音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Lemuriaの1978年のアルバム『Lemuria』。
Lemuria / Lemuria (1978年)
Lemuriaは1978年にハワイで結成されたグループ。中心メンバーのKirk Thompson(k)は、ハワイを代表するグループであるKalapanaに在籍していた。また、Curtis Mayfieldのバンド・メンバーなどを経験したベテラン・パーカッション奏者のHenry Gibsonもメンバーになっている。他に、"The Ladies Of Lemuria" という4人の女性ヴォーカルと、"The Lemuria Horns" という7人編成のホーン・セクションを擁しており、なかなかの大所帯だ。

この『Lemuria』は彼らが残した唯一のアルバム。そのサウンドは、ソウル、ファンク、ジャズなどの要素をミックスしたもので、ナチュラルでピースフル。ハワイに行ったことはないものの、ハワイ産を感じさせる心地よさがある。プロデュースを手がけたのも、Kirk ThompsonとHenry Gibsonの二人。曲作りに関しては、Kirkが8曲(1-4, 6-9)を、ギタリストのJohn Rapozaが1曲(5)を書いている。

Johnの書いた「Get That Happy Feeling」はインスト曲だが、残りはヴォーカル曲。曲によってリード・ヴォーカルが変わり、"The Ladies Of Lemuria" のうちのStacieが3曲(1, 4, 6)、Starが3曲(2, 3, 7), Azureが1曲(8)を分担。ラストの「The Lady And The Dude」では、StacieとベーシストのGary Sprewelがデュエットしている。

綺麗なピアノのイントロで始まる「Hunk Of Heaven」は、一転してファンキーでノリのいい、ラテン系の曲に変わる。切れのあるホーンや爽やかな女性ヴォーカルは、同じハワイ出身のSeawindみたい。

「All I've Got To Give」はメロウでグルーヴィな曲。生楽器の音が優しくて気持ちいい。「Dreams」「Mister U (Universe)」「Moonlight Affair」「The Making Of You」も、そのタイトルから想像できるように、穏やかでナチュラルな曲。アルバムの多くをメロウな曲が占めている。

インスト曲の「Get The Happy Feeling」も、ギターのテクニックを披露するというよりは、全体の柔らかいアンサンブルで魅了する曲。どの曲もそうだが、Henry Gibsonのパーカッションの音がサウンドの軸になっており、柔らかいグルーヴを生み出している。

ジャケットの美しいこと。豪快に波しぶきを上げる海も、空から降り注ぐ黄金の陽光も神々しい。天国なのか、地上の楽園なのか。ちなみに、レムリアとは、かつて存在していたとされる伝説上の大陸らしい。

●収録曲
1. Hunk Of Heaven - 4:00
2. All I've Got To Give - 5:12
3. Dreams - 3:57
4. Mister U (Universe) - 7:10
5. Get That Happy Feeling - 4:07
6. Moonlight Affair - 5:10
7. Mystery Love - 5:12
8. The Making Of You - 3:50
9. The Lady And The Dude - 3:35


◆プロデュース: Kirk Thompson(ar), Master Henry Gibson(per)

◆参加ミュージシャン: Star Williams/Azure McCall/Merri Lake/Stacie Johnson(vo), John Rapoza(g), Kit Ebersbach(k), Gary Sprewel(b, vo), Bert DeJesus(ds), Creed Fernandez(per), Mark Stone/Bill Popaka/Chet Christopher/Gordon Uchima(sax), Ira Nepus(tb), Bill Simmons/Mike Morita(tp), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/06/24 11:21 Soul / R&B(70年代) TB(0) CM(0)
Dionne Warwickの1982年のアルバム『Heartbreaker』。
Dionne Warwick / Heartbreaker (1982年)
Dionne Warwickは60年代始めから活動しているアメリカの黒人女性シンガー。Whitney Houstonの従姉妹としても知られている。かなりの枚数のスタジオ・アルバムを制作しており、1年に2作以上をリリースすることも少なくない。

この『Heartbreaker』は、Bee GeesのBarry Gibbを中心とするプロデュース作品。この年にも2枚のアルバムが発売されており、Jay Graydonプロデュースの『Friends In Love』は4月、本作は9月のリリースだ。どちらも甲乙付けがたいクオリティだが、間が5ヶ月しかなかったこともあり、『Friends In Love』のセールスは伸びなかった。

本作の収録曲のほとんどは、Gibb兄弟(Barry, Robin, Maurice)の作品。3兄弟で5曲(1, 3, 5, 6, 9)を、プロデューサーの一人であるAlbhy GalutenとBarryで3曲(2, 4, 8)を、Albhy-Barry-Mauriceで1曲(7)を書いている。ラストの「Our Day Will Come」は、Ruby & the Romanticsの63年のヒット曲(米1位)のカヴァーだ。

Barry Gibbはバック・ヴォーカルも担当し、得意のファルセットでDionne Warwickの歌声を優しく包んでいる。Bee Geesが全面協力しているが、Dionneの歌に確かな存在感がある。

華やかなグルーヴと甘美なメロディを持つ「Heartbreaker」は、Bee GeesとDionneのコラボレーションがとてもいい形で実を結んだメロウ・ソング。私は、Dionne Warwickというと、82年のこの「Heartbreaker」を思い出す。本作からのファースト・シングルとなって、Billboard Hot 100チャートの10位となるヒットを記録。Adult Contemporaryチャートでは1位を獲得した。

「It Makes No Difference」「あなたへの家路」「Misunderstood」も、70年代後半からのディスコ・シーンでヒットを飛ばしたBee Geesらしい、エレガントなノリの曲。

バラード系では、「All the Love in the World」に癒される。甘くてメロウなサビのメロディは、Bee Geesの名バラード「愛はきらめきの中に」(77年)のようでもある。この曲はサード・シングルになり、米ACチャートの16位、UKチャートでは10位をマークした。

Ruby & the Romanticsのカヴァー、「Our Day Will Come」もラヴリーな曲。うっとりするように柔らかいラテンのリズム、煌めくエレピの音色、間奏の粋なサックス、エンディングのBarry Gibbのファルセット。それらが美しく調和した素敵なラスト・ソングだ。

本作をプロデュースしたBarry Gibb, Albhy Galuten, Karl Richardsonの3人は、2年前にもBarbra Streisandの名作『Guilty』(80年)を共同でプロデュース。とろけるようにロマンティックな、おすすめのAORである。

●収録曲
1. Heartbreaker - 4:16
2. It Makes No Difference - 4:26
3. Yours - 4:58
4. Take the Short Way Home / あなたへの家路 - 3:47
5. Misunderstood - 4:07
6. All the Love in the World - 3:25
7. I Can't See Anything (But You) - 3:24
8. Just One More Night - 3:51
9. You Are My Love - 3:50
10. Our Day Will Come - 3:47


◆プロデュース: Barry Gibb(bv, ag, ar), Albhy Galuten(k, sy, ar), Karl Richardson

◆参加ミュージシャン: Dionne Warwick(vo), Tim Renwick(g), Richard Tee(k), George Bitzer(k, sy), George Perry(b), Steve Gadd(ds), Joe Lala(per), Gary Brown(sax), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/06/12 11:38 Soul / R&B(80年代) TB(0) CM(0)
Crackin'の1977年のアルバム『Makings Of Dream』。
Crackin' / Makings Of Dream (1977年)
Crackin'は70年代に活動した白人・黒人混成のグループ。メンバーには、後にセッション・シンガーとして活躍するLeslie Smithや、売れっ子プロデューサー・チームとしてRobbie DupreeやSmokie Robinson、The Temptations、Kenny Gらを手がけるRick ChudacoffとPeter Bunettaが在籍した。彼らはサン・フランシスコを拠点に活動し、70年代後半に4枚のアルバムを残している。

本作はCrackin'のセカンド・アルバムで、プロデュースを担当したのはRuss Titelman。ソフトでファンキーな曲が多く、Leslie Smith、Arno Lucas、Lester Abramsの3人のヴォーカリストによるソウルフルな歌声と爽やかなハーモニーを楽しむことができる。リード・ヴォーカルについては、Leslieが3曲(1, 2, 6)、Arnoが1曲(5)、Lesterが1曲(4)を担当し、3人で3曲(3, 7, 9)、ArnoとLesterで1曲(8)を歌っている。

曲作りの中心はLester Abramsで、共作も含めて9曲のうち7曲を担当。残り2曲(2, 6)はRick Chudacoff等が書いている。

Leslie Smithがリード・ヴォーカルとった3曲はどれも爽やか。中でも、その伸びやかな歌声を生かした「Feel Alright」は、本作一押しの爽やかなナンバーだ。メロウでキュートな「Who You Want Me To Be」も、Leslieの甘い歌声にとても合っている。

Lester Abramsが歌うミディアム・スローの「I Want To Sing It To You」もいい。シンプルにアレンジされた落ち着いた曲で、メロディに深い哀愁味がある。この曲ではDavid Sanbornがサックス・ソロを吹いており、とてもクール。

Arnoがリード・ヴォーカルをとった「Well And Good」はファンキーなナンバー。コテコテのファンクではなく、どこか開放的で爽やかなところがCrackin'らしい。この曲のホーン・アレンジは、Lester AbramsとDavid Sanbornが手がけている。

モノクロのジャケットを手がけたのは、カヴァー・ アートの巨匠のNorman Seeff。男7人がくっつき合って、こぼれるような笑顔でポーズをとる。暑苦しくなく、むしろ爽やかだ。

●収録曲
1. Feel Alright - 3:49
2. Take Me To The Bridge - 4:30
3. Beautiful Day - 4:38
4. I Want To Sing It To You - 4:07
5. Well And Good - 3:47
6. Who You Want Me To Be - 3:58
7. What Goes Around Comes Around - 4:10
8. You're Winning - 4:08
9. (There's A) Better Way - 4:03


◆プロデュース: Russ Titelman

◆参加ミュージシャン: Leslie Smith(vo), Arno Lucas(vo, per), Lester Abrams(vo, k), G.T. Clinton(k, sy), Rick Chudacoff(b), Peter Bunetta(ds), Bob Bordy(g)
with Milt Holland(ds, per), Victor Feldman(per), David Sanborn(sax), Nick DeCaro(strings ar), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/05/23 15:08 Soul / R&B(70年代) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Tony Sciuto / Island Nights 2018/08/19
AOR名盤(1981年) - Rickie Lee Jones / Pirates 2018/08/14
AOR名盤(1980年) - Peter Allen / Bi-Coastal 2018/08/12
AOR名盤(1978年) - Carole Bayer Sager / ... Too 2018/08/09
AOR名盤(1981年) - Roger Voudouris / On The Heels Of Love 2018/08/05
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ