音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Average White Bandの1980年作『Shine』。
Average White Band / Shine
Average White Bandは、1972年にスコットランドで結成された6人組のR&Bグループ。
名前のとおり白人中心のグループだが、黒人顔負けのソウルフルでファンキーな楽曲と演奏で人気を博した。

1974年にはロサンゼルスに移り、セカンド・アルバム『AWB』をリリース。
このアルバムからのファースト・シングル「Pick Up The Pieces」が大ヒットし、Billboard Pop Singlesチャートの1位を獲得。アルバムもBillboard 200チャートの1位に輝いた。

本作『Shine』は、スタジオ・アルバムとしては8枚目にあたる。
David Fosterのプロデュース作品ということで、AORシーンでの人気が高いアルバムだ。
Foster作品の王道を行くスタイリッシュで華やかなアレンジが施されており、ダンス・チューンも甘美なバラードも、抜群の心地よさがある。

全曲がAWBのオリジナルであり、制作の中心はHamish StuartとAlan Gorrieの二人。
共作者がなかなか豪華で、「After The Love Has Gone」のような甘美なバラードの「For You, For Love」は、Bill Champlinとの共作。「What Cha' Gonna Do For Me」と「Shine」は、Ned Dohenyとの共作。「Catch Me」と「Help Is On The Way」は、David Fosterとの共作である。

「What Cha' Gonna Do For Me」はAORファンにはお馴染みの名曲で、Chaka Khanの1981年のアルバム『What Cha' Gonna Do For Me』のタイトル曲になった他、共作者のNed Dohenyも1988年のアルバム『Life After Romance』でカヴァーしている。

「Let's Go Round Again」もダンス・クラシックの定番。UKチャートでは12位のヒットを記録した。

●収録曲
1. Our Time Has Come - 3:36
2. For You, For Love - 3:52
3. Let's Go Round Again - 4:56
4. What Cha' Gonna Do For Me - 4:10
5. Into The Night - 3:59
6. Catch Me (Before I Have To Testify) - 4:59
7. Help Is On The Way - 4:19
8. If Love Only Lasts For One Night - 4:38
9. Shine - 3:58


◆プロデュース: David Foster(k, ar)

◆参加ミュージシャン: Hamish Stuart(g, vo), Alan Gorrie(b, vo), Onnie Mclntyre(g), Roger Ball(k, sax), Steve Ferrone(ds, per), Malcolm Duncan(sax)
with Lennie Castro/Paulinho Da Costa(per), Jerry Hey(tp, ar), Brenda Russell(bv), etc.

なお、本作を含む、AORテイストの4タイトルを収めた2CDのセット『Feel No Fret / Volume Ⅷ / Shine / Cupids in Fashio』もお薦め。デジタル・リマスタリングされており、ブックレット付きで価格が1,800円程度(*)という嬉しいパッケージだ。
(*)執筆時点のAmazonでの価格

ブックレットには全アルバムのクレジットと全曲の歌詞に加え、詳しい解説が記されており、実に丁寧。
セット内容は、1979年の『Feel No Fret』から1982年の『Cupid's In Fashion』までの4タイトルで、David Fosterプロデュースは本作『Shine』と『Volume Ⅷ』の2タイトル。
『Volume Ⅷ』からは4曲のみの収録だが、同アルバムのセッションから、TOTOのDavid Paich作「Miss Sun」をボーナス・トラックとして収録している。

●CDセットの内容
1.『Feel No Fret』(1979年)
2.『Shine』(1980年)
 David Fosterプロデュース
3.『Volume Ⅷ』(1980年)
 David Fosterプロデュース
 4曲+「Miss Sun」(ボーナス・トラック)
4.『Cupid's In Fashion』(1982年)
 Dan Hartmanプロデュース



関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/10/19 19:13 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/134-fdd8ec4a
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター