音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Melissa Manchesterの1978年のアルバム『Don't Cry Out Loud / あなたしか見えない』。
Melissa Manchester / Don't Cry Out Loud (あなたしか見えない) (1978年)
Melissa Manchesterは、女優としても活動するニューヨーク生まれのシンガー・ソングライター。彼女の歌声には、元気をなくしている人に前を向かせるような力がある。この『Don't Cry Out Loud』は7作目。プロデュースをLeon Wareが担当したことで、ブラック・コンテンポラリー・テイストの美味しいサウンドに仕上がっている。

収録曲は、Melissa Manchesterの作/共作が8曲、残り2曲(3, 5)が他作という構成。他作のうち「Don't Cry Out Loud / あなたしか見えない」はPeter AllenとCarole Bayer Sagerの共作。「Bad Weather / 恋は雨模様」はThe Supremesの73年の曲のカヴァーで、Stevie Wonder等が書いている。

本作の発売当時、タイトル曲の「Don't Cry Out Loud」には、曲の内容に相応しい「哀しみは心に秘めて」という邦題が付いていた。この名曲は76年に書かれており、作者の一人であるPeter Allenも77年のライヴ・アルバム『』(日本未発売)と79年のスタジオ・アルバム『』でこの曲を歌い、シングル・リリースもしている。このPeter Allenのバージョンに「あなたしか見えない」という邦題が付され、それ以降、本作の邦題も「あなたしか見えない」に変わったという経緯のようだ。

切ないが凛としたメロディが印象的なこの曲は、Billboard Hot 100チャートの10位となるヒットを記録。Melissaのヴォーカルが素晴らしく、泣いている女性を "Fly high and proud (自信をもって飛び立つのよ)" と励ますの歌声の強さに感動がこみ上げて、いつも涙腺が緩んでしまう。Peter AllenやRita Coolidgeのバージョンも良いけれど、Melissaの歌声が一番。

他にも、颯爽とした曲調の「Shine Like You Should / かがやくあなた」や、Leon Wareと共作したメロウ・ソウルの「Almost Everything」、心地よい高揚感のある「Bad Weather」、Carole Bayer Sagerと共作した優しいメロディの「To Make You Smile Again / 微笑をもう一度」など、素敵なトラックが多い。

David T. Walker(g), Richard Tee(k), Chuck Rainey(b), James Gadson(ds)等、ジャズ/フュージョン・シーンで活躍する一流の黒人ミュージシャンによる濃厚でしなやかな演奏も素晴らしい。

Melissaが颯爽と歩くバック・カヴァーをデザインしたのはJohn Kosh。The Beatlesの『Abbey Road』やEaglesの『Hotel California』なども手がけたデザイナーです。
Melissa Manchester / Don't Cry Out Loud (あなたしか見えない) (バック・カヴァー)

●収録曲
1. Shine Like You Should / かがやくあなた - 3:13
2. Caravan - 3:42
3. Don't Cry Out Loud / あなたしか見えない - 3:50
4. Almost Everything - 2:44
5. Bad Weather / 恋は雨模様 - 3:20
6. Through The Eyes Of Grace / グレースのつぶやき - 4:01
7. To Make You Smile Again / 微笑をもう一度 - 4:51
8. Such A Morning - 2:51
9. Knowin' My Love's Alive / 愛をみつめて - 4:00
10. Singin' From My Soul - 3:29


◆プロデュース: Leon Ware(ar, bv), Harry Maslin

参加ミュージシャン: Melissa Manchester(vo, k), David T. Walker/Lee Ritenour/Jay Graydon(g), Richard Tee/Greg Phillinganes/Bill Payne(k), Chuck Rainey/David Hungate(b), James Gadson/Jim Keltner/Ed Greene(ds), Lenny Castro(per), Tom Saviano/Gene Page/Barry Fasman(ar), etc


関連記事

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/07/09 18:36 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/190-05bed9e3
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Steve Hiett / Down On The Road By The Beach (渚にて…) 2019/08/18
AOR名盤(1979年) - Christopher Cross / Christopher Cross (南から来た男) 2019/08/11
AOR名盤(1982年) - Larry Lee / Marooned (ロンリー・フリーウェイ) 2019/08/07
AOR名盤(1977年) - Terence Boylan / Terence Boylan 2019/08/01
AOR名盤(1983年) - Finis Henderson / Finis (真夏の蜃気楼) 2019/07/28
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ