音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

England Dan & John Ford Coleyの1979年作『Dr. Heckle And Mr. Jive』。
England Dan & John Ford Coley / Dr. Heckle And Mr. Jive
England Dan & John Ford Coleyは1970年から活動しているアメリカの男性ソフト・ロック・デュオ。
1976年作『Nights Are Forever』からシングル・カットされた「I'd Really Love to See You Tonight / 秋風の恋」がBillboard Hot 100チャートの2位となる大ヒットを記録し、名が知られるようになった。

本作『Dr. Heckle And Mr. Jive』は7作目にあたる。
持ち前の爽やかなコーラスと瑞々しいメロディはそのままに、Steve Lukather(g)やJeff Porcaro(ds)等、TOTOのメンバーが参加したことでサウンドに厚みと艶が出て、爽快なAORアルバムとなった。

3, 4, 7, 11は外部のソングライターの曲。
ロック調の「Another Golden Oldie Night For Wendy」はDennis Linde作、マイルドなバラード「Broken Hearted Me」はRandy Goodrum作である。

Todd Rundgren作の名バラード「Love Is the Answer」はシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの10位になった。
この曲のオリジナルはUtopiaの1977年作『Oops Wrong Planet / 悪夢の惑星』に収録されている。

メロディが爽やかな「What's Forever For」はRafe VanHoy作。
Michael Martin Murpheyが1982年のアルバム『Michael Martin Murphey』でこの曲を取り上げ、シングル・ヒットもさせている(Hot 100チャート19位)。

Steve Lukatherが縦横無尽にギターを弾くTOTOテイストの「Children of the Half-Light」も聴きどころ。

このアルバムは、ワーナーの「AOR BEST SELECTION 1300」シリーズの第2弾として、10月19日に高品質SHM-CDで再発された。
本作が最後のスタジオ・アルバムとなり、1980年に『Just Tell Me You Love Me』というサウンド・トラックをリリース後、England Dan & John Ford Coleyはコンビを解散。

2015年3月にはEdsel Recordsから、最盛期の4作品を収めた2CDのセット『England Dan & John Ford Coley: The Atlantic Albums +』が発売されている。
収録アルバムは、『Nights Are Forever』(1976年)、『Dowdy Ferry Road』(1977年)、『Some Things Don't Come Easy』(1978年作)と本作。
ソフト・ロック・ファン、AORファンには嬉しいパッケージだ。

●収録曲
1. Hollywood Heckle and Jive - 4:05
2. What Can I Do With This Broken Heart / 涙の面影 - 3:12
3. Another Golden Oldie Night For Wendy / ウェンディの夢みる夜 - 3:43
4. Broken Hearted Me / 君はいまもこの胸に - 3:55
5. Children of the Half-Light / 光を求めて - 3:45
6. Rolling Fever - 3:24
7. Love Is the Answer / 愛こそ証 - 4:41
8. Only A Matter of Time - 3:16
9. Caught Up In The Middle / 君のとりこに - 4:06
10. Running After You / 愛の追跡 - 3:07
11. What's Forever For - 3:25


◆プロデュース: Kyle Lehning

◆参加ミュージシャン: Dan Seals(vo, ag), John Corey(vo, k)
with Steve Lukather/Lee Ritenour/Steve Gibson/Richie Zito(g), Greg Phillinganes/Bill Payne/Steve Porcaro/Jai Winding/Joey Calbone(k), Lee Sklar/Wilton Felder(b), Jeff Porcaro/Ed Greene(ds), Ernie Watts(sax), Leslie & Kelly Bulkin(bv), etc.


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/08/16 17:41 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/202-1faa3829
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター