音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Leah Kunkel(リア・カンケル)の1979年作『Leah / リア』。
Leah Kunkel / Leah
Leah Kunkelはアメリカのシンガー・ソングライター。
「California Dreamin' / 夢のカリフォルニア」のヒットで有名なフォーク・ロック・グループ、The Mamas & The Papasのメンバーで、1974年に夭逝したCass Elliotの妹である。
また、夫は著名なセッション・ドラマーのRuss Kunkelだ。

Leah Kunkelは1979年と80年にアルバムを出しており、本作はファースト・アルバム。
夫のRuss Kunkelが全曲のドラムスを担当しており、またプロデュースにも加わっている。

Leah Kunkelの自作曲は「Souvenir Of The Circus」と「Under The Jamaican Moon」の2曲のみ。
それ以外は他のアーティストの曲をセレクトした。

「Under The Jamaican Moon / ジャマイカの月の下で」は、Stephen Bishopとの共作。
この曲は、Nick DeCaroの1974年の名作『Italian Graffiti』の収録曲だ。
Joe Farrellによる歌心あふれるSaxソロがとても印象に残る。

Stephen Bishopはもう1曲、ラストの「Fool At Heart」を提供。
こちらはBishopの前年のアルバム『Bish / 水色の手帖』に収録されている。
Stephen Bishopらしい美しいメロディが、切ない余韻を残す。

爽やかな「Step Right Up」はPeter McCann作。
Peter McCannも、この曲を同年のアルバム『One on One』に収録している。
この曲は、「Souvenir Of The Circus / サーカスの贈り物」とのカップリングで、本作からシングル・カットされた。

「If I Could Build My Whole World Around You / あなたと私の世界」では、Marvin Gaye & Tammi Terrellのデュエット曲をカヴァー。
原曲は、1967年のアルバム『United』に収録されている。

Leah Kunkelの歌唱はとてもナチュラル、自然体だ。
それが、曲の良さを最大限に引き出しているように思う。
ゲスト・ヴォーカリストとしてクレジットに名前を見ることは多く、Art Garfunkelの一連のアルバムを始め、多くのアーティストの作品に参加して、穏やかな歌声を提供している。

●収録曲
1. Step Right Up - 3:28
2. Under The Jamaican Moon / ジャマイカの月の下で - 3:49
3. Souvenir Of The Circus / サーカスの贈り物 - 3:31
4. If I Could Build My Whole World Around You / あなたと私の世界 - 2:45
5. Down The Backstairs Of My Life - 3:25
6. Losing In Love / また恋を失って - 3:22
7. Step Out - 3:37
8. Don't Leave These Goodbyes - 3:30
9. I've Got To Get A Message To You / 獄中の手紙 - 3:16
10. Fool At Heart - 4:55


◆プロデュース: Val Garay, Russ Kunkel(ds)

◆参加ミュージシャン: Leah Kunkel(vo, ag, k), Stephen Bishop(ag, bv), Andrew Gold(ag), Steve Lukather/Danny Kortchmar(g), Craig Doerge/James Newton Howard(k), Lee Sklar(b), Joe Farrell/Jim Horn(sax), Jackson Browne/Renee Armand/Rosemary Butler/Penny Nichols(bv), Matthew McCauley(strings), etc.


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/09/02 19:27 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/145-b6cd537b
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター