洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

Van Halen / Tokyo Dome In Concert (ライヴ・イン・ジャパン) (2015年)

2015年03月22日
Van Halen 0
Van Halenの新作ライヴ『Tokyo Dome In Concert / ライヴ・イン・ジャパン』。
Van Halen / Tokyo Dome In Concert (ライヴ・イン・ジャパン) (2015年)
2013年に行われた東京公演の模様を収録したライヴ・アルバムで、ワーナー・ミュージック・ジャパンから2015年4月に発売されました。

活動期間が長く、ライヴに定評のあるVan Halenですが、公式なライヴ・アルバムは、Sammy Hagerがヴォーカリストであった時期のライヴを収録した『』(93年)しかありませんでした。今回の『Live In Japan』は、David Lee Rothがヴォーカルを担当するファン待望のライヴ・アルバムです。

1978年のデビュー作『Van Halen / 炎の導火線』から2012年の最新作『』までの25曲を2枚のCDに収録しています。

メンバーは、Eddie Van Halen(g)、Alex Van Halen(ds)、バンドに復帰したDavid Lee Roth(vo)、そしてEddieの息子であるWolfgang Van Halen(b)。"Van Halen一家 + David Lee Roth" という顔ぶれ。

収録された25曲は全てDavid Lee Roth在籍時のアルバムからの選曲。原曲とほとんど同じアレンジで演奏している点が好感が持てます。最初からライヴで演奏するために曲が作られていたということかも知れませんし、演奏が上手過ぎるのかも知れません。

Eddie Van Halenのギターはもの凄くテクニカルで華やかですが、無表情な感じが特徴。"難しく考えずに、豪快に鳴らせばいいんだ" という爽快さがあります。

David Lee Rothのヴォーカルはほとんど衰えを感じさせません。日本に住んでいたらしく、「どこで日本語覚えたのですか?」「日本語が下手くそですみません」「ワタシに出来ることがあれば遠慮なくお申し付けください」といった陽気な日本語を上手に挟みながら、最後までエネルギッシュに歌います。

ブックレットにメンバー写真が全くないのだけが残念ですが、自然体で気持ちのよいライヴ・アルバムです。

●収録曲
<ディスク: 1>
1. Unchained / 2. Runnin' With The Devil / 3. She's The Woman / 4. I'm The One / 5. Tattoo / 6. Everybody Wants Some!! / 7. Somebody Get Me A Doctor / 8. China Town / 9. Hear About It Later / 10. (Oh) Pretty Woman / 11. Me & You (Drum Solo) / 12. You Really Got Me

<ディスク: 2>
13. Dance The Night Away / 14. I'll Wait / 15. Cradle Will Rock… / 16. Hot For Teacher / 17. Women In Love… / 18. Romeo Delight / 19. Mean Street / 20. Beautiful Girls / 21. Ice Cream Man / 22. Panama / 23. Eruption (Complete Guitar Solo) / 24. Ain't Talkin' 'Bout Love / 25. Jump


また、1978年のデビュー・アルバム『Van Halen / 炎の導火線』と1984年の名盤『1984』もセットにした4CDのDeluxe Editionも発売されています。

●収録作品
1.『Van Halen / 炎の導火線』(78年, 米19位)
2.『1984』(84年, 米2位)
3.『Live In Japan』(2015年)


関連サイト

関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント0件

コメントはまだありません