音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Dionne Warwickの1982年のアルバム『Heartbreaker』。
Dionne Warwick / Heartbreaker (1982年)
Dionne Warwickは60年代始めから活動しているアメリカの黒人女性シンガー。Whitney Houstonの従姉妹としても知られている。かなりの枚数のスタジオ・アルバムを制作しており、1年に2作以上をリリースすることも少なくない。

この『Heartbreaker』は、Bee GeesのBarry Gibbを中心とするプロデュース作品。この年にも2枚のアルバムが発売されており、Jay Graydonプロデュースの『Friends In Love』は4月、本作は9月のリリースだ。どちらも甲乙付けがたいクオリティだが、間が5ヶ月しかなかったこともあり、『Friends In Love』のセールスは伸びなかった。

本作の収録曲のほとんどは、Gibb兄弟(Barry, Robin, Maurice)の作品。3兄弟で5曲(1, 3, 5, 6, 9)を、プロデューサーの一人であるAlbhy GalutenとBarryで3曲(2, 4, 8)を、Albhy-Barry-Mauriceで1曲(7)を書いている。ラストの「Our Day Will Come」は、Ruby & the Romanticsの63年のヒット曲(米1位)のカヴァーだ。

Barry Gibbはバック・ヴォーカルも担当し、得意のファルセットでDionne Warwickの歌声を優しく包んでいる。Bee Geesが全面協力しているが、Dionneの歌に確かな存在感がある。

華やかなグルーヴと甘美なメロディを持つ「Heartbreaker」は、Bee GeesとDionneのコラボレーションがとてもいい形で実を結んだメロウ・ソング。私は、Dionne Warwickというと、82年のこの「Heartbreaker」を思い出す。本作からのファースト・シングルとなって、Billboard Hot 100チャートの10位となるヒットを記録。Adult Contemporaryチャートでは1位を獲得した。

「It Makes No Difference」「あなたへの家路」「Misunderstood」も、70年代後半からのディスコ・シーンでヒットを飛ばしたBee Geesらしい、エレガントなノリの曲。

バラード系では、「All the Love in the World」に癒される。甘くてメロウなサビのメロディは、Bee Geesの名バラード「愛はきらめきの中に」(77年)のようでもある。この曲はサード・シングルになり、米ACチャートの16位、UKチャートでは10位をマークした。

Ruby & the Romanticsのカヴァー、「Our Day Will Come」もラヴリーな曲。うっとりするように柔らかいラテンのリズム、煌めくエレピの音色、間奏の粋なサックス、エンディングのBarry Gibbのファルセット。それらが美しく調和した素敵なラスト・ソングだ。

本作をプロデュースしたBarry Gibb, Albhy Galuten, Karl Richardsonの3人は、2年前にもBarbra Streisandの名作『Guilty』(80年)を共同でプロデュース。とろけるようにロマンティックな、おすすめのAORである。

●収録曲
1. Heartbreaker - 4:16
2. It Makes No Difference - 4:26
3. Yours - 4:58
4. Take the Short Way Home / あなたへの家路 - 3:47
5. Misunderstood - 4:07
6. All the Love in the World - 3:25
7. I Can't See Anything (But You) - 3:24
8. Just One More Night - 3:51
9. You Are My Love - 3:50
10. Our Day Will Come - 3:47


◆プロデュース: Barry Gibb(bv, ag, ar), Albhy Galuten(k, sy, ar), Karl Richardson

◆参加ミュージシャン: Dionne Warwick(vo), Tim Renwick(g), Richard Tee(k), George Bitzer(k, sy), George Perry(b), Steve Gadd(ds), Joe Lala(per), Gary Brown(sax), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/06/12 11:38 Soul / R&B(80年代) TB(0) CM(0)
Ray Parker Jr.の1982年のアルバム『The Other Woman』。
Ray Parker Jr. / The Other Woman (1982年)
Ray Parker Jr.はギタリストやシンガー・ソングライターのほか、俳優としても活躍するアメリカのミュージシャン。70年代の前半にセッション・ギタリストとしてStevie Wonderなどのアルバムでギターを弾くようになり、1977年にはR&BグループのRaydioを結成して、81年の解散までグループを牽引した。

Raydioは4枚のアルバムを出しているが、Ray Parker Jr.はその全てをプロデュースしている。また全曲を書いており、2作目からはヴォーカル、ギターのほかにベースとキーボードも担当。81年にリリースされた4作目『』では、ついに名義がRay Parker Jr. And Raydioになり、メロウで爽やかなタイトル曲の大ヒット(Billboard Hot 100チャートの4位、R&Bチャートの1位)も生まれた。

本作『The Other Woman』は、Raydioを解散してソロ活動をスタートしたRay Parker Jr.の最初のソロ・アルバム。『A Woman Needs Love』と同じく、プロデュースのほかに複数の楽器(ギターはもちろん、ドラムス、ベース、キーボード、シンセも)を担当している。

アルバムからの最初のシングルはファンキーな「The Other Woman」。メロディがキャッチーで、ロック調のイントロもかっこよく、Billboard Hot 100チャートでは4位、R&Bチャートでは2位を記録した。続く「Streetlove」も、ビートやメロディがよく似ており、「The Other Woman」のリピートのように聴こえる。ちなみに、「The Other Woman」のPVはMichael Jacksonの「Thriller」(82年)と似ているが、撮影されたのは、この曲のほうが(たぶん)早い。

2枚目のシングルは甘いバラードの「Let Me Go」で、イントロではムード満点の甘い囁きが40秒ほど続く。この曲は、Billboard Hot 100チャートの38位、R&Bチャートの3位を記録した(PVでは、イントロは残念ながらカット)。「Stay The Night」もスローなバラードで、甘い囁きこそないが、「Let Me Go」と同じくらいロマンティック。

「It's Our Own Affair / 二人のラヴ・アフェア」と「Stop, Look Before You Love」は、「A Woman Needs Love」路線のメロウで爽やかなナンバー。「二人のラヴ・アフェア」は3枚目のシングルとなって、R&Bチャートでは44位まで到達した。

Ray Parker Jr.というと、84年の映画『ゴースト・バスターズ』の主題歌「Ghostbusters」があまりにもヒットしたので、それを歌うコミカルなおじさんの印象があるが、ロマンティックなバラードや甘い囁きも様になる、マルチ・タレントなミュージシャンなのである。

●収録曲
1. The Other Woman - 4:06
2. Streetlove - 5:30
3. Stay The Night - 4:00
4. It's Our Own Affair / 二人のラヴ・アフェア - 3:50
5. Let Me Go - 5:03
6. Let's Get Off - 4:50
7. Stop, Look Before You Love - 3:58
8. Just Havin' Fun - 3:20


◆プロデュース: Ray Parker Jr. (vo, ds, b, k, g, sy)

◆参加ミュージシャン: Charles Green(sax), Ollie E. Brown(per), Michael Boddicker(vocoder), Larry Tolbert(ds), Anita Sherman/Arnell Carmichael/J.D. Nicholas/Jerry Knight/Lynn Smith(bv)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/04/30 12:17 Soul / R&B(80年代) TB(0) CM(0)
Sadeの1984年のアルバム『Diamond Life』。
Sade / Diamond Life (1985年)
Sade(シャーデー)は、女性シンガーのSade Aduを中心にロンドンで結成された4人組。Sade Aduはナイジェリア生まれで、ナイジェリア人の父とイギリス人の母をもつハーフである。彼らの音楽はソウル、R&B、スムース・ジャズなどの要素を上品にブレンドした独特のポップスで、そのサウンドはエレガントにして知的。Aduの魅惑のアルト・ヴォイスと美しい容姿も話題となり、センセーショナルなデビューを果たした。

『Diamond Life』というゴージャスなタイトルの付いたこのアルバムはSadeのデビュー作。オリジナル8曲(1-8)とカヴァー1曲(9)という構成で、カヴァー曲の「Why Can't We Live Together」は、アメリカのR&Bシンガー、Timmy Thomasの72年のヒット曲(米3位)である。このアルバムからは、「Smooth Operator」(米5位、英19位)、「Your Love Is King」(英6位)がヒットし、アルバムも米5位、英2位をマークした。

「Your Love Is King」の映像は、93年にSan Diegoで行われたライヴだ。私はリアルタイムにSadeのヒット曲を聴いていたし、PVもMTVなどで観ていたが、全てのアルバムを聴き直すほどに好きになったのは、NHKの『黄金の洋楽ライヴ』でSan Diegoのライヴ映像を観てから。成熟したステージ・パフォーマンスに感動し、Aduの歌の力とその神々しい美しさに見入ってしまった。

には、このアルバムから「Your Love Is King」「Smooth Operator」「Cherry Pie」が収録されている。「Your Love Is King」は、タイトルも詞も素敵。"crown" や "ring" というキラキラしたフレーズを散りばめながら、かなり情熱的な歌詞をクールに上品に歌う。ライヴでは女性からの歓声が多い。

ダイヤモンドのような気品と輝きのある女性ならば、ダイヤは必要ない。Diamond Lifeというタイトルには、そんなニュアンスの自信も感じられる。

●収録曲
1. Smooth Operator - 4:58
2. Your Love Is King - 3:40
3. Hang On To Your Love - 5:54
4. Frankie's First Affair - 4:38
5. When Am I Going To Make A Living - 3:25
6. Cherry Pie - 6:20
7. Sally - 5:20
8. I Will Be Your Friend - 4:43
9. Why Can't We Live Together - 5:27


◆プロデュース: Robin Millar

◆参加ミュージシャン: Sade Adu(vo), Andrew Hale(k), Stuart Matthewman(g, sax), Paul Denman(b)
with Paul Anthony Cook(ds), Martin Ditcham(per), Dave Early(ds, per), Terry Bailey/Gordon Matthewman(tp)

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/04/18 11:26 Soul / R&B(80年代) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Mac McAnally / Nothin' But The Truth 2018/11/20
AOR名盤(1982年) - Craig Ruhnke / Just Like The Old Times 2018/11/18
AOR名盤(1981年) - Chris Christian / Chris Christian (出逢い) 2018/11/15
AOR名盤(1978年) - Cuba Gooding / The 1st Cuba Gooding Album 2018/11/13
AOR名盤(1976年) - Faragher Brothers / Faragher Brothers 2018/11/11
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ