音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Aretha Franklinの1980年のアルバム『Aretha』。
Aretha Franklin / Aretha (1980年)
Aretha Franklinはアメリカを代表する女性ソウル・シンガー。デビューは18歳のときで、1961年にコロムビア・レコードと契約し、ポピュラー・シンガーとして活動をスタートしている。人気に火がついたのは67年にアトランティック・レコードに移籍してからで、ゴスペル色を前面に出した力強い歌唱スタイルでヒットを量産。60年代の終わりには "The Queen of Soul" と呼ばれるまでになっている。

その後、70年代後半のディスコ・ブームの中で人気が下火になると、80年にアリスタ・レコードに移籍。最初のアルバムとして、この『Aretha』を発表している。スタジオ・アルバムとしては通算26枚目。セルフ・タイトルのアルバムは、コロムビアでのデビュー作『』以来になる。

プロデュースを担当したのはArif MardinとChuck Jacksonの2人。Arifが4曲(1, 2, 6, 8)を、Chuckが残りを担当している。Arif Mardinの担当分はカヴァー曲中心で、Ruby Wintersが歌ったソウル・バラードの「Come To Me」(78年)、Otis Reddingの熱唱で知られる「Can't Turn You Loose」(65年)、The Doobie Brothersのヒット曲「What A Fool Believes」(79年, 米1位)をセレクトしている。

プロデューサーによってバック・ミュージシャンが異なり、Arif Mardinの担当曲では、David FosterやTOTOの面々、Louis Johnson(b)等が参加。「Can't Turn You Loose」では、Aretha Franklinのパワフルな歌唱も圧巻だが、Jeff Porcaro(ds)+Louis Johnson(b)による強力なバネの効いた演奏が凄いことになっている。「What A Fool Believes」の間奏部でのLouisのベースも聴きもの。

Chuck Jackson担当の5曲は、ChuckやArethaの書いた曲で構成。Arethaは「Together Again」と「School Days」を書いている。たおやかなソウル・ナンバーの「United Together」はファースト・シングルになり、R&Bチャートの3位を記録。Arethaの溌剌とした歌声が爽やかなグルーヴを生む「Take Me With You」も、シティ・ソウルのお手本のような素敵なナンバーだ。

Chuck Jackson担当曲のバック・ミュージシャンは、Bernard Purdie/Ed Greene(ds)、Scott Edwards(b), Cornell Dupree/Paul Jackson Jr.(g)、Richard Tee(k)等、NYとLAの実力派による混成。Jeff+Louisのような派手さはないが、安定感抜群の演奏でArethaの歌を支えている。

この年に公開された映画『』にはAretha Franklinも出演し、バンドのギタリスト(Matt "Guitar" Murphy)の妻で、レストランで働く女性を演じている。レストランで「Think」をド派手に歌うシーンは、何度見ても痛快です。

●収録曲
1. Come To Me - 3:44
2. Can't Turn You Loose / お前をはなさない - 3:54
3. United Together - 5:03
4. Take Me With You / あなたとならば - 4:04
5. Whatever It Is / 恋なんて - 3:39
6. What A Fool Believes - 5:13
7. Together Again - 5:17
8. Love Me Forever / 永遠に愛してもっと愛して - 3:30
9. School Days / オー・マイ・スクール・デイズ - 5:00


◆プロデュース: Arif Mardin, Chuck Jackson, Aretha Franklin(vo, k, bv)

◆参加ミュージシャン: Steve Lukather/Cornell Dupree/Paul Jackson Jr.(g), Louis Johnson/Mike Porcaro/Scott Edwards(b), David Paich/David Foster/Richard Tee(k), Jeff Porcaro/Bernard Purdie/Ed Greene(ds), David Sanborn/Michael Brecker(sax), Randy Brecker(tp), Hamish Stuart/The Sweet Inspirations(bv), etc

関連サイト

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/06/06 10:27 Soul / R&B(80年代) TB(0) CM(0)
Lamont Dozierの1981年のアルバム『Working On You』。
Lamont Dozier / Working On You (1981年)
Lamont Dozierは、60年代の米モータウン・レコード専属のソングライター・チームであるHolland–Dozier–Hollandの一人。彼らはEddie(兄)とBrian(弟)のHolland兄弟にLamont Dozierを加えたチームで、DozierとBrianが作曲を、Eddieが作詞を担当していた。The Supremesの「Stop! In the Name of Love」や「You Can't Hurry Love / 恋はあせらず」、Four Topsの「Reach Out I'll Be There」など、彼らが書いた全米No.1ヒットは10曲を超えており、モータウン・サウンドの発展に貢献している。

Dozierは70年代以降にソロ・アルバムも出しており、この『Working On You』は80年代最初のアルバム。プロデュースを自ら手がけ、全曲を自作し、Smokey Robinsonを思わせる少し高めの情熱的な声で歌っている。

モータウンのヒット・メイカーだっただけに、メロディの良い曲を揃えている。メロディの瑞々しさではバラード・ナンバーの「Why」が素晴らしい。きらめくメロディと甘く切ない歌声。静かに感情をこめた "Why" のシャウトが鳥肌モノ。スローからミディアム・テンポへと変化する起伏に富んだ曲調もいい。

Wired Up」や「You Made Me A Believer」のようなモダンでエレガントなソウル・ナンバーも素敵。数々のソウル/ディスコ・ヒットを手がけたBenjamin Wrightが流麗なストリングスをアレンジしている。

80年代には英国アーティストとの仕事も多い。Simply Redの87年のアルバム『Men and Women』や89年のアルバム『A New Flame』でMick Hucknallと数曲を共作。また、88年にはPhil Collinsと「Two Hearts」を共作し、再び全米1位を獲得している。

ちなみに、Phil Collinsはモータウンのヒット曲を好んで歌う。82年には「恋はあせらず」をカヴァーして全米10位となるヒットを記録したほか、2010年には60年代のモータウンやソウル・スタンダードをカヴァーした『』を発表し、Holland–Dozier–Holland作のナンバーを7曲歌っている。

●収録曲
1. Cool Me Out - 5:09
2. Why (Ain't My Love Enough) - 4:38
3. Nobody Told Me - 3:48
4. Too Little Too Long - 4:36
5. Playing For Keeps - 3:42
6. Interlude - 0:55
7. (You Got Me) Wired Up - 4:04
8. Starting Over (We've Made The Necessary Changes) - 4:36
9. Working On You - 3:39
10. Chained (To Your Love) - 4:39
11. You Made Me A Believer - 3:58


◆プロデュース: Lamont Dozier(vo, k)

◆参加ミュージシャン: Paul Jackson Jr./Frank Dookun(g), John Barnes(sy), Nathan East(b), Paulinho Da Costa(per), Quintin Denard(ds), Tony Patler(b, k), Benjamin Wright/Hense Powell(string ar), The Waters(bv), etc


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/05/05 18:40 Soul / R&B(80年代) TB(0) CM(0)
The Pointer Sistersの1981年のアルバム『Black & White』。
The Pointer Sisters / Black & White (1981年)
The Pointer SistersはRuth, Anita, Bonnie, Juneの4姉妹によるR&Bヴォーカル・グループ。1971年にAnita, Bonnie, Juneの3人でデビューし、翌年に長女のRuth Pointerが加わった。その後、77年にBonnieがソロに転向したため、再び3人組になっている。

この『Black & White』は8枚目のスタジオ・アルバム。フロント・カヴァーでは、Anita, Ruth, Juneの3人がダーク・ブラウンの装いでポーズをとるが、バック・カヴァーでは真っ白な衣装で華やかに決めている。Paul McCartneyとStevie Wonderのヒット曲「Ebony and Ivory」(米1位)が翌82年なので、その先がけのようなタイトル。

このアルバムからは、ミディアム・テンポのムーディなソウル・ナンバーの「Slow Hand」がBillboard Hot 100チャートの2位となる大ヒットを記録し、彼女たちの代表曲の一つになっている。また、ポップで軽快な「Should I Do It / 涙のパーティ」も同じチャートの13位をマークした。

「Someday We'll Be Together」はRuss Ballardの作で、シンプルでキャッチ-なサビのメロディがBallardらしい。また、哀愁味のある熟れたメロディが魅力の「Got to Find Love」は、David Lasley等の書いた名曲。Lasleyも同じ年のアルバム『風のファルセット』で、この曲を見事なファルセット・ヴォイスで歌っている。

軽快でダンサブルな「We're Gonna Make It」は、AnitaとJuneがDavid Foster等と共作した曲で、シンセの音使いが80年代風。続く「What A Surprise」は渋いR&Bナンバーで、Anitaのタフなヴォーカルとラップ調のコーラスがクール。この曲は「Slow Hand」に続くシングルになり、R&Bチャートの52位をマークしている。

曲によってリード・ヴォーカルを変えていて、Ruthは1曲(3)、Anitaは3曲(2, 4, 6)、Juneは4曲(1, 7-9)を担当。「We're Gonna Make It」はAnitaとJuneの二人で担当している。Ruthは長女らしい落ち着いた声だが、AnitaとJuneの声はよく似ていて、クレジットを見ないと分からない。

2006年にJuneが他界し、またAnitaもグループを離れたため、現在はRuthと娘のIssa、孫娘のSadako(母親が日本人)の3人でThe Pointer Sistersの活動を続けている。ステージでは長身のRuthがセンターに立ち、娘と孫を左右に従えて、とても貫録がある。

●収録曲
1. Sweet Lover Man - 4:12
2. Someday We'll Be Together / ふたりのめぐり逢い - 4:39
3. Take My Heart, Take My Soul - 4:06
4. Slow Hand - 3:54
5. We're Gonna Make It / 夢のロマンス - 3:56
6. What A Surprise - 4:11
7. Got To Find Love - 4:04
8. Fall In Love Again - 4:30
9. Should I Do It / 涙のパーティ - 3:53


◆プロデュース: Richard Perry

◆参加ミュージシャン: Anita Pointer/Ruth Pointer/June Pointer(vo), Paul Jackson/Tim May(g), Mike Porcaro/Nathan Watts(b), Trevor Lawrence(sax), John Barnes/Greg Phillinganes/Danny Faragher/William Smith(k), Ed Walsh/Mike Cotten/James Newton Howard(sy), John Robinson(ds), Paulinho da Costa(per), etc


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/04/26 10:42 Soul / R&B(80年代) TB(0) CM(0)
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Steve Hiett / Down On The Road By The Beach (渚にて…) 2019/08/18
AOR名盤(1979年) - Christopher Cross / Christopher Cross (南から来た男) 2019/08/11
AOR名盤(1982年) - Larry Lee / Marooned (ロンリー・フリーウェイ) 2019/08/07
AOR名盤(1977年) - Terence Boylan / Terence Boylan 2019/08/01
AOR名盤(1983年) - Finis Henderson / Finis (真夏の蜃気楼) 2019/07/28
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ