音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Randy Crawfordの1981年作『Secret Combination / 愛の諜報員』。
Randy Crawford / Secret Combination (愛の諜報員)
Randy Crawfordはアメリカの女性Jazz/R&Bシンガー。
The Crusadersの1979年のヒット曲「Street Life」の熱唱が有名だ。

本作は、Randy Crawfordの通算5枚目のアルバム。
Tommy LiPuma(プロデュース)、Al Schmitt(エンジニア)、Nick DeCaro(ストリングス・アレンジ)という黄金のコンビが制作した、AORの名盤である。

収録曲は全て、外部のソングライターもしくは他のアーティストの曲だ。

1曲目の「You Might Need Somebody / とどかぬ想い」は、Turley Richardsの1979年のアルバム『Therfu』の収録曲。
Tom Snowが曲を書いており、ポップなメロディはTom Snowらしいが、アレンジがSteely Danの曲のようにクール。
Turley Richardsの同じアルバムからはもう1曲、軽快なソウル・ナンバー「When I Lose My Way」もカバーしている。

Tom Snowは「You Bring The Sun Out / 翳りの中で」と、タイトル曲「Secret Combination / 愛の諜報員」の2曲も提供。
前者はしっとりした静かなバラードで、Tom Snowの作るメロディの美しさが際立つ。
後者はリラックスしたメロウ・チューン。

ソウルフルだが都会的な華のある「Two Lives」は、Marc Jordan作。
Robben Fordの弾くブルージーなギターの渋さが印象に残る。

Leon Russell作の「Time For Love / 愛の青い鳥」はロマンティッシズム溢れる爽やかな曲。
原曲は、Leon Russellの1974年のアルバム『Stop All That Jazz』に収録されている。

ラストの「Trade Winds / 貿易風」は、雄大でスケールの大きいナンバー。
Nick DeCaroによるストリングスが、ため息の出るような美しさだ。
Rod Stewartも1976年の名作『Night on the Town』のラストで、この曲を熱唱した。

Tommy LiPumaのプロデュース作品はどれも良質で、安心して聴くことができる。
本作も素晴らしい内容だが、『愛の諜報員』という邦題だけはさすがに違和感がある。

●収録曲
1. You Might Need Somebody / とどかぬ想い - 4:17
2. Rainy Night In Georgia / 雨のジョージア - 4:21
3. That's How Heartaches Are Made - 2:55
4. Two Lives - 3:47
5. You Bring The Sun Out / 翳りの中で - 3:25
6. Rio De Janeiro Blue - 4:16
7. Secret Combination / 愛の諜報員 - 3:23
8. When I Lose My Way - 3:43
9. Time For Love / 愛の青い鳥 - 4:15
10. Trade Winds / 貿易風 - 4:58


◆プロデュース: Tommy LiPuma

◆参加ミュージシャン: Steve Lukather/Robben Ford/Dean Parks(g), Neil Larsen/Leon Pendervis(k), Abraham Laboriel(b), Jeff Porcaro(ds), Lenny Castro(per), Ernie Watts(sax), Phyllis St. James/Alphie Silas(bv), Nick DeCaro(strings ar), etc.


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/09/08 17:48 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/234-352c617c
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター