音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Kerry Chater(ケリー・チェイター)の1978年のアルバム『Love On A Shoestring / ちぎれそうな恋』。
Kerry Chater / Love On A Shoestring (ちぎれそうな恋) (1978年)
Kerry Chaterは、カナダのヴァンクーヴァー生まれ、アメリカ育ちのシンガー・ソングライター。60年代の後半に、Gary Puckett & The Union Gapというポップ・バンドのベーシストとして活動しており、その際には、5曲が全米チャートのトップ10入りを果たしている。

70年代に入るとバンドを離れてソングライターの道を歩み、70年代後半に2枚のソロ・アルバムを残した。この『Love On A Shoestring』は2作目で、デビュー作と同じく、プロデュースをSteve Barri、アレンジャーをMichael Omartianが担当している。収録曲は、2曲(8, 9)を除いてKerry Chaterのオリジナルで、その全てが共作曲だ。

ジャケットいっぱいの屈託のない笑顔。素朴さを残しつつ、都会的な洗練をさり気なく纏ったサウンドは、このジャケットのように気さくで気持ちいい。華美なアレンジを抑えて、素材の良さで勝負する感じ。

「Leave Well Enough Alone」はTom Snowとの共作で、Tom Snowらしく、メロディにフックのあるナンバー。Leo Sayerが77年のアルバム『Thunder In My Heart』で、この曲を歌っている。「Quicksilver」の哀愁を帯びた濃厚なメロディもいい。軽快な「Ain't Nothin' for a Heartache」に関しては、Larry Carltonが80年のアルバム『』でカヴァーし、自ら歌った。

タイトル曲の「Love on a Shoestring」は、Captain & Tennilleの79年のアルバム『』でカヴァーされ、Billboard Hot 100チャートの55位をマーク。"love on a shoestring" は "live on a shoestring" (わずかなお金で暮らす) になぞらえたもの。続けることが難しい二人の関係を歌っており、「ちぎれそうな恋」という邦題がうまい。

77年のファースト・アルバム『』においてTom Snowと共作した「Even a Fool Would Let Go」も、じっくり聴かせる名曲。B.J. Thomas, Kenny Rogers, Dolly Parton, Dionne Warwick, Joe Cockerなどの大物に歌われている。

●収録曲
1. Well on My Way to Loving You / 愛の途中 - 3:52
2. Quicksilver - 3:37
3. No Room in My Life (for Anyone Else but You) - 3:31
4. Once Is Enough - 3:57
5. Leave Well Enough Alone - 3:40
6. Ain't Nothin' for a Heartache - 3:36
7. Easy Love - 3:02
8. Say Your Mama Won't Mind - 3:49
9. Little Girls - 3:20
10. Love on a Shoestring / ちぎれそうな恋 - 3:15


◆プロデュース: Steve Barri

◆参加ミュージシャン: Kerry Chater(vo, ag), Michael Omartian(k, ar), Tim Weston(g), Peter Freiberger(b, steel g), Mike Botts(ds), Victor Feldman(per), Jim Horn(sax), Jim Haas/Jon Joyce(bv), etc


関連記事

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2018/09/05 16:14 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/138-255eff7a
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Steve Hiett / Down On The Road By The Beach (渚にて…) 2019/08/18
AOR名盤(1979年) - Christopher Cross / Christopher Cross (南から来た男) 2019/08/11
AOR名盤(1982年) - Larry Lee / Marooned (ロンリー・フリーウェイ) 2019/08/07
AOR名盤(1977年) - Terence Boylan / Terence Boylan 2019/08/01
AOR名盤(1983年) - Finis Henderson / Finis (真夏の蜃気楼) 2019/07/28
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ