音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Jerry Corbettaの1978年のアルバム『Jerry Corbetta』。
Jerry Corbetta / Jerry Corbetta (1978年)
Jerry Corbettaはデンバー生まれのシンガー・ソングライター。地元で結成されたロック・バンドのSugarloafでソングライターとリード・シンガーを担当し、「Green-Eyed Lady」(70年, 米3位)、「Don't Call Us, We'll Call You」(74年、米9位)という2曲のTop10ヒットを生んでいる。

1978年にSugarloafを解散してソロ活動をスタートし、その年にリリースした最初かつ唯一のソロ・アルバムが本作である。バック・ミュージシャンにはSugarloafのメンバーのBob Webber(g)、Rusty Buchanan(b)、Myron Pollock(ds)が参加し、同じくメンバーのRobert Yeazel(g)と「Caribbean Lady」「Free Man」の2曲を共作している。

全曲がJerry Corbettaのオリジナルで、その全てが共作。軽やかなシティ・ポップスの「Sensitive Soul」や、Jay Graydonのギターが美しい「If I Never Had Your Love」「I Wish I Was Makin' Love」など、ポップで品の良い曲が揃っている。Jerry Corbettaの歌声は初期のBilly Joelのように若々しく、爽やかだ。

白眉の出来は哀愁漂うメロウ・バラードの「Caribbean Lady」。カリビアンというタイトルのとおり、南国の風が香るようなロマンティック・ムード溢れるナンバーだ。

「I Wish I Was Makin' Love」は、翌年のAlessiのアルバム『』でカヴァーされた。また、「Green-Eyed Lady」はSugarloaf時代のヒット曲のセルフ・カバー。サイケデリックでファンキーなロック・ナンバーなので、本作の中では少々浮いているが、ちょうど良いアクセントになっている。

このアルバムで3曲(1, 2, 9)を共作したBob Creweは、Frankie Valliの最大のヒット曲である「Can't Take My Eyes Off You / 君の瞳に恋してる」の作詞家。そうした縁から、Jerry Corbettaは80年に "Frankie Valli and The Four Seasons" にメンバーとして誘われ、84年まで活動している。

AORのリイシュー・ブームに乗って、2016年10月にワーナーの「AOR BEST SELECTION 1300」シリーズから本作のCDも再発されたが、直前の9月16日にJerry Corbettaは68歳で他界。ご冥福をお祈りしたい。

●収録曲
1. Sensitive Soul - 3:35
2. If I Never Had Your Love - 3:43
3. I'm A Lover, Not A Fighter - 4:45
4. Caribbean Lady - 5:31
5. Free Man - 3:46
6. I Wish I Was Makin' Love (To You Tonight) - 3:33
7. Green-Eyed Lady - 5:24
8. Celebrate Our Love - 3:38
9. Between A Rock And A Hard Place - 8:23


◆プロデュース: Steve Barri, Jerry Corbetta(vo, k)

◆参加ミュージシャン: Jay Graydon(g, ar), Bob Webber(g), Michael Omartian/Greg Mathieson(k), Rusty Buchanan/Mike Porcaro(b), Myron Pollock/Mike Baird(ds), Victor Feldman/Chef McCracken(per), Chuck Findley(tp), Jim Horn(sax), Ernie Watts(flute), Bill Champlin(bv), etc


関連記事

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2017/11/08 18:16 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(2)
コメント
ポップなAOR
これもいいアルバムですよね。特に私はフォーシーズンズが大好きなので、余計に思い入れのあるアルバムです。
特にジェイ・グレイドンのギターが素敵な「I Wish I Was Makin' Love」が大好きです。この曲のギターソロはいかにもジェイっぽくてGoodです!
ジェリーもお亡くなりになっていたんですね。
2017/11/10 22:50 240 URL [ 編集 ]
Re: ポップなAOR
240さん、こんにちは

このアルバムのブログ記事、10年前に書かれてたんですね。私は2011年に紙ジャケでリイシューされた際にCDを購入しました。フォー・シーズンズ好きには垂涎の内容でしょうね。去年の9月に他界されていたことは、今回、この記事をリライトした際に知りました。
2017/11/11 15:07 Warm Breeze URL















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/214-6cbb5430
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Steve Hiett / Down On The Road By The Beach (渚にて…) 2019/08/18
AOR名盤(1979年) - Christopher Cross / Christopher Cross (南から来た男) 2019/08/11
AOR名盤(1982年) - Larry Lee / Marooned (ロンリー・フリーウェイ) 2019/08/07
AOR名盤(1977年) - Terence Boylan / Terence Boylan 2019/08/01
AOR名盤(1983年) - Finis Henderson / Finis (真夏の蜃気楼) 2019/07/28
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ