洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

Ned Doheny / Ned Doheny (1973年) - アルバム・レビュー

2015年02月07日
AOR名盤(~1973年) 0
おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Ned Dohenyの1973年のデビュー・アルバム『Ned Doheny』の紹介です。
Ned Doheny / Ned Doheny (1973年)
Ned Dohenyは1970年代の米ウェスト・コースト音楽シーンで活動した男性シンガー・ソングライター。AOR人気の高い日本では、Boz Scaggsに並んで人気のある男性ミュージシャンです。

特に、Ned Dohenyの76年のセカンド・アルバム『Hard Candy』は、AOR屈指の名盤として高く評価されています。日本のみのリリースとなった79年のサード・アルバム『Prone』もAORの名作。

その後も、『Life After Romance』(88年)、『』(91年)と、寡作ですが、クオリティの高いアルバムを制作しています。

Ned Dohenyのヴォーカルはドライな質感でありながら、本作のジャケットの笑顔のように、どこかキュートな響きを帯びています。アコースティックを基調とする爽やかなサウンドと心地よいグルーヴ、甘すぎないメロディも魅力です。

本作は、デビュー作ながらNed Dohenyの魅力が凝縮されたアルバム。曲のクオリティが高く、捨て曲はありません。

ワーナー・ミュージック・ジャパンの『新・名盤探険隊』シリーズから、2013年にデジタル・リマスタリングされたCDが発売されており、お薦めです。

●収録曲
1. Fineline
2. I Know Sorrow
3. Trust Me
4. On And On
5. Lashambeaux
6. I Can Dream
7. Postcards From Hollywood
8. Take Me Faraway
9. It Calls For You
10. Standfast



この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント0件

コメントはまだありません