音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

John Valentiの1976年のアルバム『Anything You Want』。
John Valenti / Anything You Want (1976年)
John Valentiはシカゴ出身のミュージシャン。60年代の終わりから音楽活動をしており、70年代の前半は地元シカゴのPuzzleというポップ・ソウル・バンドに在籍して、リード・シンガーとドラマー、ソングライターを担当していた。PuzzleはChicagoのようなブラス・セクションを擁する6人組で、白人のグループにしては珍しくモータウン・レコードと契約し、2枚のアルバムを1973年と74年に残している。

本作『Anything You Want』は、Puzzleの解散後にソロとなったJohn Valentiのファースト・アルバム。アルバムを聴いてまず驚かされるのは、John Valentiの声と歌い方がStevie Wonderに瓜二つであること。似ているというレベルを超えて、「Anything You Want」「Was It Something I Said」「Why Don't We Fall In Love」などはStevieそのもの。モータウン・レコードの大先輩であるStevieへの憧れとリスペクトがストレートに伝わってきて感動的だ。

明るく爽やかで、ときに胸がキュンとするメロディやファンキーなリズムもStevie Wonderの作る曲と同じ。「I Wrote This Song For You」の間奏ではハーモニカも登場し、Stevieのような味わいがある。

収録曲のうちJohn Valentiのオリジナルは7曲(1-4, 6, 9, 11)で、そのうち5曲をPuzzle時代の仲間のJoseph Spinazolaと共作。残りはカヴァー曲で、Frank Sinatraなどが歌ったスタンダード・ナンバーの「Time After Time」や、Jackie Wilsonの67年のヒット曲「Higher And Higher」(米6位, Rita Coolidgeの77年バージョンもあり)などを歌っている。

John Valentiは西海岸に活動拠点を移してこのアルバムを制作しており、バックを固める西海岸のミュージシャンの演奏も楽しげで、とてもグルーヴィー。「Morning Song」というスウィートな曲があるが、こちらはハワイ出身のMackey Fearyも96年リリースのアルバム『Burning Bridges』でカヴァーした。

ポジティヴで幸せなムードに満ちたアルバムだが、ジャケットの瞳からは涙が流れる。バック・カヴァーには、"p.s. i still love you chicago" のメッセージがあるので、涙のわけは生まれ故郷のシカゴに対する郷愁なのかも知れない。

●収録曲
1. Anything You Want - 3:16
2. Was It Something I Said - 3:23
3. I Wrote This Song For You - 3:16
4. Morning Song - 3:10
5. Time After Time - 3:52
6. Why Don't We Fall In Love - 3:34
7. Higher And Higher - 3:08
8. Save Me - 3:05
9. The Day After You - 3:30
10. I Love Her Too - 3:30
11. That's The Way Life Goes - 3:24


◆プロデュース: Bob Cullen

◆参加ミュージシャン: Jay Graydon/Dean Parks/Tom Rotella(g), Sonny Burke/Mike Melvoin(k), Jim Hughart(b), Jim Gordon/Ed Greene(ds), etc


関連記事

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


▶スポンサーリンク



2018/04/09 15:59 AOR名盤(1974~1976年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/133-845952a4
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Robbie Dupree / Robbie Dupree (ふたりだけの夜) 2019/05/23
Rock名盤(1981年) - TOTO / Turn Back 2019/05/21
Soul/R&B名盤(1976年) - Donny Gerrard / Donny Gerrard 2019/05/18
Rock名盤(1986年) - Larry John McNally / Fade To Black 2019/05/16
Rock名盤(1974年) - The Souther, Hillman, Furay Band / The Souther, Hillman, Furay Band 2019/05/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ