音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Daryl Hall & John Oatesの1975年のアルバム『Daryl Hall & John Oates / サラ・スマイル』。
Daryl Hall & John Oates / Daryl Hall & John Oates (サラ・スマイル)<br /> (1975年)
Hall & Oatesは、Daryl HallとJohn Oatesの男性二人によるブルー・アイド・ソウル・デュオ。フィリー・ソウルの生まれたフィラデルフィアで育った二人は大学で出会い、1970年に音楽デュオをスタートした。

本作は彼らの4作目。73年のセカンド・アルバム『』から「She's Gone」が60位にチャート・インするも、大きなヒットには恵まれなかった彼らが心機一転、ロサンゼルスに移り、西海岸のミュージシャンのサポートを得て制作したアルバムである。

収録された10曲は、ジャマイカン・テイストの「Soldering」を除いて彼らのオリジナル。「Camellia / いとしのカミリア」「Alone Too Long / ひとりぼっちの真夜中」「Sara Smile」の3曲がシングル・カットされ、3枚目の「Sara Smile」がBillboard Hot 100チャートの4位を記録し、念願のTop 10入りを果たした。アルバムもBillboard 200チャートの17位をマークしている。

「Sara Smile」は、彼らに影響を与えたフィリー・ソウルに対するオマージュ。心にしみるように優しいメロディをもったメロウなナンバーで、Daryl Hallの生涯最高ともいえるような美しい歌声を聴くことができる。「Nothing at All」も似た味わいのある極上のメロウ・チューン。

メタリックなジャケットのせいで、このアルバムは "The Silver Album" と呼ばれるらしい。二人はグラム・ロッカーのようなメイクをしており、Daryl Hallはまるで女性だし、John Oatesも口髭がなければ女性に見えなくもない。メイクを担当したPierre Larocheは、David Bowieの『』や『』のジャケットのメイクを手がけたアーティスト。二人の意気込みが伝わってくるようだ。

東海岸からロサンゼルスにやってきて、ケバい化粧のアルバムから「Sara Smile」をヒットさせた彼らは、Eaglesの翌年のヒット曲「New Kid In Town」の中で、"街にやってきたニュー・キッド" として歌われた。

彼らはただのブルー・アイド・ソウル・デュオではなく、音楽や曲作りをとても熱心に探究している。新進気鋭のプロデューサーとも仕事をしており、前作『』はTodd Rundgren、78年の『』と79年の『』はDavid Fosterのプロデュースだ。また、Daryl Hallのソロ1作目『』(80年)をプロデュースしたのは、King CrimsonのRobert Frippである。

●収録曲
1. Camellia / いとしのカミリア - 2:48
2. Sara Smile - 3:07
3. Alone Too Long / ひとりぼっちの真夜中 - 3:21
4. Out of Me, Out of You / 僕からも、君からも - 3:28
5. Nothing at All / なんでもないんだ - 4:24
6. Gino (The Manager) - 4:10
7. (You Know) It Doesn't Matter Anymore / 傷手は忘れた - 3:07
8. Ennui on the Mountain / 山上のアンニュイ - 3:15
9. Grounds for Separation / 別れの理由 - 4:12
10. Soldering - 3:24


◆プロデュース: Christopher Bond(ar, g, sy), Daryl Hall & John Oates(vo, k, g, ar)

◆参加ミュージシャン: Clarence McDonald(k), Lee Sklar/Scott Edwards(b), Jim Gordon/Ed Greene/Mike Baird(ds), Gary Coleman(per), Sandy Allen(bv)


関連記事

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2018/04/06 09:50 AOR名盤(1974~1976年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/231-28c779e2
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Boz Scaggs / Middle Man 2019/07/16
AOR名盤(1982年) - Dwayne Ford / Needless Freaking 2019/07/13
AOR名盤(1978年) - Melissa Manchester / Don't Cry Out Loud 2019/07/09
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2019/07/06
AOR名盤(1982年) - China / China (夜明けのダンサー) 2019/07/04
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ