音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Kerry Chater(ケリー・チェイター)の1978年作『Love On A Shoestring / ちぎれそうな恋』。
Kerry Chater / Love On A Shoestring
Kerry Chaterは、カナダのヴァンクーヴァー生まれ、アメリカ育ちのシンガー・ソングライター。
60年代の後半に、Gary Puckett & The Union Gapというアメリカン・ポップ・バンドのベーシストとして活動し、Billboard Hot 100チャートのTop 10ヒットを何曲か生んでいる。

70年代に入るとバンドを離れてソングライターの道を進み、70年代後半にソロ・アルバムを2枚リリースした。本作は、その2枚目のソロ・アルバムである。

本作のプロデュースは、名プロデューサーのSteve Barriが担当した。また、アレンジャーをMichael Omartianが務めている。収録曲は、2曲(8, 9)を除いてKerry Chaterのオリジナルである。

ジャケット一杯に写った穏やかな笑顔を見ると、「気持ちのいい人だなぁ…」と思う。
このジャケットのように、素朴で清々しいアルバムだ。

アコースティックな響きをベースとしつつ、都会的な洗練をさり気なく纏ったサウンド。
華美なアレンジはなく、素材の良さで勝負している。

「Leave Well Enough Alone」はTom Snowとの共作。
Leo Sayerが1977年のアルバム『Thunder In My Heart』で、この曲を歌っている。

タイトル曲「Love on a Shoestring / ちぎれそうな恋」は、Captain & Tennilleが1979年のアルバム『Make Your Move』でカヴァー。シングル・カットもされ、Billboard Hot 100チャートの55位に到達した。

なお、"love on a shoestring" は "live on a shoestring" (わずかなお金で暮らす)になぞらえたのだろう。
かろうじて愛を繋ぎ止めている、という意味だろうか。「ちぎれそうな」という邦題がとてもキャッチーだ。

Kerry Chaterの1977年のファースト・アルバム『Part Time Love』は、ワーナーの「AOR BEST SELECTION 1300」シリーズから、10月に高品質SHM-CDで再発された。セカンド・アルバム同様、プロデュースをSteve Barriが、アレンジをMichael Omartianが担当している。
私はまだ未聴だが、この機会に聴いてみようと思っている。

●収録曲
1. Well on My Way to Loving You / 愛の途中 - 3:52
2. Quicksilver - 3:37
3. No Room in My Life (for Anyone Else but You) - 3:31
4. Once Is Enough - 3:57
5. Leave Well Enough Alone - 3:40
6. Ain't Nothin' for a Heartache - 3:36
7. Easy Love - 3:02
8. Say Your Mama Won't Mind - 3:49
9. Little Girls - 3:20
10. Love on a Shoestring / ちぎれそうな恋 - 3:15


◆プロデュース: Steve Barri

◆参加ミュージシャン: Kerry Chater(vo, ag), Michael Omartian(k, ar), Tim Weston(g), Peter Freiberger(b, steel g), Mike Botts(ds), Victor Feldman(per), Jim Horn(sax), Jim Haas/Jon Joyce(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/11/13 22:32 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/138-255eff7a
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター