洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

Far Cry / The More Things Change ... (ファー・クライ) (1980年) - アルバム・レビュー

2020年04月19日
AOR名盤(1980年) 2





関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント2件

コメントはまだありません

240

名盤ですね

こんばんは。
私もコレ、1000シリーズで購入しました。AOR名盤紹介本では必ず本作がアップされてますが、その理由、よく分かります。全曲、名曲!個人的にはバラードの「Suddenly Strings」とか、クールなAORの「Because It's There」、トップの「The Hits Just Keep on Comin'」でしょうか。
あ、27日にポール・マッカートニーのライブに行きましたが、素晴らしかったですよ!

2017年04月29日 (土) 00:45

Warm Breeze

Re: 名盤ですね

240さん、こんにちは。

昨晩は生ポールを堪能されたんですね。羨ましいです。
私はニュース等で元気な姿を拝むだけですが、74歳とは思えない溌剌としたオーラがあり、凄いなぁと思います。

240さんのFar Cryの記事、拝見しました。
確かに、エリオット・シャイナーがエンジニアを務めたアルバムって、どれも良いですよね。外れがないという安心感があります。

2017年04月29日 (土) 11:12