリアをスタート。72年にはパリに活動の拠点を移し、Marie Claire, Vogue, E...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Finis Hendersonの1983年のアルバム『Finis / 真夏の蜃気楼』の紹介です。Finis Hendersonはアメリカのショー・ビジネス界を中心に活動するステージ・シンガー~エンターテイナー。父親がSammy Davis Jr.のもとでシンガーやダンサーとして働いていた縁で、自分もSammy Davis Jr.に憧れてこの世界に入ったらしい。その後、Stevie Wonderのバック...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Robben Fordの1983年のアルバム『Love's A Heartache / ホイールズ・オブ・ラブ』の紹介です。Robben Fordはブルース、ロック、ジャズ/フュージョンと、ジャンルを跨いで活躍するアメリカのギタリスト。売れっ子のセッション・ギタリストとして、Miles Davis, Joni Mitchell, George Harrison, KISSを始めとする様々なアーティストのアルバム制...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Nielsen-Pearsonの1983年のアルバム『Blind Luck』の紹介です。Nielsen-Pearsonは、シンガー・ソングライターのReed Nielsen(vo)とMark Pearson(vo)によるユニット。1978年にデビューした際は "The Nielsen Pearson Band" という4人組のバンドだったが、ファースト・アルバムの発表後にNielsenとPearsonのユニットになっている。この...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Al Jarreauの1983年のアルバム『Jarreau』の紹介です。Al Jarreauは卓越したヴォーカル・テクニックを持つアメリカのジャズ・シンガー。ソフトで軽やかな歌声と高度なパーカッシヴ・ヴォーカルを自在に繰り出すスタイルで人気を集め、ジャズとポップの両方のジャンルをまたいで活躍した。1975年にアルバム・デビューしており、この『Jarreau』は...