音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Steve Hiettの1983年のアルバム『Down On The Road By The Beach / 渚にて…』。
Steve Hiett / Down On The Road By The Beach (渚にて) (1983年)
Steve Hiettは1940年生まれの英国の写真家。アート・スクールを卒業後、サイケ/ポップ・バンドのメンバーだった時期もあるようだが、68年にファッション・フォトグラファーのキャリアをスタートした。

Steve Hiettはギターを弾くことができ、唯一のギター・ソロ・アルバムを残している。それが本作であり、日本のみで発売された。"This is a Guitar Album" とバック・カヴァーに記されている通り、全編にわたってSteve Hiettが独特の浮遊感のあるギターを弾いている。

本作のプロデュースを担当したのは立川直樹氏。レコーディングには、Steely Danのアルバムなどでギターを弾いているElliott Randallの他、ムーンライダーズの岡田徹(k), 武川雅寛(violin), 白井良明(g), 鈴木博文(g)が参加した。また、加藤和彦もエンディング曲「Standing There」を提供し、この曲ではギターを弾いている。

オリジナル曲は9曲で、内訳はS.Hiettが共作を含めて6曲(1, 3, 5, 6, 9, 11)、E.Randallが1曲(7)、岡田氏が1曲(8)、加藤氏が1曲(13)を提供。カヴァー曲は4曲(2, 4, 10, 12)で、Eddie Floyd, Booker T.Jones等の書いた「Never Find A Girl」(68年)、Chuck Berryの「Roll Over, Beethoven」(56年)、Cliff Richardの「The Next Time」(62年)、Santo & Johnny Farinaの「Sleep Walk」(59年)をセレクトしている。

独特の気だるさのあるアルバムである。夏の午後のうだるような暑さや、遠くの方に立ち上る蜃気楼を思わせる。環境音楽のようでもあるが、それほど素っ気なくはなく、生楽器の心地よい響きがある。

本作は、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズからこの8月に世界初CD化された。CDの解説を立川直樹氏が担当しており、「本当に時代は恐ろしいほど変わってしまったが、この『渚にて』の持つ "気持ちのいい軽み" のようなものを忘れないで、僕は生きていたいと思う。」と寄せている。"軽み" とは軽々しさということではなく、ユーモアや "ゆとり" を指すのだろう。シリアスな時代にこそ必要なものだと思う。

なお、フロント・カヴァーの美しい風景はHiett氏の撮影したもの。当時は本作と同名の写真集も出されたようだ。同じ写真は、2015年に出版されたHiett氏の写真集『』にも収められている。

●収録曲
1. Blue Beach - Welcome To Your Beach - 4:19
2. Never Find A Girl (To Love Me Like You Do) - 2:51
3. By The Pool - 2:39
4. Roll Over, Beethoven - 2:24
5. In The Shade - 3:27
6. Looking Across The Street - 5:03
7. Long Distance Look - 2:24
8. Hot Afternoon - 2:47
9. Crying In The Sun - 3:04
10. The Next Time - 2:35
11. Miss B. B. Walks Away - 3:48
12. Sleep Walk - 2:16
13. Standing There - 3:53


◆プロデュース: 立川 直樹

◆参加ミュージシャン: Steve Hiett(vo, g, b, ds), Elliott Randall(g, ds), 岡田 徹(k), 白井 良明(g), 鈴木 博文(g), 武川 雅寛(violin), 加藤 和彦(g), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/09/03 11:30 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(2)
コメント
何か幻想的なAOR世界への御招待・・、こういう音楽もあったのですね!
2017/09/04 22:27 ローリングウエスト URL
Re: タイトルなし
ローリングウエストさん、こんにちは

私もこの音楽は初めてでした。こういうのもあったんですね。まさに幻想的。でも心地よいサウンドです。それと、夏の暑い日にピッタリですね。Steve Hiett氏の写真集にも興味が湧いてきました。
2017/09/05 10:19 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/121-4664c319
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター