音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

松任谷由美の1981年のアルバム『昨晩お会いしましょう』。
松任谷由美 / 昨晩お会いしましょう (1981年)
数多くあるユーミンの作品の中でも、最もコンテンポラリーな作品ではないでしょうか。

A面は、メロウな3曲、「タワー・サイド・メモリー」、「街角のペシミスト」、「ビュッフェにて」で始まり、重厚な「夕闇をひとり」へと続き、爽やかな「守ってあげたい」で締めくくります。「守ってあげたい」はシングルとしても大ヒットしました。

B面は、心地よいグルーヴの「カンナ8号線」で始まり、ユーミンらしい感性が光る「手のひらの東京タワー」へと続き、Jefferson Airplaneの名女性ヴォーカリストGrace Slickを切なく歌った「グレース・スリックの肖像」へと展開し、軽めの「グループ」で息抜きをした後、名曲「A Happy New Year」で締めます。

どの曲にもある種の緊張感があり、研ぎ澄まされた感性を感じます。

それはカヴァー・アートにも表れています。このデザインは、Pink Floydのカヴァー・アートで有名なヒプノシスが手掛けました。

"大好きなあなたの部屋まで/凍る街路樹抜けて急ぎましょう/今年も最初に会う人が/あなたであるように/早く 早く" と歌う、「A Happy New Year」を聴いてみて下さい。甘酸っぱく、切なく、そして幸せな気持ちになれるはずです。

●収録曲
1. タワー・サイド・メモリー
2. 街角のペシミスト
3. ビュッフェにて
4. 夕闇をひとり
5. 守ってあげたい
6. カンナ8号線
7. 手のひらの東京タワー
8. グレイス・スリックの肖像
9. グループ
10. A HAPPY NEW YEAR


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2012/01/03 08:40 邦楽 TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/20-45c1791e
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター