音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Steve Kipnerの1979年のアルバム『Knock The Walls Down』。
Steve Kipner / Knock The Walls Down (1979年)
Steve KipnerはOlivia Newton-Johnの81年の大ヒット曲「Physical」の作者として知られるソングライター。他にも、Oliviaの「Heart Attack」(82年, 米3位)や「Twist of Fate」(83年, 米5位)、Chicagoの「Hard Habit to Break」(84年, 米3位)、Wilson Phillipsの「Impulsive」(90年, 米4位)、Christina Aguileraの「Genie in a Bottle」(99年, 米1位)などのヒット曲を書いている。60年代から活動しており、キャリアは長い。

本作はSteve Kipnerの唯一のソロ・アルバム。Jay Graydonの初プロデュース作品でもあるらしい。Graydonはこの年に、The Manhattan Transferの『Extensions』、Marc Jordanの『Blue Desert』、Alan Sorrentiの『L.A. & N.Y.』などのAORの人気作を次々とプロデュースしている。

曲は共作も含めて全てSteve Kipnerのオリジナルで、メロディのきれいな曲が揃っている。このうち3曲(1, 4, 10)はJay Graydonとの共作。バック・ミュージシャンが豪華で、曲・演奏・アレンジのどれをとってもクオリティが高く、またバランスが良い。

特に演奏面では、「I've Got To Stop This Hurting You」を除く全曲でJeff Porcaro(ds)とDavid Hungate(b)がボトムを支え、その生き生きとしたグルーヴの上をJay Graydonの華のあるギターが伸びやかに舞うという、AOR好きには垂涎のサウンドが展開される。

内容は「The Beginning」に始まり、「The Ending」で終わるコンセプト・アルバム風の作りになっており、カヴァー・アートもストーリー仕立て。フロント・カヴァーではSteveが花束を手にドアの前で襟元を整え、意中の女性を誘うべく意気揚々としている(トップの画像)。バック・カヴァーでは、女性がドアを開ける横の壁を破って花束を差し出す。
Steve Kipner / Knock The Walls Down (バック・カヴァー)

そしてジャケットのインナーでは、女性とめでたく親密になっているという落ち。手にした花束はボロボロだけど。「Knock The Walls Down」というタイトルどおりのデザインが微笑ましい。
Steve Kipner / Knock The Walls Down (インナー・フォト)

ラストの「The Ending」で聴くことのできるJay Graydonの長く優美なギター・ソロは、胸のすくようなカッコよさ。Graydonの3大ギター・ソロの一つとされており、他の2つはMarc Jordanの「I'm A Camera」とAlan Sorrentiの「Beside You」。私は「The Ending」のソロが一番気に入っている。

●収録曲
1. The Beginning - 2:30
2. Knock The Walls Down - 4:11
3. Lovemaker - 3:12
4. School Of Broken Hearts / 失恋教室 - 3:58
5. War Games - 3:48
6. I've Got To Stop This Hurting You - 3:29
7. Love Is Its Own Reward / 愛の報酬 - 3:25
8. Cryin's Out For Love - 3:32
9. Guilty - 3:29
10. The Ending - 3:23


◆プロデュース: Jay Graydon(g, k, ar), Tom Seufert(g), Steve Kipner(vo, ag, ar)

◆参加ミュージシャン: Larry Carlton/Steve Lukather/Dean Parks(g), David Foster/Michael Omartian/Greg Mathieson/Geoffrey Leib(k), David Hungate(b), Jeff Porcaro(ds), Victor Feldman(per), Jerry Hey(tp), Bill Champlin/Bobby Kimball/Tom Kelly/Peter Beckett/J.C. Crowley(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/12/15 16:21 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/13-82023f38
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1977年) - Ben Sidran / The Doctor Is In 2018/07/19
AOR名盤(1985年) - Michael McDonald / No Lookin' Back 2018/07/17
AOR名盤(1981年) - John Valenti / I Won't Change (女はドラマティック) 2018/07/15
AOR名盤(1978年) - Bill LaBounty / This Night Won't Last Forever 2018/07/12
AOR名盤(1981年) - Gino Vannelli / Nightwalker 2018/07/10
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』y240.exblog.jp