音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Air Supplyの1981年のアルバム『The One That You Love / シーサイド・ラヴ』。
Air Supply / The One That You Love (シーサイド・ラヴ) (1981年)
Air Supplyはオーストラリア出身のソフト・ロック・デュオ。シンガー・ソングライターでありギタリストのGraham Russellとリード・ヴォーカリストのRussell Hitchcockによって1975年に結成された。

彼らを一躍有名にしたのは1981年にリリースされた5作目の『Lost In Love』。Billboard Hot 100チャートの3位を記録したタイトル曲を始め、3曲が全米チャートのTop 5に入るヒットを記録し、優美なメロディと爽やかなヴォーカル&ハーモニーを特徴とする彼らの音楽は「ペパーミント・サウンド」と呼ばれた。

本作『The One That You Love / シーサイド・ラヴ』はそれに続く6作目。前作の路線を踏襲し、ヒット・チャートでは前作以上の好成績を残している。

ファースト・シングルの「The One That You Love」はBillboard Hot 100チャートにおいて初の(かつ唯一の)1位を獲得。続く「Here I Am」と「Sweet Dreams」も5位を記録し、前作に続いて3曲が全米チャートのTop 5入り。アルバムはBillboard 200チャートの10位となり、彼らのアルバムの中で最高位をマークした。

アルバムに収録された10曲のうち7曲(1, 4, 5, 6, 7, 9, 10)はGraham Russellの作/共作。残りの3曲のうち「Here I Am」はNorman Saleetの作。本作の中で最も清涼感のある "ペパーミントな" 曲だ。同じ年のArt Garfunkelのアルバム『Scissors Cut』に収録された「北風のラスト・レター」もSaleetの作である。

また、「Keeping The Love Alive」はRichard Supa、「I'll Never Get Enough Of You」はGary Portnoy等の作。爽やかな「I'll Never Get Enough Of You」は、Samantha Sangの79年のアルバム『From Dance To Love』の収録曲のカヴァーで、日本では沢田研二と多岐川裕美が主演した81年のTVドラマ『いつか黄昏の街で』で使われ、シングル・カットもされた。

なお、本作の日本盤のフロント・カヴァーは微妙に差し替えられている。オリジナルのデザインはこちら。
Air Supply / The One That You Love (オリジナル・フロント・カヴァー)
構図は同じで、海と大地の違い、気球のデザインの違いしかない。逆にこれしか違わないならば、オリジナルのままで良いではないかと思うが、どうしても『シーサイド・ラヴ』というタイトルに合わせたかったのだろう。

●収録曲
1. Don't Turn Me Away - 3:39
2. Here I Am (Just When I Thought I Was Over You) - 3:46
3. Keeping The Love Alive / 愛をうたにのせて - 3:32
4. The One That You Love / シーサイド・ラヴ - 4:17
5. This Heart Belongs To Me / マイ・ラヴ - 4:11
6. Sweet Dreams - 5:19
7. I Want To Give It All / ギヴ・イット・オール - 3:37
8. I'll Never Get Enough Of You / あなたのいない朝 - 3:42
9. Tonite / 僕のメモリアル・ソング - 3:47
10. I've Got Your Love - 3:39


◆プロデュース: Harry Maslin, Clive Davis

◆参加ミュージシャン: Graham Russell(ag, vo), Russell Hitchcock(vo), David Moyse/Rex Goh(g), Frank Esler-Smith(k), Dave Green(b), Ralph Cooper(ds)


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/09/05 19:07 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/139-c678f1c8
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター