音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Attitudesの1977年作『Good News』。
Attitudes / Good News
Attitudesは、4人のセッション・ミュージシャン、Jim Keltner(ds, per), Paul Stallworth(b, vo), Danny Kortchmar(g, vo), David Foster(k)が結成したバンド。4人はGeorge Harrisonの1975年のアルバム『Extra Texture (Read All About It)』のレコーディングに参加したことをきっかけに意気投合したようだ。

彼らは2枚のアルバムを残しており、ファースト・アルバムは1976年の『Attitudes』。本作はそれに続くセカンド・アルバムである。両アルバムとも、George Harrisonが1974年に設立したDark Horse Recordsからリリースされた。

バンドのまとめ役はJim Keltner(上の写真の左側)で、本作のリリース時には35歳。David Foster(同右)はまだ28歳と若い。

収録曲は、Brenda Russell夫妻が書いた「Drink My Water」を除いて彼らのオリジナル。Paul Stallworthが4曲(3, 6, 7, 11)を、Danny Kortchmarも同じく4曲(4, 8, 9, 10)を書き、残りはDavid Fosterが1曲(5)、メンバー全員で1曲(1)となっている。

ファンキーなナンバーが多く、それらでは唯一の黒人メンバーであるPaul Stallworthがソウル・フィーリングたっぷりにご機嫌に歌う。Fosterの書いた「Foster's Frees」だけはインスト曲で、オーケストラを使った映画音楽のような雰囲気は本作の中では異色だ。

このアルバムにはJay Graydonが2曲(7, 10)で参加している。「Change」ではギターの音色を華やかに響かせ、また「Promise Me The Moon」では奔放かつトリッキーに弾いている。後者のプレイは、翌年のSteely Danのアルバム『Aja』に収録の「Peg」で見せた有名なギター・ソロを彷彿とさせる。

ラストのタイトル曲「Good News」には、Ringo Starrも友情出演。同じくゲスト参加したオルガン奏者のBooker T. Jonesと一緒に、陽気で温かい演奏を繰り広げている。

本作は、金澤寿和氏のディスク・ガイド『AOR Light Mellow』にも紹介されているが、CDの流通量が少なくて残念。ファーストとセカンドを1CDにカップリングした輸入盤があったが、今は入手が難しくなっている。

●収録曲
1. Being Here With You - 3:23
2. Drink My Water - 3:15
3. Sweet Summer Music - 3:45
4. Let's Talk Turkey - 2:55
5. Foster's Frees - 2:10
6. Turning In Space - 3:18
7. Change - 4:10
8. In A Stranger's Arms - 3:58
9. Manual Dexterity - 3:20
10. Promise Me The Moon - 3:37
11. Good News - 3:45


◆プロデュース: Jay Lewis(g), Attitudes

◆参加ミュージシャン: Danny "Kootch" Kortchmar(g, vo), David Foster(k, bv), Paul Stallworth(b, vo), Jim Keltner(ds, per, bv)
with Waddy Wachtel/Jay Graydon(g), Booker T. Jones(k), Ringo Starr(ds), Tower Of Power(horns), Jorge Calderon/Donny Gerrard(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/01/13 14:34 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/2-5cc8c7ae
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター