洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

Christopher Cross / Christopher Cross (南から来た男) (1979年) - アルバム・レビュー

2019年08月11日
AOR名盤(1979年) 4





関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント4件

コメントはまだありません

ギターマジシャン

クリストファー・クロス

当時売れっ子だったジェイ・グレイドンを始め、カールトンらがギターで参加しているというだけで購入したLPでしたが、曲も良ければ、透明感あふれる歌声も素晴らしかったです。
(まさか、見た目のギャップがあんなとは・・・)

無名に近かったエリック・ジョンソンも間奏を弾いていて、昔のバンド仲間を義理で起用したのかと思っていたのですが、とんでもないギタリストだと後から知りました。

向こうでのライブがFMで放送されたとき、誰がギターで参加したのか気になったら、クリストファー・クロス本人が弾いていて、そのリードギターが上手くてびっくりしました。

2019年08月12日 (月) 07:03
Warm Breeze

Warm Breeze

Re: クリストファー・クロス

ギターマジシャンさん、こんにちは

エリック・ジョンソンも「Minstrel Gigolo / ジゴロの芸人」で弾いてますね。気持ちのいい音を出してます。クリストファー・クロスの声と顔のギャップは、今となっては全然気にならなくなりました(笑)。ツェッペリンの前座でステージに立っていた頃の姿も見てみたいです。

2019年08月12日 (月) 07:24

Rooster.Cogburn

私が最初に買ったChristopher Crossは「風立ちぬ」もシングル盤です。TVで見たビデオ映像(風立ちぬを歌っていた)を観て、これは良いと思って買いに行ったのですが、LPを買う資金の余裕がなく、仕方なく45回転を買いました。

それこそ擦り切れるまで聴きました。今思い出すと、マイケル・マクドナルドの声の良さ(色気)もこの曲のバックボーカルで気づいたような気がします。今もそのシングルは持ってます。

2020年04月12日 (日) 14:40
Warm Breeze

Warm Breeze

Re: タイトルなし

Rooster.Cogburnさん、コメントありがとうございます。

「風立ちぬ」で聴こえてくるマイケル・マクドナルドの声、確かに色気がありますね~。Christopher Crossのクリアな声質との相性というかコントラストも抜群。いい相乗効果を生んでますね。

2020年04月12日 (日) 18:55