音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Russ Ballardの1978年作『At the Third Stroke / サード・ストローク』。
Russ Ballard / At the Third Stroke
Russ Ballardはイングランド出身のシンガー・ソングライター。
70年代ブリティッシュ・ロックの名バンドであるArgentの中核としてリード・シンガーとギタリストを務めたが、1974年にはバンドを脱退してソロ活動をスタート。
本作が3枚目のソロ・アルバムとなる。

Russ Ballardは優れたソングライターであり、多くのアーティストがRuss Ballardの曲を歌っている。
Rainbowの「Since You Been Gone」(1979年)や「I Surrender」(1981年)、Americaの「You Can Do Magic」(1982年)、KISSの「God Gave Rock and Roll to You」(1991年)など、その例は枚挙にいとまがない。

本作も、全曲がRuss Ballardのオリジナル。
熱いロック・チューンも優しいバラードも、実に聴きやすいメロディ・ラインを持っている。
ブリティッシュらしいウェットな質感を持った、味のあるメロディだ。

特に、濃厚なバラードの「Helpless」や、優しさ溢れる「Treat Her Right」「My Judgement Day」、ソウルフルな「Cast The Spirit」「What Does It Take」などのスロー・ナンバーは、どれも素晴らしい。

David Fosterを始め、TOTOを結成したばかりのJeff Porcaro(ds)、David Hungate/Mike Porcaro(b)、David Paich(k)等、LAの豪華セッション・ミュージシャンが参加しているが、LA仕立ての都会的なAORサウンドという印象はなく、Russ Ballardの熱いギターとウェットなヴォーカルがサウンド全体の印象を支配している。

Jeff Porcaroも6曲でドラムスを叩いているが、Jeffらしい軽やかなグルーヴも今回は鳴りを潜めた。

それにしても、このカヴァー・アートは何だろう?
漢字の「三」だろうか?
もう少し何とかならなかったのだろうかと、内容が良いだけに残念だ。

●収録曲
1. Dancer - 4:02
2. Helpless - 4:42
3. Treat Her Right - 2:59
4. Expressway To Your Heart - 2:53
5. Cast The Spirit - 6:33
6. Look At Her Dance - 4:07
7. What Does It Take - 4:11
8. I'm A Scorpio - 6:19
9. My Judgement Day - 5:38


◆プロデュース: Keith Olsen

◆参加ミュージシャン: Russ Ballard(vo, g, b), Fred Tackett(g), David Foster/David Paich/Craig Doerge(k), David Hungate/Mike Porcaro/Lee Sklar/Dennis Bellfield(b), Jeff Porcaro/Mike Baird(ds), Tom Scott(horns), Tom Kelly/Denny Henson(bv), etc.

なお、単体のCDは入手が難しくなっているが、1974年のファースト『Russ Ballard』、1976年のセカンド『Winning』と本作を収めた2CDのパッケージがBGO Recordsから発売されており、デジタル・リマスタリングもされていてお薦めである。


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/08/30 12:36 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/183-66ae9bea
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター