音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Jimmie Spheerisの1976年作『Ports Of The Heart』。
Jimmie Spheeris / Ports Of The Heart (1976年)
Jimmie Spheerisは、アメリカのシンガー・ソングライター。穏やかなアコースティック・サウンドを基調としつつ、フォーク、ロック、ジャズ、R&Bなど、幅の広い音楽表現をするミュージシャンである。

本作は4枚目のアルバムで、プロデュースを著名なアレンジャー、作曲家、指揮者であるDavid Campbellが担当した。

青い水にビーチマットを浮かべて日光浴をするジャケットからは、山下達郎のようなの夏の午後の太陽の音を想像するが、何のことはない、いつものJimmieらしい穏やかなアコースティック・サウンド全開である。

本作にはChick Corea(p)やStanley Clarke(b)が参加しており、ほのかにジャズの香りがする。Chick Coreaは前作『The Dragon Is Dancing』に続くアルバム参加だ。

また「It's You They're Dreaming Of」では、友人のJackson Browneがバック・ヴォーカルで参加した。午後のまどろみを誘うような、静かで優しいメロディを持った曲である。

カヴァー曲が2曲(6, 12)あり、「It's All In The Game」はポップス・スタンダードとなった1958年のヒット曲。「I'm So Lonesome I Could Cry」は、カントリー・シンガーのHank Williamsの1949年の曲である。2曲とも、何の違和感もなくアルバムに収まっている。

Jimmieの次のアルバムは、1984年の『』。8年のブランクを経て制作されたセルフ・タイトルのアルバムだ。残念なことに、アルバム完成のわずか数時間後、交通事故によりJimmieは他界してしまった。

本作のCDは、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから2017年8月に再発された。また、前作『Dragon Is Dancing』(75年)とカップリングしたCDセット『』がBeat Goes On Recordsから入手可能。デジタル・リマスタリングされており、お薦めである。

Beat Goes On Recordsは、ファースト(71年)とセカンド(73年)をカップリングしたCDセット『』も発売している。『Original Tap Dancing Kid』は、Felix Cavaliereのプロデュース作だ。

●収録曲
1. Child From Nowhere - 3:17
2. Emerald And The Dream Dance - 3:18
3. It's You They're Dreaming Of - 2:54
4. Captain Comes Cold - 2:31
5. Bayou Eyes - 3:33
6. It's All In The Game - 3:10
7. Hills In My Head - 3:50
8. Whirlpool - 3:14
9. Sweet Separation - 3:07
10. So Darkly Fall The Shadows - 3:28
11. Nightingale Come Sail - 2:41
12. I'm So Lonesome I Could Cry - 4:10


◆プロデュース: David Campbell(strings ar, viola)

◆参加ミュージシャン: Jimmie Spheeris(vo, ag, p), Geoff Levin(g), Chick Corea(p), Stanley Clarke(b), Johnny Pierce(b, bv), John Guerin/Bart Hall(ds), Jim Cowger(sax, flute), Jackson Browne(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/01/19 17:27 AOR名盤(1974~1976年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/171-0e2d98a6
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1977年) - Steely Dan / Aja (彩(エイジャ)) 2017/11/19
AOR名盤(1977年) - Jaye P. Morgan / Jaye P. Morgan 2017/11/17
AOR名盤(1976年) - George Benson / Breezin' 2017/11/15
AOR名盤(1977年) - Kenny Rankin / The Kenny Rankin Album 2017/11/13
AOR名盤(1974年) - Randy Edelman / Prime Cuts 2017/11/11
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp