音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

John Valentiの1976年のアルバム『Anything You Want』。
John Valenti / Anything You Want (1976年)
John Valentiはシカゴ出身のミュージシャン。60年代の終わりから音楽活動をしており、70年代の前半は地元シカゴのPuzzleというポップ・ソウル・バンドに在籍して、リード・シンガーとドラマー、ソングライターを担当していた。PuzzleはChicagoのようなブラス・セクションを擁する6人組で、白人のグループにしては珍しくモータウン・レコードと契約し、2枚のアルバムを1973年と74年に残している。

本作『Anything You Want』は、Puzzleの解散後にソロとなったJohn Valentiのファースト・アルバム。アルバムを聴いてまず驚かされるのは、John Valentiの声と歌い方がStevie Wonderに瓜二つであること。似ているというレベルを超えて、「Anything You Want」「Was It Something I Said」「Why Don't We Fall In Love」などはStevieそのもの。モータウン・レコードの大先輩であるStevieへの憧れとリスペクトがストレートに伝わってきて感動的だ。

明るく爽やかで、ときに胸がキュンとするメロディやファンキーなリズムもStevie Wonderの作る曲と同じ。「I Wrote This Song For You」の間奏ではハーモニカも登場し、Stevieのような味わいがある。

収録曲のうちJohn Valentiのオリジナルは7曲(1-4, 6, 9, 11)で、そのうち5曲をPuzzle時代の仲間のJoseph Spinazolaと共作。残りはカヴァー曲で、Frank Sinatraなどが歌ったスタンダード・ナンバーの「Time After Time」や、Jackie Wilsonの67年のヒット曲「Higher And Higher」(米6位, Rita Coolidgeの77年バージョンもあり)などを歌っている。

John Valentiは西海岸に活動拠点を移してこのアルバムを制作しており、バックを固める西海岸のミュージシャンの演奏も楽しげで、とてもグルーヴィー。「Morning Song」というスウィートな曲があるが、こちらはハワイ出身のMackey Fearyも96年リリースのアルバム『Burning Bridges』でカヴァーした。

ポジティヴで幸せなムードに満ちたアルバムだが、ジャケットの瞳からは涙が流れる。バック・カヴァーには、"p.s. i still love you chicago" のメッセージがあるので、涙のわけは生まれ故郷のシカゴに対する郷愁なのかも知れない。

●収録曲
1. Anything You Want - 3:16
2. Was It Something I Said - 3:23
3. I Wrote This Song For You - 3:16
4. Morning Song - 3:10
5. Time After Time - 3:52
6. Why Don't We Fall In Love - 3:34
7. Higher And Higher - 3:08
8. Save Me - 3:05
9. The Day After You - 3:30
10. I Love Her Too - 3:30
11. That's The Way Life Goes - 3:24


◆プロデュース: Bob Cullen

◆参加ミュージシャン: Jay Graydon/Dean Parks/Tom Rotella(g), Sonny Burke/Mike Melvoin(k), Jim Hughart(b), Jim Gordon/Ed Greene(ds), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/04/09 15:59 AOR名盤(1974~1976年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/133-845952a4
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1984年) - Sade / Diamond Life 2018/04/18
AOR名盤(1983年) - Russ Taff / Walls Of Glass 2018/04/16
AOR名盤(1978年) - Player / Player (ベイビー・カム・バック) 2018/04/13
AOR名盤(1977年) - Leo Sayer / Thunder In My Heart 2018/04/11
AOR名盤(1976年) - John Valenti / Anything You Want 2018/04/09
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp