音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

ハード・ロックの王者、Led Zeppelinの1969年のデビュー作『Led Zeppelin』。その最新リマスタリングが2014年6月に発売されました。
Led Zeppelin / 2014年デジタル・リマスター (1981年)
リマスタリングの監修はJimmy Page。1CDのStandard Edition、2CDのDeluxe Edition、完全初回生産限定のBOX仕様であるSuper Deluxe Editionという3種類のパッケージがあります。

Deluxe EditionとSuper Deluxe Editionには未発表のライヴ音源を収録。Super Deluxe EditionはCDと同じ内容を3枚のLPにも収録したBOXセットで、Amazonでは国内パッケージが約21,000円、輸入パッケージが約14,000円(2014年5月時点)です。

デビュー作『Led Zeppelin』はハード・ロックの歴史的名盤。わずか36時間のスタジオ・ワークで完成させたと言われていますが、米10位、英6位を記録し、全米で800万枚を売り上げました。

リフが印象的な「Good Times Bad Times」や「Communication Breakdown」、アメリカ人女性シンガーAnne Bredonの作品を改曲した「Babe I'm Gonna Leave You」、Jimmy Pageのヤードバーズ時代の作品の改曲である「Dazed and Confused」、Willie Dixonのブルース・ナンバーのカヴァー「You Shook Me」「I Can't Quit You Baby」などの強力なナンバーを収録しています。

なお、セカンド・アルバム『Ⅱ』、サード・アルバム『Ⅲ』の最新リマスタリングも同時に発売されています。

●Standard Edition (1CD)
最新デジタル・リマスターによるオリジナル音源 (紙ジャケット仕様)

●収録曲
1. Good Times Bad Times
2. Babe I'm Gonna Leave You
3. You Shook Me
4. Dazed and Confused / 幻惑されて
5. Your Time is Gonna Come / 時が来たりて
6. Black Mountain Side
7. Communication Breakdown
8. I Can't Quit You Baby / 君から離れられない
9. How Many More Times


●Deluxe Edition (2CD)
CD1: 最新デジタル・リマスターによるオリジナル音源 (紙ジャケット仕様)
CD2: パリ、オリンピア劇場で行われた1969年10月10日のライブ音源 (未発表音源)

●収録曲
<ディスク:1>
Standard EditionのCDと同内容
<ディスク:2>
1. Good Times Bad Times / Communication Breakdown
2. I Can't Quit You Baby / 君から離れられない
3. Heartbreaker
4. Dazed and Confused / 幻惑されて
5. White Summer / Black Mountain Side
6. You Shook Me
7. Moby Dick
8. How Many More Times


●Super Deluxe Edition (完全初回生産限定 豪華BOX仕様)
2CD+3LP+DLカード+特典ジャケット+豪華ブックレット

●パッケージの内容
・CD1: 最新デジタル・リマスターによるオリジナル音源 (紙ジャケ仕様)
・CD2: パリ、オリンピア劇場で行われた1969年10月10日の未発表ライブ
・LP1: CD1と同内容 (180g重量盤LP/初期ジャケット再現)
・LP2&3: CD2と同内容
・HD音源のDLカード (96kHz/24bit ※ライブは48kHz/24bit)
・高品質プリント・ジャケット (LPサイズ・シリアルNo.入り)
・未発表の貴重な写真とメモラビリアを含む特別ブックレット
・アトランティック・レーベルの初期プレス・キットのレプリカ


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2014/05/18 11:15 Led Zeppelin TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/132-2eac185c
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター