洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

The Doobie Brothers / Minute By Minute (1978年) - アルバム・レビュー

2017年12月11日
AOR名盤(1978年) 2





関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント2件

コメントはまだありません

ローリングウエスト

前後期ともそれぞれに素晴らしい魅力に溢れていますが、小生はどちらかと言えば歯切れがよくファンキーな時代が好きですかねエ・・。「ロング・トレイン・ランニン」や「チャイナグローブ」の乗りの良さが好きです!イントロのギターカッティングは一度耳にしたら忘れられない程、印象的ですネ~。マイケル・マクドナルドの加入でバンドの音楽性は都会的なAOR路線に完全転換して別グループかと驚いたものです。でもグラミー賞4部門受賞で2度目の全盛期を迎えていくのですから大したものです。
(PS)ジョンレノンの命日にあたり「イマジン」を公開いたしております。

2017年12月11日 (月) 21:53

Warm Breeze

Re: タイトルなし

RWさん、こんにちは

私も初期のドゥービーズ、好きです。「ロング・トレイン・ランニン」や「チャイナ・グローブ」。ダイナミックで爽快ですよね。「イマジン」の記事、拝見しました。ジョンが存命ならば喜寿ですかぁ~。もし生きていたら、どんな暮らしぶりだろう、と考えてしまいますねぇ。

2017年12月12日 (火) 10:46