洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

Led Zeppelin / How The West Was Won (伝説のライヴ) (2003年)

2014年12月23日
Led Zeppelin 0
おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Led Zeppelinの3CDのライヴ・アルバム『How The West Was Won / 伝説のライヴ』の紹介です。
How The West Was Won (伝説のライヴ) (2003年)
カリフォルニアのL.A.フォーラム(1972年6月25日)、ロング・ビーチ・アリーナ(同27日)で行なわれたLed Zeppelinの未発表のライヴを収録したアルバムです。

時期的には、先日「2014デジタル・リマスター 第二弾」がリリースされた『Led Zeppelin Ⅳ』と『Houses of the Holy / 聖なる館』の間に行われたライヴです。

Zeppelinの公式なライヴ・アルバムとしては、他に『』(76年)と『』(97年)があります。

彼らのライヴの凄さを伝える記録としていずれもお薦めですが、収録時間(全18曲, 150分)、演奏の良さ、音の良さにおいて、本作が優れていると思います。

CD2に収録された25分強の「Dazed And Confused / 幻惑されて」、CD3に収録された23分強の「Whole Lotta Love / 胸いっぱいの愛を」といったロング・バージョンは聴きもの。一方で、「Stairway to Heaven / 天国への階段」を始め、多くの曲が意外にもオリジナルに忠実に演奏され、かつオリジナルを超える魅力を備えていることに驚きます。

このライヴ・アルバムは2003年にリリースされ、Billboardアルバム・チャートの初登場で1位を記録。これはLed Zeppelinとしては初めてのことで、Zeppelin人気の高さを再認識させられたアルバムです。

●CD1収録曲
1. LA Drone
2. Immigrant Song / 移民の歌
3. Heartbreaker
4. Black Dog / ブラック・ドッグ
5. Over the Hills and Far Away / 丘のむこうに
6. Since I've Been Loving You / 貴方を愛しつづけて
7. Stairway to Heaven / 天国への階段
8. Going to California / カリフォルニア
9. That's the Way
10. Bron-Yr-Aur Stomp / スノウドニアの小屋


●CD2収録曲
1. Dazed and Confused / 幻惑されて
 メドレー:Walter's Walk, The Crunge
2. What is and What Should Never Be / 強き二人の愛
3. Dancing Days
4. Moby Dick

●CD3収録曲
1. Whole Lotta Love / 胸いっぱいの愛を
 メドレー:Boogie Chillun, Let's Have a Party, Hello Marylou, Going Down Slow
2. Rock and Roll
3. The Ocean
4. Bring It on Home
 メドレー:Bring It on Back

関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント0件

コメントはまだありません