音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Bill Withersの1985年のアルバム『Watching You Watching Me / 愛の情景』。
Bill Withers / Watching You Watching Me (愛の情景) (1985年)
Bill Withersは70年代のソウル/R&Bシーンで活躍したシンガー・ソングライター。特に70年代初頭の活躍は目覚ましく、「Ain't No Sunshine」(71年, 米3位)、「Lean on Me」(72年, 同1位)、「Use Me」(72年, 同2位)と、立て続けにヒットを飛ばし、「Ain't No Sunshine」ではグラミー賞のBest Rhythm & Blues Songも受賞した。この頃のBill Withersには、素朴で内省的なシンガー・ソングライターという印象がある。

その後しばらくヒットから遠ざかるが、81年にサックス奏者Grover Washington, Jr.の「Just The Two Of Us / クリスタルな恋人たち」のヴォーカルに抜擢されると、これが久びさの大ヒット(米2位)となり、グラミーのBest Rhythm & Blues Songを再度受賞する。この時のBillは、大人の色香を纏うスタイリッシュなコンテンポラリー・シンガーに成長していた。

本作『愛の情景』はその流れを汲むアルバムで、"都会の夜の大人の世界" といったムードに包まれている。

全曲がBill Withersのオリジナルで、そのうちの4曲(1, 3, 9, 10)は共作。共作者は、「Oh Year!」(David Foster, Larry Carlton)、「Don't Make Me Wait」(Don Freeman)、「Whatever Happens」(Carlton)、「You Try To Find A Love」(Michael Colombier)となっている。

Bill=Foster=Carltonという珍しい共作が実現した「Oh Year!」は都会的で爽やかなナンバー。本作からのファースト・シングルとなり、R&Bチャートでは22位をマークした。続く「Something That Turns You On」もメロウ・ミディアムの心地よい曲で、同チャートの46位を記録。

タイトル曲の「Watchng You Watching Me / 愛の情景」は、「クリスタルな恋人たち」を彷彿とさせる濃厚なメロディ。Richard Teeの弾くエレピの切ない響きとBill Withersの憂いのあるヴォーカルにうっとりする。

「You Just Can't Smile It Away / 愛しき人よ」と「Whatever Happens / 織りなす願い」も、鍵盤とヴォーカルでしっとりと聴かせるナンバー。このようなロマンティックなバラードでのBill Withersの歌声はとてもセクシー。Billは深刻な吃音だったそうだが、それが俄かには信じがたいような雄弁な歌声だ。

「Oh Yeah!」のミュージック・ビデオは最高だ。Billを始め、登場する全員が優しさと愛情に溢れている。80年代らしいスウィートな映像で、見る人全員を幸せな気分にする力がある。

●収録曲
1. Oh Yeah! - 4:01
2. Something That Turns You On - 4:23
3. Don't Make Me Wait - 3:59
4. Heart In Your Life - 4:13
5. Watchng You Watching Me / 愛の情景 - 5:47
6. We Could Be Sweet Lovers - 3:26
7. You Just Can't Smile It Away / 愛しき人よ - 4:41
8. Steppin' Right Along - 5:43
9. Whatever Happens / 織りなす願い - 3:14
10. You Try To Find A Love / 愛の光芒 - 5:17


◆プロデュース: Larry Carlton, Don Freeman(k, linn-drum), Denny Diante, Ralph MacDonald(per), Michael Colombier(k, ar), Bill Withers(vo, k, simmons)

◆参加ミュージシャン: Paul Jackson Jr./Dann Huff(g), David Foster/Don Freeman(k, ar), Robbie Buchanan/Richard Tee/Greg Phillinganes(k), Marcus Miller(b, k), Nathan East/ Robert Popwell(b), John Robinson/Buddy Williams(ds), Paulinho Da Costa(per), Phil Perry/Marty McCall/Alex Brown(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/05/29 18:15 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/148-acd0cea9
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター