音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Full Moonの1972年作『Full Moon』。
Full Moon / Full Moon
Full Moonは1970年にニューヨークで活動を開始した5人組。
Paul Butterfield Blues Bandに在籍したFred Beckmeier(b), Buzzy Feiten(g), Brother Gene Dinwiddie(sax)に、セッション・キーボーディストのNeil Larsen(k)とセッション・ドラマーのPhillip Wilson(ds)が加わる形で結成された。

このメンバーによるFull Moonは、オリジナルFull Moonと呼ばれている。
本作は、オリジナルFull Moonが残した唯一のアルバムである。

後に、Neil LarsenとBuzzy FeitenはLarsen-Feiten Bandを結成し、1980年にファースト・アルバム『Larsen-Feiten Band』を、1982年にセカンド・アルバム『Full Moon』をリリースする。
このセカンド・アルバムは "Full Moon feat. Neil Larsen & Buzz Feiten" 名義になっており、アルバム・タイトルも『Full Moon』であるが、オリジナルFull Moonとは残り3人のメンバーが異なるので、あくまでLarsen-Feiten Bandのアルバムと考えた方が良い。
Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band (1982年)Full Moon feat. Neil Larsen & Buzz Feiten / Full Moon (1982年)

さて、本作の収録曲は7曲。
1曲目の「The Heavy Scuffle's On」は全員による共作だが、残りはBuzz Feitenが2曲(2, 6)、Neil Larsenが2曲(3, 5)、Brother Gene Dinwiddieが1曲(4)、Phillip WilsonとBuzz Feitenの共作で1曲(7)を書いている。

Neil Larsenの2曲はインストゥルメンタル・ナンバーで、残り5曲はヴォーカル曲。
リード・ヴォーカルは、Phillip Wilsonが3曲(1, 2, 7)、Brother Gene Dinwiddieが1曲(4)、Buzz Feitenが1曲(6)を担当した。

「The Heavy Scuffle's On」は、ブルージーでクールなセッション・チューン。
「To Know」と「Need Your Love」は、ソウル・フィーリング溢れるポップ・ナンバーである。
「Take This Winter Out Of My Mind」は、南部的な香りのするブルース・ロック。
ラストの「Selfish People」は、ジャズ・ロックのような静かなインプロビゼーションに始まり、ブルージーなバラードへと展開する独特のナンバーだ。

Neil Larsenの2曲はどちらも軽快なインスト曲だが、リラックスした雰囲気の「Malibu」とジャジーで洒落た感じの「Midnight Pass」ではテイストが異なる。
Full Moon / Full Moon (バック・カヴァー)
ブルースやロックを基調にしながら、ジャズ、ソウル、ポップスといった多彩な要素を取り入れたアルバムだ。
曲・メロディは粒ぞろいで、演奏には臨場感と熟した味わいがある。

本作は、2000年にドリームズヴィル・レコードから世界初CD化されており、その際にボーナス・トラック「Three Step Dance」が追加された。また、今年2016年の8月にはTower Recordsから最新リマスタリングによるCDとレコードが再発されており、CDにはボーナス・トラックがもう1曲追加されている。

日本での人気に味をしめたのか、2002年にはBuzz Feiten & The New Full Moon名義のアルバム、『フル・ムーン・セカンド』をリリース。
こちらにはNeil Larsenは参加していない。

●収録曲
1. The Heavy Scuffle's On
2. To Know
3. Malibu
4. Take This Winter Out Of My Mind
5. Midnight Pass
6. Need Your Love
7. Selfish People
8. Three Step Dance (ボーナス・トラック)
9. Jam (ボーナス・トラック)


◆プロデュース: Alan Douglas

◆参加ミュージシャン: Fred Beckmeier(b), Phillip Wilson(ds, per, vo), Neil Larsen(k), Buzzy Feiten(g, vo), Brother Gene Dinwiddie(sax, flute, mandolin, vo)
with Randy Brecker(tp), Airto Moreira/Ray Barretto(per), Dave Holland(b), Robin Clark/Tasha Thomas(bv), etc.


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/09/24 17:54 Soul / R&B(70年代) TB(0) CM(2)
コメント
初めまして、ローリングウエストと申します。(もしかして2回目の訪問かも・・)新潟県柏崎生れ川崎市在住の58歳(山好き・旅好き・歴史好き・昭和レトロ好き・洋楽好き)の中年オヤジです。洋楽などで趣味が合いそうな方かな?と思い訪問させて頂きました。テクニシャンアーティストが結成した「ラーセンフェイトンバンド」は小生お気に入りのスーパーユニットでした。フュージョン風味の小粋なAORという感じでとにかくカッコよかったですね~。フュージョン時代の金字塔ともいえる完成度の高い2つの名盤は印象的です。「フルムーン」には「ファントム・オブ・フットライツ」や「リトルシスター」などの名曲が収められ、洗練されたブルーアイドソウルバンドよいう感じでした。
小生は1970年代洋楽系が大好きでちょっと趣味嗜好が違うのかもしれませんが是非とも遊びに来られて見て下さい。これからもお付き合いの程よろしくお願いいたします。
2016/09/25 13:14 ローリングウエスト URL [ 編集 ]
Re: 初めまして
丁寧なコメントをいただき、ありがとうございます。
URLを残していただいたので、RWさんのブログも拝見しました。
洋楽の嗜好が似ているようで、嬉しく思いました。

Larsen-Feiten Bandは根強い人気がありますね。
リラックスしていて、程よく上品で、AORとしてもフュージョンとしても楽しめて、独特の音楽性を持った貴重なバンドだと思います。
2016/09/25 19:00 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/212-db517599
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター