音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Melissa Manchesterの1978年のアルバム『Don't Cry Out Loud / あなたしか見えない』。
Melissa Manchester / Don't Cry Out Loud (あなたしか見えない) (1978年)
Melissa Manchesterは、女優としても活動するニューヨーク生まれのシンガー・ソングライター。彼女の歌声には、うなだれている人に前を向かせるような力がある。このアルバムは7作目。プロデュースをLeon Wareが担当したことで、ブラック・コンテンポラリー・テイストのサウンドに仕上がっている。

収録曲は、Melissa Manchesterの作/共作が8曲、残り2曲(3, 5)が他作という構成。他作のうち「Don't Cry Out Loud / あなたしか見えない」はPeter AllenとCarole Bayer Sagerの共作。「Bad Weather / 恋は雨模様」はThe Supremesの73年の曲のカヴァーで、Stevie Wonder等が書いている。

本作の発売当時、タイトル曲の「Don't Cry Out Loud」には、曲の内容に相応しい「哀しみは心に秘めて」という邦題が付いていた。この名曲は76年に書かれており、作者の一人であるPeter Allenも77年のライヴ・アルバム『』(日本未発売)と79年のスタジオ・アルバム『』でこの曲を歌い、シングル・リリースもしている。このPeter Allenのバージョンに「あなたしか見えない」という邦題が付され、それ以降、本作の邦題も「あなたしか見えない」に変わったという経緯のようだ。

切ないが凛としたメロディが感動を誘うこの曲は、Billboard Hot 100チャートの10位となるヒットを記録した。Melissa Manchesterの歌が見事で、泣きじゃくる女性を "Fly high and proud (自信をもって飛び立つのよ)" と励ますくだりの歌声に胸を打たれ、不覚にも涙腺が緩んでしまう(毎度のこと)。Peter AllenやRita Coolidgeのバージョンも良いが、Melissa Manchesterの歌が一番である。

他にも、颯爽とした曲調の「Shine Like You Should / かがやくあなた」や、Leon Wareと共作したメロウ・ソウルの「Almost Everything」、心地よい高揚感のある「Bad Weather」、Carole Bayer Sagerと共作した優しいメロディの「To Make You Smile Again / 微笑をもう一度」など、素敵なトラックが多い。

David T. Walker(g), Richard Tee(k), Chuck Rainey(b), James Gadson(ds)等、ジャズ/フュージョン・シーンで活躍する一流の黒人ミュージシャンによる濃厚でしなやかな演奏も素晴らしいが、何よりもMelissaの歌に力がある。

歌声に元気づけてもらう。そういうことを実感できる大切なアルバムである。

●収録曲
1. Shine Like You Should / かがやくあなた - 3:13
2. Caravan - 3:42
3. Don't Cry Out Loud / あなたしか見えない - 3:50
4. Almost Everything - 2:44
5. Bad Weather / 恋は雨模様 - 3:20
6. Through The Eyes Of Grace / グレースのつぶやき - 4:01
7. To Make You Smile Again / 微笑をもう一度 - 4:51
8. Such A Morning - 2:51
9. Knowin' My Love's Alive / 愛をみつめて - 4:00
10. Singin' From My Soul - 3:29


◆プロデュース: Leon Ware(ar, bv), Harry Maslin

参加ミュージシャン: Melissa Manchester(vo, p), David T. Walker/Lee Ritenour/Jay Graydon(g), Richard Tee/Greg Phillinganes/Bill Payne(k), Chuck Rainey/David Hungate(b), James Gadson/Jim Keltner/Ed Greene(ds), Lenny Castro(per), Tom Saviano/Gene Page/Barry Fasman(ar), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/09/13 19:45 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/190-05bed9e3
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター