音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Nick DeCaroの1974年のアルバム『Italian Graffiti』。
Nick DeCaro / Italian Graffiti (1974年)
AORの誕生に大きく寄与した記念碑的作品と言われる名盤だ。私が所有しているCDの中田利樹氏によるライナー・ノーツには、本作についてNick DeCaro本人が次のようなコメントを寄せている。
当時('70年代前半)流行っていたカーペンターズやビーチ・ボーイズのようなポップ・ミュージックに、もっと大人っぽいサウンド、つまりジャズやソウル・ミュージックのエッセンスを加えてみたら……というコンセプトで出来上がったのが『イタリアン・グラフィティ』なんだ (CDのライナー・ノーツより引用)
AORという音楽の成り立ちを上手く表現していると思う。

本作はNick DeCaroのファースト・アルバム。Tommy LiPumaと共同でプロデュースし、Al Schmittがエンジニアを担当した。新旧織り交ぜた選曲であるが、それらを違和感なく同居させるアレンジのセンスが光る。

各曲の作者、収録アルバム、アーティスト、リリース年は次のとおり。幅広いというか、懐の深い選曲だ。
「Under The Jamaican Moon / ジャマイカの月の下で」(Stephen Bishop, Leah Kunkel):『Leah Kunkel / リア』(Leah Kunkel, 79年), 『』(Stephen Bishop, 2007年)

Happier Than The Morning Sun / 輝く太陽」(Stevie Wonder):『』(72年)

「Tea For Two / 二人でお茶を」(Irving Caesar, Vincent Youmans):スタンダード・ナンバー(25年)

「All I Want」(Joni Mitchell):『』(71年)

「Wailing Wall」(Todd Rundgren):『』(71年)

Angie Girl」(Stevie Wonder他):『』(Stevie Wonder, 69年)

「Getting Mighty Crowded」(Van McCoy):Betty Everettのシングル曲(64年)

「While The City Sleeps / 町はねむっているのに」(Randy Newman):『』(Irma Thomas, 64年)

「Canned Music」(Dan Hicks):『』(Dan Hicks & His Hot Licks, 69年)

「Tapestry」(Gunston, Dove):書き下ろし

「All I Want」では、アコースティック・ギターの弾き語りで歌われるJoni Mitchellの原曲を、シティ感覚の洒落た楽曲に変化させており、見事なマジック。

David T.Walker(g)やWilton Felder(b)、Harvey Mason(ds)ら、ジャズ/フュージョンの名手による演奏も洗練されており、とてもクール。全曲を歌うNick DeCaroの歌声も、ライト&メロウそのものだ。

Nick DeCaroは本作のあと本業のアレンジャーに専念し、AORを始めとする多くのアルバムを裏方で支えた。90年代に入り、『』(90年)、『』(91年)と2作続けてアルバムをリリースするも、92年に他界。

再び、本作に寄せられたNick DeCaro本人の言葉を。
"イタリアン・グラフィティ"は僕のレコーディング・アーティストとしてのキャリアを確立させたアルバムなんだ。だから、今でもとても気に入ってるんだよ。貴方にとっても大好きな1枚になるとうれしいね。」(CDのブックレット見返しより引用)

●収録曲
1. Under The Jamaican Moon / ジャマイカの月の下で - 4:41
2. Happier Than The Morning Sun / 輝く太陽 - 4:17
3. Tea For Two / 二人でお茶を - 3:54
4. All I Want - 3:21
5. Wailing Wall - 4:34
6. Angie Girl - 3:48
7. Getting Mighty Crowded - 2:24
8. While The City Sleeps / 町はねむっているのに - 3:31
9. Canned Music - 4:36
10. Tapestry - 3:58


◆プロデュース: Tommy LiPuma, Nick DeCaro(vo, k, ar)

◆参加ミュージシャン: Arthur Adams/David T. Walker(g), Wilton Felder/Max Bennett(b), Paul Humphrey/Harvey Mason(ds), Plas Johnson(sax), Bud Shank(flute), etc


関連記事

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


▶スポンサーリンク



2017/09/26 16:30 AOR名盤(1974~1976年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/181-751581b2
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Robbie Dupree / Robbie Dupree (ふたりだけの夜) 2019/05/23
Rock名盤(1981年) - TOTO / Turn Back 2019/05/21
Soul/R&B名盤(1976年) - Donny Gerrard / Donny Gerrard 2019/05/18
Rock名盤(1986年) - Larry John McNally / Fade To Black 2019/05/16
Rock名盤(1974年) - The Souther, Hillman, Furay Band / The Souther, Hillman, Furay Band 2019/05/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ