音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Nick DeCaroの1974年のアルバム『Italian Graffiti』。
Nick DeCaro / Italian Graffiti (1974年)
AORの誕生に大きく寄与した記念碑的作品と言われる名盤だ。私が所有しているCDの中田利樹氏によるライナー・ノーツには、本作についてNick DeCaro本人が次のようなコメントを寄せている。
当時('70年代前半)流行っていたカーペンターズやビーチ・ボーイズのようなポップ・ミュージックに、もっと大人っぽいサウンド、つまりジャズやソウル・ミュージックのエッセンスを加えてみたら……というコンセプトで出来上がったのが『イタリアン・グラフィティ』なんだ (CDのライナー・ノーツより引用)
AORという音楽の成り立ちを上手く表現していると思う。

本作はNick DeCaroのファースト・アルバム。Tommy LiPumaと共同でプロデュースし、Al Schmittがエンジニアを担当した。新旧織り交ぜた選曲であるが、それらを違和感なく同居させるアレンジのセンスが光る。

各曲の作者、収録アルバム、アーティスト、リリース年は次のとおり。幅広いというか、懐の深い選曲だ。
「Under The Jamaican Moon / ジャマイカの月の下で」(Stephen Bishop, Leah Kunkel):『Leah Kunkel / リア』(Leah Kunkel, 79年), 『』(Stephen Bishop, 2007年)

「Happier Than The Morning Sun / 輝く太陽」(Stevie Wonder):『』(72年)

「Tea For Two / 二人でお茶を」(Irving Caesar, Vincent Youmans):スタンダード・ナンバー(25年)

「All I Want」(Joni Mitchell):『』(71年)

「Wailing Wall」(Todd Rundgren):『』(71年)

「Angie Girl」(Stevie Wonder他):『』(Stevie Wonder, 69年)

「Getting Mighty Crowded」(Van McCoy):Betty Everettのシングル曲(64年)

「While The City Sleeps / 町はねむっているのに」(Randy Newman):『』(Irma Thomas, 64年)

「Canned Music」(Dan Hicks):『』(Dan Hicks & His Hot Licks, 69年)

「Tapestry」(Gunston, Dove):書き下ろし

「All I Want」では、アコースティック・ギターの弾き語りで歌われるJoni Mitchellの原曲を、シティ感覚の洒落た楽曲に変化させており、見事なマジック。

David T.Walker(g)やWilton Felder(b)、Harvey Mason(ds)ら、ジャズ/フュージョンの名手による演奏も洗練されており、とてもクール。全曲を歌うNick DeCaroの歌声も、ライト&メロウそのものだ。

Nick DeCaroは本作のあと本業のアレンジャーに専念し、AORを始めとする多くのアルバムを裏方で支えた。90年代に入り、『』(90年)、『』(91年)と2作続けてアルバムをリリースするも、92年に他界。

再び、本作に寄せられたNick DeCaro本人の言葉を。
"イタリアン・グラフィティ"は僕のレコーディング・アーティストとしてのキャリアを確立させたアルバムなんだ。だから、今でもとても気に入ってるんだよ。貴方にとっても大好きな1枚になるとうれしいね。」(CDのブックレット見返しより引用)

●収録曲
1. Under The Jamaican Moon / ジャマイカの月の下で - 4:41
2. Happier Than The Morning Sun / 輝く太陽 - 4:17
3. Tea For Two / 二人でお茶を - 3:54
4. All I Want - 3:21
5. Wailing Wall - 4:34
6. Angie Girl - 3:48
7. Getting Mighty Crowded - 2:24
8. While The City Sleeps / 町はねむっているのに - 3:31
9. Canned Music - 4:36
10. Tapestry - 3:58


◆プロデュース: Tommy LiPuma, Nick DeCaro(vo, k, ar)

◆参加ミュージシャン: Arthur Adams/David T. Walker(g), Wilton Felder/Max Bennett(b), Paul Humphrey/Harvey Mason(ds), Plas Johnson(sax), Bud Shank(flute), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/09/26 16:30 AOR名盤(1974~1976年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/181-751581b2
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター