洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

Various Artists / Casino Lights (1981年) - アルバム・レビュー

2015年07月12日
Jazz / Fusion 0
1981年7月に行われたモントルー・ジャズ・フェスティバルの模様を収めたライヴ・アルバム『おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Casino Lights』の紹介です。
Various Artists / Casino Lights (1981年)
今日のような夏の暑い時期に行われた、名ライヴです。プロデュースはTommy LiPumaですので、安心して聴ける(=内容が良いことは間違いない)作品。

この夜のライヴの出演者は"ワーナー・ブラザーズ・オールスターズ"。次のようなビッグ・ネームが参加した豪華なライヴです。
Al Jarreau(vo)とRandy Crawford(vo)
Yellowjacketsの面々(Robben Ford(g)、Ricky Lawson(ds)等)
David Sanborn(sax)
Neil Larsen(key) & Buzz Feiten(g)
Larry Carlton(g)
Mike Mainieri(vibes)
Marcus Miller(b)
Lenny Castro(per)

1981年のスイス。最高のメンバーによる夏の夜のライヴということで、想像するだけでもいいですね。

選曲も素晴らしいです。Richard PageとKenny Loggins作の「Who's Right, Who's Wrong」、Tom Snow作の「Sure Enough」は良質なAOR。「Imagin」は言わずと知れたJohn Lennonの名曲。その他、ボーナス・トラック4曲を含めて、Yellowjackets、David Sanborn、Larsen-Feiten Band、Larry Carltonの曲がバランス良く並んでいます。

80年代の「Live Under The Sky」など、夏場のジャズ・フェスが好きな人にお薦めの名ライヴ・アルバムです。

●収録曲 (括弧内はパフォーマー)
1. Your Precious Love (Al Jarreau/Randy Crawford)
2. Who's Right, Who's Wrong (Al Jarreau/Randy Crawford)
3. Sure Enough (Al Jarreau/Randy Crawford)
4. Imagine (Randy Crawford/Yellowjackets)
5. Monmouth College Fight Song (Yellojackets)
6. Theme from Love Is not Enough (David Sanborn)
7. Hideaway (David Sanborn)
8. Casino Lights (Neil Larsen/Buzz Feiten)
9. Tee Time for Eric (Yellowjackets)
10. Last Night (Larry Carlton/Yellowjackets)
11. E Minor Song (Neil Larsen/Buzz Feiten)
12. Sara's Touch (Mike Mainieri)


関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント0件

コメントはまだありません