音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Randy Crawfordの1981年のアルバム『Secret Combination / 愛の諜報員』。
Randy Crawford / Secret Combination (愛の諜報員) (1981年)
Randy Crawfordはアメリカの女性Jazz/R&Bシンガー。1975年から活動しており、The Crusadersの79年のヒット曲「」のシンガーに抜擢され、そのしなやかでパンチのある歌声が注目を集めた。本作は彼女の5作目。Tommy LiPuma(プロデュース)、Al Schmitt(エンジニア)、Nick DeCaro(ストリングス・アレンジ)という都会派メロウの名コンビが腕をふるい、カヴァー曲や他作の曲をセンスよく仕立てている。

1曲目の「You Might Need Somebody / とどかぬ想い」は、Turley Richardsの79年のアルバム『』の収録曲。Tom Snowが曲を書いており、ポップなメロディはTom Snowらしいが、アレンジはSteely Danの曲のようにクール。Turley Richardsの同じアルバムからはもう1曲、軽快なソウル・ナンバーの「When I Lose My Way」もカバーしている。

Tom Snowは「You Bring The Sun Out / 翳りの中で」とタイトル曲の「Secret Combination / 愛の諜報員」も提供。前者はしっとりとした静かなバラードで、Tom Snowの作るメロディの美しさが際立つ。後者はリラックスしたメロウ・チューンだ。

ソウルフルだが都会的な洗練のある「Two Lives」はMarc Jordanの作。Robben Fordの弾くブルージーなギターの渋さが印象に残る。

Leon Russell作の「Time For Love / 愛の青い鳥」はロマンティックで爽やかな曲。原曲はLeon Russellの74年のアルバム『』に収録されている。

ラストの「Trade Winds / 貿易風」はスケールの大きな曲。Nick DeCaroのアレンジする美しいストリングスに包まれて、Randy Crawfordが雄大に歌う。Rod Stewartも76年の名作『』のラストでこの曲を熱唱した。

アップ・テンポな曲がないのであまり目立たないが、ドラムスは全曲をJeff Porcaroが叩いている。裏方に徹しているがJeff Porcaroらしいリズム感が確かにあって、それに気づくのも小さな幸せ。それにしても、『愛の諜報員』という邦題はちょっとなぁ…

●収録曲
1. You Might Need Somebody / とどかぬ想い - 4:17
2. Rainy Night In Georgia / 雨のジョージア - 4:21
3. That's How Heartaches Are Made - 2:55
4. Two Lives - 3:47
5. You Bring The Sun Out / 翳りの中で - 3:25
6. Rio De Janeiro Blue - 4:16
7. Secret Combination / 愛の諜報員 - 3:23
8. When I Lose My Way - 3:43
9. Time For Love / 愛の青い鳥 - 4:15
10. Trade Winds / 貿易風 - 4:58


◆プロデュース: Tommy LiPuma

◆参加ミュージシャン: Steve Lukather/Robben Ford/Dean Parks(g), Neil Larsen/Leon Pendervis(k), Abraham Laboriel(b), Jeff Porcaro(ds), Lenny Castro(per), Ernie Watts(sax), Phyllis St. James/Alphie Silas(bv), Nick DeCaro(strings ar), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2018/02/11 11:21 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/234-352c617c
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - America / View From The Ground 2018/02/19
AOR名盤(1981年) - Marty Balin / Balin (恋人たち) 2018/02/17
AOR名盤(1981年) - Van Stephenson / China Girl (瞳の奥に…) 2018/02/15
AOR名盤(1981年) - Carole Bayer Sager / Sometimes Late At Night 2018/02/13
AOR名盤(1981年) - Randy Crawford / Secret Combination 2018/02/11
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp