音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Russ Taffの1983年のアルバム『Walls Of Glass』。
Russ Taff / Walls Of Glass (1983年)
Russ Taffは、CCMの男性コーラス・グループであるImperialsの元メンバー。1976年から81年までグループに在籍し、リード・ヴォーカルを担当した。Imperialsは64年から活動を続けるCCM界の大御所グループだが、Russ Taffが在籍した時期にグラミー賞の "Best Gospel Performance, Contemporary or Inspirational" を3度も受賞するなど、もっとも華々しい活動成果を残している。

本作はImperialsを抜けてソロとなったRuss Taffの最初のソロ・アルバム。プロデューサーとエンジニアをSteely DanやBoz Scaggsなどのアルバムを手がけたBill Schneeが担当しており、整った上品なサウンドになっている。

収録された10曲は、自作が8曲、カヴァーが2曲(6, 9)という構成で、Russ Taffは奥様のTori Taffと自作曲の作詞を担当。作曲に関しては、親友のJames Hollihanが5曲(1, 3, 5, 7, 8)を担当したほか、Keith Thomas(2)、Robbie Buchanan(4)、James Newton Howard(7)等がサポート。カヴァー曲のうち、「Jeremiah」は、Michael Omartianの74年のアルバム『』の収録曲である。

曲は粒ぞろいで、硬派なロックの「Tell Them」「Walls Of Glass」から、ロマンティックなバラードの「I Want To Change」、ゴスペル調の「We Will Stand」などを揃え、バランスがいい。「Tell Them」はタイト&クールなナンバーで、Robbie Buchananの流麗なキーボードにMichael Landauのエモーショナルなギターが絡むサウンドは、まるでMaxus。とてもカッコいい。

「I Want To Change」は、Paul Davisの「Cool Night」を格調高くしたようなロマンティックなバラードで、Ernie Wattsの哀愁のサックス・ソロや、情感を湛えたRuss Taffの歌が素晴らしい。Russ Taffのヴォーカルは、美声というよりは野性味溢れるタイプで、骨太な歌いっぷりが魅力。ピアノの美しい伴奏で独唱する「Kathryn's Song」にも引き込まれる。

一風変ったリズムの「Jeremiah」はOmartian夫妻の作。ドラムスはJeff Porcaroで、Jeffはこの曲のほかに、2, 7, 8の3曲でもグルーヴ感抜群のドラムスを叩いている。特に、「Walls Of Glass」と「Inside Look」はJeffにしか出せないグルーヴ感。

CDの入手は難しいが、デジタル・コンテンツ(MP3形式)ならば入手可能。CCMのアルバムには、割とそうしたものが多いので、CDが見当たらないときには重宝する。

●収録曲
1. Tell Them - 4:23
2. Walls Of Glass - 3:57
3. I Want To Change - 5:05
4. Pure In Heart - 3:59
5. We Will Stand (You're My Brother, You're My Sister) - 4:37
6. Jeremiah - 4:02
7. Inside Look - 4:01
8. Just Believe - 4:26
9. Kathryn's Song - 4:24
10. Unto The Lamb - 2:42


◆プロデュース: Bill Schnee

◆参加ミュージシャン: Michael Landau/Marty Walsh(g), Michael Omartian/Robbie Buchanan/James Newton Howard(k), Abraham Laboriel/Nathan East(b), Jeff Porcaro/Mike Baird(ds), Lenny Castro(per), Ernie Watts(sax), Jerry Hey(tp), Bill Champlin/Tamara Champlin/Bonnie Bramlett/David Lasley/Arnold McCuller/Frankie Previte(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/04/16 14:52 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(0)
Brenda Russellの1983年のアルバム『Two Eyes / 出逢いのときめき』。
Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) (1983年)
Brenda Russellはニューヨーク生まれの才能溢れるシンガー・ソングライター。本作は寡作な彼女のサード・アルバムである。ジャケットからはR&B/ソウルを深く味わう作品という印象を受けるが、内容の方はエレガントな曲/サウンドと彼女のしなやかな歌声を楽しむ爽やかなAORだ。

プロデューサーをTommy LiPuma、レコーディング/ミキシングをAl Schmittが担当し、サウンドはとても磨かれている。二人の手がけるアルバムに外れはないという名コンビだが、このアルバムも期待を裏切らない。

全曲がBrenda Russellのオリジナルで、4曲(1-3, 5)を大御所と共作。軽やかなグルーヴが心地よい「I Want Love To Find Me」はBill LaBountyと、しなやかでエレガントな「It's Something」はDavid Fosterと、小粋なシティ・ソウルの「Hello People」はMichael McDonaldと、落ち着いたバラードの「Stay Close」はDon Grusinとの共作だ。「It's Something」は、Leslie Smithが82年のアルバム『Heartache』で歌っている。

彼女のしなやかなヴォーカルは曲を選ばない。「Stay Close」のようなバラードも、「Jarreau」のようなジャジーなナンバーも器用に歌いこなす。ビブラートをあまり使わずにさらっと歌うので、爽やかな後味だ。「Jarreau」では、Al Jarreauのようなパーカッシヴ・ヴォイスも少しだけ披露している。

「I'll See You Again」の印象的なハーモニカはStevie Wonder。ラストの「Look Down, Young Soldier」では、バック・ヴォーカルにAl Jarreau, Christopher Cross, David Lasley, Donny Gerrard, James Ingram, Joe Esposito, Leon Ware, Patrice Rushen, Pattie Brooks, Randy Crawford, Rita Coolidgeという錚々たる名前が並ぶ。

参加ミュージシャンが凄く豪華だが、彼女の書く曲の良さがそれに負けていないところが素晴らしい。

●収録曲
1. I Want Love To Find Me / 出逢いのときめき - 3:02
2. It's Something / 愛のサムシング - 3:31
3. Hello People - 3:24
4. Two Eyes - 3:16
5. Stay Close / あなたのそばに - 4:25
6. Jarreau - 3:13
7. New York Bars - 4:04
8. I'll See You Again / 愛は時をこえ - 4:20
9. Look Down, Young Soldier - 4:40


◆プロデュース: Tommy LiPuma

◆参加ミュージシャン: David Williams/Dean Parks/Caleb Quaye(g), David Foster/Michael McDonald/Bill LaBounty/Robbie Buchanan/Leon Pendarvis/James Newton Howard/Don Grusin(k), Nathan East(b), John Robinson(ds), Paulinho Da Costa(per), Jerry Hey(tp), Larry Williams(sax), Stevie Wonder(harmonica), Al Jarreau/Christopher Cross/Patrice Rushen/Leon Ware/James Ingram(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/10/16 15:08 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(0)
Steve Hiettの1983年のアルバム『Down On The Road By The Beach / 渚にて…』。
Steve Hiett / Down On The Road By The Beach (渚にて) (1983年)
Steve Hiettは1940年生まれの英国の写真家。アート・スクールを卒業後、サイケ/ポップ・バンドのメンバーだった時期もあるようだが、68年にファッション・フォトグラファーのキャリアをスタートした。

Steve Hiettはギターを弾くことができ、唯一のギター・ソロ・アルバムを残している。それが本作であり、日本のみで発売された。"This is a Guitar Album" とバック・カヴァーに記されている通り、全編にわたってSteve Hiettが独特の浮遊感のあるギターを弾いている。

本作のプロデュースを担当したのは立川直樹氏。レコーディングには、Steely Danのアルバムなどでギターを弾いているElliott Randallの他、ムーンライダーズの岡田徹(k), 武川雅寛(violin), 白井良明(g), 鈴木博文(g)が参加した。また、加藤和彦もエンディング曲「Standing There」を提供し、この曲ではギターを弾いている。

オリジナル曲は9曲で、内訳はS.Hiettが共作を含めて6曲(1, 3, 5, 6, 9, 11)、E.Randallが1曲(7)、岡田氏が1曲(8)、加藤氏が1曲(13)を提供。カヴァー曲は4曲(2, 4, 10, 12)で、Eddie Floyd, Booker T.Jones等の書いた「Never Find A Girl」(68年)、Chuck Berryの「Roll Over, Beethoven」(56年)、Cliff Richardの「The Next Time」(62年)、Santo & Johnny Farinaの「Sleep Walk」(59年)をセレクトしている。

独特の気だるさのあるアルバムである。夏の午後のうだるような暑さや、遠くの方に立ち上る蜃気楼を思わせる。環境音楽のようでもあるが、それほど素っ気なくはなく、生楽器の心地よい響きがある。

本作は、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズからこの8月に世界初CD化された。CDの解説を立川直樹氏が担当しており、「本当に時代は恐ろしいほど変わってしまったが、この『渚にて』の持つ "気持ちのいい軽み" のようなものを忘れないで、僕は生きていたいと思う。」と寄せている。"軽み" とは軽々しさということではなく、ユーモアや "ゆとり" を指すのだろう。シリアスな時代にこそ必要なものだと思う。

なお、フロント・カヴァーの美しい風景はHiett氏の撮影したもの。当時は本作と同名の写真集も出されたようだ。同じ写真は、2015年に出版されたHiett氏の写真集『』にも収められている。

●収録曲
1. Blue Beach - Welcome To Your Beach - 4:19
2. Never Find A Girl (To Love Me Like You Do) - 2:51
3. By The Pool - 2:39
4. Roll Over, Beethoven - 2:24
5. In The Shade - 3:27
6. Looking Across The Street - 5:03
7. Long Distance Look - 2:24
8. Hot Afternoon - 2:47
9. Crying In The Sun - 3:04
10. The Next Time - 2:35
11. Miss B. B. Walks Away - 3:48
12. Sleep Walk - 2:16
13. Standing There - 3:53


◆プロデュース: 立川 直樹

◆参加ミュージシャン: Steve Hiett(vo, g, b, ds), Elliott Randall(g, ds), 岡田 徹(k), 白井 良明(g), 鈴木 博文(g), 武川 雅寛(violin), 加藤 和彦(g), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/09/03 11:30 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(2)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Rock名盤(1977年) - Libby Titus / Libby Titus 2018/05/16
AOR名盤(1980年) - Fred Knoblock / Why Not Me 2018/05/14
AOR名盤(1977年) - Randy Edelman / If Love Is Real 2018/05/09
AOR名盤(1980年) - Frank Weber / Frank Weber (ニューヨークのストレンジャー) 2018/05/07
Jazz/Fusion名盤(1978年) - Tom Scott / Intimate Strangers 2018/05/02
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp