音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Kenny Logginsの1982年作『High Adventure』。
Kenny Loggins / High Adventure
本作は、Kenny Logginsの4枚目のソロ・アルバム。
映画『インディ・ジョーンズ』風のジャケットが面白い。
同シリーズの最初の映画である『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』の公開が1981年だから、本当に影響を受けているかも知れない。

このアルバムからのファースト・シングルは、JourneyのSteve Perryと共作した「Don't Fight It」。
さながらJourneyのような熱いロック・チューンで、Billboard Hot 100チャートの17位を記録した。

曲の間奏でJourneyのNeil Schonのようなハードなギターを弾いているのは、同じNeilでも、Neil Giraldoというギタリスト。この年にロック・ミュージシャンのPat Benatarと結婚しており、二人の娘を授かって、今も結婚生活を続けている。

他にも「Swear Your Love」や「If It's Not What You're Looking For」のような割とハードな曲があるが、アルバム全体の印象は、従来のKenny LogginsらしいハートフルなAOR。
Michael McDonaldも曲作りに貢献しており、「I Gotta Try」、「Heart To Heart」、「Only A Miracle」の3曲を共作している。

「I Gotta Try」は、Michael McDonaldの作法といった感じの都会的な洗練のある軽快なナンバー。
Michael McDonaldも、同年のアルバム『If That's What It Takes / 思慕(ワン・ウェイ・ハート)』に収録している。

「Heart To Heart」は、Kenny Loggins、Michael McDonald、David Fosterという豪華な3人で共作したシティ・ソウル。このアルバムからのセカンド・シングルとなり、Billboard Hot 100チャートの15位をマーク。本作最大のヒットとなった。
メロウな曲調とエレガントなアレンジ、心地よいグルーヴといったAORの良さが見事に凝縮されており、David Sanbornの力強いSaxや、Pagesの美しいコーラスも素晴らしい。聴くと当時の空気感が蘇る、枯れの来ない名曲である。

ラストのバラード「Only A Miracle」では、美しく雄大なストリングスをバックにKenny Logginsが情感豊かに歌う。TOTOのDavid Paichの父、Marty Paichがこの曲の素敵なストリングス・アレンジを担当した。

このアルバムは、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから、今年の7月にCDが再発された。2010年のリマスタリングで、解説は天辰 保文氏が担当している。

●収録曲
1. Don't Fight It - 3:37
2. Heartlight / 愛のハートライト - 3:56
3. I Gotta Try - 3:51
4. Swear Your Love - 5:07
5. The More We Try / 風はセンチメンタル - 3:59
6. Heart To Heart - 5:20
7. If It's Not What You're Looking For - 4:39
8. It Must Be Imagination / 幻の夜 - 5:38
9. Only A Miracle - 5:11


◆プロデュース: Bruce Botnick, Kenny Loggins(vo, g)

◆参加ミュージシャン: Steve Perry(vo), David Foster(k, ar), Michael McDonald/Neil Larsen/David Paich/Tom Snow/James Newton Howard(k), Steve Lukather/Neil Giraldo(g), Nathan East(b), Tris Imboden(ds, per), Richard Page/Steve George(bv), etc.


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/07/14 18:47 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/19-bcdb3844
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター