音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

The Boys Bandの1982年作『The Boys Band / ドント・ストップ・ミー』。
The Boys Band / The Boys Band
The Boys Bandはアメリカ南部出身のメンバー3人によるグループ。
ゴスペル・カントリーの大御所グループであるThe Oak Ridge Boysのツアー・サポートなどを通じて知り合ったメンバーらしく、3人とも実力のあるミュージシャンである。

本作は、The Boys Bandのワン&オンリー作。
ワーナーの「AOR BEST SELECTION 1300」シリーズから、10月19日に、AORファン待望の世界初CD化が実現した。高品質SHM-CDであることに加え、歌詞・対訳と金澤 寿和氏による解説が付いており、満足度の高いCD化である。

Amazonで予約注文していたCDが、1日早く、本日到着した。

さっそく聴いてみたが、とてもバランスの良いAORだ。
渋さと甘さの加減がちょうど良いメロディとアレンジ。
爽やかなヴォーカル&ハーモニー。
Joe ChemayバンドのBilly Walker(g), John Hobbs(k), Joe Chemay(b), Paul Leim(ds)がサポートする演奏も、熟練している。
全体の印象は、England Dan & John Ford Coleyに近いかも知れない。

本作の収録曲は10曲。
オリジナルは「We're Lovers」の1曲のみで、それ以外は外部のライターの提供曲やカヴァー曲となっている。

コンテンポラリーな作風の「Think About It / 追憶のウーマン」は、デビューしたばかりのGreg Guidry作。
哀愁漂うビターなメロディは、Greg Guidryの持ち味だ。

「Taking It All In Stride / 悲しみにさようなら」はTom Snow作。
Tom Snowの作る曲らしく、メロディの温かさがじんわりと心に沁みるナンバー。

「What's Forever For? / 恋はつかのま」は、England Dan & John Ford Coleyの1979年のアルバム『Dr. Heckle and Mr. Jive』の収録曲のカヴァー。また、「Runner」は、Ian Thomasの1981年のアルバム『The Runner』のタイトル曲である。

ラストの「The Best Is Yet To Come / まだ見ぬ仕合わせ」は、Larry Leeの同年のアルバム『Marooned / ロンリー・フリーウェイ』にも収録された曲。ライトなLarry Leeバージョンと違い、情感豊かにしっとりと歌い上げている。私はどちらかというと、本作のバージョンの方が好み。

アルバム・カヴァーは、何だかKing Crimsonの『Red』を彷彿とさせる重々しさだが、中身のサウンドはとても爽やか。
CD化に心から感謝したい。

●収録曲
1. Don't Stop Me Baby (I'm On Fire) - 3:27
2. Think About It / 追憶のウーマン - 3:32
3. Taking It All In Stride / 悲しみにさようなら - 3:55
4. What's Forever For? / 恋はつかのま - 3:21
5. Runner - 3:15
6. Is It Better Than Me - 3:10
7. On A Night Like This / 夜の告白 - 3:15
8. We're Lovers - 3:58
9. Love Will Find A Heart / 揺らめくハート - 3:24
10. The Best Is Yet To Come / まだ見ぬ仕合わせ - 2:26


◆プロデュース: Peter Granet

◆参加ミュージシャン: Greg Gordon(vo), Rusty Golden(k, bv), B.James Lowry(g, bv)
with Billy Walker/Robert Duncan Cameron(g), John Hobbs(k), Joe Chemay/David Wood(b), Paul Leim(ds), Lalo Schifrin(orch ar), etc.


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/10/18 19:20 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/182-80053fe6
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター