音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Carole Bayer Sagerの1981年のアルバム『Sometimes Late At Night / 真夜中にくちづけ』。
Carole Bayer Sager / Sometimes Late At Night (真夜中にくちづけ) (1981年)
Carole Bayer Sagerはニューヨーク生まれの作詞家。自身のアルバムは3枚を残しており、本作がサード・アルバムにあたる。

本作のプロデュースを担当したのはBurt Bacharachで、収録曲もほとんどをBurt BacharachとCarole Bayer Sagerが共作した。正確には、Sager-Bacharachで7曲(2, 4, 8-10, 12, 13)、Sager-Bacharach-Peter Allenで2曲(1, 3)、Sager-Bacharach-Bruce Robertsで1曲(11)、Sager-Neil Diamondで2曲(5, 6)、Sager-Peter Allenで1曲(7)となっている。

アルバムは、「Prologue」に始まり「Reprise」で終わるトータル・アルバム風の構成。その間をスロー~ミディアム系の甘いナンバーでシームレスにつないでおり、Bacharachのピアノに伴奏されながらSagerが独特のウィスパー・ヴォイスで歌う。そのロマンティックで幸せなムードには特別なニュアンスがあり、実際にSagerとBacharachの二人は翌年に結婚した。

Lee RitenourやJeff Porcaro、Pagesの二人、そしてMichael Jacksonに至るまで、名だたるミュージシャンが参加しており、皆がこのアルバムの特別な空気を大切に守るように優しくサポート。特に、Pagesのバック・コーラスは賛美歌を歌う聖歌隊のように美しく、中でも「Wild Again」におけるRichard Pageの清らかな歌声は感動的。

シングル・カットされた「Stronger Than Before」は、Chaka Khanの84年のアルバム『』や、Dionne Warwickの85年のアルバム『Friends』でカヴァーされた。

こんな幸せそうなアルバムを残した二人だが、10年後の1991年に離婚しており、何があるか分からない。ちなみに、SagerにとってBacharachは2度目の、BacharachにとってSagerは3度目の結婚相手。今は二人とも新しいパートナーと結婚生活を送っている。

●収録曲
1. Prologue - 0:30
2. I Wont Break / 愛のアレンジメント - 3:59
3. Just Friends - 3:16
4. Tell Her - 3:11
5. Somebody's Been Lying / 愛にゆれる - 3:38
6. On The Way To The Sky / 恋を求めて - 3:11
7. You And Me / あなたと私 - 4:38
8. Sometimes Late At Night / 真夜中にくちづけ - 4:06
9. Wild Again - 2:38
10. Easy To Love Again / 甘い誘惑 - 4:16
11. Stronger Than Before / 愛は果てしなく - 3:57
12. You Don't Know Me / 夜にひとり - 3:39
13. Reprise - 1:52


◆プロデュース: Burt Bucharach(k, ar), Brooks Arthur, Michael Jackson(bv)

◆参加ミュージシャン: Lee Ritenour/Paul Jackson Jr./Jay Graydon/Steve Lukather/Fred Tackett/Neil Diamond(g), David Foster(k, ar), Lee Sklar(b), Jeff Porcaro/Jim Keltner(ds), Paulinho Da Costa(per), Jerry Hey(ar), Melissa Manchester/Bruce Roberts/Richard Page/Steve George/Franne Golde(bv), Marvin Hamlisch(ar), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/02/13 12:21 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(2)
コメント
これぞ名盤!
こんばんは。
これぞ名盤!ですね。
キャロルの歌声って好き嫌いが分かれそうですが、私は大好きです。
アップされたマイケルのJust Friends、キャロルの歌声に気のせいか似てますね。バックアレンジもキャロルのバージョンとそっくり。
いずれにしても本作、バート・バカラックとの熱々ぶりが伝わってくるアルバム…でした。
2018/02/13 20:40 240 URL [ 編集 ]
Re: これぞ名盤!
240さん、こんばんは

「Just Friends」の二人の歌声、そっくりですよね。優しくて美しい歌声です。互いを思いやる気持ちが感じられるようで感動します。キャロルの歌声は私も好きです。チャーミングな歌声ですよね。このアルバムは特別ですね。
2018/02/14 00:01 Warm Breeze URL















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/225-3f5abefb
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Rock名盤(1977年) - Libby Titus / Libby Titus 2018/05/16
AOR名盤(1980年) - Fred Knoblock / Why Not Me 2018/05/14
AOR名盤(1977年) - Randy Edelman / If Love Is Real 2018/05/09
AOR名盤(1980年) - Frank Weber / Frank Weber (ニューヨークのストレンジャー) 2018/05/07
Jazz/Fusion名盤(1978年) - Tom Scott / Intimate Strangers 2018/05/02
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp