洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

Frankie Miller / Full House (1977年) - アルバム・レビュー

2015年07月11日
Rock / Pops名盤(70年代) 0
おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Frankie Millerの1977年のアルバム『Full House』の紹介です。
Frankie Miller / Full House (1977年)
Frankie Millerは英国のシンガー・ソングライター。Rod Stewartのようなハスキー・ヴォイスを持ち、Rod Stewartよりも熱唱する人です。

Robert Palmer、Jess Rodenと並び、"英国ブルー・アイド・ソウル御三家" と言われているとの事。Jess Rodenはともかく、Robert Palmerとは並ばない感じがします…

『Full House』はFrankie Millerの4作目のアルバム。このアルバムからは「Be Good to Yourself」(英27位)や「The Doodle Song」がヒットしますが、私にとっては「Jealous Guy」をしんみりと聴いて、せつない気分になる為のアルバム。

「Jealous Guy」はJohn Lennonの書いた名曲。Frankie MillerはJohn Lennonのようにナイーブには歌いません。心の底から嫉妬深い男であるかのように、熱く、狂おしく、ねちっこく歌います。これには感動します。

「Love Letters」「Take Good Care Of Yourself」「This Love Of Mine」でも、素晴らしい熱唱を聴くことができます。

Frankie Millerの作品をまとめて揃えたい人には、デビュー以降の7作品を4CDに収めたBOXセット、『』が手頃な価格(*)でお薦めです。(*)執筆時点の価格

●収録曲
1. Be Good To Yourself
2. The Doodle Song
3. Jealous Guy
4. Searching
5. Love Letters
6. Take Good Care Of Yourself
7. Down The Honkytonk
8. This Love Of Mine
9. Let The Candlelight Shine
10. (Ill Never) Live In Vain


関連サイト

関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント0件

コメントはまだありません