洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) (1977年) - アルバム・レビュー

2017年08月14日
Rock / Pops名盤(70年代) 2
おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Dave Masonの1977年のアルバム『Let It Flow / 流れるままに』の紹介です。
Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) (1977年)
Dave Masonはイングランド出身のギタリスト。60年代後半にSteve Winwood等とブリティッシュ・ロック・バンドのTrafficを結成して活動したことで知られるが、その後はセッション・ギタリストとしてJimi Hendrixを始めとする錚々たるミュージシャンと仕事をし、90年代前半にはFleetwood Macのメンバーとして活躍した。

Dave Masonは優秀なシンガー・ソングライターでもあり、特に70年代を中心に精力的にソロ・アルバムを制作している。本作『Let It Flow / 流れるままに』は7枚目のスタジオ・アルバム。Dave Masonのソロ・アルバムの中で最も売れたアルバムである。

カヴァー曲が2曲(1, 4)あり、「So High (Rock Me Baby And Roll Me Away) / ハイな気分」はアメリカのブルース・シンガーのDobie Grayの曲。74年のアルバム『Hey Dixie』からの選曲だ。また「Spend Your Life With Me」はJeremy Storchの71年のアルバム『40 Miles Past Woodstock』からのセレクト。

残りについては、Masonが5曲(3, 5, 6, 7, 9)、Jim Kruegerが2曲(2, 10)、Angeleen Gaglianoが1曲(8)を書いている。Kruegerの書いた「We Just Disagree」はシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの12位を記録。Mason最大のヒット曲となった。Kruegerはラストの「What Do We Got Here?」のリード・ヴォーカルも担当している。

Dave Masonのギターには、清潔で爽やかな風合いと開放的な響きがあり、とても気持ちいい。同じ形容がMasonの歌声にもあてはまる。英国出身でありながら、ウェスト・コースト・サウンドのお手本のような爽やかさを身にまとっているミュージシャンだ。

「Seasons / めぐりゆく季節」では、メロウな曲調に合わせるようにMasonの歌とギターがとても優しい。この曲には、CS&NのStephen Stillsとハワイ生まれの女性シンガーのYvonne Ellimanがヴォーカル・ハーモニーで参加し、柔らかい歌声で曲全体を優しく包んでいる。とても癒される曲だ。

●収録曲
1. So High (Rock Me Baby And Roll Me Away) / ハイな気分 - 4:07
2. We Just Disagree - 3:00
3. Mystic Traveler - 5:00
4. Spend Your Life With Me - 3:22
5. Takin' The Time To Find - 4:31
6. Let It Go, Let It Flow / 流れるままに - 3:15
7. Then It's Alright - 4:14
8. Seasons / めぐりゆく季節 - 4:50
9. You Just Have To Wait Now - 3:09
10. What Do We Got Here? 4:21


◆プロデュース: Dave Mason(g, vo), Ron Nevison

◆参加ミュージシャン: Mike Finnigan(k, vo), Bobbye Hall(per), Rick Jaeger(ds), Gerald Johnson(b), Jim Krueger(g, vo), Ernie Watts(sax), Karen Patterson/Verna Richardson/Stephen Stills/Yvonne Elliman(bv)


関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント2件

コメントはまだありません

240

AOR

こんにちは。
デイヴ・メイソンの70年代のアルバムって、どれも魅力的ですね。スワンプから段々と音が洗練されてきて、AOR系に向かい…、本作は未聴ですが、なかなか良さそうなアルバムですね。
私の夏休みは今日でおしまい。明日から社会復帰してきます(笑)。

2017年08月14日 (月) 17:24

Warm Breeze

Re: AOR

240さん、こんにちは

デイヴ・メイソン、いいですよね~。バランスが良いし、クラプトンにも似てるかな。バランスが良過ぎて、クラプトンやジェフ・ベックと比べると個性が埋もれてしまっている感じもしますが、いぶし銀の味わいがありますね。

2017年08月15日 (火) 09:28